« 恩人、大往生す | トップページ | 二年ぶりの親不知抜歯 »

2007.05.03

旬は過ぎたが「お宝」かもね

サイドバーにある画像掲示板でやろうかと思ったネタだけど
最近コッチの更新が滞ってるのでちょっと趣向が違うけど
コッチでやってみる。

…実は自分はもしかしたら「お宝」なのかもしれない、とある
雑誌を持っていたりする。それはこれ。
  ↓
 Hanayume

白泉社が1982年の11月20日に発行した少女漫画雑誌「花とゆめ」
実に四半世紀も前のシロモノだ。当時連載してた代表的な作品は、
「ガラスの仮面」の二人の王女編や、赤い牙シリーズの名作、
ブルーソネットの初期、そしてかのスケバン刑事があと一回で
最終回になる、という頃だから…ムチャクチャ古いわな(^^;)

ではなんでこんなモノを持っているのか?

…いや、そんな深刻な話じゃなくて、自分が子供の頃に従兄弟が
我が家に遊びに来た時に持ってきて、そのまま置いて行ったモノ
なんよ、それが自宅の本棚に立てて入れたまま、ずっと放置され
就職して独り暮らしする際に片付けていたら出てきたのだ。

じゃあなんでそんなものを2007年の今でも取ってあるのか?と
言うと、それは表紙を開くと判るのだ。この読者プレゼントの
コーナーに出ている、この女の子…どこかで見た事ない(^^)?

 Gurabia1

自分もそれに気が付いて、アレレ?どこかで見たような子だね、
と思って隅々を見ていたら、こんな名前が載っていたのだ。

 Gurabia2

つまりこのコ、芸能界デビューする寸前の中山美穂嬢なのだ。
彼女のプロフィールには確かデビューする最初の仕事がこの
雑誌のモデル、とどこかで見たような気がするのでもしそうなら
つまり、これが彼女が世に出た初期の初期、っていう事になる。

ついつい、それが珍しくて、捨てるに捨てられなくて今に至る。
彼女の全盛期はもう過ぎてしまったから、今これを持ってても
何の価値も無いのかもしれないけど、もしかしてもしかすると、
ヤフオク辺りに出すと値段が付く…かもしれないね(^^ゞ<ばき

 

|

« 恩人、大往生す | トップページ | 二年ぶりの親不知抜歯 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 まったくブレークしていなかった頃(B級アイドル時代)の浜崎あゆみの出ている写真雑誌を持ってますが・・・(別の人目当てで購入。数年後に気がついた・・・)
 
 ブレークしないで消えていく人のほうが遥に多いですからねえ。(特に女性は・・)

投稿: 剣片喰 | 2007.05.04 08:41

剣片喰さん:

マニアックなネタにコメントありがとうございます(^^)

ちょっと前まで、最近人気があるらしいニイガキなんとやら、が
ティーン雑誌モデルから男性誌初進出、と銘打って水着グラビア
になってた一年くらい前の週間プレイボーイかなにかが家に
転がってました。ヤフオクで買ったモノの土台になって送られて
きた物でしたが、何の価値も見出せ無かったので捨てちゃい
ました。でも今持ってたら、もしかしたら売れたのかもなぁ(._.)?


投稿: ino | 2007.05.07 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/14936390

この記事へのトラックバック一覧です: 旬は過ぎたが「お宝」かもね:

« 恩人、大往生す | トップページ | 二年ぶりの親不知抜歯 »