« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006.10.25

手は口ほどに物を言う

今朝の事だ。レガ2.0iに乗って通勤の途中の交差点で止まっていたら、
車列の連なる反対車線のかなり奥の方から赤灯が回りながら近付いて
きた。…救急車だった。

自分も何度もお世話になっているから、救急車がスムーズに走る事が
どれだけ重要な事なのか、痛い程に理解している身の上としては数百
メーター先から反対車線、つまり自分の直進路を逆走する形で近付い
てきたそれを優先的に通行させるため、信号が青になっても動かずに
いた。

迫る救急車は自分が直進するのでは、と速度を緩めたので、そちらに
向けて手を上げ、自分が救急車を認識している事を表して、自分は止
まっているから大丈夫だ、こっちを進んでこい、という意思を伝える
ために、手招きをした。

するとそれを見た救急車はすぐにこちらに向けて速度を上げて近付き、
交差点に進入する際にちゃんと一時停止して安全を確認した運転手が
その後、自分に対して片手をあげて、「ありがとう」という意思表示
をして去っていった。

この間、自分と救急車の運転手は言葉を交わした訳じゃないけれども
お互いの意思疎通がちゃんと成立していた。このようにハンドサイン
というのは実は結構使えるコミュニケーションツールなのだ。旅行先
で外国語が喋れなくても、身振り手振りで意思疎通が出来るようにね。

------------

ちょっと前に過労死に手が届きそうな状態で働いていた某現場では、
汚染度に応じてその区域がビニールハウスで仕切られ、その中で作業
する場合ビニールカッパに送風マスクや、全面マスクを装着しないと
仕事が出来ないような場合が多々ある。

こんな状態で、作業者同士で意思疎通したり、ハウスの外にいる作業
者に、あれを取ってくれ、とか、これを入れてくれ、とかいう依頼を
する場合にも、装備の関係で肉声が殆ど伝わらない場合があり、そう
いう場合も、殆どハンドサインで指示を出し、ハンドサインで返事を
貰う。このコミュニケーションはかなり使えるし結構重要なのだ。

このハンドサインでの会話がスムーズに出来ると、仕事がバリバリと
進むし、逆にハンドサインが伝わらない相手と組むと仕事がまるで
捗らない。普通ならそんな時間差はそれほど大きな問題にはならない
のだが、これが僅かな時間で被曝してしまうような高線量のエリアで
働く場合には、かなり効く。だからそういう仕事はハンドサインで
確実に「会話」出来る相手とぜひ組みたい(笑)

それは例えるなら言葉は無くても以心伝心でお互いの気持ちや
思いが伝わるような(でもたまにはちゃんと確認し合う事は必要な)
理想の夫婦関係のようなも<ばき

------------

このハンドサイン、例えば立てた指で数を示すようにどの国の誰でも
通じるような一般的な物もあるし、手話や、クレーンの合図のように
広く統一規格化されたものもあれば、、特定の仲間や仕事でしか通じ
ない、まるで暗号のような物もある。今ではもう見られないが、株式
売買の立会場で行われてた会社を示すサインなんてその最たるもんだ。

つまり表現力としての手や指の動きは、言葉や表情に次ぐ重要にして
実に豊かな物なのだ(^^)

とはいえ、ソレが示す事の意味が通じなければ単なる怪しい踊りに
過ぎない。例えば今朝は救急車に通じたそれが、万人に通じるか?と
言われれば多分それは無理だし、それを期待して行動してはダメだ。
はっきり通じた、と確証が得られない場合はトラブルの元だからね。

でも、せめて自分側は他者からのそういうサインを見逃さず、そして
その意図を正しく理解したいな、と思うのだ。人と人との交流や意思
疎通にはそんな思わぬ「何か」が秘められていたりするから。

例えばそれが指先や手の動きだけでなくて、人の表情や、言葉の裏に
秘められたその人の真意といった「サイン」や意味する全てを、ね。

…かなり難しいし、180度逆の読みをしたりもするけどね(^^;)<ばき

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.19

さっきの手紙のご用事なぁに?

9月の中頃から現場出張に出ていたのは繰り返しUPしてる
通りだが、その出張から帰ってきたら、家のポストに色々な
郵便物が入っていた。

殆どが怪しいダイレクトメールだったりするので、束のままで
ずっと放置していた。それを明日の可燃ゴミとして出すため
仕分けしていたら、その中になんと郵便局からの不在通知と
「郵便物お預かりの再連絡票」、なるものが入っているのに
さっき気が付いた(^^;;)<ばき

Huzai

うーむ、9/26に何かが届いたんだな。差出人はNEXCO中日本、
ということはETCのキャンペーンの何かが送られてきたようだ。
だが、不在時の郵便物保管期間は10/3までで、その間自分は
現場でそんな事を知る由もなく、ヒーコラ言いながら働いてた。

なので、結局ピンク色の再通知を見る事もなく、時間だけが
ただ過ぎてしまったようだ。この場合どうも届いた郵便物は
差出人に帰ってしまうらしい。

一応郵便局に問い合わせてみたが「残念ながら…」という
返事しかなかった。

------------

書留とか、配達証明とか、そういう物は一週間以上不在だと
こうやって帰ってしまうのか、知らなかった(^^;)
独り暮らしで長く家を空ける仕事をしてると、こういう事態は
避けようもないんだけどね。

しかしまぁ一体NEXCO中日本は何を送ってきたのだろう?
もう一度再発送してくれるとなんだか判るんだけどなぁ。
結局これじゃ、何を送ってきたのかさっぱりわからん。

…もしや、何か商品券とかの懸賞が当たったのか?<ばき
などと意地汚く考えNEXCO中日本のHPを見てみたが、
自分が申し込んだマイレージポイント加算のアンケートの
コーナーでは、何かが当たる、とか何かを送ってくる、とか
そういう物は何もない。じゃあ一体何なんだ?

うーん、気になる気になる、何だったのか気になるよぉ(^^;;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.02

子猫誕生(^^)

携帯から投稿

PCが繋げない環境なのでコメントレスは少々お待ちをm(_ _)m

今いる寮には妊婦の野良猫が住みついている
こいつが人懐っこく毛並みも顔立ちもよくて
なかなかカワイイのだ(^◇^)

もう生まれる頃かと思って社バスに乗る前に
探したら敷地の片隅でミーミーと鳴く声♪
五匹の子猫が母猫の乳房の取り合いしていた

かわいい〜!、かわいい〜!、もうメロメロ(T◇T)

Koneko


ちっこい子猫と戯れてると…癒されるなぁ(^^)

実は三年半前に同じ事があり身請けたのが
今は実家に預けてる我が愛娘「りょう」だ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »