« TW不調の原因判明 | トップページ | 「十三里」の前に、まずはコレ »

2005.09.25

不吉の花は古の知恵で守られる

ちょっとしたメンテをするだけで各種イモ類を育み貧乏節約生活を助けてくれ、
通常だったらとても維持できない沢山の単車を収納し趣味を満喫させてくれ、
カナヘビやバッタ、コオロギやドウガネブイブイといった沢山の小動物が生きる
狭いなりにも楽しい我が(借)家の庭の、ある特定の部位にはこの季節になると
それまで何の兆候も見られないのに突然ニョキニョキと長い芽が伸び始め、
そして突然赤い花が咲く。

higan

「暑さ寒さも・・・」で有名な彼岸花(ヒガンバナ)。庭の中だけでなくこの地域で
この花が咲いているのはあまり見かけないから、恐らく前の(またはもっと前の)
住人が植えたのだろう、全く身に覚えが無いのでボクの子じゃないよ(^^;)<ばき

------------

ここに引っ越してから最初にこれを見つけた時は、朝起きた時に庭のど真ん中に
突然赤い花がたった一輪だけ見事に咲いていて、何か不吉なことが怒る暗示じゃ
ないか、と、メンタル面がまだ不安定な時期だったんでネガティブに考えたもんだ。
でも今はこれが生えてくるのは待ち遠しい。だって、雑草が付ける花も大きな花も、
やっぱり花ってのは綺麗で、綺麗な花を目にするのはそれだけで楽しいからね(^^ゞ

この彼岸花、花をつける前に地中からすっく!とノビノビ立ち上がる芽が
まるでニンニクの芽のようで、いつも食えないのかな、などと思っていた。
でもヒガンバナは都市伝説的に毒がある植物としてよく知られている。
とはいえその毒はスズランやチョウセンアサガオのような猛毒ではない、
…という所までは化学屋としての基本知識としては知っていた。

でも、つい最近分かったのだけど、なんとこのヒガンバナ、実はいざという時に
食うために栽培しておく、という「救荒植物」なる由緒正しき非常用食料と
して日本中に広まった、という説があるらしい。

根っこにあるアルカロイド系の毒素は水に晒せば抜けるので、飢饉の時とかに
食った、という話は何かで見たことがあったけど「救荒植物」という素晴らしい
ネーミングは今回初めて知った。オレは利便性のみを追求した現代文明に
完全に浸りきっていて「本当に生き延びるための必須知識」が欠落していた!

恥ずかしい&情けない&深く反省&チャンス到来&勉強勉強(^◇^)♪

------------

つまり、ここにヒガンバナが咲いているという事は、いざという時の食料が
地中に常に埋まっている、という事であって、つまりそれは一種の食料備蓄
きっちり確保してある、という事でもあるわけだ。

そうするとこの花、ある意味で自分の庭に最もふさわしい花なんジャン!
ある意味偶然とはいえ、これは咲くべくして咲いてるのかもしれない。
我に食料を与え賜もうた(貧乏)神様、感謝します…(-人-)南無阿弥陀仏

…しっかし自分っていう男は生涯の伴侶には結局恵まれなかったけど、
こういうモノにはホント、縁が嫌と言うほどメ一杯あるなぁ(--;)<ばき

------------

でも、そんないざという時に命を繋いでくれるありがたい植物であるはずの
ヒガンバナには毒とか、不吉、とかいう悪いイメージばかりがあるんだ(._.)?

もしや、「ヒガンバナには毒があるから触れるな」、「不吉な花」とかいう話の
真の意図は実は「これはいざという時の食い物だからいつも食われないように
そういう噂を流しておこう」という高度な意図が込められているのかもしれない。

…もしそうだとしたら、これは相当奥が深いな(^◇^;)

 

|

« TW不調の原因判明 | トップページ | 「十三里」の前に、まずはコレ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日は10歳の少女に着せ着せ@がみ です

彼岸花が咲く時期になりましたか。
ではもう稲穂が頭を垂れてるでしょうか
真紅に縁どられた黄金色の水田が実に美しい、いい季節ですね。
巾着田や日向薬師が懐かしい・・・
私が最も好きな花の一つがこの彼岸花です。
ここ北海道は北限を超えているようで残念ながら自生はありません。
曼珠沙華はご存知か?
仏花である彼岸花の別名で、何かいいことが起こる前触れに天から降ってくるというありがたい(迷惑な?)花です。
エセ宗教研究家としてはデフォですな(w

いずれにしても自分の庭で花を愛でる事ができる贅沢は何物にも変え難いですなあ・・(´ー`)

投稿: がみ | 2005.09.28 23:07

がみさん:

花は自然が作り賜うた芸術ですね

以前はそれほど食えない花は興味がなかったんですが
最近は諸般の事情による心境の変化もあったのか、
単なる花でも眺めているととても心が休まります(^^)

自分の飲む水を我慢しても植物に水をやれて、
自分が食う物を我慢しても鉢植を買えるような
…そういう男になりたいもんです(^^ゞ

マンジュシャゲは当然知ってますがな(^^)

投稿: ino | 2005.09.29 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/6109502

この記事へのトラックバック一覧です: 不吉の花は古の知恵で守られる:

« TW不調の原因判明 | トップページ | 「十三里」の前に、まずはコレ »