« 家族 | トップページ | Step family »

2004.12.03

生きて活きる

パートタイムハンディキャッパーとなって一週間

辛うじて昨日から職場復帰したが、松葉杖突きながらヨタヨタだから
まだ会社に儲けさせてやるほどのパワーを発揮しきれていない。
早速二日目から午前半休、これから病院に行ってMRIを撮ってくる。
・・・同僚に迷惑かけっぱなしで実に申し訳ない。

それどころか毎日の生活だけでえらく大変な状態で、
生きるだけで色々と忙しい。そのあたりは近日中にupしよう。

--------------------

しかし我ながら男の独りの暮らしのノウハウを確実に習得してるな。
健常なときのノウハウは残念ながらほぼ完成してしまっているし、
今は体が不自由になった時のノウハウを着々と・・

まぁ幸せな結婚していたって、努力不足で熟年離婚や
不幸にも死に別れて一人暮らしになる男は今の世の中沢山居る。
酷いのになると、別れたくても別れられない「生き地獄」で
生き続けている男も(当然女も)いるだろう。

突然そういう暮らしになってしまうそういう連中や、冷め切った
家庭内別居に比べて臨機応変力と時間と金のあるうちに
そういう生き方を余儀なくされた自分はラッキーだった。

また一瞬とはいえ、「幸せな時系列」を生きれた事もラッキーだった。
それを体験しないで生きている同世代の男も今の世の中に
沢山居るからね。

比較論だからその対照を幸せに手を繋いで生きる老夫婦としたら、
十八分に不幸だけど、今の自分はトータルで決して不幸じゃない(^^)

ジャンボ宝くじ前後賞当選と大差無い確立ではあるけど、
もしかしたらまだ幸せな時系列に戻れる可能性が
自分にはまだ残っている(はずだ)もんな♪、
そのためには「宝くじ」を買いつづけなきゃいけないけど
当りっこない、無駄な努力だ、と買うのを諦めない限り、
「宝くじ」を買っている限り、その権利が自分にはあるのだ。
#最近は「買ってなかった」けど(自爆)

---------------------

でも考え物だな、独りで生きる生活力を付ければ付けるほど
「幸せな時系列」に戻る生き方からどんどん縁遠くなる気がする(^^;)

・・・・今更だけど、「生きる」って、難しいなぁ

|

« 家族 | トップページ | Step family »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

inoさん、がんばってますね。
がんばって生きてますね。
生きぬいてますね。

人生はほんとうにつらい。
生きるって苦しいよ。
私もよくそう思います。

ただでさえそんななのに、
今のinoさんは身体に傷を負って痛みと戦ってる。
その姿にまた勇気をもらってます。

「人生は生きることが大事なのです。
いつも好奇心を持ち続けることです。
どんな理由があっても
決して人生に背を向けてはいけません。」

辛いときに、私が思い出す言葉です。
傷はまだとても痛いと思うけど、
一分、一秒、回復に向かってると信じて!
戦ってる自分の身体を励まし、愛おしく思ってあげてね。
心身一如っていうから、
心の平穏は身体にも優しく働きかけるはずだよ。

投稿: なお | 2004.12.06 17:14

なおさん、いつもありがとう(^^)

ここ数日、左手を貫通するワイヤー露出部分がキョーレツに痛くて
右手でしかキーを打てず、新ネタがなかなかUP出来ません。
#ネタは一杯あるんですが(^^;)

生きることは大変ですね。辛いこともホントにメ一杯です(^^;;)
こんなだらしない自分も、日々をコツコツ精一杯生きてます。
でも「生きる」って決して「それだけ」じゃないんですよね。


・・・・・・自分は「単車乗り」です。
「ライダー」でも「バイカー」でもありません。
この違いは普通の人や「バイク乗り」には理解出来ないかな?
同じ匂いのする「単車乗り」しかわからないかもしれません(^^;)
ちなみにバイクに乗ってなくても「単車乗り」である人もいます。

「単車」は雨が降ればビシャ濡れ、風は吹けばフラフラ、
車の排ガスで汚れるし、コケれば今の自分のように大怪我します。
でも「単車乗り」は「単車」がそれだけの物じゃないと
ちゃんと知ってます。

そんな辛い思いをしてでも「走り続ける」その意味を、
その先にある今までの苦労を帳消しにしてくれる
「素晴らしい世界」を、そこへ向かって「走る」気持ちよさを、
そしてどんな時にも常に自分の背中合わせにある危険性を。

「単車」はそんなとても難しくて凄く危ない「乗り物」です。
「メンテナンス」「給油」、そして「訓練」が欠かせません。
でも難しいから、そんな危ない物を自分の持てる全てを駆使して
操るからこそ「すっごく面白い」んですよ。
コケて痛くても、身体と車体のダメージを把握する現状把握力、
手持ちの物だけで応急処置し再び走り出す臨機応変力も必要です。
#うーん、本当に事故った直後にこういう話は不謹慎かな(^^;)

蛇足ですが、「単車」にはバックギアはありません。
難コースに突っ込んでもアクセルを開けて前進するのみです。
今ハマってる泥沼を抜け、次の崖を駆け上れば、
きっと「次の新しい世界」が見えるはず・・・
それを信じて今は「泥沼」で頑張っています(^^)

身体は情けない話ですが正直まだ痛いです。顔も傷だらけですし。
でも心は信じられないほどに痛くありません、ホントです(^^)

投稿: ino | 2004.12.06 21:35

よかったあ~。
inoさんの心、あったかいね。
ぬくぬくの温もりが伝わってきます。
私の心までポッカポカ。
ありがとう。

男の人って一つのことに熱中すると
すごいパワーでのめり込みますよね。
女性にはないエネルギーだと思う。
バイクに対する、あ、単車ですか?
単車に対する思い入れの強さ。
やっぱり、何かに夢中になれる人は素敵です。

投稿: なお | 2004.12.07 17:04

午前半休で病院行ってました。これから出社です。

なおさんからコメントが頂けると
自分もとても嬉しいです、本当にありがとう(^^)

「単車」ってのはいろんな事が「人生」に置き換えて
例えられる面白い物なんです(^^)
こんな事を思うのは自分くらいかもしれませんが(汗)

男ってのは何時までたっても「子供」なんですよ、多分。
なおさんは女性ですか?自分からすると女性の方が凄いです。

自分が思うに、男は女には勝てません、何一つたりとも(笑)
男の方が勝っているような、引っ張って行くような錯覚を
女性が上手く見せてくれているんだと思います。
例えるならば孫悟空と釈迦の関係、それよりはもう少し
相互に依存し支えあえる存在・・かな(^^ゞ

そしてそんな状態の時が万事上手く行きます(そんな気がします)
…人間って多分そういう生き物なんですよ(^^)

投稿: ino | 2004.12.08 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/2138448

この記事へのトラックバック一覧です: 生きて活きる:

« 家族 | トップページ | Step family »