« 1200ではなく、660を買う事に | トップページ | オレにだってこの程度の存在価値はある(はず) »

2010.08.01

サンバー購入に至る経緯

先週ボソっとUPしたけど、我が愛車アトレーをスバル・サンバーディアス
買い換えることになった。

以前そういう事を匂わせた事があったけど、今までそうは思ってもなかなか
踏み切れなかった買い替えに至った経緯をまとめて見たいと思う。

------------

そもそも、自分の生活に、四輪車が二台もある必要が、…実は全く無い。

なので、離婚後にレガシィB4-RSKを購入した際に、アトレーは手放そうと
思っていた。だけど地方出張の連続で、手放す手間が面倒だったのと、
維持費が車検付きのバイクと殆ど変わらなかったのもあって、ま、いいか、
という事で、4WD普通車と、ターボの軽1BOX車の組み合わせをずっと
保持してきた。

やってみたら車が二台あることに必然性は無かったが意外と便利だった。

レガシィは自分の行動範囲を飛躍的に広げ、出張の足として、雪遊びの
足として、人を乗せ快適に移動する手段として、欠かせない存在だったし、

アトレーは、自分でオーディオを弄ったり、レガシィには絶対に出来ない
中型~小型のバイクを載せて運ぶことが出来るという特性を生かして、
年々増大する仕事量のため滞りがちになる自分のバイクライフを積極的に
広げる役目を果たしてくれた。

なのでずっと車検を通し、維持していた。とはいえ、長距離ランナーの
レガシィに比べ、アトレーの走行距離は伸び悩み、年間2000~3000km
くらいしか走ってなかった。だから、そろそろその存在意義が薄れてきた
かな?、と感じ始めていた。

------------

そんな中、平成6年式のアトレーの老朽化がだんだん進行していた。

気付けば触媒の遮熱板がなくなり、マフラーのフランジも錆の塊になり
解体不能な状態になっていた。あるときには突然右スライドドアのベア
リングが割れ、開かなくなってしまい、急遽修理して延命処置を施して
きたが、あるとき荷室が雨漏りしているのに気付いた。どうやらガラスの
シール部から荷室に漏れているようだ。

これも修理出来ないことはない。でも、そろそろ機械としての見極めの
時かな?、と思い始めた。インタークーラーターボエンジンは相変わらず
元気だけど、旧規格の軽は衝突安全性も皆無に近いし、そういえば
そろそろタイヤも交換時期だし。

------------

このタイミングで、以下の二つが重なった。

 1)スバルの軽自動車撤退によるサンバーバンの行く末が不透明化
 2)エコカー補助金の締め切り迫る

スバルの軽貨物、サンバーは、他社の同系車とは全く異なる機構で
作られた、スーパーマシンだ。

4気筒のリヤエンジン+リヤドライブのRRレイアウトに、四輪独立
サスペンション、キャブオーバーレイアウトによる旧規格アトレーと
ほぼ同じのクラス最小の回転半径、どれを取っても他メーカーと
違う作りだ。コストがかかるだろうこれをずっと堅持し続けたのは、
それにちゃんとした意味があって、それが必要だったからだろう。

T社グループとなってから、スバルらしい車が作れなくなってしまった
スバル、そして軽自動車から撤退を余儀なくされたスバルの中で、
今となっては唯一スバルの意地とプライドが篭った車がサンバーだ。
その最後のスバル車を、入手するチャンスがそろそろ終わる。

予算的にはXT1200Zを買うつもりだった予算があるのでそれを使えば
買える。XT1200Zは出たばかりの新型車だ。そして乗り換えする事に
なるTDM850はいまだに元気なので、まだ乗り続けられる。そもそも
今XT1200Zを買っても仕事が忙しすぎて殆ど乗ることが出来ない。

でもアトレーをサンバーに買い換えることで、軽1BOX車の信頼性と
バイクの積載性をUPすれば、今以上にバイクを現場に持って行き
易くなる。つまり軽1BOXを買い換えることはバイクライフを拡充する
事に直結するのだ。

また、平成6年式アトレーは車齢16年なので、下取価格は0円だが
廃車にすると国が12.5万円の税金を還付してくれる。ま、正直な話
こっちは別にどうでもいいんだけど(^^;)

------------

そんなこんなで、愛車アトレーとの別れを、悩みに悩んで決心した。
なにせ無くても別に困らないモノをあえて買うんだから言わば究極の
無駄遣いをするんだし<ばき

でも仕事頑張ってるんだから、たまにはそういうのもいいかな、と。
自分にとって軽1BOX車は『大人の男の走るおもちゃ箱』だから(^^)♪

次回、アトレーとの思い出編に続く…かどうかは未定(^^;)<ばき

|

« 1200ではなく、660を買う事に | トップページ | オレにだってこの程度の存在価値はある(はず) »

「乗り物道楽」カテゴリの記事

コメント

 サンバー弄くり記も楽しみにしています。
 
 次は、どの相棒(バイク)を乗せてお出かけ(出張)なのでしょうか?

投稿: 剣片喰 | 2010.08.01 22:22

サンバー購入おめでとうございます。
ところで、サンバーの実質燃費はいかほどでしょうか。
宜しければお教え下さいませ。

投稿: 通りすがり | 2010.08.05 18:09

エコカー補助金間に合うかなぁ(^^;)

剣片喰さん:

アトレーで完成してたつもりのクルマ弄りをまた最初からやり直しです。
でもまぁ、それもこれからの楽しみの一つなんですけどね(^^)
 
TWがラクラク乗る広さなので、出張用のKSRやDFだけでなく
TWやSRXも出張につれて行けそうです。

いっそもう一台出張用マシンを調達しますかね<ばき!

------------

通りすがりさん:

コメントありがとうございます(^^)

残念ながらまだサンバーは手元に来てないので燃費は判りません(^^;)

ウチのレガシィ2.0iが高速道路で16~17km/Lくらいラクラク
走りますし、国がエコカーじゃないから買い換えろ、と
言って補助金の替わりに廃車になる愛車アトレーでも
同じ所を同じように走って15km/Lは走りますから、せめて
同じ高速巡航で18km/Lくらいは走って欲しいですが…
アトレーより200kg以上も重いんですよ、なんと1t近くもの
重さがあるんですよね、サンバーって(^^;)
 

投稿: ino | 2010.08.06 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/49031705

この記事へのトラックバック一覧です: サンバー購入に至る経緯:

« 1200ではなく、660を買う事に | トップページ | オレにだってこの程度の存在価値はある(はず) »