« サンバーに、ワンポイントロゴを考え中 | トップページ | 羽根を生やし、肛門を飾り、目玉を足し、口も交換しよう »

2010.10.06

SX200R、ついに復活

一年弱前にやっとレストアし終わって走り始めた数十分後に事故って
すぐに不動車になってしまった、友人がかつて駆っていた、今では遺品と
なってしまった実に地味で目立たない草食系バイク、スズキSX200R

事故後にコツコツと直し始めて、一人で出来る範囲はほぼ終えていた。
身体が癒えても仕事が忙しくてなかなか復活させてやれなかったけど、
今年の彼の命日が迫る中、に今は亡き友人を自分と同じように今も偲ぶ
友の所に運び、一緒に重要部品の交換と、必要なメンテナンスを一気に
仕上げてやっと普通に走れるようにする事がようやく出来た。

Sx02

事故のダメージが少ない面だし、新品交換したゴールドチェーンも
見えやすいのであえて左側の画像をトップにしてみた(^^;)<ばき

----

サンバーを買ってから初めてバイクを積んでみたが、以前のアトレーより
荷室が広く、高いので、ぜんぜん楽チンだった。運転席側と荷室を仕切る
純正オプションのビニールカーテンのおかげで、運転中もガソリン臭い
想いをしないで済んだ。

Sxinsambar

----

友人のガレージに運び、そこでタイヤ交換、チェーン交換、Fブレーキの
フルOH、キャブOH、その他諸々を手がけた。この画像で背中を向けて
写っている友人は、故人が乗っていたもう一台のバイクを所有、綺麗に
維持しつづけてくれている同じ心を持つ「仲間」だ。

Sx3

この瞬間は、二人でSXを直しているんじゃなくて、姿は見えない亡き
友と三人でSXを弄っていたような、そんな気がするよ、もし今も生きて
いれば、この画像のどこかにきっと彼が写っていただろうからね。

----

そんなこんなでやっと復活を遂げたSX200R。一応事故で潰した側も
晒しておこう。多少凹んで削れて剥がれて、歳相当に錆びてやつれて
いるけど、それでも重要消耗品は全部交換したぜ、これならOK(^◇^)

Sx2_2


Sx01

試運転したらまだ少しFフォークのねじれがあるけど、あと一回メンテして
手直しすれば多分それで問題はなくなる。これでどうにか普通に走れる
ようになったぜ!

さてSXよ、待たせたな。友人がタクシーに横から突っ込まれ跳ね飛ばされ
死んだ、あの交差点を、彼の名誉のために、そして今を生きている俺らが
新しい未来に行くために、…絶対に事故らずに、何事も無かったように
ただ安全にしら~っと、あっけなく通り抜けてやりに行こうぜ(^^)b
 

|

« サンバーに、ワンポイントロゴを考え中 | トップページ | 羽根を生やし、肛門を飾り、目玉を足し、口も交換しよう »

「乗り物道楽」カテゴリの記事

コメント

 旅の途中、立ち止まる事を知らず、ただ、その軌跡は残る。

 思いがあれば、もっともっと先に進んでいける・・・と思います。

投稿: 剣片喰 | 2010.10.07 19:54

剣片喰さん:

忙しくてなかなか更新できないのですが
いつもコメントして頂きありがとうございます(^^)

----

10月から新しい現場に移りました。
今度は、…いやいや、今度も大変です(*_*;)

仕事量は一時期のピークと同じくらいな気がしますが
身体が付いてこないですね、慢性疲労による一時的な
体力ダウンなのか、それとも過労による恒久的な体力と
気力のダウンなのか、それともその相乗効果なのか…

----

あらゆる事で大切なのは

 変わらぬ過去を見つめて
 置かれた現状を見極めて
 行く先の未来を見定める

という事なんだと思います。

つまり究極に要約すれば、「生きる」とは、
たったこの三行であらわせると思っています。

----

このSX復活プロセスは、とある一つの出来事について
このステップを踏んでいる行為の一環ですが、これで
やっと、また少し先に進めます(^^)b
 

投稿: ino | 2010.10.10 08:42

 20年ほど前の学生時代、SXで夜道を走行中、目の前で突然タクシーが右折してきて衝突、十数メートルスっ飛んで数ヶ月入院ととなりました。その初代SXは、フレームが再起不能となって廃車。あと50cmズレてたら、タクシーのボディーに頭が当たり、人間も再起不能となるところでした。
 しかし当時、またすぐにSXを手に入れ、そのⅡ代目SXは未だに持っています。最近、久々に庭から発掘し、まるでなにかに取り憑かれたかのようにいじくっています。セローのピストンを入れて排気量224cc化や、Fホイールを18インチにして古のスーパーバイカーズ風に仕上げるなどなど・・・。
 SXで失われた命があれば、生き延びた命もあるようで・・・。いずれにしても、生きている我々は、SXにかかわり続けていきましょう。

投稿: SX200改224 | 2011.11.03 17:52

SX200改224さん:

コメントありがとうございます(^^)/

ウチのSXは、この儀式を終えて今は自宅で他のバイクに囲まれながら
ぐぅぐぅと寝こけています。

今はおそらくピックアップコイルか何かのトラブルで、エンジンが
始動しない状態です。直してやらなきゃなぁ、と思いつつ、その他の
バイクも地方巡業ばかりで忙しすぎて乗れない状態なのでなかなか
手がかけられません。友人の命日が近いのですが申し訳ないです。

SXにセローのピストンが入るのですか、それは知りませんでした。
200ccには200ccなりの良さがありますが、そういう弄り方も
面白いかもしれませんね(^^)、ただSX系はFブレーキは弱いので
パワーアップするとそっちもちゃんと見てやりたいです(^^;)

F18インチ化は、元カミさんが乗ってたセローでやったことがあります。
そういえば自分も「スーパーバイカーズ」の時代の人なので、
OFF車に小口径タイヤを入れて「モタード」と言われてもちっとも
ピンと来ません(笑)

大昔ですが自分が出入りしていたバイク屋ではoff車のF19インチ化が
流行りました。その状態で前後にFTR250のダートラタイヤを入れて
ハンドル幅を詰めて、街中をブイブイとみんな走ってました。
速かったなぁ。峠でもon車で頑張っても着いていけませんでした。

3ET-DT200RやCRM250の初期型とかの時代です。あの当時は異端児な
感じがしてましたが、今から思うと理にかなってましたね。
 

投稿: ino | 2011.11.05 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/49668421

この記事へのトラックバック一覧です: SX200R、ついに復活:

« サンバーに、ワンポイントロゴを考え中 | トップページ | 羽根を生やし、肛門を飾り、目玉を足し、口も交換しよう »