2018.02.22

あの感動を、もう一度(ちょっと違うかも)

長期滞在しているビジネスホテルの洗面所の鏡に写る
自分は、どこをどうみても冴えない不細工なオッサンだ。

養う家族も居ないのに、自宅から遠く離れて、仕事仕事。
毎日自分の人生は消耗して短くなって行くというのに、
何も生み出せず、何も成せず、ただただ、ひたすら磨耗し
ひたすら疲労してゆくだけ。仕事では何かを成している
のかもしれないけど、それは自分一人の成果ではなくて
かつ自分でなくても誰かが成していただろう役割と結果。

そう考えると、自分の人生はきっとすでにもう詰んでいて、
なすすべもない滑り台のような枠にハメられて、決まった
方向にだけしか、もう生きられないんだと思う。

------------

今となってはそういう人間に成り果てた自分ではあるが
こう見えても昔は好奇心と発見に満ちていた少年時代を
生きていた事もある。

なんであんなに色々な事が楽しくて、面白くて、ワクワク
していたんだろうな。豪雪に閉じ込めらて職場とビジホの
往復しかしないこの数ヶ月間の間考えていた。

それは幼い短い人生経験ゆえに毎日が発見と挑戦と
その結果新しい知見知識、技能技量を積み重ねて行き
自分の世界を広げながら自分が成長して世界が広がる
事が体験出来たからだと思う。

それを重ねて行くうちに、積み重なったそれの方が多く
なって、新しい発見や成長がだんだん感じられなくなって
なのに新しいことにチャレンジする事がどんどん億劫に
なって、ますます一度出来上がってしまった生き様から
脱せなくなって、その悪い連鎖反応がどんどん分厚い

      『 自 分 の 殻 』

を自分で勝手に形と大きさを決めて固めていったから、
だと思うようになってきた。

その『自分の殻』は、自分自身を支えている外骨格でも
ある。考えようによっては、それ=自分自身、をじっくり
作り上げるのが人生そのものなのかもしれない。

でもその『殻』を突き破って開ける世界、それが自分の
成長でもあって、その瞬間の感情こそが、『感動』という
ものなんだろうな。そういえば『感動』する事が歳を
重ねる毎に減っている。でも本当は自分はそれを求め
それに飢えているんだろうな。抑圧されたビジホ生活の
果てにそんな感情を抱くようになってきた。

------------

…お前、何を言ってるのか判らないよ、という人だらけ
だと思う、なので判りやすい例えをしようか。

子供の頃に、自転車に乗れるようになった時のことを
思い出して考えてみて欲しい。それまで全然乗れなくて
絶対乗れるようになんてなれないよ、と思いつつ、でも
乗ってみたくて、練習して、失敗して、でもあきらめずに
練習して、練習して、フラフラしながら毎日練習を重ねて、
ある瞬間、何かが起きてついに乗れるようになる。

そうすると今までに感じた事のない未知の速度域や、
バランス感、今まで出来なかったことが出来るように
なった喜び、そういったワクワクや成功体験の感情が
爆発したかのような熱い想い。それが自分が表現して
いる所の『感動』というもの。

凡人ではたどり着けないけれど、例えば甲子園に
出られた高校球児や、メダルを手にしたアスリートは
きっとそういう感情の高ぶりを感じているのだと思う。

------------

今の自分には出来る事は少ない。でも今の環境で
やれることにチャレンジして、マスターして、自分の
世界を少しでも突き破って新しい世界に到達したい。

そこには以前は感じていて、今ではもう殆ど感じられ
なくなってしまった『感動』がきっとあるはず。
でも完全ゼロベースから難易度の高い物に挑戦して
みたり、手当たり次第に手を出してやってみるのは
失敗して挫折するのがオチだ(苦笑)。

下地があって、でも成し遂げていられなくて、自分が
今でもやりたいと思っていて、頑張れば成し遂げられ
そうで、雪に閉ざされたホテル住まいで可能なモノ。

考えて考えて、昔挫折したコレに挑戦してみる事に。

Ekey

何で?、何の役に立つのさ?、とは聞かないように。
少年の嗜みに一つや、サバイバル技能の一つとして、
この技能をマスターして使いこなしたい、と古くは
小学5年生のころからずっと思っていたんだよね。
これこそが無線通信だと思っていたし、何より暗号を
即座に解読するかのようなスタイルにカッコ良さを
感じていたしね(笑)

中学校~高校時代にハマっていたアマチュア無線、
電話級を取って中古のポータブル機で開局したけど
ステップアップしないまま局免は切れて今に至る。
だけどいつかは電信をやりたいと思っていたのだ。

今は不特定の同じ趣味人と会話する、という世界は
無線通話からネットにほぼ100%役割が置き換わって
いると思う。なので電信級あらため3級免許を取って
電信通信をしたい、という訳じゃない(チャンスが
あれば挑戦したいけどね)。まずちゃんとモールス
信号を聞いて内容を理解出来るようになりたい。

電鍵で打つことは(美しい周期で打つのはとても
難しいけれど)それほど難しくはないので、符号を
暗記して、そこからひたすら聴いて、聴いて聴いて、
耳に入る短音と長音のリズムが何を意味しているか
言葉のように脳に入るようになるまで鍛えてみる。

今は低速で筆記でなら大体コピー出来る。でも少し
速度を上げたり、暗記で理解しようとすると10文字
くらいで追いつかなくなる。もっと練習が必要だ。

そしていつかは、かつて自転車に乗れるように
なったあの時のような『感動』の瞬間が訪れる…
はずだ。それまでトン・ツーで遊んでみるよ(笑)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.21

頑張れ、親友よ

自分には数名だけど、『親友』と呼べる友がいる。

普通の友達や仲が良い人はそれ以上にいるけど、
気心が知れていて、どれだけ間があいても再会
すれば、その瞬間に昔のままの関係でいられる、
それが数ヶ月、数年というレベルではなくて長いと
十年以上消息すらわからないような奴でもあいつ
ならそういう事もあるさ、と思っていて、また相手も
自分に連絡を取らなくても特に問題とは思わない
ので、途中の連絡が全く無くてもある日電話が
かかってきたら、

 ino:「おう、ひさしぶり、元気か?会うか?」

で、普通に再会して、メシ食って、じゃあな!、で
また5年以上会ってない、とか、それでも関係が
全く変わらない、それが自分一人がそう思って
いるのではなく、ほぼ同じ感性で互いが同じ事を
思っていて、時間に関係なくそいう関係を築けて
いる友人、それを自分は「親友」だと思っている(^^)

------------

雪深い現場で働く自分にそんな親友の一人から
久々にメールが届いた。高校生の頃からの仲間で、
一緒にバイクで北海道を何度も回った盟友だ。

いつもならメールで近状や用件を伝えてくるけど
このときだけ、電話で話したいことがある、とだけ
連絡してきた。なんだい、カミさんと喧嘩でもした?
離婚したいという相談なら全力で止めるぞ(^◇^)

子供二人を抱えた家庭だから、いつなら話せる?
と返信したら

 「今なら、いつでも大丈夫だ」

…ん?、どういう事?平日だぜ、仕事はどうした?

-------------

こっちは仕事があるので、じゃあ宿に帰ったら
こっちから掛けるよ、とだけ返信して、数時間後。

ビジネスホテルについてから、電話をかけた。
3回ほどのコールの後に出たのは彼の子供。
小学校低学年と年長の男の子二人の上の子。
お父さんにかわって~、と話したら友人が出た。

 ino:「久しぶり、子供も元気そうだ、どうしたい?」

そしたら、なんと奥さんが急逝した、と告げられた。
…え?、冗談だろ?、奥さんまだ40代前半だろ?
病気なんて聞いてないぞ?交通事故?一体なにが
どうした?頭が猛烈に混乱する。何で何で・・・??
自宅で突然苦しみだして突発的に倒れて救急車を
読んで運ばれたが、助からなかったんだそうだ。

予兆が無かっただけになぜそんなことに、という
気持ちしか湧き上がってこない。なのに一番悲しい
であろう友人は淡々と状況とこれからの葬式の
準備を語る。大丈夫か?そうだ、子供、子供は?

悲しいんだろうけど思うより気丈にしているそうだ。
子供も友人も、泣こうと思えばいつまででも泣ける
でも今はそれどころじゃないし、これからを考えると
今は泣いてられない、という。

それを聞いて自分が電話しながら泣いてしまった。

友人夫婦は結婚する前に紹介されて、結婚後の
新居に遊びに行って、もう乗れないから、とバイクを
引き取って、子供が生まれたと連絡と年賀状が
届いて、自分も出張先から名産を送ったりしてた
ので、奥さんもよく知っている。そのレベルの自分が
これだけ悲しいのに、家族を失った父と子が悲しく
ないはずがないのに、それを圧しているのにね。

自分は何もしてやれないな、すまないな友よ。
とりあえず何のチカラも与えられない言葉だけの
慰めと励ましをして、電話を切った。

------------

数日後、どうにか調整して時間を作って、職場に
どうしても二日休むので!と伝えて、雪の線路を
走るローカルディーゼル車に飛び乗って自宅に
帰った。翌日友人宅に駆けつけると楽しかったで
あろう家に葬儀が終わってお骨になってしまった
奥さんが祭られていた、遺影に手を合わせた。

心身ともに大変だろうに、友人は快く自分を迎えて
くれた。久々に会う子供たちは大きくなっていた。
子供たちに、自分に時間が出来たら作って楽しもう
と思っていた、切り張りして作る紙飛行機の本を
持っていった。元気になったら、これをお父さんと
一緒に作って空に飛ばして遊びな(^◇^)

友人や子供たちは思ったよりも元気そうだった。
カラ元気なのはわかっていたけど、ならば自分も
付き合おう!、まるで悲劇が無かったかのように
子供たちと遊び、友人と語らい、奥さんが居ない
だけで、かつてと変わらぬ時間を過ごしてきた。

中々帰ってこれないけど、また機会を作って遊びに
くるから、それまで大変であろう新米父子家庭を
3人で、…いや4人だね、頑張ってくれよ、困ったり
悩んだら、またいつでもいいから連絡してこいよ、
非力だけどチカラになれる事があれば、また遠方
から吹っ飛んでくるからさ(^^)/
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018.01.21

新年明けて、現場は続く…

とっくに明けてますけど、明けましておめでとうございます(^^)

年末年始はそこそこ休めたので、全身全霊で自分らしい
生活をするべく頑張ってました。時間をかけて、費用をかけて
普通の暮らしをしなくてはならないという矛盾を感じつつも、
そこにささやかなる幸せを見出して頑張る、というのが今の
自分の現状です、…うぅ(T_T)

------------

とりあえず年末年始の出来事を画像で紹介。

去年に今は亡き友人の弔いを追えたSX200R。これによって
友の遺品から、自分の所有する一台のバイクになったので、
ちょっとだけ自分の好みを入れて弄ってみた。

Sxold

これが元の姿。これに入手しておいたUK仕様のDR200用の
外装を着せてみた。それがこれ。

Sxyellow

Sxdr200

スズキの古いoff車は黄色が良く似合うのさ(^◇^)♪
着せ替えの途中でちょっとだけ遊んでみたけど、これは
無理っぽかったので、30Lタンク化は残念ながら断念(^^;)

Sx30l

-------------

バイク道楽という腐海をさまよっていたら、ウチの13号機の
XTZ660テネレの「抜け殻」を発見したので無事回収(^^;)

Xtz660kara

…なんて立派な!、セラミックソードが欠けちゃったわ♪

Xtz660screen

これだけなら、持って飛べるかしら、フフフフ(^◇^)<ばき

以上、ナウシカの冒頭風にアレンジ。これで希少逆車な
XTZの外装もスペアが手に入ったので後々SXと同じように
着替えてみよっと♪

ちなみに、燃料タンクをウチのポンコツXT600Zテネレのと
比較するとこうなる。

Xtzxttank

左のXTZ660の燃料タンクは20L。右のXT600Zのタンクは
30Lと1.5倍。一見すると左の方が大きいんだけどね。

------------

元旦には毎年恒例の、箱根駅伝コース前日走行を実施。
黄色くなってDR200化したSXに乗って高速を飛ばして
湘南へ、そしてコースに沿って走行、国道1号を登って
芦ノ湖湖畔に出てから、久々にライダースポットである
大観山へ。はぁ寒かった~(-◇-;)

Sxgantan

------------

SXを黄色くしたので、ついでにこのコも着替える事に。

Drb

変身っ!!!えいっ!

Dry1

Dry2

ふぅ、脱皮成功♪、これでDR-Z400SMも黄色くなったぜ。
オフロードバイクはこうやって外装一式を持っていれば
簡単に着せ替えしてまるで別のようなバイクに出来るので
中々楽しいよ(^^)♪

ついでにノーマルにしてたマフラーも換えてやろう、爆音の
ヨシムラはもう心底ウンザリなので、そこそこ静かなのに
パワーアップ出来る出来のいいマフラー、レオビンチX3を
装着♪。これスゴイ、そこそこの音量でこんなにパワーが
上がるとは思わなかった。クワイエットバッフルで十分。

Drzx3

…あ、これって、この年末年始の休みに買ったんじゃなく、
ずっと前に買って持っていたけど忙しくて付ける暇が全然
無かったんだよね、時間が取れた今回の休みでそれらを
全部やってる、という事。

-----------

去年北海道を走ったXT600Zは、その後釘を踏んでリヤが
パンクしてたのでそれを修理。ついでにスペアホイールの
タイヤを交換。タイヤ交換はスポーツだ!、体力使うぜ!

Xtyobitaiya

タイヤを交換したスペアホイールに履き替えて、付いてた
赤ホイールをタイヤ屋に持ち込んで、北海道ツーリングで
減ったタイヤを新品に交換してきた。

Xttypechange

------------

こんな感じで、バイク道楽を目一杯頑張っただけで、
あっというまに年末年始の休みは終わってすぐさま
現場に戻って仕事を再開。

…なんか、そういう夢を見ていただけのような気が…
これってホントに現実だったのかな(^^;)?

今の自分の現実はこっち。狭いビジネスホテルで
自炊しながら職場と往復するだけの狭い世界の中で
しか生きてない。

Bijihonabe

…ちっくしょう、まだ負けないぞ、まだ、まだまだ!!
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017.12.24

メリークリスマス2017

まだ生きてます、案外しぶといです(*_*;)

とりあえず世間は今日クリスマスみたいです。
自分には関係がないですが、周りがみんな
平和で幸せあることを心から祈ります(-人-)

自分はとりあえず年末は休めそうな気配♪

今日も休みで、やっとどうにか少しずつ
この現場の雰囲気というか生活リズムが
作れてきてる気が。

ただ、こっちは雪がジャンジャンカ降るので
折角休みがあってもあまり外出する事が
出来ず。今日もほとんどホテルでカンヅメ。

「ホワイトクリスマス」がロマンティックだ、
なんて無責任な事はいったいどこの誰が
言ったんだよ...責任取ってくれ_| ̄|〇

Regayuki2017

明日の朝は早起きして雪かきしないと(泣)
・・・サンタさんのバカぁ!(T◇T)<ばき

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.11.23

約束をついに果たす

今までに無い職責を背負って、今までの仕事人生で
一番遠い所でキツい仕事をやりはじめて数ヶ月間、
ここに来る前から、この日は絶対に休んで家に帰り
ますからね!、と宣言しまくっていたのは11月の頭の
連休。

文化の日から土日をまたいでの3連休、これを使って
1998年の11月7日に亡くなった友人の墓参りをして、
彼がその時乗っていたバイクで、あの夜に通り抜け
られなかった交差点を無事故で通り抜けて、自宅に
無事に帰る、という自分にとって悲願だった法事を
するために、どうにかして自宅に戻ってきた。

------------

すっかり放置してしまった自宅の庭にはそこそこの
雑草が繫ってしまっていたけど、その中に放置した
ままだったサツマイモが結構元気にイモヅルを
伸ばして育っていた(^◇^)

Imoduru2017

ナントカは居ずとも*は育つ、とは言うけど、よくぞ
お前ら、こんなに繫ったな(^^)♪

早速雑草をある程度毟ってから掘り出してみた、
そしたら大小4本のイモが取れたよ、幸せ~♪
(手が泥だらけだったので撮影しなかったけど)

------------

さて、法事の準備をしなくっちゃ。

自分の友人が乗っていて事故にあい亡くなった
バイクは以前何度か紹介したスズキのSX200R

今ではすっかり快調となり、沢山いるウチのコの
一員として、元気に走り回ってくれている(^^)。

でも以前レストアしたときに履き替えたタイヤが
もう経年劣化で亀裂まみれになっていたので、
サビだらけのスポークホイール共々交換する。
あらかじめ程度のいい中古ホイールを通販で
入手しておいたので、

Wheelsx

前後ホイールごと差し替えて、大事なファイナル
ランを無事に終える準備をした。交換したのは
こんな状況。バーストしてもおかしくなかった。

Wheelsxold

------------

友人の命日は平日なので、やむなく三連休に
このイベントを設定した。そのおかげで以前に
SXが不動状態の際に復活させるために集った
かつての仲間たちが再び彼の墓前に集った。

以前自分が精霊馬として旧宅に借りてきた
友人のもう一台の愛車3VD-TDM850も来た。

Bozen2017

友人の墓前に友人の愛車が2台とも自走して
揃ったのは彼が亡くなって19年もたってから
初めての事だ。個別ではしょっちゅう来てたし、
不動状態のSXを車載してだったら過去に一回
だけこの2台が揃ったことはあるけど。

…ついにこの日が来たなぁ、長かった…やっと
約束を果たせるよ、待たせたな友よ(^^)/

彼が亡くなったのは31歳の時だ。そこからもう
19年も経ってしまった。もし存命なら…50歳?
はっはっは!、いい歳したオッサンじゃないか、
どういう大人になってたかな?、と自分らを棚に
あげて仲間たちが彼の墓前であの頃と同じよう
に笑う。

まぁ自分や他の友人たちも外観は老けちゃった
けど、その中身はあの頃から何も変わらない、
オマエだってきっとそうだろ?、なんて話を
墓前でしてから、姿の見えない彼をバイクの
後ろに乗せた。さあ!目的地に向けて出発!

------------

集った仲間の中に原付もいたので、下道を
淡々と走って友人が亡くなる直前にやってきて
いた食堂にたどり着いた。それは横浜の青果
市場の中にあった秋葉食堂。2年前の命日に
SXでやってきたときにはこんな感じだった。

2015

今年そこに万感の想いを持って辿りついたら
なんと!その店自体が無くなっていた!

Akiba2017

あれれ?、どういう事?、近くを走り回って
いたフォークリフトのオジサンに話しかけて
聞いてみたら、二年くらい前に閉店した、
との事。とすると、上の2年前のタイミングが
最後の会食のチャンスだったのか…(-_-;)

19年という時間の長さをヒシヒシと感じたよ。
よし、会食は無理だったけれど、現場はまだ
ある。そこに向けて出発しよう、友人が嘗て
ここから出発して、タクシーに跳ね飛ばされて
通り抜けられなかったあの交差点を抜けよう。

------------

そこはどこにでもある、普通の交差点。

少しだけ身構えたけど、何事もなくあっけなく
SX200Rと、TDM850はその交差点を超えた。
正真正銘事故現場をこの2台が通過したのは
初めてだ。

Kousaten2017

19年前に彼がそうやって通り抜けていたら
この場に50歳になった友人はまだ居たはず。
ほんのわずかだけタイミングがずれていたら
友人は助かっていたかもしれないし、自分は
逆に死んでいたかもしれない。

でも、友人は亡くなって、自分は生きている。
…色々と深く考えさせられた。

------------

集った仲間と会食してから別れ帰路に着いた。
この日の最後の目標は、無事に家に辿りつく
事。市場食堂を出て、あの交差点を通り抜け
無事に家に帰り着く。友人が成せなかったその
一連を完了することで、自分が彼から預かった
遺品であるSX200Rを、その役目から開放して
普通のバイクにしてやらないとね(^^)。

Kitaku2017

すっかり暗くなったけど、自宅までやっとこさ
帰ってきた。ちゃんと無事故で、無検挙でね。
ただいま、そして長いことお疲れ、SX。

やっと、やっと、やっと!、…終わったね(^◇^)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

勤労感謝の日

気が付いたら前回の更新から一ヶ月以上経ってた。
うーん、我ながら困ったね。

11月の頭にはどうにか足掻いて休みをとって自宅に
戻って、自分にとって大事なイベントをどうにかして
達成してきた(それは次の投稿にて)

でもその反動で、今月はなんだかんだで忙しい。

今日は勤労者に感謝して休んでくれ、と言う日らしい
だけどこっちは「働かせて頂いている事を労働者は
雇い主に感謝しながらいつもより働かねばならない」
という日、だから当然のように仕事だった。

------------

自我や自分の人生を確保したいんだけど出来ない。

頑張ることや頑張る内容を自分の意思とは外れた
所で勝手に決められて、こっちの希望や自身の人生
とは無関係な方向に勝手に期待されて、狭い一方
通行の枠に上から押さえつけられ尻を嫌と言うほど
蹴られて、さあ指示した方向に進め、とやられている
イメージ。

…こういう想いをしているのは(当たり前だけど)自分
一人じゃない。むしろ世の中の同世代の、いや世代を
問わずサラリーマンは、いや職業問わず性別問わず
おそらく程度の差はありこそすれ、みんながみんな、
似たり寄ったりな状況を抱えているんだと思う。

だけど、そうであっても頑張る価値があるものを
手にしていたり背負っている人はこの状況でも
きっとそれのために頑張れているんだろう(^◇^)

ちょっと、…いや、無茶苦茶うらやましいや(苦笑)

中には有意義な人生と楽しい天職で幸せな毎日を
こなしている人もきっといると思うけど、そういう人は
是非そのまま現状をキープオン!、ぶれるな!!

みんな頑張れ!、自分も(もう少し)頑張るp(^◇^)q
(目指すは年末年始の休み!)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«あ、生きてます