« 縁はこうして切れてゆく | トップページ | XT1200Z発売! »

2010.02.07

久々にバイクに乗る(&DFとKSRを弄る)

この週末もリハビリ通院のため、現場から自宅に帰ってきていた。

去年の事故の負傷は主に打撲であったが、打撲を直接食らった
患部の痛みは若干残るものの、日常生活に不自由する事は無く
なってきている。

でも、腰と首の付け根に鈍痛と疼痛の波が残ってしまい、今は
主にそちらの対応をしている。事故で首が痛い、というのは自分が
なってみるまで、実は殆どが保険金目当ての仮病なのかと思って
いたが、いざ自分自身がそれになってみると、シャレにならない
辛い状態という事が骨身に沁みて判った。深く深く反省_| ̄|○

仕事も押さえ気味にさせてもらいながら養生していたんだけど、
12月末にバイク屋からXT-Zを引き上げて帰る途中で首が一気に
悪化して正月は起き上がれなかった事からそれ以降バイクには
乗らず、何より首と背中と腰を養生する事をメインに生活してきた。

その間も家に戻ってきて時間があればバイクたちのカバーを剥ぎ
エンジンを掛けたりタイヤの空気圧を調整したりしてはいたが、
去年車検を通したTDMや、キャブ修理&車検が仕上がったXT-Z、
1月末に自賠責保険の更新をしたDF125Eも、そして当然その他も
一度も走らせてやれずにいた。

だけど、バイクは自分の精神安定剤だ。だから乗れなくても
こんな感じで各車を庭先に引っ張り出したり、

Niwasaki


XT-Zにこんな怪しげなイカリングのような電飾を施してみたり

Xtzp2


原付2種だけを並べたりしたけど、…悪化が怖くて乗れなかった。

Nishu2

でも、その甲斐あって、治ってはいないけどこのところ調子がいい♪
なので今週末は久々にバイクに乗ってみることにした。

バイクから降りる、という選択肢は自分には無いのであしからず:-p

------------

まずは一番小さいKSR80に乗って近所をうろうろしてみる。

恐る恐る走ってみたが、身体には年末の時のような異常は起きず、
寒いけど実に気持ちよく走りまくれた♪。よしよし、じゃあもう少し
ステップアップしてDF125Eに乗ってみよう。テケテケテケテケ…

そのまま住宅地の中を抜け、幹線道路につながる市道を
走り、メインストリートともいえる国道に出てみた。

非力すぎる乗り物であるDF125Eとはいえ、勾配が無い平らな
国道なら流れに溶け込んで普通に走ることが出来る。

トルクや馬力に物を言わせて怒涛の加速をするような事を一切
しなくても、流れる景色、当たる風、エンジンの鼓動と熱、タイヤ
が地面を蹴るノイズとチェーンのうなるノイズの合唱が、なんて
面白くて楽しいんだろう(^^)♪

やっぱりバイクはいいなぁ。事故にあおうが、怪我をしようが、
心の底から、そう思う。

…とはいえやっぱり長くは乗れなかった。なのでダウンする前に
そそくさと帰ってきた。な~に、また元気になったらもっともっと
乗って、そして楽しめばいいのだ。今は無理せず回復に努めよう。

------------

で、たった一時間ほどのバイク回帰から帰ってきてからちょっと
だけDFを弄ってみた。DFには以前SRXに付けていたメーター
スクリーンを付けてラリーレイドマシン然とさせているんだけど
アーミールックなDFだともう少し黒くした方が似合うかな?という
事で、以前中古パーツ屋で入手しておいた、まったく同じ形状の
少し濃い色のモノに交換してみた。

Dfba

うーん、あまり代わり映えはしないけど、まあいいか、こっちの
方が色合わせ(というか色遊び)的にはDFには合うし、濃い
スクリーンって本当は視界が悪くなるから嫌いなんだけども、
DFにつけたコレは視界のほんの一部しか隠さないから濃色
化しても害が無いからね。

Df20100207

そろそろこのDFもino的マシンとしての完成形に近づいてきた
(≒ino色に染まってきた)感じがするな(^^)♪

------------

外したクリアスクリーンはこのまま腐らせるともったいないので
さっきまで乗っていたKSRにはスクリーンが無くて吹き付ける
風が冷たかったな、と思って即興でKSRに付けてみる事にした。

…手持ちの部品を色々組み合わせ、試行錯誤を繰り返しつつ
付けてみたら大体こんな感じになった。

Ksrs

まぁそれっぽい感じかな?裏から見ると大体こんな風景になる。

Ksrs2

こういう、アップハンドルにシールドが生えている感じはTDMも
そうだし
、XT-Zもそうだ。当然DFもそうだし、セパハンの
SRXですら今はこんな感じで仕上げてあるくらいだ。

Srxs

自分はこういう感じの雰囲気がすっごく好きなんだよね(^~^)

------------

KSRとDFと並べてスクリーンの立ち角度を比べるとこんな感じ。

Dfksr2

KSRという乗り物にはこの程度の高さのスクリーンは本当は
必要無いんだけどまぁこれがino流ってことで(^^;;)<ばき

ちなみに実用性のある高さのスクリーンとはこんな感じ(苦笑)

Ksrbigs

これはMRAのヴァリオネイキッドという広大なスクリーン。
さすがにコレで走るほど勇気が無かったので外した<ばき

------------

ちなみにこのKSR、形は出来たけど、これではまだ走れない。

固定してないのかって?、いやいや、ガッチリ止まってるよ。
じゃあ何で走れないのか、というと、走れるんだよ、これで。
…でも自分はこの状態では走りたくないし、乗りたくない。

それはスクリーンを固定しているボルトが金属製だから。
え?金属製だと何で走れないのか?、って?

ミニバイクサイズであるKSRにこんな感じでスクリーンを
生やすと、追突や衝突を生じる事故を起こして身体が前に
倒れるような力が加わった場合、スクリーンが丁度顔面や
首に当たる位置にあるからなんだよね。

だからこのままで走って、万が一、事故ると、このスクリーンは
メットのシールドを突き破って顔面に刺さるか、首を折るか
最悪切り落とす可能性がある。

そんな危ないモノにはさすがに乗りたくない。

じゃあどうすればいいのか?

スクリーンを留めているボルトを、樹脂性の強度のとても
弱いモノに交換しちゃう
のさ。そうすると万が一の場合に
スクリーンに強い力が加ると、顔面が崩壊する前に樹脂の
ボルトが折れてスクリーンがパカ~ン!、と外れてくれる。

つまりその弱い樹脂ボルトが『安全装置』なんだよね。
だからそれを付けるまで乗らない。付けたら堂々と乗るよん(^^)♪

ちなみにDFは遠い所に付いてるのでそこに顔面や首を当てる
難しいので金属ボルトだけど、ちゃんと根元の取付け部をわざと
弱くしてあり、衝突時にはそこがゆがんで折れてるような細工を
してあるんよ(^^)

------------

このスクリーンには樹脂のボルト、というのは、実はスクリーンが
付いているバイクの多くが、最初からそうなって出荷されている。

これをドレスアップと称してアルマイトされたボルトや、チタンや
ステンレスのボルトに交換してしまうと万が一の際にスクリーンが
凶器になる。だからスクリーンのボルトは社外のモノに交換しない
方がいいよ。強度って、やみくもに何でも強くするのが改良だ、と
思ったら大間違い、弱くなくてはいけないモノもあるんだよ。

そしてそこの樹脂のボルトは天候や経年で劣化するので定期的に
新品に交換した方がいい。オイルやタイヤやチェーンやエアクリ
だけでなくスクリーンを留めているボルトも重要機能パーツだから。
 

|

« 縁はこうして切れてゆく | トップページ | XT1200Z発売! »

「乗り物道楽」カテゴリの記事

コメント

思うトコロあってネームを変えました(^_^)v
今後もよろしくですm(_ _)m
∽∽∽∽
おお、いいですねぇ。イギリスあたりの古いオープンスポーツカーを彷彿とさせますね(≧∇≦)
∽∽∽∽
私は車もバイクも好きなのに、現在どちらも所有してません(T_T)

特にバイクはGN50からSR400、XV400ビラーゴ、ボルティーと乗ってるにもかかわらず、根性無しのためか、そう云う『縁』なのか今に至っています(>_<)
∽∽∽∽
それでもやっぱり好きなので、現在では自分にとって車やバイクは、『遠くから憧れる対象』とわきまえて、楽しんでいます(笑)
∽∽∽∽
今気になっているのは、カワサキの『Dートラッカー125』(*^o^*)
チマッとして可愛いんですよね~(⌒~⌒)
∽∽∽∽
…やっぱなんでも『力の逃げ』がないとですね。機械でも人の心でもf^_^;

投稿: 『ゴッドマーズよりボトムズ派』改め月里 空(つきさと くう) | 2010.02.08 19:03

 私も、腰が不調で一月以上乗ってません・・・
 少しよくなった気がしても、どこまで大丈夫なのか、自分でもよく分からないのがもどかしい。また、きっと乗るのだ!と自分に言っております。

 やはり、「逃げ」は大切なんですね。

投稿: 剣片喰 | 2010.02.08 21:07

DFいいっすね。DFの200ccだったらもっといいかな。
DF欲っすぃ~す。

投稿: 通りすがり | 2010.02.09 12:17

こんなにコメントを頂いていながらレスが遅れてすみませんm(_ _)m

月里 空さん:

今後もよろしくです(^^)

バイクは乗れるときに乗る乗り物ですから、もし今後乗れる機会があれば
ぜひこちらに戻ってきてください(^^)/

最近の新車は高いですが、あまり人気のない中古車は捨て値で売られてます(;_;)
原付二種はランニングコストが安いし、リセールバリューもそこそこありますし。


----

剣片喰さん:

お互いつらい所ですね(T_T)

でも、先ほども書きましたが、乗れるときに乗る乗り物ですから、その
目標を持ち続けていれば必ず乗れますよ♪

昔から言われ続けている手垢にまみれた言葉にこういうのがあります。

「柔よく剛を制す」

強さを求めて硬すぎてしまうと脆くなるもんです。
万物も、身体も、心神も、人間関係も、何もかも…

「逃げ」とか「遊び」って、本当にすごく大事ですよ(^^)


----

通りすがりさん:

初めまして、ようこそ!…こんな所へ_| ̄|○<ばき

DFは外観がいいですね、独特の世界観があります。
125ccは確かに非力です。それに比べると4st200ccのOFF車はいいです!
このDFだけでなくTW200とSX200Rも持ってますので200ccを語らせると
猛烈に長くなるのでやめときますが、実に気持ちよく楽しい乗物です。

DFも本来は200ccエンジンで乗るべきマシンだと思いますよ、是非!
自分は200ccの乗物が2台もあるのでDFは125ccだから持ててます(^^;)
 

投稿: ino | 2010.02.12 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/47506454

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にバイクに乗る(&DFとKSRを弄る):

« 縁はこうして切れてゆく | トップページ | XT1200Z発売! »