« ウルサ過ぎる排気音は不要 | トップページ | 私的TW改造法 »

2004.11.10

「電車男」に思うこと

今、巷では「電車男」の本が売れているらしい。2ちゃんねるのスレをまとめた
本らしいが、最初はあまり興味がなかった。2ちゃんねるはかつて友人が
画像と実名を晒されて叩きをされていた事もあり、どちらかというと悪い印象
しか持っていなかったからだ。

だが、そのストーリーの成り立ちに興味を覚え、書籍ではなく、ネット上で一連の話を
纏められているHP
をGoogleで探し、それを見てみた。ふむふむ・・・

・・・そしてMISSION・6のラストまで読み終わるまで、一度もPCの画面から目が
離れなかった。最後は、自分自身が経験したそれまでの出来事や、当時の
思いまでもが入り乱れ、…泣けた。

-------------------------

そこにはトレンディードラマや、韓国ドラマ、こぎれいなファッション誌にある
ようなスマートで、お洒落な、でも「吊るし」の恋愛ストーリーではなく、また
渡辺なんとかさんの書く痰壷か肥溜めのようにドロドロした汚らしい愛欲入り
乱れる粘っこいストーリーでもない。

どこにでもいそうなサエない男が一生懸命に頑張り、それを回りで茶化したり
励ましたり、叱ったり、アドバイスいたり、共に喜び合う「仲間」達の、身の
丈で原寸大の感情移入しやすい笑いあり感動あり、そして最後に涼風が
駆け抜ける気持ちの良い話が何一つ飾ることなく綴られているのだ。

ああ、これにリアルタイムで参加したかった!

この中で「走る」電車男は、TVに出てくるような生まれてから一度足りとも女に
不自由した事の無いような男と違って、それまで一度もモテた事のないオタクな
男だ。その姿が、かつて似たような青春を送っていた自分と激しくダブる(自爆)

世の中には、中高校生の頃から彼女がいて、その女に飽きたら乗り換えて、
とっかえひっかえして遊びまくる男も(女も)確かにいる。でもそんな生き様は
「自分ら」には出来なかった。それがどんなにしたくても、それを横目で見てる
しかなかったよな、電車男よ。

そんな彼が最高の相手と出会い、一世一代のチャンスを生かし、2chの仲間の
力を借りながら、一喜一憂しながらそれでも確実に成長し、最後は告白し、相思
相愛を確認しあう、このストーリーは、恐らく男の多くを占めるだろうモテナイ君や、
かつて何らかの恋愛をしたことのある男たちに必ず「何か」を感じさせたり、突き
動かされたり、自分自身の経験とタブらせ過去を思い出させる「魔力」を持っている。

少なくとも、告白前に手を握るだけでこれだけ盛り上がれる話は、
プロの作家にはどうやっても書けまい。

-------------------------

自分もこの話を読んで、最後に嬉し泣きして、そしてかつての自身の記憶を鮮明に
思い出した。…実は彼ほどではないが、こう見えても自分もかつて「奇跡」を起こした
ことがあるのだ(笑)

そして居ても立ってもいられなくなり、押し入れに放り込んだまま放置してた以前の
メインPC、古い486マシンを引っ張り出し、立ち上げた。懐かしいwin95の起動画面を
長々と見ながら待つ。記憶が正しければそこのHDDの片隅には、かつて自分に
起きた「奇跡」を圧縮したLZHファイルがまだ残っているはず・・・・・・あった!

それは今は「無き」元カミさんと付き合い始めた頃に交わたメールのバックアップ。
その当時自分にとって二番目に大切な宝物だった。一番目?当然元カミさんだ<ばき
彼女にとってはさほど大事なものじゃなかったようだが、自分は最後までずっと持ち
続けてた。

汚れた大人になってから純だった小学生の頃校庭に埋めたタイムカプセルを
掘り出して開けるように、恐る恐るその圧縮ファイルを解凍して、その中にあった
テキストファイルを開き、自分自身の心をあの当時にマインドタイムスリップさせた。

-------------------------

一度会っただけで妙に気になる彼女に(つまり一目ぼれってか?)近づく為に、
何か何かと何かしらのきっかけを探したっけ。ひょんなことからその機会が
訪れたのに、テレくさくて、そっけない対応しか出来なかった。事実自分が
一番最初に彼女に出したメールには、なんとたったこれだけしか書けなかった。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    >先日お約束した画像ファイルです。
    >
    >御領収ください。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - -

そこから奇跡的に続き紡ぐメールのやり取りに毎日毎時が楽しくて嬉しくて!!

そして想いを伝えていない好きな人に初めて電話する時の、あの緊張感は
電車男のそれと同じ、電話を持つ手が震え、汗をかき、何度も何度も指を
ボタンに伸ばすのに、かけられない!!。
当時人生最大の勇気をもって、何度も確認しながら押した番号、そして鳴り
始めるベル、そしてそれが止んだ瞬間のあの緊張感!無我夢中でしゃべり、
終わった後の幸福感♪告白した時の緊張感、想いが通じたときの絶頂感、
初めて手を繋いだときのドキドキ感、初めて抱きしめたときの、離したくない!
というか愛しい!というような、あの気持ち・・

まるで自分がジェットコースターに乗っている!と思う程の毎日だった。
本当に、本当に楽しかった(^^)。

その前の失恋から立ち直れず、もう一生恋愛なんて出来ないんだなと
沈んでいた頃や、そこから立ち直り「もう恋愛なんてしねぇぞ」、と開き直り
趣味に生きていた頃には想像すら出来なかった。・・・ありゃ?そういや
今はちょうどこんな感じだな(苦笑)

--------------------------

電車男のストーリーに引き続いてそんな頃の「タイムカプセル」も一通り
読み終わってみて、思った。人間失格な自分でも電車男と同じように、
こんなにも『がんがっていた』んだな、ってね。

そう思ったら何か無性に元カミさんの声が聞きたくなって、思わず傍らに
あった携帯電話を手に取った。しかしそこでやはり手が止まる。

・・・で、電話出来ん!電車男よ、俺にあの時の勇気を!!
・・・ってか、元カミさんの連絡先がわからん_| ̄|○ ←電車男風

なにせ、こんな事をしないように(しないけど)、メルアドも、電話番号も、
引越先の住所も、婚姻生活中に知り得た彼女の全ての情報は完全に
抹消して手元にあるのは一枚の写真だけ。
でもこれでいいのだ、好き合う電車男とエルメス嬢と違って、別れた
男と女からは何も価値あるものは生まれはしない。

こう見えてもシャイな中年男なんで、こういう話を直接人前で話す事は
めったにないが、タマにすると、さらにタマにこう聞かれることがあるので、
その時はこう答えている。

他人:「・・とするとinoさんはまだその元カミさんが好きなんですか?」
ino :「おう、好きだよ、そんな相手でないと結婚出来ないよ」
他人:「じゃあなんで離婚したんですか?」
ino :「そんな大好きな人を自分では幸せにすることが出来ないからさ」

--------------------------

よく聞く台詞にこんなのがある。

「男と女が長年付き合ってると愛情ではなく単なる情しか残らない。」

自分の場合はその逆だな。さして長くない時間で思いを残して別れたので
「愛情」から「情」が取れた。つまり広い意味で「愛」しか残ってない
例えば死別した夫婦やカップルなんかも多分こういう感じだと思うけど違うかな?

だから元カミさんが仮に今の生活の中で不幸になっても不憫とは思わないし
同情もしない。それが彼女自身で選んだ生き方だからね。でも常に幸せで
あれ、と願ってやまない。

そんな訳で近状を知りたいとは思わない、だが最近おせっかいな知人
(≠友人)が語った風の噂が本当ならば、今の彼女は自分と暮らしていた
よりも幸せになっているらしい。その今の旦那が俺のような人非人では
なく、もっといい人でありますように、そして何よりも彼女がこれからも
ずっと幸せでありつづけますように・・・(-人-)ガンガレ!

--------------------------

電車男のストーリーを読み、そして埋もれかけた自分の過去をも、こうやって
ほじくり返して、その結果、年甲斐も無くこう思うに至った。

「ああ、恋がしたいな」
    ↑ ↑
  文字だから打てるけど口からはとても出せん(^^;)

タイムリミットも近いから(自爆)、それまでにあと一度くらいは「恋愛」して
みたいもんだ。電車男の話には、バツイチ中年サラリーマンにもそう思わせる
だけのパワーがあったのだ。だが自分はそんな事をシラフで言える歳でも、
戸籍でも、顔でも、収入でもない…_| ̄|○ ←電車男風

でも元カミさんと付き合う前の大失恋だって俺は立ち直り、恋愛して結婚まで
したじゃないか。やればオレだって出来るって事だよ。

などと、思いつつ古いPCの中身をバラバラ見ていたら、なんとその大失恋の、
その時を書いたファイル(電車男のように相談していた友人に結果を報告した
メール)までも出てきた(^^;)

恐る恐る読んでみた・・・そういやこの時も未熟な俺なりに相当『がんがって』
いたなぁ・・若気の至りとはいえ、この時も我ながらよくやったよ。結果玉砕した
けど今も悔いは無いもの。

もう時効だろうから、もしそんな自爆ネタが読みたい人がいれば笑い話のネタ
にでもどうぞ。そういや以前この旅のエピソードの一部をここ
流用したっけ。

--------------------------

自分でも、また以前のように『がんがれば』もしかすると何か新しい事が
起きるかもしれない。そのためには何よりまず自分側から何かのアクションを
起こさねばならないんだよな(^^ゞ

よーし、まずは出会い系サイトへGo!<ばき
#うそうそ(笑)


 

|

« ウルサ過ぎる排気音は不要 | トップページ | 私的TW改造法 »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/1924481

この記事へのトラックバック一覧です: 「電車男」に思うこと:

« ウルサ過ぎる排気音は不要 | トップページ | 私的TW改造法 »