« 続:投じた「実弾」の戦果 | トップページ | 税金は罰金か?(把握編) »

2005.06.20

鍛えたくない「孤独力」

こう見えても自分には「親友」が数名いて、「友人」はそれなりにいる。

でもここ最近は「一人暮らしから脱するためのさみしいエネルギー」を爆発
させるべく120%に蓄積するため、あまり積極的&対外的な友達付き合いを
しないで控えている。

正直、仕事に疲れ果てて誰もいない真っ暗なボロ屋に帰り着き、誰とも一言も
会話しないで一人で夕飯作って、食って、TV見て、ネットサーフィンして、寝て、
起きて、朝飯食って、ゴミを出し、出勤、という生活は精神的に平穏、と言うより
平坦だけど、やっぱり人間として辛いもんがある。元々大家族で育ったせいか
余計にそう感じる。

家の外で7人の敵と闘うサラリーマンにはたった一人であっても、
自分の背中を安心して託せる「味方」、自分を理解してくれる「仲間」、
頑張る自分を応援してくれる「サポーター」がそばに居てくれる場合と、
そうでない場合とでその人間の「生きるための力」の出方が全く違う。

まぁ人によっては誰よりも信じ切って背中を託した「味方」と思ってたはずの
「8人目の敵」に無防備な背中をバッサリやられ深い傷を負う事もあるから、
再びそうならないように臆病なほど慎重になる事もあるのかもしれないけど、
それでも、なお誰かと一緒に居たいと思うのは人間の4番目の本能なんだろうな。

----------

そんな事情で最近はごくマレに友人らと会食したりするくらいで、あとはたまに
電話かけたり、でも多くはメールでお互いが無事であることを確認しあうことが多い。
単車乗りってのは、いつ路上で野垂れ死んでても不思議じゃない生き物だからね。

しょっちゅう一緒に飲みに行ったり、一緒に遊んでいなければ友人関係が絶える、
という事を良く聞くけど、それは大きな間違いでそういうのは「友人」とは言わない。
単なる知り合い、またはそれ以下の存在に過ぎない。

例えそういう事をしなくても、関係が容易に切れないのが「友人」だし、
何年も一切連絡しなくても再会した瞬間にその間の時を飛び越えて
当時と同じように振る舞えるのが「親友」であって、こちらの事情を
一切考慮せずただ付き合いが悪いと仲間外れにされてしまうとか
疎遠になるのは、それだけのペナッペナに薄い関係って事だ。

以前親友だと思っていた奴に、嘘を重ねられ、騙され続けて、縁を切ったが、
そういうので無い限り、基本的に友人関係ってのは切っても切れないもんだ。

------------

で、先日そんな友人の一人から携帯電話にメールが届いた。彼は自分が以前
活動していたコミュニティで離婚後多くの「知人」がバタバタと去っていった中で
関係が切れなかった貴重な「友人」だ。

なになに?彼の奥さんが某局のミニ番組に出演するから見てくれ?

趣味人である彼や、彼に負けず劣らずな彼の奥さんは以前夫婦そろって
一緒にスキーに行ったりino指定食堂であるジャンボ入澤に行ったりして、
両者とも面識がある。夫婦そろって全く違う趣味を極めようとしてる?のが
互いが互いを尊重しあえて良いのかもしれない、けっこう似合いの夫婦だ、
…と自分は思ってる(^^)

で、後日、その番組を見てみた。

------------

うーん、知ってる人がTVに出ているのは何か不思議な感覚があるな。
しかもその撮影してる舞台が友人宅で、以前招かれた事があるので
その家具の配置なども記憶にあって、これまた不思議な感覚がある。

数分の番組に登場した奥さんは、直接会って話して聞いたことのある事を
TVから再び自分に語りかける。繰り返すが、とても不思議な感覚だ。
ホームビデオの映像とは違って、プロが撮影して編集したそれは
短いながらも立派な「番組」としての構成が成り立っているからかも。

その番組が終わりかけた時、自宅でくつろぐ奥さんと一緒に、
ダンナである友人が画面にひょっこり登場してスゲェ驚いた(^^;)

あらら、何だ何だ、本人がこうやって出るなんて聞いてないぞ(笑)
友人の出演は十数秒の短い間ではあったが、夫婦仲良くそろって
自宅のリビングでお茶を飲んでいる所で番組は終わった。

いやー、完全に見せつけられちゃったぜ(^^)b
うらやましいぞ、このこのこのっ!(笑)

------------

番組終了後、友人に「見たよメール」を出してから、ふと考え込んだ。

自分もその昔ほんの一瞬だけそういう生活を築けていたんだよな(自爆)
と、言うより自分が一人で勝手にそう勘違いしていた、と言うのが真相か(^^;
それは自分が望んではいても、自身に許されていた世界ではなかった。

なのに今も、その日々の焼け焦げ崩れ朽ち果てかけた残骸と化した時の中で
新しい世界に一歩も踏み出せないまま一人でそんな不毛な世界に生きている。

 この生き方が自分に最適だからだろうか?
 自分にはもうその資格が無いからだろうか?
 今の生き方しか自分は出来ないからだろうか?
 こんな生き方を自分が求めていたからだろうか?

  再挑戦して頑張ってもまた同じ目にあうのが怖いからだろうか?
  自分自身の過去に束縛され生き方も束縛されているからだろうか?
  今のままでとりあえず生きて行けるからそれで十分だからだろうか?
  再起不能のダメージを受け力尽きもう足を踏み出せないからだろうか?

これら全てを肯定は出来ないし、かと言って全てを否定する事も出来ない。
全てを肯定するのは卑劣な自己養護、全てを否定する事は自意識過剰だ。

------------

何れにせよ今の暮らしをこのまま継続し続ければ自分の老い先は見えてる。

10年後に自分は庭でイモを栽培しながら車とバイクに乗っているだろう。
20年後も自分は庭でイモを栽培しながらまだ車とバイクに乗っているだろう。
30年後は自分は庭でイモを栽培しながら車に乗れてもバイクには乗れないだろう。
40年後はもう生きていないだろう。

------------

「怪我」した生傷は塞がっているのに、動かすと当時の痛みが甦ると判ってるから
動きたくないってのが今の自分なんだろうな。確かにあんな想いはもうしたくない。
今でも動かせば猛烈な痛みを感じる、でもそれを嫌がって全く動かさないと
固着してしまい以後動かしたくても二度と動かなくなる。そうなっては手遅れだ。

痛くても辛くても、それから逃げずに向き合い、ひたすら堪えてリハビリを
重ねる事で、動かせなかった患部はだんだん、傷を負う前のようには上手く
行かなくても、ある程度まで回復して動かせるようになるんだ、きっとね(^◇^)

そのリハビリを始めるための、継続するためのモチベーションを高めるためにも、
「一人暮らしから脱するためのさみしいエネルギー」を日々充填しなくては(;_;)

------------

でも、自分で言うのも何だけど、それによって打ち消される、つまり患部が
固着しちゃっても不自由無く普通に生きてゆける創意工夫やノウハウ構築、
つまり一人で生きられる力、「孤独力」の方が自分はずっと強いのかもな

せっかく「さみしいエネルギー」を充填していっても、逆境を逆境と思わずに
それを楽しんでしまって、その結果、思惑とは逆に日々の生活でどんどん
そんな「孤独力」だけをビシバシ鍛え上げてる気がするのだ(-_-;)<ばき!

 

|

« 続:投じた「実弾」の戦果 | トップページ | 税金は罰金か?(把握編) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

inoさん。

自問自答する箇所、
私もそういうことよく考えました。
道に迷ったとき、
私はどこに行こうとしているのだろう?
私はどうしたいのだろう?
って。

失恋の価値ってそういうところにあるらしい。
ものすごく落ち込んで
なんでだろう?なんでだろう?
って考え抜いて
でも人の気持ちって理屈じゃないから
きちんとした正解がない。

この世で自分が一人ぼっちになったように
モーレツに襲ってくる孤独感。
この孤独感こそが失恋の価値。
人間は所詮一人なんだって気づいたら
またそこから同じ一人を探すの。
みんな一人ぼっちだけど
一人ぼっち同士なら二人になれるから。

投稿: なお | 2005.06.21 12:44

なおさん、…本当にありがとう(^^)

そうですね、たしかに自分もそうでした(今もたまに)

全てを飲み込んで一人暮らしに戻ったはずなのに
そうすれば自分も楽になれると思ったはずなのに
…直後は本当に辛かったなぁ、死ぬかと思ったっけ。

それなのに年金手帳やら配偶者控除解除やらで、
元カミさんとちょくちょく連絡をとらねばならなくて、
そんな内面に留めるのすら辛い自身の想いが伝わるのが
嫌でひたすら無感情で事務的に対応するのがやっとなのに、
それを「アナタらしい」と嘲笑されたっけ(自爆)

今ではそんな事も自虐的笑い話として語りながら
顔だけは笑えるようになりました(^◇^)

よーし、自分もこの痛みが判る「同じ一人」を探そう(^^ゞ

まずはどくしんぢょせいと会話する機会を探さないと。
人妻とかオバちゃんとかとは日常で普通にべらべら喋る
機会が沢山あるけど、そっちはここ数ヶ月皆無なので。
 


投稿: ino | 2005.06.21 21:31

inoさん。

inoさんの会社は大企業のようですし、
業種的に男性が多いとお見受けしました。

よく新聞広告で見かける
幸せそうなカップルの写真、
出会ってから交際、そして結婚へと
すごく順調そうな記事あるでしょ。
あの類の法人会員で加入してませんか・・・?

あれ、見るたびにいいなあって思うんですよねぇ。
出会いの方法に抵抗ある人もいるでしょうけど、
あらかじめ、既婚歴がありますとか連れ子が一人いますとか、
親の面倒をみなくてはなりませんとか
自営業でこんな商売やってますとか…
諸事情をわかった上での相手探しなので、話が早そう。

それともあの記事はいいとこどりなんでしょうかねえ・・・
やっぱり。

投稿: なお | 2005.06.22 17:30

なおさん、実はそういうのたしか組合が法人会員で
入ってるはずです。でもちょっと抵抗があるんです。
それは人のカタログスペックで出会いを探すという所。

カタログスペック抜きで今の自分を認めてくれる人がいれば、
それが一番ですがそんな甘々な事を言ってるから、
自分はダメなんでしょう(自爆)

長?:某一部上場企業で研究開発に従事、
   首都圏サラリーマン家の次男、親と同居無し、
   タバコ吸わず、飲酒せず、ギャンブルせず、
   年収***万、借金、ローン無し

短?:バツイチ、中年、ハゲる手前、貧乏性、節約好き
   猫好き、単車乗り、家庭菜園好き、カメぬいぐるみ好き

こんな「カタログスペック」で誰かボクを選んでくれ…なかったしなぁ。

ま、タイムリミット寸前ですから、あせっても仕方ないです。
それに、もう独りの老後に向けた人生
計画もスタートしてますし(^^ゞ
 
 

投稿: ino | 2005.06.24 00:13

inoさん。

う~ん♪素晴らしいカタログスペック?だと思いますけど。
タイムリミットなんてないですよ。
人生、思ったときから始まるんですから。
年じゃありません(と自分にも言い聞かせる・・・)。
私も早く始めたいわ。ぼそっ。

いつスタートするかわからないから、
いつスタートしてもいいように、今は心の準備期間だと思って。
満を持して、そのときに備えましょう。

求めなくなったときほど出会いは訪れるもの。
今、ないってことはまだそのときではないのかもしれませんね。
まだまだ~。人生これからですよ。

投稿: なお | 2005.06.24 18:03

なおさん、沢山コメントしてくれて本当にありがとう(^^)

自分のカタログスペックは今まで女性からロクに
誉められた(?)事が無いのでちょっと嬉しい♪<ばき

>まだまだ?。人生これからですよ。

そうですね、何事も無ければ、まだ人生は倍くらいあるはずですし(^^)

・・・そうであれば、ホントいいなぁ。
審判は月曜日。…何事も、ありませんように(-人-)

------------

6/27追記

今日病院行って内視鏡で精密検査受けてきました。
結果は「病巣検出されず」・・・よっしゃ!命拾いしたぞ!

今回ばかりは自覚症状がアブナイ方にばかりあって
もし本当にcancerが発見されたらどうするかな、と
この数日色々と考えていたので、ちょっとうれしい(^^;)

今日の体験記は、後日UPしまっす♪
 

投稿: ino@追記 | 2005.06.25 12:42

inoさん。

精密検査、なんともなくて本当によかった。
数日間、つらかったでしょう。
生きた心地がしなかったのでは・・・。
無事がわかって何よりです。
安心しました。健康第一ですからね。
節食よりもちゃんと栄養はとりましょうね。

これで安心して新潟に行ける…
と言いたいところですが、
大雨で柏崎は大変なことになってますね。
ボートで非難する人の映像が流れてました。
どうかご無事で、行って帰ってきてください。

投稿: なお | 2005.06.29 11:58

なおさん、情けないネタにもコメントありがとう。

実際はもっと情けない、今回の事の顛末を
先ほどUPしました。ダラダラな長文ですが、
適当に斜め読みして笑ってやってください(^^;)

つくづく大げさな奴だ、と思われるかもしれません。
でも、そう言う判断をするだけのネタが、確かに
自身にあったので、自分的には決して大騒ぎな
空騒ぎではなくて、予定調和的な判断&行動でした。

結果やっぱり栄養を取らねば、と言う事になりましたので
しばらくはちょっとリッチに食おうと思います。
と言うより、冷蔵庫冷凍庫を出張前までに空にするために
無理してでもその備蓄食材を無駄にせぬよう
食わねばならないんですけどね(苦笑)

------------

現地に連絡したらやっぱりそれなりになってるようです。
田んぼの真ん中にある会社の寮も床下浸水
寸前くらいまで水位が上がったらしいです、はっはっは。

ま、何があろうと死ななきゃ何でも出来ますよ(^^)/
倒れない程度までは頑張ってきます。

投稿: ino | 2005.06.30 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/4628221

この記事へのトラックバック一覧です: 鍛えたくない「孤独力」:

« 続:投じた「実弾」の戦果 | トップページ | 税金は罰金か?(把握編) »