2017.07.15

旅2017・0.5日目 発覚

ウチのポンコツXT600Zは昭和58年製、1983年生まれ
だから、今年で34歳。バイクを人間に例えると、勝手な
自己判断だけど、実年齢に3を掛けると大体合うと
思っているので、34×3=102歳、という超高齢者。

愛機TWに次ぐ、自分の中ではNo.2の地位から揺らがない
大好きなバイクではあるが、TWで行くような何泊もする
ロングツーリングに使ったことは、実は一度も無い。
(最長2泊3日まで)

それは乗って楽しい600単気筒が、旅の道具として
考えると疲れてしまうのと、こまめに給油して旅先での
コミュニケーションを取りたい自分と、30Lという巨大な
燃料タンクがマッチしないからだ。常に30Lのガソリンを
背負って、3~4L減ったらまた給油、ではバイクとして
常に重たい状態を強いられるのでそれは困る。

一番楽しいのは燃料が半分以下になったあたりだからね。

そんなポンコツ君を長旅で使うために、少々の追加装備を。
長年かけて仕込み続けたTWほどの仕込みは出来ないけど
電気系をイジって、走行しながら色々なモノを充電出来る
ようにした。

さあ試運転だ!、クラウザーのK2ソフトトップにダミー
ウェイトを15kgほど詰めて、タンクバッグにも4Lほどの
水をPETボトルに入れて積んだ。ガソリンも満タンにして
走り出す。ズドドドドド

自分がかたくなに信じている「旅の速度」は上限60km/H。
XTの場合それは5速で2000rpm。これがちょうど心地いい。
TWよりはるかにパルシブなビッグシングルで杭打ち機か
削岩機のようにドドドドド、という低周波の鼓動を刻みつつ
田舎道を流すのはTWに勝るとも劣らない快感。

ただTWと違うのは、そこからアクセルを開けると旅の
景色がふっとんでしまうような加速を得られること。
これがね、正直過剰だと思うんだ。旅に使うならこんな
トルクも馬力もありすぎて要らないよなぁ、と思う。

------------

ある程度走って、急に決めた事なので色々不足するものが
多いため買出しをする。今年のツーリングマップルを買おうと
本屋に行ったが北海道のだけ3件まわったけど無かった。
しゃーない、5年前のマップルで行くか(^^;)

3件目の本屋から出てきて、駐輪場に止めたXTに近づいて
気がついた。エンジンの下に油滴がある。ほんの2~3滴。

なんだ?、前にここに止めたバイクから垂れたものかな?
でもちょっとやな予感がして、アルミのアンダーガードを
触ってみたら、ヌルリ、としたエンジンオイルの感触が…

この油漏れはウチのXTからだ!

うわ~、北海道出発前に油漏れかよ、フェリーもこのコで
登録予約してあるのに!。

油漏れは極小、だからこのまま行って、油量をチェックつつ
足りなくなってきたら足して走る、と言う方法も無くもない。
でも油が漏れたままで向うに渡って悪化したらそれこそ
もう手の施しようが無くなる。

少し考えたが、これはXTが発した危険信号と考えた。

危険因子なら取り除かないと旅を楽しめない。ここでふと
気がついた。ここはハヤシカスタムさんの近くじゃん、と。

------------

そのまま走っていきつけのハヤシカスタムに駆け込む。
工具を借りてアルミアンダーガードを外してみると、
右側のクランクケースカバーの合わせからの油漏れ。

2017xthayasi01

増し締めしてだましだまし走るか?、でもそれは全然
直った事にならない。一度カバーを外して面を手入れして、
新品ガスケットにしてやらないと直ったとはいえない。

ここでハヤシカスタムという店がSRXチューンで名を馳せた
SRXの専門店ともいえる店である事のメリットが発揮される。
なんとハヤシさんにはXT4バルブ系エンジンのこういうった
ガスケット類が常備されているのだ。そしてこのエンジンに
関して日本一のエキスパートといっていい社長にかかれば
カバーを外してガスケット交換なんてお手の物。

カバーを外すということは、オイルも抜くことになる。
じゃあツーリング前のオイル交換も兼ねて、この修理を
お願いします、明日出発なんです、と頭を下げると、
社長は快くすぐに作業にかかってくれた。

ありがとうございます(^^)/
そういえば5年前も出発時にTWで押しかけましたっけ(笑)

2017xthayasi02

出血が止まらないXTを手術台に乗せる。頑張れ!

------------

気さくな社長と楽しいバイク話をしながら少々の時間で
XTはあっけなく復活した。オイルも新品、フィルターも
ついでに交換したのでこれで絶好調になった♪

ありがとうございました!、これで安心して北海道に
行ってこれます(^◇^)

2017xthayasi03

------------

自宅に帰ってきて、引越しで埋もれてしまった旅の
道具を家のあちこちを捜索して引っ張り出した。
一通りあったので、パッキングは明朝に行う。

ここで、旅の魂の引継ぎを行う。TW専用ヘルメットを
模して、XT用ヘルメットのCT-Zにモデナレッド塗装の
特注赤CT-Zからバイザーだけを移植した。色分けした
バイザーのジェットヘルメットは自分の旅スタイルの
アイデンティティなのでね(^^)。

2017helmethikitugi

朝に思い立って、ここまでまだ14時間しかたってない。
でも少しずつ旅モードになってきた。さあ明日は出発だ。
フロに入ってしっかり寝よう

------------

本日の走行距離:80km
           ↑
   この日に給油したのでここからカウントする。
   なにせタンクがデカイので給油回数がかなり
   減るのでね(^^;;)<ばき

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅2017・0日目 覚醒

せっかく買った新居に戻ってわずか数ヶ月間で再び、
しかも今度ははるか彼方の遠方へ、かつ年単位に
わたる長期出張指令が出てから、はや一ヶ月超、

気分はもう「沈まぬ太陽」の恩地元がテヘランから
ナイロビに飛ばされる時とほぼ同じ感じ。どうしようも
ない絶望感、いっそこの仕事をもうやめようか、とまで
色々と考えたりもした。私生活が完全に成り立たなく
なってまで仕事をやる意味が無いからね。 _| ̄|○

でも、苦しい胸を押さえながら踏ん張る。もう少しね。

自分に残るのは誰かがやらねばならない仕事なら、
それを自分が出来るのならば、それを手がけるのが
自分がこの世に生まれた意味、そしてそれをやる事は
自分の命の尊厳そのものだから。

限界が来たら、悪いけど辞める。でも、それまでは
頑張る。生きるって事はラクな事を選ぶ事じゃなくて
そういう事だと思うからさ(^^)

------------

だが現場の仕事の進捗状況、受け入れ方の諸事情、
当方の私情もほんの少しだけ加味されて、出張開始が
少しずつ後ろ倒しに変わっていって、最終的に今月末の
着任が今週初めにやっと確定した。

…と、すると、少し時間がある。ならばこれから先には
もう取れないだろう有給休暇をフルに使って休ませて
もらおうか!、と啖呵を切って来週を全部と、その少し
先までを、急遽まとめて連休とすることに成功した。

最初はこれから暮らせなくなる自宅でゴロゴロしながら
バイクたちに全部乗って別れを惜しもうかと思ってた。

でも、今朝のNHKのラジオで、こんな事を言ってたのを
聞いて、一念発起!、その後すぐにフェリー会社の
HPを開いて、北海道への往復のアシを確保した。

 「仲代達矢さんが『75歳はまだ若い、50代なんて
  青年だよ』  とおっしゃられてました、『85歳から
  やっと余裕が出来たのでようやくブロードウェイに
  行って芝居をいくつか見てこれた』、だそうです。
  そうですよね、75歳なんてまだ元気ですから」

…そうだ、未だに40代、そしてこれから50代に入ろうと
している自分なんて、まだまだ尻が青いワカゾーだ。
今後の人生で今が一番若くて元気なんだ、それならば
「やりたいこと」がやれる今にそれをやらなくてどうする!

今後仕事でそれが当分出来なくなるのが判ってるんだ。
ならば5年前に行った旅の続きを、やろうじゃないか!

…ってね。

------------

ただ、一つだけ問題がある。

旅の相棒、バイク乗りとしての自分を体現化したと
行ってもいい最愛の愛機TW200が、急な連休突入の
ために冬眠から脱する手続き(任意保険加入と整備)
が間に合わなかった。

なので、今回は自分の北海道旅のポリシーからは
外れてしまうけど、このコで行くことにした。ウチの
中で一番の御老体で、あと何年乗れるか判らない、
だから一度は北海道を走らせてやりたいな、と。

Xt2017

非力で軽くセル始動で気楽にとまれてどこにでも
入っていけて、静かに心地よく走れるTWと違い、
600のパワーで重くキック始動でドゴドゴうるさい
このバイクで行く北海道、実は全く想像がつかない。
もしかすると苫小牧の港でキックしてもエンジンが
かからなくてそこで延々キックしまくって、それで
終わってしまうかもしれない(-_-;)<ばき

まぁ旅は筋書きのないドラマ、プランも全く立てて
いない、行き当たりばったりの珍道中を、明日から
いつもより短い日程ですが、行ってきます(^^)/

今回はリアルタイムでここを更新するのが難しい
と思うので後日まとめて過去のようにUPする形に
なると思うので、その点は御了承くださいませ(^^ゞ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.07.01

留守番は任せた(^^)

次回現場出張は先月末からの予定だったのが色々あって
少し延期となり、まだ自宅生活中。

バイクたちに乗ったり、しばらく長期保管モードとなるため
あるバイクは一度ナンバーを返納したり、バッテリーを
外したり、キャブのガソリンを抜いて、ガソリンタンクを
満タンにしたり、サビそうな部品は高粘度グリスを手で
塗りたくったりする、保存モードにして対応している。
外したバッテリーは下駄箱の中で保存。

Battry2017

困ったことに、これで全部じゃない(^^;;;)<ばき

------------

植物が生える庭先は、徹底的に雑草を毟って、落ち葉を
集めて、庭木も梅雨前の晴天の太陽を浴びてかなり大きく
繫って枝葉が伸びていたので、申し訳ないと思いつつ
大胆に剪定して、トータルで20kgぐらいの剪定くずを
まとめて可燃ごみとして出した、大変だったよ(^^;)。

そうやって作った、太陽がさんさんと当たる庭の地面を
少し耕して、台所で水耕栽培していたサツマイモの
切れ端から生えた芽を、ど真ん中に植えた。

Imo201701

この子が順調に育って、もしもイモヅルが延びていき
御近所さんの庭や道側に侵蝕して行ってしまったら
すみませんがウチの庭に押し戻してくださいm(_ _)m、
とすっかり仲良くなった御近所のおばちゃんたちに
報酬はこのイモが収穫できたらおすそ分け、という
事でお願いしたら、快く引き受けてもらえた(^◇^)♪

長期保管モードのバイクは成長しないけど(劣化はする)
命ある植物たちは親ならぬ持ち主の自分ががいなくとも
ぐいぐい育つから、なかなか大変だけどそれも楽しい。

イモよ、留守中よそ様に迷惑をかけないようにしろよ、
そして庭と家を見守っていてくれ、頼むぜ(^◇^)/
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.06.18

私的カセットコンロガスの使い方

一年とチョイ前にオール電化の家に引っ越したが
結局そこでも備え付けのIHグリルが電気をバカ食い
するため使わず、長年使ってきたカセットコンロで
煮炊きをしている。

…という話を、最近知り合いの女性に話をしたら、

「以前私も一人暮らしの時にカセットコンロを使って
 いたのですが、ガスがすぐに無くなってしまって
 しょっちゅう交換するのでコストがかかって…」

と、いう話をされた。

かく言う自分は、もう十年くらい大体一ヶ月あたりで
1~2本のペースでカセットコンロガスを使ってる。
そのくらいなら、ガス代コストは毎月200円未満の
はずなんだけどな?

------------

長期出張中は使わないから、そのせいもあるが、
例えば今年の1月から3月末までは出張生活で
正月休み以外は一ヶ月に1~2回の帰宅時に
煮炊きするのに使っていた。そして出張が終わった
4月からは毎日自宅で生活している。この状態で
今年に入ってから消費したカセットコンロガスは
(こうやって使い始めと使い終わりを記録してる)

Gas001

 1本目:1/1 ~ 2/27  ※出張中
 2本目:2/27 ~ 4/20  ※出張中。4月から自宅生活
 3本目:4/20 ~ 5/20  ※100%自宅生活
 4本目:5/20 ~ 6/13  ※ 同 上
 5本目:6/13 ~ 使用継続中

今のペースで行けば現在使用中の5本目が6月末
辺りで使い終わりそうだから、半年で5本のペース。
フルタイム自宅生活を始めた4月から消費ペースが
上がってきているが、100%自炊で焼き物だけで
なく、ラーメンやらヤキソバやらパスタやらを茹でて
このくらいの消費ペースで済んでいるから、決して
カセットコンロのガス消費というのは多くない。

じゃあ前述の女性と、自分とで何が違うのか?

------------

女性が使っている状態を見た訳ではないので、
あくまで想像するしかないのだけど、なんとなく
その理由は判る。

それは恐らく火力を最大で使う事が多いからだ。
ヤカンでお湯を沸かしたり、パスタを茹でたりする
時に、多分全開火力で使っている。そう使ってると
ガスの燃費が相当悪化するのを経験上知っている。

実は自分はカセットコンロの火力を半分以下で
しか使っていない。インスタントラーメンを作る
時でも、パスタを茹でる時でも、常時このくらい。

Gas002

ガスの火炎が鍋やフライパンからはみ出すと、
その熱は鍋を加熱することなく脇から逃げていき
ロスになる。なので火力は必要な量を最小限で
使うのがベストだ。

加えた熱量は極力逃がさぬよう鍋フライパンは
必ずフタを使う。出来るだけ密閉するものがより
ベター。

また、カセットコンロは使い始めと使い終わりで
内圧に差が出るので同じガス栓開度でも火炎の
大きさが異なるので注意。使い始めのハーフは
使い終わり寸前の全開とほぼ同じ火力がある。
それを見極めて最初は絞り気味で使い始めて、
徐々に開度を開けていって、という調整が必要。
そんなに難しくは無いよ、火炎の大きさを見て
大体同じになるようにすればいいだけ。

あとブタンガスを使っている関係で、気温により
内圧が変わるので、寒いときには気化を促進
させるために一度外して振ったり、軽く加熱して
やるとグッド!。寒い朝には火力が落ちるので
ガスボンベを布団の中に入れて暖めておくと
冬に調子がいいのはキャンプをする人ならば
理解してもらえると思う。

ハーフスロットルでは火力が足りないんじゃ
ないか?、って言われるけど、確かに時間が
少し掛かる。でも倍掛かるわけじゃなくて少し
遅くなる程度。それでいて燃費の差は歴然。

中年男の一人暮らしの自炊料理なんてたかが
知れてる少量の調理なので、小型のフライパン
や鍋しか使わない。となると火炎が小さくても
結構熱が入ってくれるのだ。全開でなくてもOK。

------------

あと、使い終わったガスボンベを何で律儀に
取っておくのか、というと、廃棄する前にもう
一発頑張ってもらうためだ。

缶の中にはまだブタンガスが残っている。
なので廃棄する前にはガスを抜くために孔を
あけてつぶして捨てないと、ごみ収集車の
中で爆発発火したりする事がある。

そのガスがもったいないので、自分はボンベ
直結型のバーナーヘッドを使って、缶を潰して
内圧を上げて、調理の補助火力として用いて
ガスを最後まで使い切るようにしている(^^;)

Gas003

ちょっとした調理で使うのではなく、大量の水を
加熱したりする火力を沢山使う場合にこうやって
用いる事で、装填されたカセットガスの消費を
抑えつつ火力を補って調理時間の短縮を図る。

そのために使い終わったガスボンベはすぐに
捨てずに何本かまとめて取っておく。ここまで
やれば、カセットコンロのガスは結構もつはず。

万人にお試しあれ、とは言えないけど、燃費が
悪い、と誤解されがちなカセットコンロも捨てた
もんじゃないよ、ということで御参考まで(^^ゞ
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017.06.04

SRX用クラウザーK2ステー『S-WING』の取合い部

コメント欄からリクエストがあったので画像をUP。

テールカウルを外して撮影したので取り合いの
箇所を参考にしてみてください。

Swing01

前後2箇所で取り合います。こっちは後ろ側。
左右対称なので右も左も同じ場所で同じ形状で
取り合います。

Swing03

後ろはこんな感じで、L字型のプレートを使い
コの字状で取り合います。プレートの厚みは
大体3mmくらいです。

Swing04

前方はL字金具とUボルトでこのハンドルに
固定しています。てこの原理的に、一番力が
加わるのは後ろ側で、前方はそれを抑える
ような働きですね。

------------

この金具自体は荻窪のモトコの製品です。

モトコに問い合わせてみたら、もうK2関連の
部品は一個も残っていないそうです(-_-;)

どうしてもS-wingを付けたければワンオフ
キャリア製作と同じように車体を預けてこの
金具を一品モノで作るために新たに採寸して
イチから作るので手間賃を入れて4~5万は
かかるとかなんとか…

なので、昔モトコに勤務していたというハヤシ
カスタムの社長に相談したところ、ウチのコに
付いているこの金具を外して採寸してこれと
全く同じものを作る、という事であれば車両の
持込みや採寸の手間が省けるのでずっと安く
作れるのではないか?、との事です。

かなり力が掛かる物なので、エーモンステー
のような安物だと一発で曲がって折れると
思うので、実用に足る強度のものをちゃんと
作るとすればそういう方法もありますね。
(自分はK2ケースに米10kgとその他を積んで
走ったこともありますが、大丈夫でした)

御参考になれば幸いです(^◇^)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.05.28

こんな事でも、幸せなんだよ

4月に現場仕事が終わって、やっと腰を据えて
自宅で生活が出来ると思っていた矢先に降って
湧いた次の現場仕事の話。

もはや何かに呪われているんじゃないのか?、
というくらいの事態に苦悩しつつ、これも自分が
背負ってしまったカルマなのか、前世で犯した
罪なのか、少なくとも自分の能力や人望がある
から是非に!、というようないい話ではないので
不遇を嘆きつつ、火中の栗を拾わねばならない
ならば、きっとその中に美味しい栗だってある!
絶対あるはずだ!、と粛々とその準備を進め中。

------------

自宅には、ご機嫌なお気に入りのバイクたちや
クルマが居て、自分としてはとても嬉しい(^◇^)

ただこの時期は自動車税の納付通知が沢山
やってくるので、その養育費にクラクラしつつ
これも一種の甲斐性だろ!、面倒みちゃる!、
とその支払いを一気に済ませた。郵便局の
おねぇさんが沢山ハンコを突いて手続き完了♪

Zeikin2017

また、自宅購入に伴って毎月の家賃支払いを
しなくてもよくなった代わりに、永久家賃とも
いえる固定資産税を背負わされてしまった。
その支払いもちょうどこの季節。4枚の通知で
季節毎に4回に分けてその罰金を納付する
必要があるようだ。面倒なのでそれも全額
一気に納めた…今月大赤字やんけ_| ̄|○

Kotei2017

------------

5月の好天で、庭の草木も元気いっぱい♪

前のオーナーが植え込みの中に残してた
枯れたように見えた鉢植を去年庭土に
植え替えていたんだけど、そしたらそれが
こんなに元気に花を咲かせた♪

Niwaflower

旧宅から持ってきて新宅に植えたイチゴも
しっかり根付いて、ほんのちょっとだけど
甘い美味しい実を付けてくれた(^◇^)

Ichigo2017

旧宅で長く生きていた長ネギは新宅でも
元気モリモリ、もう5年以上生きてるよ。
左のネギボウズを付けてる2本ね。右のは
御近所さんからおすそ分け頂いたものを
植えたもの。

Negi2017

旧宅から持ってきたミョウガは去年は残念
ながら生らなかったけど、今年は元気だ、
きっと取れるよね(^^)

Myoga2017

旧宅でやっていたように、新宅でも雨水を
上手く回収する方法を編み出したので、
庭木たちへの水分補給もバッチリさ♪

Amamizu2017

------------

天気のいい休日はバイクに乗ってGo!
富士山もキレイだ~♪

Fuji201705

別のところに行ったらとてもキレイな甲虫が。
虫好きとしてはこういう出会いはタマランなぁ♪

Musi201705

------------

こういう自分のごくありふれた小さい喜びに
満ちた日常は、もう少しすると非日常となり、
望んでも手に入らない、願っても叶わない
そういうモノになる。

日常と言うとごく当たり前のようにそこに
あるかに思えるけれど、実は全部貴重な
奇跡の一瞬なんだよね。

残り少ないあらゆる奇跡の瞬間を少しでも
多く感じて忘れないよう記憶しておこう(^◇^)
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«バイクで行くキャンプの移り変わり