« Hit-Airの追加購入日に思うこと | トップページ | 我がレガシィに、無限(?)の可能性をプラス »

2009.03.10

理想の家(に近いモノ)を発見

来月からついに介護保険料が給料から毟り取られるようになる。
予想では一回しか支給されない定額給付金と同じくらいの金が
毎月天引きされるようになるらしい(-_-;)

そう、気が付けば、もう自分も40歳だ。離婚したのが34歳だった
から、そこから実に6年もの時間を無駄に過ごしてきたことになる。

自分が40歳になって一番ショックなのは、あと一年するとなんと!
バカボンのパパと同い年になる、ということだ。40歳の自分から
見ると、アレは50才代のオヤヂにしか見えないのだが、世間から
見れば自分とアレは同年代、つまり同じ姿に見えているわけ。

------------

そんな年にともなると、もう夢を追う、とか仕事を極める、とか、
家庭を持つ、といった若者にならば可能な事が不可能になる。
自分に残されているのはこれからどうやって死ぬかを冷静に考え、
それを準備する期間、平たく言えば「老後」という時間軸が足元
から見渡す限りの先までずっと一本の道で続いてる _| ̄|○

だからこそ、早くこんな不毛な仕事生活から脱して、人間としての
生活を早く取り戻して成り立たせないと、僅かに自身に残ったこの
「老後」も今のように実に下らない、空しく、無意味な時間をすごす
ハメになる。

早くどうにかしないと、そう、どうにか早く・・・

------------

そんな中、仕事の調べ物をしていて、こんなページを見つけた。

http://www.my-works.co.jp/Container_house/index.htm

平たく言えば、船舶用のコンテナを組み合わせて住宅を作る、という
モノだ。「プアマンズ・へーベルハ○ス」、とでも言えばいいか<ばき

このコンテナハウスの検討例として、ある、一つの間取りに自分の
目は釘付けとなった。それは自分が昔から理想としているような住宅
だったから。

詳細はHPを見てもらうとして、自分の理想は一階はフルガレージ、
二階は1LDK~2LDKクラスのマンションのような間取り、という
趣味と生活を凝縮したような家だ。いわば「家付きのガレージ」だ。

このコンテナハウス事例は、それをコンテナを使って組み合わせる
事で実現するという案を示していた。

------------

…うーん、いいなぁ、コレ。こういう飾らない実用一点張りで安い、
それでいて自分が欲するような特殊な間取りを実現する建売や
中古住宅ってこの世に存在しないから、そういう所に住むならば
イチから図面を引いてフルオーダーで作るしかない、と思っていた
ので、こういう手があるのか!、とうれしくなった(^^)

実は自分の将来は、コンテナハウスかプレハブの家を田舎に
立てて、ボロくても必要最小限の暮らしが出来る環境の中で
悠々自適な生活をして、最終的にそこで孤独死して即身仏に
なる、というのが自分が現状でイメージ出来る最良の老後の
姿だ。仕事で使っているコンテナベースの倉庫や事務所を見て、
使うたびに、「コレに住めるんじゃないか?」と思って色々と
検討してきたのだ<ばき

小さいプレハブやコンテナ事務所でも男の一人暮らしなら十分
過ぎる立派な家になるのだが、このコンテナを組み合わせて作る
理想の家はさらにいい!、こういう家が欲しいな、と素直に思った。

------------

ま、家を建てるという生活は今の仕事三昧の暮らしをしている限り
あまり現実的じゃない。なぜなら、せっかく家を買ってもそこに住める
時間があまりに少ないからだ。今住んでいる自宅で生活する日時は
一年間で一ヶ月も無いから推して知るべし。でもそれが趣味を満喫
するための別荘、(秘密基地)だとしたらどうだ?、それなら思いきり
趣味に特化した間取りと、簡素な作りで十分だ。

田舎に土地を買って、こういう特殊な要求を満たす「家」を建てて、
そこに住むかな。そのくらいだったら、自分にも手が届きそうだ。
そういう「生きる目標」があれば、先の無い40男も激務も耐えて
もう少し頑張って働けるかもしれないしね。

 

|

« Hit-Airの追加購入日に思うこと | トップページ | 我がレガシィに、無限(?)の可能性をプラス »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

 リンク覗きに行って見ます。
なにするにせよ、原動力(欲求)は必要ですよね。

 そのためにも生き残らないと!と思います。

投稿: 剣片喰 | 2009.03.11 21:56

剣片喰さん:

コメント本当にありがとうございます。

どうにか休みになって、さっきやっと起きました(^^;)

ここで紹介した「家」、長く住むというより、コンテナ倉庫の
延長上にあるような、そういう感じがとても気に入りました(^^)

実際にコレをドコに立てるか、という事をまじめに考え始めると
色々大変だとは思うのですが、屋根?に上がれるようにして、そこで
太陽光遊びのグッズを並べられたり、布団が干せたり、というように
「男の秘密基地」化してゆければとても面白い!、と思うのです。

休耕地のような安い土地を地方に買って、そこにこういう「倉庫」を
建てて、働いているうちは週末や余暇にそこに遊びに行ってお遊び
耕作や、バイク弄りをして、リタイヤしたら、そこに住む、という
ような独身男の中年~老後ライフプランは、アリかもしれません。

夢もヘッタクレもない、今の状態から脱するためのモチベーションの
候補として、ブックマークしておこうと思います(^◇^)

投稿: ino | 2009.03.15 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/44307575

この記事へのトラックバック一覧です: 理想の家(に近いモノ)を発見:

« Hit-Airの追加購入日に思うこと | トップページ | 我がレガシィに、無限(?)の可能性をプラス »