« 誰がためにカネは生る? | トップページ | 痛さを感じて、初めて分かる »

2004.05.23

「副収入」は得るのではなく削り出す

家計簿で支出を記録し始めてから、実は収入の方の記録も始めた。

その詳細は諸般の事情によりとても明らかに出来ないが(苦笑)
自分がいくら給料を貰って、いくら天引きされて、いるのかをずっと
集計していると所得税、地方税、健保、厚生年金、失業保険等の
「社会負担」が痛いほどわかる。

税金も保険も年金も、ちゃんと有意義に使ってくれればそれでいい。
それが社会をうまく回して、日本人みんなが幸せになれるのならば、
この「重たい重たい負担」にも少しは意味があると思えるから。

でも今の社会の現状を鑑みるに、どうやら天引きされている金は
社会の役に立っているのではなく、一部の連中のメンツを立てる為に
いいように使われているだけ、という感じが否めない。だから全然
納得出来ない。

給与収入がガラス張りで源泉徴収されるサラリーマンの場合、
給料以外の収入がもしあれば、問答無用で召し上げられてしまう
天引きが減らせなくとも、トータルではプラスにする事が出来る。
でもそこからまた源泉徴収とかされていたら、結局はまた国である
鵜飼に首縄をつけれた鵜の状態であることに代わりは無いが。

おっとっと、愚痴はこれくらいにして、本題に入ろう。

家計簿をつけ始めたのは去年の9/25、この日から自分の支出
及び収入は一円単位で記録されている。明日には先月分の
支出の集計が出来るのでバツイチ中年サラリーマンの危険な
家計簿を見たい人は明日の夜またどうぞ<ばき

で、今日は今までのBBSによる日記でもあえて触れていなかった
収入側について。会社から貰ってる給料明細を暴露すると自分の
悲しい年収がバレるからこれはナイショ。その代わりに給料明細に
載らない副収入について暴露してみる(苦笑)

家計簿兼収入記録ワークシートを見てみると去年の9/25から
今日までの約8ヶ月に、給料として会社から出た以外に約58万程の
「副収入」があった事になる。一ヶ月平均に直すと約7.25万、これは
世間一般のサラリーマンの小遣い+α程度であり、そのくらいは
どうにかこの「副収入」で賄えていたことになる。

別にバイトをしていたわけではない。ギャンブルには興味がないので
そういう金でもない。じゃあなにか、というと、半分くらいは現場出張に
行っていた時に出ていた出張日当。これは会社から出ているから
給料の一部,と思いきや,労衛法では一日4000円以内は必要経費?
として無税であることが確約されている。だから「副収入」扱いなのさ:-p
#実際貰ってるのは4000円/日なんて額じゃないよ、念のため。

通常は、その金で飯を食ったり服をクリーニングに洗濯したり、という
長期出張という非日常生活のための経費なのだが自分は出張先でも
コストダウンの手を緩めない。と、言うよりも出張時こそ日常以上の
コストダウンが出来る絶好のチャンスだ!
何せ冷暖房完備で電気も風呂も水道も使い放題という夢の暮らしだぜ♪

飯はホテルのレストランでの朝食に1000円、夕飯に1500円なんてのは
バカらしくて食わない、食えない。具体的には愛用のキャンプ用品を
ビジホや寮に持ち込み、そこで自炊を敢行するのだ。現地でも安売りの
スーパーを発掘し、見切食材を駆使し一日の食費を300円以下に抑える。
キャンプ用ガスバーナー、片手鍋、コッヘル、シェラカップがあれば
何だって出来るのだ。魚焼き用の焼き網があれば食パンのトースト
だって出来る。貧乏男をなめたらいかんぜよ
炒め物や揚げ物や焼魚は火災報知器が作動するからしないけどさ(^^;)

ビジホに備え付けの小型冷蔵庫には地元スーパーでまとめ買いした
食材をビニール袋に小分けにして入れておけばいい。野菜は常温でも
結構長持ちする。調味料は塩コショウと醤油、マヨネーズくらいがあれば
事足りる。油はチューブマーガリン。このあたりはバイクでしていた放浪
貧乏旅のノウハウがぎっちり詰まっている。

働いている仲間でここまでしている奴は居ない。と言うかこんな事してる
奴を自分は他に知らない。この荒業(?)は、元々は所帯を持っていた時に
少しでも将来のために貯金する手法として編み出した裏技だ。手間ヒマは
無用にかかるけど明るい未来の為にする貯金は今思えば楽しかったっけ♪
結局その金は将来の為ではなく、等分されて破綻処理(引越し代等)に
使ったんけどさ(苦笑)

今は悲しき一人暮らしだから家を買ったり子供の学費のために貯金する
必要などは無いからここまで苦労(?)してコストダウンに徹する必要は
まったく無いが、単に自分らしい生き方の一つとして、と言うよりも、
確実に実益を得られる道楽として地方長期出張時は今も続けている。


その次の副収入源は個人売買の売上だ。手持ちのバイクを友人に
売ったりヤフオクで手持ちの品を売ったりて得るのだ。これもチリも
積もれば山となるとは言ったもんで、今年度だけで20万近く得てる。
ただ、これは手持ちのリソースを手放しているだけなので、長い目で
見れば損してる。つまり「蛸足食い」なんだけど、使ってないし使う
アテての無い足なら腐る前に食った方がいいのさ(^^;)

株取引における「損切り」と同じで「見切る」ってのは「万事において」
大切だよ、ホントに(謎)

他は、宝くじの末等、貯金箱を開けて出てきた小銭、宴会の景品で
得たビール券、道端で拾った金(笑)など。これは合計しても1万円にも
ならないからビビたるもん。

結局、副収入と思って集計してても実際の所は本来そのまま使う
べきものを使わなかったり手放したりすることで発生している。これは
副収入,と言うより単なる「やりくり」なんだよね。でも、給料とは別に
手元に現金が残るから、感覚として&結果として「副収入」なのさ。


本当の意味で純粋に得をしたのは各種預貯金の金利その他(謎)だけ。
これらの合計は8万チョイ、一ヶ月あたりで1万円にしかなってないから
正真正銘の小遣い銭だ。
それでも自分一人が一ヶ月間生きれる位はこれで稼げているじゃん:-p
        ↑      ↑      ↑
   明日UP予定の支出の集計を見ればどういう意味か判るハズ

|

« 誰がためにカネは生る? | トップページ | 痛さを感じて、初めて分かる »

「節約生活(家計)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/642489

この記事へのトラックバック一覧です: 「副収入」は得るのではなく削り出す:

« 誰がためにカネは生る? | トップページ | 痛さを感じて、初めて分かる »