2020.06.30

ゴルフは一生やらない

職場の職位が上がって現職に社内転職をしてから、ある圧力が自分にかかり続けていた。新型コロナウィルス騒動が起こった事で最近はあまりないけど、感染が収まってきたら必ず再発するので、いい機会なのでUPしておく。

それは社内のゴルフコンペへの参加を(ほぼ)強制する力。管理職たるもの社内ゴルフぐらいして当たり前で、土日祝日の余暇の時間を会社のメンバーと過ごす事でより濃密な業務コミュニケーションが取れて会社運営に有益、というどこにも書かれていない不文律がどうも社内(の上層部)が感染しているらしい。

自分は若い頃、父親に連れられて打ちっぱなしに何度か行ったことがあるだけで、ごくたまにストレス解消でバッティングセンター替わりに練習場で最低玉数だけ打つ以外にゴルフクラブを振った事がない。それを知った社内ゴルフをやる連中が、イジメと嘲笑の対象が表れた!、とばかりにほぼ暴力的なゴルフイベントへの参加要請が定期的に入る。大変申し訳ない話だけど、自分は残りの人生でゴルフに人生のリソースを1分1円たりとも割り振るつもりが無いので、お誘い頂いた事に対する礼儀として全てのお誘いに一度だけ無下に断りを入れて、そのあとに続く追加の要請は全て無視している。

この行動に対して上役からは良くない評価が自分にされているようだ。でも自分は自分の残り少ない人生のリソースを自分自身の判断と責任で決める権利を有しているし、上役に気に入られて今以上に出世したいとかいうスケベ心を全く持ってない。なのでこれが自分の社内的立場を悪化させる要因となったとしても何も問題も感じない。給料が下がると言うならとっとと下げればいい、だって今の給料で何も生活に困ってないんだもの、下がったって今の生活やもっと下のレベルの生活も普通に出来るから小銭欲しさに自分の大切な時間や人生のリソースを無駄使いしたくない、絶対に。なのでそれでいい。

そういう自分ではあるが、ゴルフに対するスポーツとしての面白さに対しては実は異論はない。真面目に根詰めてやってみたらきっと面白さも感じるんだと思う。でもその楽しさを全て台無しにするイビツな社内力学が作用したゴルフコンペを、少なくとも末端要員の自分はきっと楽しめない。会社という要素が100%排除されるのなら今からでもやってみてもいいかもしれないけど、サラリーマンである限りやる意味は無い。そんな時間とカネがあればそういう連中は興味が無い、バイクや、車や、アウトドアといった今の趣味にもっと費やしたい。その方が自分の人生にとって間違いなく有益だからね。

そういう主張を社内ですると、「お前は間違っている!」、「社内のメンバーとゴルフしないとやる意味が無いだろ!」という偏ったカルト宗教的な価値観の押し付けをされる。そのモチベーションがどこから出てくるのかさっぱり理解できないくらいの強力さをもって、自分に何が何でもゴルフをさせようと圧力をかけつづけてくる。それをいつまでたっても諦めようとしない事に心底ウンザリしていて、加速度的にどんどんゴルフが嫌いになっている(-o-;)

そんな時間があったらバイクに乗って、そしてガソリン代を使うよ。その方が自分の人生にとっての有益度が、心底いやいやゴルフをするよりも何万倍も有益だから。なので自分は絶対に(会社関係者と)ゴルフはしない。他人はどう判断するのかは自分は感知しないのでやりたい人はやるべきだし、やりたくない人に醜いハラスメントをしかけてまでやらせるべきではないと思う。なのに今も世の中にはゴルフハラスメントが蔓延している。本当に残念だけど、いつか会社組織内のゴルフ同調圧力が違法なハラスメントとして認識されて世のサラリーマンが嫌々でゴルフをしなくても済むような社会になる時代が来る事を心の底から願ってやまない…(-人-;)

| | コメント (2)

泉佐野市の勝訴に思うこと

ふるさと納税をめぐるドタバタの裁判で、今日泉佐野市が国に対して最高裁で勝訴するというニュースが流れた。

これは国が後出しジャンケンで法的には問題が無かった泉佐野市を後から決めたルールで過去の行いを適用させてシステムからリジェクトさせたというある意味トンデモない方策に対する、正義の判決。

泉佐野市のふるさと納税制度を使った寄付金集めに対して、色々言う人たちは居るけど、モラル的にはともかく法的には問題が無かったやり方で、それを一般庶民が非難するならともかく、国が後から決めたルールで、ただ感情をもってその過去の行いを違法とした、という無茶苦茶な事例を最高裁が国に付託せずにちゃんと裁いたという画期的な判例で、日本に法治と社会正義はあったんだなぁ、感情で無罪を有罪にする韓国みたいな無法がまかり通る国ではなかった、という「過ちがあっても正せる良識がある国」である事を公に示せた良好事例だと思う。

確かに泉佐野市の過去のやり方は感情的には非難されるかもしれない方法だったけど、実は違法ではなかった。それに元々国策を押し付けられて財政が悪化して苦しんでいたので、窮鼠猫を噛む的な起死回生を狙った奇策だった。なのにそれを国が暴力的で全体主義的な国家権力をもってイジメるという前代未聞の愚行を自分はおかしいとずっと思ってた。国がまるで醜いジャイアン的いじめっ子のように一方的に弱者を見せしめにして叩いて、それに逆らえない手下のスネ夫的な自治体と一緒になって泉佐野市やその他いくつかの犠牲者をスケープゴートとして吊し上げて殴りつけながら喜んでいるようにしか見えなかった。

これを持ってこれからふるさと納税制度に泉佐野市が復活したら、「おめでとう」の意味を込めて、自分が可能なふるさと納税をいくらかしようと思う。昔みたいな高返還率の返戻品目当てじゃなく、傍若無人な暴力的なふるまいをした国家権力に、正義と法の秩序を持って戦って見事勝利を収めた泉佐野市に対する「お祝い」として、ほんのちょっとだけでも寄付をすることで応援したいと思う、自分には何の関係もない自治体なんだけどね。

| | コメント (2)

2020.06.29

在宅勤務の悪影響

ここ一か月くらいここをUP出来ない状態が続いてた。

時間はあった。在宅勤務だから通勤時間分の自由時間が増えているし、残業時間も出勤するよりも減っているのでなおさらだ。

でも更新は難しい。自分の趣味に近いレベルに達している家計簿付も、以前は1~2日単位で記録していたけど、今は2~3週間に一度の周期でしかつけれていない。それはなぜかというと、在宅勤務でPC仕事を自宅でやることによる目の疲れが尋常じゃないから。

どのくらい尋常じゃないか、というと、視力がこの2か月チョイで1.5から0.7に落ちた、といえば何となくわかってもらえるだろうか?。ケイタイやタブレットの小さい液晶をみるのは寝起きの朝ならまだ耐えられるけど、夕方にはもうカネを払ってでも見たくないし、仕事でノートPCを使っている関係でそのモニター距離の私物ノートPCも目が疲れて痛くてもう使いたくない。仕事が終わった夕方は視界がボヤけて、自転車やバイクに乗る事がはばかられるくらい。久々にこれを記載しているPCは、わざわざ中古の古いデスクトップPCを貰ってきて、仕事PCの距離とあえて変えた(遠くにした)液晶モニターで目をこすりながらやっと書いている状態。まさかこんなに目が短時間に劣化するとは思わなかったよ…

------------

昔から、他はメタメタでも、歯と目だけはいい状態を保ってきた。なので3か月前まで視力に不安を感じたことはなった(ちょっと老眼が進んできたような気はしてたけどそれは歳相当の劣化)。でもこの在宅モードが始まってから、色々工夫はしたけど、それでも目の疲れは猛烈で、仕事でPCを使わないわけにはいかないので、プライベート時間は目を休めることに徹してた。土日は仕事が休みなのでクルマやバイクに乗るために目のパワーをそちらに割り振って私物PCを長く使うニュース閲覧とか家計簿エクセル使用を出来るだけ避けてた。それでも平日に8~10Hの在宅PCワークによる目へのダメージは正直深刻なレベル。歯と目は一生モノだから大事にしてきたのになぁ、こんな事でこんなに痛めつけてしまうようになるとは完全に想定外。肉体的老化もあるんだろうけど、それを加速しまくってる気がする。

今日は天気が良かったので、1H毎に10分ずつ庭に出て、じりじりとした日差しを麦わら帽子で防ぎつつ庭木と青空を眺めて目を休めていたのでこの時間に私物PCで長文を打てる気がしてこれを打ってるけど、それでも目の疲れはある。うーんどうやったらいいんだろう?手元証明は確保してるし、頭上の照明も明るくしている。それでも目の疲れは事務所に出勤したときより大きい。こう考えると出勤した方が身体は付かれるけど目にはまだ優しい。ああ早く新型コロナウィルス騒動終わって出社解禁にならないかなぁ、明らかに運動不足で、体重も2kgぐらい増えて、ウエストも1インチ増えたし_| ̄|〇
 


| | コメント (1)

2020.05.31

さらば、半自動洗濯機

自分が長く使っていたポンコツ洗濯機のネタをUPしたのは…調べたらなんと8年も前だった(^^;)

過去のネタにあったように、回転槽のロック機能が死んだまま、ずっとゴム板を丸めて挟んで使い続けてた。ずっとそうやってきたから、洗濯というとそういうモン、と生活の中で固定化しつつもあった。

Hanjidousentakuki

だが、形あるものはいつか崩れて、電化製品はいつか壊れて動かなくなる時がやってくる。3月ごろから、半自動洗濯をしてると、カランカラン、と何かが何かに当たる音が聞こえるようになってきて、それがだんだん振動を伴うようになってきていた。何が起きているかを詳細には調べなかったけど、機械としてそろそろ限界を迎えつつあることは何となく判っていた。

-------------

この洗濯機、今だから言うけど、実は結婚した時に買ったもの。諸事情で入籍だけしてその一か月後にすぐ新居に引っ越して新生活をするために、とりあえずあわてて買った安物、というと怒られるけど、当時は一番安かったかもしれない、単身者用クラスの4.2kgのだし。

その後、ごく短い結婚生活が離婚により終わり、洗濯機は自分が持ってかつて住んでいたボロい長屋に引っ越した。それがもう20年くらい前の話。しかも8年前に「一年前くらいから壊れた」と言っているから、約10年間使って壊れ、その後9年間は壊れたままでゴム板を抜き差ししながらずっと使っていた。

家電の耐用年数は8年くらいだという。つまり倍以上働いてくれた、そう考えるとよく今まで頑張ってくれた。ありがとう、助かったよ。でももう限界なんだね。

Oldsentakuki

------------

新型コロナウィルス騒動で、外出自粛モードになっていたGWに、自宅から歩いていける距離にある家電量販店に出向いて、自分以外の客がほとんどいないガラガラの店内で品定めして、店員に相談して、そこから値切って<ばき、そしていくつか家電を買った。洗濯機はそのうちの一つ。残りはまた別ネタで紹介する(^^ゞ

------------

新しい洗濯機を買うにあたって、自分が求めた条件は以下の通り。

 ・洗濯を開始したら終わるまで自動で進行すること(こんなの当たり前)
 ・深夜電力の安い時間に洗濯出来るようにタイマー欲しい(これも当たり前)
 ・洗い始めた後から洗濯物を追加で放り込めること(よって縦型限定)
 ・4.2kgの洗濯機だと正直小さかった、もっと多く洗いたい(毛布くらいは自宅でやりたい)
 ・乾燥機は持ってたけどほぼ使わなかったからもういらない(必要となれば浴室乾燥機を使う)

そのため、「縦型」、「8~10kg」、「乾燥機能無し」(ただし風乾燥はあると嬉しい)で、安くて値切れるものをチョイスして商談した。

----------------

詳細は省くが、新家電がやってくる搬入日。朝方最後の洗濯をしてみたら、今までに聞いたことのないくらい大きい音と、ガタガタ!いう振動が出た。なんだか捨てないで!、と泣かれているような気もしたが、今までと違いすぎる状況に、コイツが無理やり音と振動を出して、自分に長年連れ添った洗濯機を捨てる罪悪感を薄れさせてくれているような、そんなやさしさまでもを感じた。ホント長いことありがとう。じゃあな、正しく家電リサイクルされたら、またカケラでもいいからウチに戻ってこいよ、歓迎するからさ(^^)/

9年間も突っ込み続けた黒い薄ゴム板2枚を残して、旧洗濯機と、ほとんど使ってなかった乾燥機は、あっけなくバラされ倒され担ぎ出されてトラックの荷台に乱暴に積み込まれていった。(BGM:ドナドナ)

----------------

空いた場所を雑巾がけして掃除してたら新洗濯機がえっちらおっちらと二人掛かりで運ばれてきて据え付けられた。
やあ、よろしく!、これから何年供にするかわからないけどよろしく頼む、出来れば壊れないでくれな(^^;)<ばき

Newsentakuki0

どっかり据わったのは東芝製の8kgタイプ、縦型、風乾燥付き。以前の旧洗濯機は4.2kgと小さく、モーターに強いという下馬評の日立製だった。実際19年チョイも(壊れながらも)使えたけど、今の時代の洗濯機はどこまで持つだろう?、日本メーカーとはいえ、もう白物家電は殆どが中国やアジアの会社になっていて、この洗濯機も東南アジア製だしなぁ。

試しに洗濯してみた。この機種は風呂水をくみ上げて使うポンプが内蔵されてるので、取説を見ながら専用ノズルを伸ばして浴槽に突っ込んでそういうモードにしてスタート!…あれ?動かない??、いろいろ調べたら、インターロックで上蓋を締めないと洗い始めないのね、旧は洗いは開けたまま出来たけど今のは無理みたい。

Newsentakuki

閉めたら水道水がジャンジャン注がれて風呂から吸い上げない。あれ?、と思ったら数分後に違う音がし始めて、吸い込み始めた。ある程度水を飲みこんでからインペラが回って攪拌水流の中で洗濯物が踊り始めた。

…あらま、静かだわ。最近の洗濯機の音ってこんなに小さいのね。旧は調子が悪かったのもあって夜中に脱水すると近所迷惑になるかとヒヤヒヤするくらいだったけど、これなら深夜にタイマーで洗濯しても目が覚めないかも、そのくらい静か。洗濯終了後、さらに試しに風乾燥モードで2時間くらい運転。すると化繊地のシャツは結構水分が飛ぶ。木綿のTシャツはそれなりだけど、でもこれは意外と使えるかも風乾燥。

さあ!新しい機能とともに、今までにはないワクワクの新生活が始まるぜ!!

…と、思ったけど、実はあんまり生活が変わらない。タイマーが使えるとはいえ、朝起きてから寝てる時に着てた下着や、オッサン臭が染みついた枕カバーとして何枚も用意して使ってるボロくなったTシャツを洗濯機に突っ込んで、洗面器で浴槽の残湯を汲みだしては洗濯機にザバー!っと注いでいた、そんな洗う習性が自分に染みついてしまっていて、せっかく新兵器が導入されたのに生活パターンが思ったより変わらない。容量が倍増したのもあって洗濯頻度も少し下がって、洗濯する回数が減ったのもある。そのために洗濯物を一気に干すためのハンガーはちょっと増えたけど。

Hangercolorful

まだ機能を全然使いこなしていないけど、これから少しずつ新機能を使ってみよう!
…しかしフタしないと洗い始めないのはやっぱ不便だよなぁホント。

| | コメント (3)

2020.05.03

アマチュア無線を再開しようかな?

大昔、自分が小学生だったころに、電子工作にハマり、その延長線上にあったアマチュア無線を中学生の頃に始めた。

当然中学生で高価な無線機なんて買えなかったけど、資格を持っていた叔父が古い無線機をくれたのでそれを使って恐る恐る空に出た(電波を発することをこう表現する)

当時無線通信は最新のテクノロジー(だと思った)で、おもちゃのトランシーバーをはるかに超える性能で、近所はおろかEスポが出れば全国の色々な人と会話することが出来て楽しかった!。それに小学生の頃に住んでいた市から親の事情で隣の市に引っ越したことで、同好の志の友人らとのコミュニケーションを無線機を使って取る事も出来た。

無線は高校生の頃まで盛んにやっていた。でもそこからマイコンブームが起き、自分の興味は時代の最先端であったそちらに移ってゆく。結果として社会人1~2年の頃まではツーリングで固定メンバーと会話するためだけに使っていたアマチュア無線も、アナログからデジタルへと改革が進み普及が加速していった携帯電話とPHSに役目を譲って、自分の趣味としての無線はそのころに終わった。5年間の有効期限のある無線局免許状もその頃を最後に切れたままだ。

-----------

そして月日は流れ、今はインターネット万能の時代。文字でのコミュニケーションはアマチュア無線でRTTYという通信があったけど装置は高価で、昭和の少年には夢の機械と世界でしかなかった。でもマイコン改めパソコンはそれを現実的なレベルに引き下げてくれた。RS-232Cを有する8bit-PCでANK文字のみの、借りてきた300bps音響カプラに受話器を押し込んだ草の根パソコン通信から始まり、漢字第一水準ROMを乗せた16bit-PCでMS-DOSを起動し2400bpsのMNPクラス4モデムでパソコン通信プロバイダでの日本語コミュニティを経て、マウスとGUIによるOSとネットスケープナビゲータとADSLで画像とMIDIファイルによる革命的な画像と音楽の鳴るホームページビルダー製のホームページを経て、今では一応在宅で勤務出来たり、家電すらネットにつながって冷蔵庫の中身を携帯端末から確認する時代になった。ほとんどSFの領域だね(^^;)<ばき

そんな中、無線通信はアナログでオールドテクノロジーの象徴、アナクロの極みとなり、一時期のバブルのスキーブームの頃に発生したにわか大量開局以降、アマチュア無線の話を聞く事はほとんどなくなっていた。

そして今、新型コロナウィルスのパンデミックで自宅待機を求められ、出勤せず在宅勤務で、人とのコミュニケーションがあまりとれない状態になった。休日ともなると、丸一日誰とも話をしてない、という事もある。先日ラジオのニュースで、NYで電話アンケートを実施したら、通常だと電話アンケートは1割くらいしか回答してくれないのに、会話に飢えた市民が長々と話しをしてくれている、という話が流れていた。会話は(音声に限らず)人と人とのコミュニケーションの原点、人が人である象徴でもあるから、それが断たれることは大変だと思う。

その時に電撃的に思い出した。ああ全く見ず知らず(会話してるうちに声だけ知っている知人になるけど)の人との会話が出来るアマチュア無線ってワクワクで面白かったな、と。

------------

学生当時の財力では限界のあったアマチュア無線も、サラリーマン末期の今をもってすれば、屋根の上に高効率のアンテナを上げて、いい無線機をそろえることも難しくない(バイク1台増やすより安い!)。それに昔使っていた古い無線機もまだ何台かある(今はバイクの排ガス規制のような、電波のスプリアス規制があるから古い無線機はそのまま使えないんだろうけど)

試しに古い(とはいえ自分が持っている無線機では最新の)430MHzのハンディ無線機を引っ張り出してきて、バンドのメインチャンネルをワッチしていると、たまにご近所からかな?、59で入感するCQコールがある。そっか、まだやってる人は アクティブに空に出てるんだね(^^)

来るリタイヤ老後生活の趣味の一環と、会話するコミュニケーションの手段の確保を兼ねて、アマチュア無線を趣味として再開するかな~。
昔使っていたコールサインがまだ使えるようなら、考えてみようかな(^^;)?

Musen2020

ネットワーク上でのテキストコミュニケーションも楽しいんだけど、直接しゃべるコミュニケーションも大好きなので、だからオフラインミーティングとか、バイクが集まる場所に出向いて多くの人とバイク談義するも大好き。でも直接対面するコミュニケーションが感染リスクを広げるなら、無線通信はアフターCOVID19の時代と、独居老人生活が求めるものに広くマッチする気がするんだよね、ハロ~CQCQ(^◇^)♪

| | コメント (2)

2020.05.02

在宅勤務に思う事

新型コロナウィルス感染拡大を受けて、新天地(という名の古巣)に移った自分もわずか一週間程度の勤務をしただけで、在宅勤務に移行することになった。

以前の古巣業務は装置を使って手を動かさないと成り立たない仕事だったけど、現在の仕事は比較的事務要素が多い職位なので会社のシステムにネットワークでぶら下がったPCを自宅にもっていけば、仕事ができない事はないだろ、日本は緊急事態宣言なんだから、通勤しないで自宅で仕事しろ、という圧力があったことは否めない。

だが在宅勤務なんて自分もそうだし、同僚も今までほとんどやったことなんてない。それが全員でいきなり在宅勤務モードに移る、というのは念入りに準備されていつでもカモ~ン!、というやり方ではなく、みんながみんな、不安と疑問をかかえたままでの壮大な社会実験、という扱いの見切り発車で行き当たりバッタリでのスタートだった。

さすがにいきなりやれと言われた当日から全員移行は出来ず、一週間かけて2名ずつ送り出して、トラブルシューティングとノウハウをグループ内で実施周知し、最終的に自分以外のメンバーが全て在宅で仕事が出来る状態になったことを確認してから、自分もPCを担いで帰って在宅勤務モードに移行した。最終日は自分だけが事務所に出社して他がテレワークだったのである意味自分自身も送り出しながら予行演習が出来ていた。

------------

… 在宅勤務はある意味衝撃的な働き方だった。

・通勤時間がゼロで、朝も夕もプライベートが突然仕事モードになる。
・でも自宅なので私生活と仕事モードの距離間がほぼゼロで切り替えしにくい
・ネットワーク負荷が毎日増していって最後は半日アクセスできないオフラインデーが発生。
・その状態でコミュニケーションがメールとIP電話とビデオカメラ経由となり隔靴掻痒状態
・同僚や部下が何の仕事を今やっているのかも電話等で問い合わせない限り全く判らない
・意識してアナログコミュニケーション(電話等)を取らないと表情や身体の動きが判らず心身が健全なのか不調なのか判らない
・自分が相手の仕事の進捗が判らないように、自分の仕事も相手は進捗が判らない。
・ネットワーク不安定を差し引いても仕事が出勤時よりも捗らない
・なのに定時に仕事を始め、昼休みに1H仕事を止めて、午後から再開して、定時まで、と時間管理される。
・時間管理されてる仕事モード中でも、100%プライべートの私用が呼び鈴一発で割り込みかかる。
・なので昼休みや途中の休憩が仕事なのかプライベートなのか境界があいまい(事務所なら仕事だ)
・仕事が終わってPCをシャットダウンした瞬間に100%私生活スタート。

挙げげだすときりがない。でも要約すると、仕事っていうのはそれを行うために整った場所にそれを行う人が集ってやることが色々問題もあるけれどやっぱり最適なんだな、ということ。何となく離婚した直後の、一人暮らしの再開の時に少し似たような感情を持っていたような気がしないでもない。一人暮らしになった気楽さと、一人で生きねばならない事への不安、一人でやらねばならないことの不自由さ、そのバランスを美味く取って波に乗れるようになるまでの漠然とした不安感とそうでなかった失った過去への惜別がゴチャマゼになってる、そんな感じ。

------------

ただ自分はある意味ラッキーだ。なぜならある程度広さのある家に一人暮らしなので、仕事用PCを置いた仕事エリアと、私生活エリアを分ける事が出来る。そして自宅内業務を邪魔するものは宅配便の配達くらい。

Zaitakuworkarea

家族がいて、子供も休校で自宅にいる場合なんかでリビングやダイニングにPCを置いてテレワークしなくてはならない人もいると思うけど、その点では自分は恵まれている。そして、ちょうど4月から事務仕事をメインとする管理職務に係るようになったので在宅勤務である程度対応できる。現場仕事や工場での製造をやってる仲間は在宅なんてできないから、そのまま出勤を継続していたもの。

あとは自分の欲望をカタチにした自宅の中で自由人inoと、仕事人inoへの変身をきっちり切り替えられればコミュニケーションが悪くやる仕事なす仕事が伝わらず、指示や成果が隔靴掻痒にして暗中模索なテレワークだけどどうにか出来そうな気がする。

…なので、一計を講じて、仕事を始めるタイミングで、普段着から現場仕事での正装だった、作業服に着替える事にした。意味はほとんどない、ただ自分の気持ちを切り替える、それだけ。でもこれが意外と効いた。

------------

どうにかこうにか在宅勤務のやり方をつかみつつあった4月後半に、早々にGWが始まってしまい、在宅勤務はいったん中断。GW開けからそれを再開するか、それとも事務所に出勤するようになるのかは、5/4の国の緊急事態宣言延長決定によると思われる。おそらく在宅勤務がまだ続く。でもそれは本来陸に生きる生き物が、やむなく泳がされているような不自然さを伴った緊急応急対応状態だと思う。このままずっとテレワークで何年も仕事をやってください、と言われたらこのままでいいかを悩むだろうな、本気で。

| | コメント (0)

«指先がイタイ(T_T)