2017.04.23

気が付けば、引越ししてからもう一年

あ、忘れてた!、この家を買って引き渡しされたのは
去年の4月22日だった。

一年間の時をこの家で過ごした、という実感は全然
無い。なにせずっと出張期間中で、すぐやってきた
GWはコツコツ引越し、その後ずっと出張に出ていて
夏の盆休みでやっと新居の生活を数日過ごせて、
その後は月に1~2度帰って風通しと引越しの荷物の
整理をコツコツと進めつつバイクを動かして維持に
勤め、正月休みにまた少しこの家で生活出来て、
その後4月から、やっとここに帰ってきて生活し始めて
まだ3週間しか経ってないからね。

結局仕事に散々振り回された一年間だったなぁ、
自宅よりもビジネスホテルで過ごす時間の方が
圧倒的に長かったから、この家で一年間生きてきた
実感が全く無いや(^^;)

------------

借家でなく、買ってしまった自宅なので、外観を
ここで公表すると一気に身バレしてしまうリスクが
あり、かつ引越しすることも出来ないため、本当は
紹介したいネタも封印せざるを得ないのでそこは
御勘弁とご理解をよろしくお願いしますm(_ _)m

なにせグーグルマップのストリートビューでは、
はっきりくっきりと表札まで晒されているもんで…

------------

とはいえ、長くここに来て覗いて頂いている皆様は
(今までああやって生きてきた)自分が一体どんな
所に今住んでいるのか、ちょっとだけ興味がある?

…いや、一言で言うとこれに尽きるんだけれども、

  「中古の一戸建」、「平屋の2LDK」

今回は自宅購入一周年記念ということで、自宅の
間取り図をUP。

Madoris

…とまぁ、こんな感じです(^^;)

比較対象として、一年前まで住んでいた旧宅の
間取り図もあるのでそれもUP

Kyuutakumadoris

…こうやって見ると一応少しアップグレードが
出来た感じがする。とはいえ、旧宅でも全然
大丈夫だったから、追い出されて取り壊され
なかったら、間違いなく今でもそっちに住んで
いたと思うけどね。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.04.09

うーん、うーん、うーん…

長い長い出張生活があけて、その間に引っ越した
新たな(とはいいつつそろそろ引っ越して一年が
経つけど)自宅で、やっと普通に暮らし始められた
この一週間。これで自分の生活ペースを掴めるな
と思っていた。

なので、今週末はここに新居で再開した新生活をup
する気満々だったけど、でも、自分の運命というか、
使命というか、この世の中における役割というのか、
そういうものはどうしてもそれを許してくれないらしい。

------------

こっちの事務所に通い始めたのが先週月曜日。

なのに、水曜日にカチョーに手招きされて別室に
連れて行かれて、「某所で**に欠員がでそうだ。
オマエに行って欲しいが、行ってくれるか?」、と
一応打診(とはいえ事実上の業務命令)をされた。

今度は遥か彼方の遠方、なかなか帰れない。
しかも職責的には今までに経験した事のない
重責と長期にわたる出張が必要になる。

…あの~、昨日半年間の通勤定期を買ってね、と
言うから買っちゃったじゃないですか、なのにその
翌日にこの仕打ちですか…(-_-;)?

一応抗議してみた。長い出張をやっと終えて帰って
きたばかりなのに、本社の業務分担も発表されて
今後オマエはこういう仕事をやれ、と昨日言った
ばかりじゃないか、とね。

でも、カチョーだって自分が憎くて仕方がない、
訳じゃない(と信じたい)。一応その理由は聞いた。
諸事情が発生してどうしようもなく、この状態下で
その現場に出向けて、それが出来る人間が会社の
中で自分か、あともう一人くらいしか居ないらしい。

ならその人に行ってもらいたい、と言いたい所を
ぐっと抑えた。なぜならその人だと多分この仕事は
出来ないだろう、と自分も判ったから。だからこそ
この話が自分に回ってきたのだ。

「今すぐとは言わない、でも遅くとも7月には現場に
 乗り込んで欲しい、inoばかり出張となってしまって
 申し訳ないけど、今回の話は長期的に見て決して
 悪い話じゃない、考えてみてくれないか?」

------------

さすがに即答は出来なかった。一旦保留にさせて
もらい、この土日、雨の中バイクで走り回ったり、
久々に年老いた両親にあったり、庭土を弄ったり
まだ引越しの荷物が残る部屋を少し片付けたり、
帰ってきたらやろう、と思っていた事をほんの少し
やってみながら、ずっと考えていた。

ぶっちゃけると、社命に背いて現状にしがみつく
事は出来る。会社人としては失格だろうけれど
自分の生活を最大限に優先する選択支を取っても
会社の中の立場やら査定やらは下がりに下がる
だろうけど、それでも別に困らない。石に噛り付く
ようにして稼いで養う必要のある家族が自分には
いないからね。

自宅の方も、今すぐ無職無収入になっても、
適当なバイト+αで維持出来るような仕組みを
すでに作ってある。乗り物道楽こそ今と同じような
事は継続出来なくなるけど、それでもそこそこの
レベルで継続しても大丈夫だ。

つまり、会社内でつまはじきにされて閑職に
おいやられたり、クビになったとしてもどうにか
なる。そうなると自分の生き方を大きく棄損する
こういう社命に従わなくても一応大丈夫。

最終最後の手段として、自らの判断で会社を
辞めてしまってもそれでもなお、ある程度だが
生活が成り立つよう段取りがもう出来ている。

でも、それは単なる逃げというか、安直過ぎて
違うと思うんだよね。

------------

元カミさんからこの世から不要だ、と言われて
一切の存在価値が無い、とされた後の自分を
認めて必要としてくれたのは残念なんだけれど
この仕事だけだった。

元カミさんを幸せにするために生まれてきたと
思った自分だったが、それは間違っていた。

となると自分がこの世に生まれてきた理由や、
今の世の中でこの命ある限りやるべき使命とは、
やっぱりこれ(仕事)なんだろうな、と思う。

今回の仕事は…正直自分の手に余る。

自分の能力がそこまであると言える自信は無い。
でもやってみなければ判らない。必要なのは
やってみる事、そしてやれるように努力する事。
ずっとそうしてきたから、今回もそれを繰り返し
やる…しかないのだ。

悪い事の方に考えずに、良い方向に考えて
みると、ぶっちゃければ実に判りやすい出世
であり、普通だったらなかなか望んでも得られ
ないキャリアアップのチャンスでもある。
(とはいえ自分はそれを一つも望んでいない)

御託や理屈はいいんだ、この仕事はやれる
人間がやるしかない。自分にオファーが来た
ということは、その時点でもうやるしかない、
と言う事なんだよね。

------------

先述の通り、自分は自分自身のキングス弁を
いつでも抜ける。会社は家を買ったばかりの
自分にはそれが出来ない、と思ってる可能性
があるけれど、実はそれが(躊躇無く)出来る
立場に居る。だから、もしも心身共に限界だ、と
なったらいつでもそれを引っこ抜いて「会社人」
という立場から脱する事が出来る。

だからこそ、そういう状態になる寸前までは
頑張る。我ながら損な性格だが、しゃーない、
これもひっくるめたのが自分自身なんだから。
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017.04.02

ジャパニーズ・スナック再発見

一発ネタ失礼。

現場から戻ってきた事務所や職場から戻って
きた自室で小腹が空いた時にちょっとだけ
間食する時、

昔はビスケットとか、ポテト系のスナック菓子
とか、チョコレートとか、せんべいとかの一般
的なモノを食っていた。

でもいい年した中年男はそういう高カロリーな
スナック菓子を食ってるとすぐ下っ腹が出て
ブヨブヨしてしまう(T◇T)ぅぅぅ

昔は煮干を食っていたけど、ここ最近、これが
美味くて安い事に気付いたのでよく食ってる。

Mamekasi

きっかけは、現場に向かう途中のコンビニで
節分商品として仕入れたけど売れ残っていた
煎り豆が捨て値で売っていたのを見つけて
何となくかわいそうになって買った事だった。

食ってみたら、素朴な味わいなんだけど意外に
美味いのだ。昔はちっともそうは思わなかった
記憶があるけど、味覚は年齢を重ねると変化
するからね(^^;)

ピーナッツとかアーモンドといったナッツ類は
ハイパーカロリー食材だから不用意に食うと
太りかねないし、値段も高いけど、これは
それらより安いよ~、大豆はパーフェクト食材
だから、たんぱく質も繊維質もイソフラボンも
取れるよ~。

画像は業務スーパーの商品だけど味も悪く
ないのでこれをまとめ買いして職場や自宅で
たまにポリポリ食ってる。

でも大豆は大豆でそれなりにカロリーが高い
ので食いすぎには注意ね、でもそれほど
沢山食いたい、と思わない素朴な味だから
大丈夫だと思うけど。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.04.01

I shall return.

長きに渡る某所の出張が終わった。

ビジネスホテルにかれこれ600泊近く連泊して
ここ一年間は毎日3時に起きてライトバンを
片道50km超ほど運転して通勤してた。

自分のタスクはちょっと微妙な結果に終わった
けれども、一応やれることは全部やれたと思う。

------------

現場を去るにあたり、自分がかかわった場所を
全て出向いて歩いて見てみた(一部特殊な所は
無理なので行かなかったけれど)

震災後にやって来た時と比べて、作業環境は
劇的に改善していて、装備の有無を除けば
ほとんど野丁場と変わらない(ごく一部を除く)
このまま改善が進めば、ここはきっともっともっと
良くなる。そしていつか必ず!、必ずカタがつく。

今回は諸事情でここまでしか関われなかった。
でも、ここにはまだまだやる事はたくさんあるし、
自分がもっと関わってやれる事もたくさんある。
そうさ、自分がやるべき事はまだ終わってない。

------------

ここで関わった各所に出向き、離任の挨拶を
してまわる。色々な人たちと出会って、一緒に
仕事をしてきた。上下関係も利害関係もあるけど
みんな同じ目的に向かって頑張っている仲間。

装備の監視人さん、現場の職人さん、構内
バスの運転手さん、他社の監督さん、身内の
スタッフのみなさん、みんなみんな、お世話に
なりました(^^)/

きっとまたいつか、この場に戻ってきます。

------------

長々と宿泊していたビジネスホテルを引き払い
チェックアウト。ここにも本当にお世話になった。

ぶっちゃけると、新居よりも、よっぽどこっちの
方が、自分にとってのマイホームだったもんな。
仕事を終えて帰ってくるとすっかり顔なじみに
なったホテルマンの皆さんが出迎えてくれた。
長く一人暮らしをしているから、自分を知ってる
誰かが居る所に毎日帰って「おかえりなさい」と
言ってもらえるのが何となく嬉しかった…のは
一応秘密だ(^^;)<ばき

Hotelfront

皆様、色々ありがとうございましたm(_ _)m
機会があったら、またよろしく!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.26

もうそういう世代のヒト

某所への出勤は朝早い。

3:00に起きて3:30には宿を出発するのが定例だ。
出勤はライトバンを一人で運転するナイトドライブ。
一人きりで数十kmの夜道の運転なので、眠気を
防止するのと、毎日の数少ない楽しみとして、
NHK第一のAMラジオをガンガンにかけている。

なので聞いているのは常に「NHKラジオ深夜便」

大体だが前半は音楽、後半は「明日への言葉」。

この「明日への言葉」がなかなかいい。
どうでもいい内容のも多いけど、聞いていると
「おお!」とか、「へ~」とか、関心する事もあるし
風見慎吾の娘の事故の話なんて、涙なくては
聞けないくらい感情を揺さぶられた。

長く聞いているとしょっちゅう再放送があるが、
それを再放送と言わずに「アンコール」というのが
いつも違和感を感じる。だってラジオ傾聴者からの
リクエストが集まっての再放送ならそうだろうけど
NHKの勝手な都合で勝手にやってるだけの
再放送だからね。

また決まった時間に流れる「深夜便のうた」が
何ヶ月もの間、同じ曲を延々かけ続けるのが
本当に飽きてしまうのでそこは勘弁してほしい。

おっと前置きが長くなった、本題に行こう。

------------

少し前に、通勤の前半時間である音楽の放送
時間に、80年代のヒット曲が流れていた。
自分はちょうどその世代に音楽を沢山聴いてた
世代なので、懐かしくそれを聞いた。

終わって「深夜便のうた」コーナーに行く前に
アナウンサーがこう言った(うろおぼえ)

「この時代の楽曲もそろそろ深夜便世代の
 対象になってきました」

「深夜便世代」というと早起きする老人世代、と
いう意味だと思っていたけど、そっか自分はもう
そういう世代に片足を突っ込んでいる、という
事なのか(-_-;)

年齢はだれもが平等に重ねて行くものだ。

どんな金持ちだろうと、最貧民と同じ速度で流れる
同じ長さの時間しか生きられない。時間は限りなく
平等なリソースなのだ。(高度医療等による延命は
除くよ、あくまで平均的な考え方でね)

だから望まなくても人は老いてゆく。自分も(誰もが)
確実に、NHKの言うところの「深夜便世代」になる。
その代わりにワカモノが新しい時代を担って生きる。
昔は自分もそうだった、今はかつて遠くに見ていた
老人世代に自分がなりかけている。…ワカモノよ、
意外と早く、ここに到達しちゃうから要注意な(^^;)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.03.15

高級炊飯器のレンタル比較サービスってどう?

どうやら4月から自宅生活に戻れそう、でほぼ確定。

なので来る新居での全うな自宅生活のために、
せっかくだから一生ものとして、美味しいご飯が
炊ける炊飯器を買おうかな、と現在検討中。

------------

今使っている普通の電気炊飯器は、自分が結婚
する際に新生活のために元カミさんと一緒に買い
求めたもの。

苦悩し続けた長い時間を経て自分の人生で最高の
元カミさんとの思い出や生活の残滓を時間をかけて
大胆に、丁寧に、そして淡々と止まる事なく自分の
周りから除却し続けてきた。だが、昨年春に行った
新居への引越しの際に、思いつく限り徹底的に
排除し尽したはずだったのに、愛用してたために
ついついそういうモノをコレから生きる場所の新居に
持ち込んでしまった。

今でも問題無く使えるから、正直な所、捨てるのは
もったいないけれど、この過去は、この過去だけは
これからの自分の未来に持ったままで生きる事は
出来ない。なので今までを深く感謝しつつ手放す。

------------

…で、せっかくだから次は美味しいご飯が炊ける
いいものを買おうかと思う。今後の余生を考えると
死ぬまでに食える食事の回数は限られているから
どうせ食うならより美味しい方がいいな、とね(^^)

でも、そういう高級?というより高価な炊飯器は
色々種類があって、正直どれがいいか判らない。
ネット上の評判を見るとなんとなくイメージらしき
ものが想像出来るけど、それが本当にそうなのか
何の保障もない。

少なくとも5万以上はする買物、と考えると一切
試さずに買わなくてはならず、結果としてそれが
ベストでなかった場合も高額だけにかんたんに
買い替えも出来ない。

車なら試乗出来るし、ヘルメットやスキー靴なら
販売店で試着して合うかどうかを確認出来る。
でも電化製品は宣伝文句とネット上の下馬評を
頼りに一発勝負するしかない。理不尽だよなぁ。

冷蔵庫にしろ、洗濯機にしろ、そして炊飯器も
実生活で使ってみないと判らない事があると
思う。でもそれをすることが出来ないのだ。

------------

…で、ひらめいた。

そういう電化製品の試用を目的としたレンタル
サービスって商売にならないかな?

例えば炊飯器だったら、最新の高級炊飯器を
一通り在庫としてもっていて、その中の3台とか
5台を選んで短期でレンタルして試し炊きして
試食することが出来るようなレンタルサービスが
あったら自分だったら有料でも利用してみたい。

掃除機や自動掃除ロボなんかも、販売店で
見るだけじゃなくて、使いたい場所に持ち込んで
自身の実生活の中で実際に使ってみないと
本当に納得のゆくものは選べないと思うのだ。

それをちゃんと有料で試してみて本当に納得の
行くものを選べる、そんな仕組みが世の中に
あってもいいと思う。

例えばそこで選んだ商品をそのレンタル屋の
ネットショップを経由して買うと、レンタル費用の
半分がキャッシュバック、とか、レンタルした
商品を中古品としてそのまま買い取るとか、
貸し出すだけじゃなく色々な商をつなげて行く
やり方はあると思う。

自分はサラリーマンなのでそういう商売を
これから新規で起こすことは出来ないけど、
どこかこのアイデア使ってやってみない(^^)?
パーミキュラの炊飯器を提供して貰えれば
このアイデア売るよ~(^◇^)<ばき

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«待っていてくれるのはお前らだけ