2024.05.21

2027年問題の準備を少し

ちょっと前に「2024年問題」という言葉がネット上を駆けていた。

それは労働基準法での労働時間管理規制の対象に今まで猶予期間ということで対象となる時期が延期されていた、運送業と建設業、医師の3つで時間外労働の上限規制が24年度から(つまり4月から)始まるというものだった。自分が所属するギョーカイもこの中の一つの建設業に該当する。自分が若い頃(このBlogを始めてから10年間くらい)は現場仕事にあけくれていて、過労死リスク?の80H/月なんてあたりまえ、100H/月も当たり前、サブロク協定は月初に120Hで申請して月中に150Hで再申請、とかそういう働かせ方をされてきた身だけど、そんな現場もこの規制にひかっかり、月45時間(年360時間以内)しか残業が出来なくなる。まぁ特別な事情がある場合は年720時間以内までブーストアップ出来るようだけどね。

これにより働き放題働かせ放題だった業種の職人や運転手や医者が残業できなくなる。本人たちはラクになるが、その過労を前提として回っていたシステムは崩壊する、それが2024年問題ってやつだ。まぁ誰かが生贄になることが前提でその人の人権人生を誰かや会社に捧げてやっと成り立つというのは流行りおかしいからこれは労働者に人間性を取り戻す改革の一歩なのだろう。副作用として、過労上等!、と残業代で稼げていた人は仕事をはぎ取られるのでそ分だけガッツリ減収になるし、地方に長期出張する現場仕事出張族は一種の出稼ぎ状態だったから、その劣悪な環境で働いた報酬としてのオーバーブーストがかかった給料を受け取るという実入りが無くなってさびれた田舎での夜や休日を過ごす責め苦が加わってしまうんだけどね。

光があれば闇もある、この制度、果たしてどっちが良かったんだろう?、とその状態での天国と地獄を見てきた自分は考えたりもする。体力あるワカモノなら本人が納得して志願すれば出稼ぎでガッツリ稼げる、という人生の選択肢があったっていいと思うんだけどね。

おっと、話がそれた、今回の話題は2024年問題じゃなく、2027問題の方だった。話を戻そう。

------------------------------

あらためて、2027年問題とは何か?、それは蛍光灯の製造や輸出入が出来なくなることを意味する。蛍光灯は水銀蒸気を封入したガラス管の間を高圧放電することでi線を励起発光させ、そのi線をガラス管の内側に塗った蛍光物質に当てて、可視光を発行させるポピュラーな照明器具だ。

白熱球全盛期の頃には蛍光灯は同じ光量を得るために省電力だった。殆どのエネルギーを熱にしてしまう白熱球よりも発光効率はよかったが、今はそれよりもはるかに省電力なLEDが広く普及し、かつての省エネの騎手も電力浪費の悪者になってしまった。また水銀蒸気が必要ため蛍光灯の内部には必ず水銀があり、それの有害性などもあって2027年をもって製造と国をまたいでの輸出入を止めて、そのままフェードアウトさせる事で国際的な合意がとれた。半年前くらいのニュースで流れてたので知ってる人も多いと思う。

  蛍光灯、27年末で製造禁止 水銀規制の水俣条約会議

そうなっても既存の物を使い続けることは問題ないし、新たに製造できなくても在庫品の販売は可能なので、そこから…まぁ5~10年くらいは数を減らしながらまだ蛍光灯は光り続けると思う。電気代が高いご時世なので早めにLEDに切り替えるという手段もアリだ。だが家庭用なら、今ある装置を使い続けるだけ使う方がトータルでは安くなる(経験則でね)

蛍光灯は規格品なので一般的なモノについてはある程度の在庫が国内に残ると踏んでいる。だから2027年の中頃くらいに既存の物を新品交換して、予備を3セットくらい調達しておけば、まぁ10年間くらいは余裕で持つはずだ。それやそれでやる予定。

だがそれが出来るのは天井にあるシーリングライトのいくつかだけだ。主のシーリングライトは最初からLEDが付いてたので当面交換不要、クローゼットとかのあまり常用しないところに丸形蛍光灯がいくつか使われている。なので一般的な10Wや15W、20Wといったストレート蛍光灯は無い。だが、困ったことにホームセンターなどではあまり売ってない、変な規格の蛍光灯が2か所存在する。

困ったことにそれはもう国産品がないようで、国内メーカーブランド品でも、中国製ならまぁ判るけど、オランダ製とかイタリア製とかしか手に入らないみたい。店頭でも売ってなくて取り寄せになるので割高、アマゾン通販で送料込みで1本2000円とかするのだ。マイナーすぎてLED代替製品もないので高い輸入モノを買って使うしかないのに、27年にはもうてにはいらなくなるという三重苦(T◇T)ぅぅぅ

全体を交換すると結局ウン万円かかるから高い消耗品をそのまま細々と使い続けるしかないのよねこういうのは。そういうのが27年が迫ると輸入品だと値段が上がるかもしれないし、27年を過ぎて国内在庫品は多分ドカン!とそれ以上に値上がるだろう、足元みるからね販売店側は。

なので、今のタイミングでもうある程度の本数を買ってしまった。ずっとウォッチしてたけどチョイ安くなった。円安もあるからこれから輸入品は値段も上がるはず、それにいつかは必ず使う物だし、その辺の市中で店頭販売してない規格のだし、そして将来入手できなくなるのは確定しているから。

Keikoutou

今の消耗具合から逆算するとこれであと10~12年くらいは持つはずだ。そこまでは蛍光灯を使って、それ以降はもうLEDに換えよう。その頃に長寿命のLEDにすると自分が死ぬかそのLEDが死ぬかのチキンレースになりそうだけどね(^^;)

| | コメント (2)

2024.05.19

バイクに乗り続けるための試行錯誤を継続中

以前ちょっとだけカミングアウトしてたけど、実はウチに新しいコが増えてる。買換えではなく純増ね、そこは自分らしいでしょ(^^)?

それはホンダが、いや日本が世界に誇るといってもいい、全世界で1億台以上が売れたという…まぁいわゆる新聞配達やソバ屋の出前で活躍してる、スーパーカブってやつだ。

Cub110red

日本中世界中で走ってるから珍しくもなんともないごく普通の実用車。これは110ccなので原付二種、高速道路は乗れないけど一般道では普通車と同じ速度で走れるし、リヤシートを付けると二人乗りも出来る。新聞配達や郵便配達でも活躍するように荷物は沢山載せられるし、やたら燃費が良くて、一般道を四輪車と一緒にテケテケ走ると、65km/Lくらい走ってくれてビックリ。

-------------------------------------------

熱い80年代のバイクブームに乗せられた世代のバイク乗りなので、スーパーカブと言えば上記の通り、実用車であり、ダサいバイクの象徴みたいな感じで、代車で仕方なく借りて乗ることはあっても、好き好んで乗るバイクという捉え方をしたことはほぼ無かった。

じゃあそんなバイクをなんで今更手に入れて乗り始めたのか?、というと、これは死ぬまでというと大げさだけど末永くバイクに乗り続けるためにどうしたらいいのか?、ということをここ数年間考えていて、そのための試行錯誤の一環だったりする。

自分のバイクライフとしてはカブは体力が衰えた老人になったら乗ろう、と思ってたバイクだ。自分の勝手な想像ではそれはあと15年とか20年とかそのくらい先を漠然と考えてた。でもバイク業界が置かれた状況はめまぐるしくて、ABSが義務付けされたり、排ガス規制でエンジン性能がスカスカになったり、そういった対応でどんどん値段が上がってたり、しかも将来は内燃機関が全廃されて電動モーター化されてしまうかもしれないという激動の荒波が押し寄せてる。

電動のバイクに老人になってから乗りたい?、いや、それは嫌だな、エンジンの鼓動と音と熱を感じていたい、エンジン車があるうちに、そして余計な規制がこれ以上入るまえに、バイクがバイクであるうちに、カブを調達して乗ってみるか…、それがこのコがウチにやってくるきっかけだった。

現行新車で買えるカブは数種類あって、豪華仕様、アウトドア志向仕様、新聞配達用巨大キャリア仕様、そして普通の、とあるけど、今のはもうABS義務化の波を受けてディスクブレーキやキャストホイールと言った、カブらしいイメージが近未来的になり価格も高い。なのでそうなる前の、カブと言う乗り物のイメージを色濃く残した最終モデルである1世代前のスーパーカブ(型式JA44)の、スーパーカブ生誕60周年記念車という、このコが中古で放出され身請け話が回ってきたときに飛びついた。

ダサいバイクの象徴だった、スーパーカブは、今ではワカモノが好んで乗るようなシティカジュアルなモーターサイクルとして受け入れられていて、大昔はボロイカブの中古なんて5000円くらいで解体屋でゴロゴロしてたイメージだけど、今のカブは高い。このコも2018年式とかなり新しいけど、それでも6年落ち、そんな中古だったけど提示価格は結構いい値段だった。カブの中古にその値段は…と一瞬躊躇したけど、身に行って見てビックリ!、8000kmも走ってるのにメッキピカピカでプラパーツツヤツヤ、劣化してるのはスタンドの接地面(アスファルトやコンクリートが当たって塗装が削れる)ところだけ、といってもいいようなグッドコンディション、これは相当大事にされてきたコ、それならその思いが籠ったその価格にも納得、ということでその場で決めてお買い上げして引き上げてきた。

…で、いざスーパーカブがやってきて、思ったのは、キレイだけどカブはカブだよなぁ、ということ。オシャレバイクとして認識されてるのは時代感であって、カブの本質は全く変わってない。そんなこのコをウチのコとして愛してイケるかなぁ、と思ったり。

なのでこのコは、自分のバイク人生で初めての可愛がり方をすることにした。

---------------------------------------

バイクとはカッコいいもの、という先入観が自分にはある。車体もカッコいいし、乗る自分もまたそうでなくては、という想いがある。だけどカブはそれを捨てた。そして「可愛さ」を追求することにした。その結果が上記の画像にある姿。網かご風の前カゴ、ショートスクリーン、同色のトップケース、リムストライプ等々。なおベージュとブラウンのノーマルシートは薄くて尻が痛くなるので今は肉厚のクロスカブ110用の黒いシートにしてるけど、こういう所を例えばタータンチェックにしてみたりとか、カッコよさではなく可愛さだけを狙ってゆく。これからこのコがどう着飾っていってどう変わってゆくのか、こうご期待(まぁそんなスゴイ事はしないと思うけど)

Cubkame

例えばこんな感じ。このBlogを見てくれてる人なら、inoと言えばバイクと貧乏節約生活と家庭菜園とメロンパンと洗濯バサミとカメのぬいぐるみという要素で出来上がっているのを知ってると思うけど、それ繋がりで、60周年記念スーパーカブのベージュと赤のカラーに合わせて、知り合いのハンクラ作家さんにリクエストして色合わせして作ってもらった、洗濯バサミが仕込まれたどこにでも掴まれるカメさんをキーボルダーにセット。あ~カワイイ~、やっぱカメさんはカワイイ~~♪、いい歳コイたオッサンだけど、可愛いモノはどんな時でもカワイイんだからしかたない、こうやってカッコよさはどうでもいいからカワイイを追求してみる(^~^)

一つ問題がある。それはいくら可愛くキレイに仕上げても、結局それに乗るのは頭が薄くなりかけたうらぶれた中年、いや初老の小汚いオッサンだということ。これに若いオンナノコが乗るのなら街を走ってもサマになるのだろうけど、ブサイクなオッサンが乗るという現実…いやこれはなかなかの試練だ、そして今までのバイク人生で味わったことのない楽しいかどうかは別として新感覚だ…、この歳になってもまだ新しいことにチャレンジする事は幸せだし、それに挑める喜びもある、そこには意義がある!、きっとある!、多分ある!、…あるんじゃないかな、多分もしかしてだけど(^^;)?<ばき

| | コメント (2)

2024.05.13

目がついてこない

責任のある職位から退いたGWは、間の平日を年休で埋めて大連休に出来た。

ぶっちゃけこれが出来なかった、月初営業日は組織長は出勤強制だったから。

久々に大連休を満喫して、バイクの車検も2台通して、車中泊で2泊の旅もして、ああ休みっていいなぁ、と悠々自適に過ごしてた。その間はネット活動やスマホの使用を極力避けて、自然な景色を見るようにしてた。なぜか?、目が加齢によって衰えているからだ(汗)

今の仕事は以前の現場仕事と異なり、出勤にせよ在宅にせよ、ほぼ液晶モニターを眺めながらの各種事務仕事だったりする。少しは屋外仕事もあるけど1~2割って所かな?、ソッチの仕事は現場現物現実をOJTするべく後輩に任せて自分はバックアップに回る事が多いので。

そんな状態でモニターを眺めながらのPC仕事を一日中やったりすると、何が起こるか?、・・・眼精疲労だ。

あれ?オレってこんなに目が悪かったっけ?、あれれ?なんで今打ち込んでる文字列の上に灰色の同じ文字列が出来てるの?、って感じで、老眼と乱視?と、焦点調整範囲が驚くほど狭くなってて、夕方から少し残業した時間だと、もう目が疲れて液晶モニター見たくない状態になる。無論小さい画面のスマホもキツい。若い頃から数年前の現場仕事してた頃まで視力で困ることが全く無かったし、ほんの一年くらい前まではここまで目が疲れる事が無かったんだけどなぁ・・・老化ってこういう事なのかも。

体力や関節痛、といった加齢による衰えも感じることは感じるが、視力に関する衰えが正直一番進行が早い気がする。これを止められるのなら、PC仕事なんてやめてもいいと思うくらい。でもそうも言ってられrず、毎日目を酷使しては帰宅後目を養生して過ごすことが増えた。

そんな事情で、夜に自宅でPC叩いてここを作文するのが今までと違ってかなり辛くなってしまい、今の筆不精状態に拍車をかけてます…スミマセン(/_;)

雨の休日とかに自宅に籠ってる時とかだと、エクセルで家計簿をつけたりする事が苦も無く出来る目力残ってるけど、平日の夜は…何と言うか、本当に目を使う残力が減ってるというか、その時間にはPCもスマホも使いたくない症候群というか、そういう感じに最近なってて、TVを排除した生活もあいまってAMラジオを流しっぱなしにして耳から情報収集することが増えてます。

メガネを掛ければ今の苦行から解放されるのかな?、PC仕事をする前に普通に視力を測ると今も左右1.5くらい見えるから生活上は殆ど困らないんだけどけど近い距離の視力はいわゆる老眼症状でかなり悪化してるし、暗い夜道だと前からくるクルマのヘッドライトが縦3連に見えたり満月が縦に3重化して見えたりするので、そのあたりが矯正できるとQOL上がるんだけどな。

| | コメント (5)

2024.04.25

肩から荷を下ろす解放感に驚く

3月まではいわゆるカンリショクをやっていたが、色々なことを鑑みてこのタイミングで後進に道を譲って自分は退くのがほぼ全方位にとってベターだと判断して、任期途中で降りて後輩をその座に押し上げた。

詳細を言うと長くなるけど、色々なタイミングが丁度この1点で都合よく合う、そんな状態だった。厳密には偶然、ではなくそれを発案してからそうなるように調整して合わせた、とも言うけど、それも年単位の準備をしててから出来たことで、思い付きでは出来なかった。

そう、この計画はじつは2年前から発動してた。なのでそれに向けてコツコツと準備をして、下地を作って、やるべきことを大胆に捻じ曲げてスケジュールを変えたりしながらずっと狙っていたのだ。なのでほぼ全方位でデメリット無しの条件をこのタイミングで持ってこれた。誰も気付いてなかったかもしれないけど、それなりに大変だった、でも上手くいった、よかったよかった(^^)

------------------------

で、自分はいくつかの責任者と言う肩書を外していわゆる専門職ってやつに降格。別の部門の若い課長の下に入って普通の課員をやることになった。組織運営は適材適所の人材がやるのが正しく、年齢とか経験数とか、そういうお飾り的なパラメータで決めるのは愚の骨頂。若い上司は大歓迎。

つまり組織を率いて支持を出して全体を見ながら全体を取りまわして結果を出してゆく側から、その仕事を果たすための構成員側に回った、という事なんだけど、ここに驚きがあった。

「こっちの立場って、こんなに気が楽だったのか…」

カンリショク側になった時に、それまで自分の上司が陰ながらやってて自身が関わってこなかった組織運営と組織としての目標達成とか、そういうものを全て自分一人で背負ってコントロールして行くことをに戸惑いながらもここ数年やってきてある程度慣れ切っていたけれど、これってやっぱりこんなに「重たい」仕事だったんだなぁ、と気付いた。そしてその「重たいもの」を降ろした立場って、こんなにも身軽で気楽で苦しくないんだな、と驚いた。

美味く表現できないけど、大リーグボール要請ギブスを外した直後の星飛雄馬というか、サウナから出たあとの外気の涼しさというか、今まで苦しい状態が日常化してて気付かなかったけど、それを取り除いて役を降りるってことは、こんなにも開放感溢れて「重たいものを降ろした」感に満ちてるとは思わなかった。

そして組織長をやってた事で一般社員のままだと知り得なかった色々な知識や経験を失く事なく持ったまま、別の組織長の下になり一般社員として働くという、このチート感。これはちょっと面白いかもしれない。今までは新しいことにチャレンジして習得して身に着ける事がずっと要求されてたけど、今はレベルが上がって強い武器と魔法を使えるような状態で最初の村のあたりに降り立ったロールプレイングゲームの勇者感とでもいうか、仕事にイージー感あるし、組織を運営して成果を出すという頭上に乗ったプレッシャーからも解放されて、あまりに不思議な感覚の中にいる。

これで給料が同じだったらもう何も言う事はないのだけど、残念ながら職位的には降格なので給料は下がる。年収ベースで言うと…60~70万くらいかな?、やっぱりとうか当然というか、背負うものが無くなればその分だけ給料は下がるのは仕方ない、ここは文句言ってはダメだ(苦笑)

また自分のそれまでの働きを部下の立場で見ていた、自分の職位職務職責を変わって背負った後輩は、押し寄せる雑務と責任と管理業務にアタフタしながら毎日「これはどういう事ををやればいいんでしょうか?」と聞いてくる。ああ自分も初めての時はこうだったなな、と思いながらその時の前任者が自分にしてくれたように一つ一つOJTして業務という襷を渡してゆく(事前に引き継ぎ資料を作って引継ぎもしたのだけどやっぱりすべてを一発では伝えきれなかった)

そんな感じで、メンタル的はかなり楽になったので、4月に入ってからしばらくのびのびと暮らしてしまった。あっさり片付けてほぼ毎日定時であがり、私生活時間をたっぷりゆっくり過ごし、休日も痛めた膝や腰を養生すべく丸一日布団でゴロゴロしたりしてた。今までだったらせっかくの休日!、絶対に無駄にしない!、よしバイク4台くらい乗ろう!、という感じだったのに、そういう焦りからも解放されて、かなりダラケさせてもらってた。こんなに無駄な時間を使えるなんて…なんて贅沢なんだろう(/_;)<ばき

まだ定年退職とかで完全リタイヤしたわけじゃないけど。そうなった時はこんな感じのもっと凄まじい版なのかな?、と思ったりもする。だけどそこはまだ未踏の地なのでそこに至らないと判らない。でも背負ってた責任を他者に任せて手放すって事が、喪失感とか屈辱感といったネガティブ感情ではなく、むしろ逆だったことにちょっと驚いた。人生の中には、実際にやってみて経験しないと判らない事ってまだまだあるんだろうな(^^)


| | コメント (1)

2024.03.29

3月業務終わったぁ!(とはいえ明日もこっそり在宅勤務確定)

現場系仕事をしてた時と違う緊張感と仕事の質ではあったけど、久々にその頃に匹敵するような仕事の量と質に押しつぶされそうになってたこの3月、一応今日の今をもって業務終了!、自分が3月末まで持ってる承認決裁権限をつかってやらねばならないことは…多分終わった…はず(汗)

業務用PCをログオフして、今日は一人祝杯上げるか!、と思った矢先に、あっ!アレまだ終わってなかった!、と残仕事に気が付いてしまった_| ̄|〇

まぁこの世の中何が起こるかわからないし、突然のトラブルなんかも事前に見越してたので、明日は休みだけど、元々予備日にして明けておいた。それで対応すればまだ間に合う、3/31までは、自分は今の権限を有しているからね。

自分は不器用だから、なかなか一発でキメてキレイには終われない。大体保険を掛けて、予備を用意して、叩かなくてもいい石橋も叩いて渡る。それでも漏れはあるし、抜けもある。それを潰しながら今日まで走ってきたけど、まだ漏れてた!、でもそうなった場合でも最後に帳尻を合わせて迷惑かけないよう、自分の休みを犠牲にはするけど最後の命綱を仕掛けておいた(あ~良かった!)、それを使って逃げ切って見せるぜぃ(^^;)
 

| | コメント (1)

2024.03.20

やたら忙しい

短文、色々なものが重なってくる月末半期末年度末、ここ一週間くらいは残業&休出ばかりで、今日は祝日らしいけど在宅でフル勤務。

残業代も休出手当も出ないいわゆるカンリショクなので、働きホーダイ(働かせホーダイ)だけど、まぁ仕方ない

社会の中で、
  会社の中で
    部門の中で、

担った職責は果たさなきゃならない、時間給じゃなく、成果給みたいなもんだから、それを請け負ってる以上、果たさねばならない。

これでもまだ親族の中とか、家族の中とかを背負ってない分、まだ負荷は軽い。地域の中、とかは住民としての一定責務を背負てるけどね。

さて、0900から仕事開始!、落ち着いたらいつもの感じに戻します(^^)/

| | コメント (4)

«4年に一度しか書けない日に2月総括