« 保険に入っても幸せにはなれない | トップページ | 気分を切り替える必要アリ »

2010.01.06

NHK「無縁社会・日本」

今後単身世帯が増えて、人と人との係わり合いがなくなって行き
単身世帯は孤独と戦うようになる、というような番組が出張先の
宿にあるTVから流れていた。

そこに登場する連中は、間違いなく、自分自身の未来像そのものだ。
ちょっと残念だけど、もうそれは変えようがない、固定された未来だ。

確かに今は働いている、集団の中で生きている。でも時間が経てば
自分もいつかはこうやってどこかの寂れた公営団地に流れ着いて、
そこで細々と暮らし、あっけなく息絶えて干からびるか腐敗して、
悪臭を放った即身仏として発見されるんだと思う。

------------

そこに至ってしまう自分の命運は変えられないのは仕方ないとしても、
そこに到達して終焉を迎える前までに、こんな自分に何が成せるか?

何も残せない自分の人生は、強いて例えるならば、花火みたいな
モンだろうと思う。ただ花火といっても(人もそうだが)ピンキリだ。

大輪の花を天空に咲かせ煌いて人を沸かせ記憶に残るのか?
ヘビ花火のように地に灰を撒いた挙句折れて踏まれて終わるか?

それはまだまだ判らないよ、このまま不発で終わるかもしれないし
一発!ドデカイ華を咲かせるかもしれないしね。(^~^)<ばき!

------------

今年は自分も41歳となる。となると、終の棲家となるボロい公団団地に
流れ着くまでにあと20年くらいしかないし、そこでノタレ死ぬまで長くて
せいぜい10年くらいだろう。つまり命の残りは長くても30年くらいだ。
当然それまでに倒れる可能性もこれから日々高まって行く。

余命宣告としての残り30年という時間は長いようだけど、短いカモ(^^;)
だが、あと一週間の命だろうが、一年の命だろうが、30年の命だろうが
命は命だ。その残された命の意味をその間にどれだけ表現出来るか?

…そう考えると、時間がもったいないなぁ、一日一日を有意義に使って
頑張って生きないと、本当に勿体無いや。そう考えると今日一日は
命のろうそくを1/10000ほど減らした甲斐が無かったような気がする。

せめて明日の夜寝るときには、明日という一日を、その間確実に
死に近づいたという現実を、後悔しないで納得していたいもんだ(^_^)
 

|

« 保険に入っても幸せにはなれない | トップページ | 気分を切り替える必要アリ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私、今年45歳で4人目の子供生まれました。残り25年位しかありません。
責任重大です。倒れるわけにはいきません。あと25年で土に帰ると思うと
inoさんの言うとおり毎日が貴重な日々になりますね。

投稿: 多子高齢化 | 2010.01.07 18:46

 個人的には、人生60年と思っています。(父が57で倒れて59で行きましたから。)
 とすると、あと20年切ってますな・・・・ とはいえ、毎日の積み重ねの先ですから、毎日を生き抜いていけばいいのかな?とも思います。私も(inoさんのほうが若いですから、まだ他のコースになる可能性は高いと思いますが)即身仏コース確定ですが、まあ・・自分が死んだ後の事までは考えられないですね。なるようになるのでしょう。

 現在腰痛でダウン中。困った物です・・・・・

投稿: 剣片喰 | 2010.01.11 16:58

コメントありがとうございます。

すみません、ベラボーに忙しいのにベラボーに体調不良で
併せ技で死にそうになってました(^^;)


多子高齢化さん:

4人のお子さんですか、いいなぁ(^^)♪
やっぱり子供は3人以上いるといいですよね。
これから彼らが成長してゆく過程を見守って
お父さんとして、ぜひとも末永く生きて頑張って
ください、応援しています(^^)

----
剣片喰さん:

腰大丈夫ですか?実は自分も首の方でダウンしてました。
ムチウチ?なのか、年末に首の付け根の背骨のあたりが
おかしくて、痛いわ痺れるわ苦しいわ、でグッタリです。

腰や背骨や首、膝は本当に動けなくなりますよね、辛い
です。お互い頑張りましょう。

人生60年…、そうですね、親として生きるのでなければ
あまり長生きはせずに、そのくらいで世に一花咲かせて
(個人的には『一泡吹かせる』の方がずっといいですが)
潔くパっと散るのが一番いい生き方のような気がします(^^)

例えば、もし即身仏化が避けられないのなら、事後に骸を
回収しに来た人がびっくりするようなポーズの即身仏に
なって(例えばイヤミのシェー!のポーズとか)最後に
一花咲かせたい(一泡吹かせたい)です(-人-)<ばき!

いずれにせよ、若い世代にあまり迷惑掛けないような
形でひっそりと生きたい(&逝きたい)と思います(^^ゞ
 

投稿: ino | 2010.01.13 18:17

こんにちは、初めてコメントしますm(_ _)m

半年ほど前にこちらのブログを拝見して以来、愛読しています(^O^)

様々なテーマで書かれていますが、記事の内容は勿論のコト、inoさんの物事に対する視線と云うかスタンスと云うか、共感出来るコトが多く、楽しみにしていますo(^-^)o

私は来月47歳になりますが、バツイチ子供なし即身仏まっしぐらです(-o-;)

収入はinoさんの1/4ほどですが、結構生きて生けるもんですね(笑)

随分悲観的な人生をやってきましたが、今はようやく『お迎えが来れば大喜びで行くが、生きてる内は精一杯生きる努力をしよう』と思えるようになりました(^_^)v

これからも楽しみにしています。くれぐれも体、大事にして下さい(^o^)/

投稿: ゴッドマーズよりボトムズ派 | 2010.01.14 11:33

ゴタゴタが続いていて、リアルタイムレスが出来ず、すみません。

----

ゴッドマーズよりボトムズ派さん:

どうも初めまして、コメントありがとうございます(^^ゞ

六神合体ゴットマーズも、装甲騎兵ボトムズも、カラオケに行くと
そりゃもう!ガンガン熱唱出来ます(^^;;)

自分はボトムズも大好きですがそれと似てる高橋良輔系の
機甲界ガリアンもあのころのサンライズ作品では好きですよ(^^)
引っ掻き回しサブキャラが千葉繁なのもガリアンとボトムズが
とても近い所ですし(汗)

…おっと!、元オタクなんで、そういうネタを話し始めると
長いのでこの辺で止めときます。

----

この偏屈なるBlogをご覧頂いているとのこと、ありがとうございます。
多分片手で数えられるくらいの読者しかいない場所ですが、今後も
温く見守ってやってください(^^)

同じ小無しバツイチでいらっしゃるとのこと、まさに『戦友』ですね(^^)
お互い出来る範囲で頑張って、これからを行きましょう(生きましょう)

人生には色々あると思うのですが、命があって生きているというだけで
様々な意味でラッキーだし、ハッピーだし、何よりメッケものです♪
大きな幸せにはなかなか恵まれませんが、小さな幸せはざっと探せば毎日
たくさん感じることが出来ます。それが本当の幸せなのかもしれません。

即身仏になるまでは、まだまだ精一杯足掻き生きてやりましょう(^~^)

----

もしも気が向かれましたら今後も気楽にウォッチして頂いて
気さくにコメントしてくださいませ。今後もよろしくお願いします。
 

投稿: ino | 2010.01.15 21:38

温かなレス、ありがとうございます(ToT)

私なぞを『戦友』と呼んでいただき、ありがたい限りです(≧∇≦)

実は、このようなブログ上でのやり取りは慣れていなく、ルールやマナーも良くわからないので、もし気付かれた点があれば教えて下さいねm(_ _)m

今も、コメント欄上でこうしてやり取りしていいものか、悩みながら書いていますf^_^;

こちらこそ、よろしくお願いします(^_^)v

投稿: ゴッドマーズよりボトムズ派 | 2010.01.16 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/47223080

この記事へのトラックバック一覧です: NHK「無縁社会・日本」:

» 「無縁社会」について [珈琲ブレイク]
NHKテレビで今年1月に放送された番組が、視聴者からの反響が大きかったとして、4月初めに再放送された。「無縁社会」というタイトルで、都市で孤独に死んでいく人たちを取り上げた内容である。私はこの番組を事前に知らず、たまたま途中から少し見ただけだったが、気にな...... [続きを読む]

受信: 2010.04.09 17:38

« 保険に入っても幸せにはなれない | トップページ | 気分を切り替える必要アリ »