« 車椅子≒メガネ | トップページ | ウルサ過ぎる排気音は不要 »

2004.11.03

庭先菜園の驚くべき収穫

ここのBlogの時系列をどんどん遡って行ってもらえば判るのだが
離婚後の孤独生活を支えてくれていたのは大きく分けて仕事と趣味だった。

その趣味は大きく分けて3つ、乗り物系と、ライフコスト削減と、植物の育成

本当は動物大好きなんで、色々な生物と一緒に暮らしたいな、と思うのだが、
一人暮らしなんで犬、猫は飼えないし、長期地方出張が多いんで魚や小鳥や
虫やモエビなんかも飼えない。命を預かる以上、ハンパな事は出来ないからね。

-------------

前フリが長くなったが、今回はその植物の話。それも以前の雑草ではなく、
ちゃんと食える家庭菜園の方だ。

野菜、つまり食える植物を育てる事はその成長過程を楽しむだけでなく、
その成果がそのまま食生活を豊かにしてくれるし、無駄な食費の抑制にも
一役買ってくれる。つまり『一石三鳥』って訳だ。こんな面白い事やめられん(^o^)

夏頃にジャガイモを収穫した話をUPしたが、その時にサツマイモの育て方もUPした。
サツマイモはこのクソ暑い夏に太陽エネルギーをガンガン吸収してスクスクと育った。
元はたった5個のイモだったのに、そこから芽を出し、蔓を伸ばしていた。
8月に現場に出張する前は、まだ大した事無かったのだが、9月に帰ったら
庭が半分イモヅルで埋め尽くされ、フェンスがイモヅルで生垣になっていた!

inoumi.jpg

うわー、一ヶ月半見ないだけでこんなになるんだ、へぇ?、と関心しただけで何もせず
すぐ次の現場に出張に出てしまった。今から思えば少し刈っておけば良かった。

ハードな仕事を片付け、3週間ぶりに帰ってきたら、庭は全面イモの葉で覆い尽くされ、
隣家の庭に侵入するわ、上記フェンスを乗り越え向こうの駐車場に分厚く垂れ下がるわ、
庭に置いておいた単車が4台蔓で絡め取られるまでに凄まじく成長していた(^^;)
残念ながらその画像は撮っていない。

-------------

迫り来るイモヅルから家を守るため、先週庭を上の画像まで取り戻すべく鎌を手にした。
イモヅルは網目のように縦横無尽に庭を走っていて、長さも10m近いものもあった。
あまりに量がありすぎて、刈った蔓が山になったのでゴミ袋に詰めたらこんなになった。

inoumi.jpg

…あまりの量でゴミ捨て場に一度に出すのが気が引けて一週間かけて捨てたよ(^^;)

で、今日はついに収穫だ!残ったイモヅルを無情に刈り取ってゆく。
葉っぱはまだピンピンで、新芽も沢山出ている蔓は新鮮な命を感じる。
それをカットしてしまう事に罪の意識すら感じる。勘弁してくれ・・・・(T人T)

・・ゴミ袋がまた山になった頃に、ようやく蔓の根っこに到達した。さあ、掘るか♪
すると出るわ出るわ、植えた本人がビビる程出てきた。これがそのイモの姿だ。

imo1103c.jpg

これは蔓2本分。こんな沢山のイモが地面の下にあるとは(^^;)
比較のため作業時に履いていた27cmEEEEの鉄芯入り安全靴(中国製で2000円♪)を
置いた。この靴の長さが約30cmある。これを参考にしてもらえばイモのサイズが判って
もらえるかな(^^;)?

この画像のように地面に刺さっているイモを取り除くと、その下からさらに出てきた。
自分で言うのも何だが、こんな立派なイモが沢山出来ているとは思わんかった。

-------------

サツマイモを植えてあるのはフェンス沿いの幅10m×奥行き1mほどなのだが、
そのうち約1mほどの幅を掘っただけで、イモがコレだけ出てきた。これで9.5kgだ。

imo1103c.jpg

作付面積のたった一割しか掘ってないのに、こんな量を掘り出してしまった(^^;)
このまま全部掘り出しても絶対食いきれないと判断し今日はここで中断。
大豊作だ♪、でもイモは今安いんだよな・・キャベツか大根にしときゃよかっ<ばき

土の中から掘り出した直後のサツマイモは店にあるようなくすんだ紫じゃなくて
ショッキングパープル、と言った方が良いほど色鮮やかな紫色をしている。
そのイモの泥を洗い落としてアルミホイルに包み、七輪で炭火を起こして炙って焼き
食ってみた。…甘い香りが庭先に漂う(^^)。ある程度炙ってからアルミホイルを
剥いてみると採れたて、焼きたてのほくほくの焼きイモが完成♪

食ってみた。・・・ん???美味いっ!
あー、なんて贅沢なんだろう(^^)

一通り作業を終え農作業の汗と泥を流そうと行きつけの激安50円銭湯に向かう。
そのついでに掘り出したイモをいつも世話になってるバイク屋に差し入れた(笑)

-------------

と、言うことでまだ全部を掘り出してないけど、サツマイモの家庭菜園は大豊作が確定。
にもかかわらず、このイモ畑では実は自分は殆ど何もしていない。芽吹いたイモを植え
ただ勝手に生えるに任せていただけだ。太陽と大地と大気と雨と植物の力は凄いのだ。

ジャガイモの時も思ったが、根菜は(特にイモ類は)楽々ノーメンテで確実なリターンが
このように期待出来るからオススメだ。主食になるので食費も確実に落とせる。
なお今回掘り出したイモだけ食ってればとりあえず一週間は食い繋げるのだが
毎日イモばっかり食うつもりも無いので実家や、ご近所や、会社、バイク屋(笑)に
おすそ分けする予定。せっかくの大地の恵み、独り占めは良くないぜ♪

なにせ掘り出していない推定80?90kg?のイモがまだ庭に埋まってるし(^◇^;)<ばき


|

« 車椅子≒メガネ | トップページ | ウルサ過ぎる排気音は不要 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/1856983

この記事へのトラックバック一覧です: 庭先菜園の驚くべき収穫:

« 車椅子≒メガネ | トップページ | ウルサ過ぎる排気音は不要 »