« LPガス(都市ガス)は本当に必要か? | トップページ | 丸刈りの功罪 »

2004.06.09

じゃあ電気は本当に必要か?

日々思うのだけど、人間ってのはエネルギーを浪費する生き物なんだよね。

--------------------

昨日LPガスをリストラする事で生活費削減を紹介した通り、ガスというのは
熱源としてのエネルギー源なので、代替エネルギーさえ用意出来れば削れる。

だが日常生活でもう一つのエネルギー源の電気を使わず暮らすのは難しい。
なにせ「万能」なエネルギーだ、熱源だけでなく明かり、動力、通信、
今PCを稼動させているのも電気だ。充電すれば自転車だってアシストするし
未来の自動車は間違いなく電気とモーターで走るようになる。

これ無しに生活するのは、つまり江戸時代以前のような暮らしをする事だ。
それはそれで魅力有る生活ではあるが、それを労力で補うのは本当に大変。
なにせ自分は結婚する前は洗濯機を持たず洗濯板で洗っていたのだ(実話)
風呂場で洗濯板で一週間分の洗濯物を洗うのは相当キツイ半日仕事だった。

今は結婚する時に購入して、離婚した時に引き取った全自動洗濯機がある。
だから洗濯とは干す手間とたたむ手間だけ、洗濯板時代と比べるまでもなく、
それを家事労働、と真顔で言うのが恥ずかしくなる程にラクチン(^^)♪
これぞ電気で成せる業だ。

それに壁のコンセントにプラグを差込むだけで湯水の如く使う事が出来る
電力会社から供給されてるこの電気、日本の電気代は世界レベルで高いと
よく言われているが、世界中でこの値段でこれほど安定した品質で
供給されている国はそう無いだろう。

--------------------

かれこれ5年?程前、諸般の事情で中南米の某国に一人で行った事がある。
あのコロンブスの墓があるその国は日本やアメリカ等の先進国と比べたら
確かに貧しい国だが、ガタガタだけど車は走り、ボロっちいバイクも走り、
高級スーパーに行けば食材は溢れ、高いけど日本製のテレビなども買える。

でも電力事情は悪い、計画停電は当たり前、突発的な停電も多々発生した。
電気だけでなく水道も突然断水したが、なにせ発展途上国だから仕方ない。
逆にそこに一週間いたらそんな生活に慣れた。

西語で叫ぶカウボーイが映るTVが突然切れ天井の扇風機が止まったっけ。
夜の街は街灯も少なく宿に帰る途中、頭上に煌く満天の星が綺麗だった。
バスルームで蛇口を捻って水が出ればラッキー、出なければ事前に水を
張っておいた大きな水色のゴミ用ポリバケツから水を汲んで頭から浴びた。
エアコンなんてないからその水は冷たかったけど気持ちよかったっけ。

そんな国で人々は貧しさを微塵も感じさせず陽気に笑顔で生きていた。
小奇麗な背広を着て肩を落し疲れた顔で街を行く日本のサラリーマンとは
好対照だ。どっちの暮らしが人として幸せなのか・・・考えさせられた。

帰国途中に一泊したアメリカのホテルで、蛇口を捻れば暖かいお湯が
欲しいだけすぐに出る利便性と、窓から見えたフロリダの眩しい夜景に、
違和感すら覚えたっけ。なんでここまでする必要があるの?ってね。

--------------------

おっとっと、回想モードに入っちまった、話を戻そう。

電気代、これを節約するのは大して難しくない。大電流を使う電化製品を
単に使わなければいいのだ。自分の家には贅沢品たるエアコンなど無いし
普通の冷蔵庫も電子レンジも無い、TVも14インチだから大して食わない。

次は節約生活の王道、使って無いのに流れている待機電流を減らそう。
一般にはTVの主電源やビデオデッキ、湯沸し電気ポットなどが有名だが
実は以外なモノが電気を食っている。代表例を挙げておこう。

 ・デスクトップPC (ATX以降は背面の主電源を切らねば食う)
 ・ノートPC    (ACアダプタをコンセントに刺しっぱなしだと食う)
 ・電気釜     (保温でもタイマーでもなくプラグ刺すだけで食う)
 ・全自動洗濯機  (これも電気釜同様にプラグ刺すだけで食う)
 ・MDラジカセ   (微々たるもんだけど食う)

大雑把に言えばスイッチに力を込め「ガチャ!」と入れる装置は食わない
だが「ピッ!」と軽く押すだけでスイッチが入る電化製品は常時僅かでも
必ず電気を食ってると思っていれば、大体間違いないだろう。

これらのコンセントを抜き、こまめに明かりを消し、TVをあまり見ないで
デスクトップPCを使わず古いノートPCばかり使う等の節約を実施したら
ある月は電気代が1700円程だった。30A契約の基本料780円込みで、だ。

だが、待機電流カット以外はあまりケチケチしないで体感で2倍以上は
電気を使ったつもりで生活したら、翌月の電気代は2200円だった。
かなりの労力を費やして努力をしても思った程の節約は出来ないのだ。
逆に節約する事で日常生活で得られる時間と利便性を著しく損っている。
つまり電気代は「ちゃんとカネを使うに値する費目」なのだ。

だから思った、電気代をこれ以上削れないのなら、作ってみようと。

--------------------

自家発電するなら屋台で使う様なエンジン発電機が一番安上がりだ。

だがそんなのを毎日庭で回していたら五月蝿くて近所迷惑この上ない。
それに化石燃料を燃やしCO2を吐き出す行為は乗り物でやってるから
日々の生活は極力自然エネルギーで賄いたい、そこでヤフオクで
中古の大型太陽電池パネルを購入して、色々実験してみる事にした。

入手したのはシーメンス製単結晶型12V20Wと京セラ製多結晶型12V40W、
中古でも合計で4万円程した。それは実に1年半の電気代に相当する額だ。

B4とアトレーのバッテリーを交換した時に古いのを捨てずに取っておき
このパネルに充電コントローラーを経由して繋ぎ、日中は太陽で充電し、
夜、帰宅後にDC-ACコンバーター経由で家電製品に繋ぎ、太陽パワーを
家庭用電源として使う独立系太陽光発電システムを自作し庭に設置した。

--------------------

太陽は時々刻々と動くため太陽電池パネルに入射する光の角度が変わり
発電量も変わる。20Wのパネルが20Wで発電するのは晴天の一日でたった
3時間しかない。つまり合計60Wのパネルが3時間発電したら180W。

これをバッテリーに充電する時とDC-ACコンバーターで交流にする時に
ロスするエネルギーも無視できない。大体自分の「太陽光発電所」から
取れる電力は一日でせいぜい100Wが良い所だろう。

つまり14インチのTVなら一時間半ほど見れるし、ノートPCなら約3時間、
使えるし10Wの蛍光灯スタンドなら一晩点灯出来る・・・たったこれだけ。

一年間晴天が続いても36.5KW、実際は概ねその1/3とすれば12KWの発電。
この為にDC-ACコンバータやコントローラ、バッテリー維持等も含めて
大雑把に5万円弱程の初期投資をした計算になる。

ちなみに同じ電力を壁コンセントから使ったら電気代はたった264円!
なんと単三アルカリ電池10本分ほどの値段に過ぎないのだ。
つまり初期投資の元を取る、なんてのは計算するだけ無駄だ。

このように太陽光発電で節約生活するなんてのは夢のまた夢だ。
それに金を使うなら電力会社から電気を買う方が圧倒的に安い。

--------------------

ここまで読んだ人は自分が貧乏を気取る割にひでぇ無駄使いをした、と
思うかもしれない。確かにこの太陽光発電システムは蛍光灯スタンドを
灯したりラジオを鳴らしたりノートPCを駆動する程度の、日々の生活で
実用とするには程遠い能力しか無い。

だが、これを持っている事で、仮に何が起きても、太陽が照り続ける限り
細々とだけど自力で電気を作れる。つまりもう自分には「電池切れ」や
「停電」は無い、って事なんよ。

貧乏太陽熱シャワーと同様、大災害などで停電が長期化して電気という
最重要インフラが途絶えても、暗闇を照らす明かり、情報を収集する
TVやラジオ、アマチュア無線や携帯電話とノートPC等で情報を発信する
必要最低限のインフラを、平常時は太陽で遊ぶために細々と使いながら
ちゃんと自前で確保したと考えれば、あながち無駄使いじゃなかった。

結論として「健康で文化的な社会生活をするために電気は必要」なんだ。

平常時には無理に使う必要は無いので日々節約するに越した事は無いけど
ただ闇雲に減らすのは逆効果、「必要経費」と割り切って使わなきゃ損だ。
なにせ電気が無いと文化生活の象徴たる各種家電製品、ケイタイもPCも、
何の役にも立たない邪魔なだけの不燃ゴミに成り果てちまうじゃないか。

--------------------

・・・でも単に「生きる」為ならば電気なんて無くても俺は生き残れるな。
例えば暗闇を灯し、暖を取り、調理するなら焚火があれば十分だよ。

人類が電気を大量に使うようになったのは高々100年程前からだろうか?
でもそれ以前も原始の頃から人間は電気無しでずっと生きてこれたんだ。

自分の経験からしても当時の生活は今と比べて相当不便であったろう、
だから昔の人々は今より不幸だった?・・・そんな事は無いだろう。

人はモノやエネルギーを浪費する「だけ」では、幸せにはなれないんよ。

|

« LPガス(都市ガス)は本当に必要か? | トップページ | 丸刈りの功罪 »

「節約生活(家計)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/739934

この記事へのトラックバック一覧です: じゃあ電気は本当に必要か?:

« LPガス(都市ガス)は本当に必要か? | トップページ | 丸刈りの功罪 »