« 命という「襷」 | トップページ | 無駄金は使わない(ベーシックへ) »

2004.06.27

詰め替え用洗剤の意義

最近は七輪で魚を焼いて食っているので、その時はダイソーで買った
魚を挟んでホールドして、そのままひっくり返して焼ける焼き網を
愛用している。

安物とはいえ、便利な道具なのでメンテナンスを欠かさない。おかげで
長持ちする。使用後は焦げや脂をきっちり洗い流しサラダオイルを薄く
塗り錆び止めするのだ。

その洗浄時に便利な洗剤がマジック○ン、・・・別に商品名を出していいか
花王のマジックリンだ。換気扇やレンジ用のアルカリ性のハードな洗剤だ、
食器用の中性洗剤と違って本来素手で扱うモノじゃないが魚を焼いた後の
ベタついた脂を落とすにはコレが劇的にキクのでやめらない。

---------------

焼き網以外に本来の用途でも良く使って台所を綺麗にしているので使い
切った。そこで他の買い物のついでに近所のドラッグストアでそれを買う
ことにした。

商品棚には自分が使っているハンディースプレータイプと、その詰め替え
用ボトル、そして普通の台所用洗剤のようなキャップ付きボトルの3種類が
売られていた。ハンディスプレータイプが約300円チョイ、その詰め替え用が
200円チョイ、そしてボトルタイプが詰め替え用と同じ値段で200円チョイ
…だった。

使っていたのがスプレータイプだから、当然その詰め替え用を買おうと
思った。だが最近食品やこういう物を買う時も内容量を見てグラム単価を
暗算する癖がついているのでふとそれをやってみたら、詰め替え用は
400ml、で、同じ値段のボトルタイプも参考までに見てみたら500ml!

つまりボトルタイプを買って詰め替えれば同じ値段で1.25倍買える!

---------------

それに気がついたので躊躇わずボトルタイプを買って、家に帰ってから
ハンディスプレータイプの本体に移し変えた。スプレータイプについている
ボトルには400mlしか入らない、だからボトルには100ml残った。

つまり、余った100ml分は移し変える手間賃、ってことなのか?

そういや似たようなことが過去にもあったな。普通の中性洗剤を買おうと
したら詰め替え用のビニール袋入りとボトル入りがあったが容量は同じ
なのに新品ボトル入りの方が安かったので躊躇わずそっちを買ったっけ。

---------------

「詰め替え用」という商品を出すことで容器を再利用してゴミを減らそう、
という姿勢は実に共感出来る。なにせ数年前まではプラスチックリサイ
クルは自分の本職だったのだ。だがこんな価格設定では詰め替え用を
作って売る意味すらないような気がする。

値段が高くても環境意識が旺盛だから詰め替え用の方を買う、という人は
世の中そういないよ、マジで。安ければボトル入りの方を買うさ、便利だし。

つまり、ゴミを減らそうとしたり、リサイクルを推進しようとする商品ならば、
それを通常商品よりもお買い得感を得られる値段で売らないとダメだ。
なのにそれをせずに売っているのは一体どういうわけだ?

これでは詰め替え用を積極的に買ってくれる環境意識旺盛な人が
実は損していることに気がついたら、だまされたような気になって
せっかくの環境意識にケチをつけるような事になりはしないだろうか?

もしかして通常商品にお買い得感を持たせて、そちらを買わせるための
「戦略商品」と言う意味があるのでは?と思ってしまうのは俺だけ(^^;)?

---------------

ちょっと話がずれるけどゴミからの再生品、つまりリサイクル品は残念
ながら同じ用途のバージン製品と比較すると品質が低くて値段が高い
物が多い。リサイクルは不安定な材料をつかって、余計に手間をかけて
作るのだから当然だ。

これじゃだれも買わないよ

品質がバージン品と同等以上で、値段がそれよりも安くならない限り、
リサイクル品は普及しない、環境意識がなってないと言われればそれ
までだけどコレが真実。

逆に言えば、それさえクリア出来ればリサイクルは驚く程スムーズに
「どんどん回り始める」はず。それが簡単じゃないのは、その業界の
人間だったから嫌と言うほど判るけどね

リサイクルは家庭のごみ箱で分別したり、きれいに洗って、それから
捨ててくれれば難しくない。だがその些細な手間を惜しむ人が多いから、
リサイクル製品を作る前に巨費を投じて分別装置や洗浄装置を設置
しないといけない。

分別や洗浄は100%出来っこないから異物が混入する事で品質は低下、
巨費と手間をかけた結果、その費用は製品に上乗せしないと商売には
ならない。・・・完璧な悪循環だな(-◇-;)

---------------

たかが台所用洗剤程度でそこまで複雑に考えずに、単に1.25倍入りの
洗剤を同じ値段で買えた、ラッキー!と喜べば良いのかも知れないけど、
残念ながらあまり単純な人間じゃないから、色々と深読みし過ぎている
のかもなぁ。

技術開発という職業でメシを食って生きていると、何でも多面的に物事を
見て、その結果を元にナニが何でも真相をつかみたい、と思ってしまう。
つまり裏の裏までを考えてしまうのだが、これ、人間としては悪癖だね(^^;)

でも、どこかの誰かは必ず考えていなければいけない事だと思うのだ。


 

|

« 命という「襷」 | トップページ | 無駄金は使わない(ベーシックへ) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/855338

この記事へのトラックバック一覧です: 詰め替え用洗剤の意義:

« 命という「襷」 | トップページ | 無駄金は使わない(ベーシックへ) »