« オーケストラは「聴く」のだけど「見る」もの | トップページ | 2st三昧な4連休 »

2009.09.15

ワレ(心デ)泣キヌレテ、蟹ト戯ル

つい最近の夜のことだ。

車で夜遅くに自宅に向けて走って、あと十数メーターで自宅に
到達する、という路上で、ヘッドライトの光で作られる影に、
実に違和感のある動きのあるモノが見えた。

最近行われた健康診断で視力が2.0ある事が実証された自分の目に
巨大クモ、タランチュラのような動きをする、そんな生き物っぽい
モノが、ゆっくり、ぎこちなく車道を横断しているように見えるのだ。
その大きさは、ぱっと見で20cm以上あり、足も太く見えた。

クモ?、…タカアシグモだったらよく家の外壁や、中では会うけど
こんなに足は細いし、せいぜい10cmくらいしかないから小さい。

Kumo

でも、それよりも遥かにデカイものが、路上を歩いているのだ。
ついつい思わず車を止め、そいつに近づいてじっと見てみた。

------------

…それは、良く見慣れた生物だった。というより最近は逢った事は
なくて、子供の頃に水遊びをしているときに良く見かけた生き物。

あまりに懐かしくて、ついついそのままムンズ!、と捕まえて、
誰も自分を待たない薄暗い自宅に招待した。(拉致とも言うな)

それはコイツだ(笑)

Kani2

そう、どこからどうみてもコイツはカニだ。多足節足
動物だから、クモと見間違えた自分の視力はあながち悪く
ないかもしれないね。

こいつはハサミのところに毛が生えているのが特徴の毛蟹、
じゃなくてモクズガニ。それのメスだ。結構大きいね(^^)

モクズガニがどういうカニかはこのあたりを参照してもらうとして
よくある無責任な飼い主が外来生物を飼い切れなくなって逃がした
というような事じゃなくて、ごく普通に日本国内に生息している
淡水に生息するカニだ。

…まぁ日本国内に存在するのは特に珍しくないカニなんだけど、
なんでこんな住宅地のど真ん中の、しかも路上に出てきたの(^^;)?
沼も池も川も無いのに、エラ呼吸のオマエがどうやってこんなに
大きなサイズまで成長したんだろう?

ま、自宅の庭にごくたまにガマガエルが出てくることもあるから
どこかに水辺があるのかな?そろそろ産卵シーズンだからオマエも
川を見つけて、そこから海を目指そうとしてた、その途中だったの
かもな。せっかくだからしばらくウチにいなよ、寂しい一人暮らし
だから、何となく同居人が欲しかったんだよね(^^)<ばき

------------

で、角バケツの中でうごめくコイツをずっと眺めて、たまに手に取り
夜を過ごした。

Kani1

藻を食うカニだけど、雑食らしい、との事なので煮干を与えて
みたが全然食う気配がないな。あまりここで体力を消耗させて
しまっても悪いから、明日には川にリリースしに行こうか。

コイツは上海カニとほぼ同じ種だから、食えるし美味いんだけど
別にコイツを食わんでも自分は飢えて死ぬわけじゃないから、
オマエは野で力強く生きてくれ。もし途中で何かに食われても
それが自然、それぞ摂理だ、それを恨むなよ、お前の命は必ず
次に渡され、繋がるんだ

------------

もし自分に子供がいたら、こういう自然からのお客さんに
目を白黒させたり、喜んだり、怖がったりするんだろうな。
そう思うと、こういうハプニングは個人的には嬉しいんだけど
それを自分ひとりでしか楽しめない現状に、何かふっとした
寂しさを感じる。

最近自分の周りは子育てが忙しくて昔のように遊んだり単車に
乗ったりできない状況が多発している。そんな中、自分だけが
昔から何も変わる事が出来ず、哺乳類が天下を取った地上に
あがれず深海でしか生きられない深海魚のような生活をして
いるような気がする。

過労が自分を新しい世界に連れて行ってくれるか、と思ったが
仕事は自分を冥土に連れてゆくことは出来ても新しい生き方を
与えてくれるものじゃなかった。

オマエは産卵のため?に危険を冒して路上を渡ろうとしていた。
もし産卵だとしたら、オマエはこれから何十キロも離れた海に
行こうとしていたわけだ。一世一代の大冒険だよな(^^)

なのに、オレは未来のために(そもそも今の自分が行ける未来
とは一体どんな未来だ?)、こんなカニにだって出来る、何か
命を掛けた行動を、こんなにしてる!と胸を張れるだろうか?

確かにちょっと前までは命がかかった状態で働いてたけど
それは自分自身の明るい未来のため、じゃなかったしなぁ。

 

|

« オーケストラは「聴く」のだけど「見る」もの | トップページ | 2st三昧な4連休 »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

  それを本能と人のいふ・・・・・

 それだけではいけない人間社会の複雑さ・・・・・

 都会のど真ん中で、なぜか亀との遭遇が(それもアスファルトの路上)複数回あったりします。こちらはまさしくペットが逃げた(もしくは廃棄された)物と思われます。・・・・・

投稿: 剣片喰 | 2009.09.16 20:19

剣片喰さん:

いつもありがとうございます(^^)

カメですか!、…ぢつは自分?も『やった』事があります。

----

結婚していた当時に、元カミさんがカメを飼ってまして
当時住んでいた家の庭で放し飼いにしていたんですが、
あるとき突然家の前でクラクションがけたたましく鳴り響き、
何?、と思ったら運転手が大声で「かっ、カメがぁ!!」と
絶叫してました。

車の前にはごっついカメが。

なんとあいてた玄関の門から車道に出て、そこで寝込んで
ました(笑)。運転手の人はびっくりしたろうなぁ(苦笑)
あ、ちゃんと回収しましたです。

----

カニはぢつはまだ自宅にいます。忙しくてリリースに
いけず、ずっとそのまま同居してます。結構可愛いです♪
でも明日にはお別れです。新しい世界でコイツが幸せに
なれますように…(-人-)

投稿: ino | 2009.09.19 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/46222392

この記事へのトラックバック一覧です: ワレ(心デ)泣キヌレテ、蟹ト戯ル:

« オーケストラは「聴く」のだけど「見る」もの | トップページ | 2st三昧な4連休 »