« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011.04.09

『秘密基地』が欲しい

最近は仕事に疲れて身体的な支障が出始めたのもあって
仕事の量を減らして、そのペースも徐々に落としつつある。

本当なら、とても落とせる事態じゃないんだけど、自分が
倒れたら会社としては捨て駒がひとつ消えるだけだろうけど
自分自身がたまったもんじゃないので、ある程度我侭を
言って、代わりの人材を手配し、そこに仕事を預けて一旦
今の現場を一時的に離れることにしたのだ。

今の仕事を放り出して休むことに、罪悪感はあるけど、
次の仕事につなげるための段取りだと思って休む時は
休む!、何事も『段取り八分』だからね(^^)♪

久々に自宅で少し休んで、心身のシンクロ率を上げれば
体調と精神の安定と復活を図れるでしょ。ちょうどその頃は
GWに入るから、一年で一番いいシーズンだよな。

…そうだ、久々にバイクにでも乗るかなぁ<ばき!

------------

このところ、仕事ばっかりだったので、歌を忘れたカナリア
よろしく、趣味の楽しみを少し失いつつあるので、生きている
喜び、働く目的を持つために、睡眠薬を飲まないと寝れない
夜に、今の自分にまだ許されている将来の夢を考えてみた。

家族を持つことは、もうあきらめた(苦笑)。もうそんなことが
言える歳じゃないから。こればっかりは望んだところで時が
戻るわけじゃないから、仕方がない。次いこう、次!

だから、自分はローンを組んで家を買う必要が無くなった。
自分ひとりが生きてゆくために必要にして十分な空間さえ
あれば、それでいい。出来れば土いじりが出来る空間が
あって、四季の変化を体感できるような庭が欲しいけど。

そうだ!、どうせ一人で生きるのなら、せめて生きている
楽しみを感じられる場所が、もうひとつ欲しい。贅沢かな?

それは、住む為の家じゃない。少年のころに、当時の友人と
わくわくしながら笹と枝と枯葉で雑木林の木の間に作った
ような、強いて言えば、少年の夢見る「秘密基地」的な場所、
それが欲しい(^^;)<ばき

------------

つまり、平常時に仕事や日常の生活をする場とは別に
休日に仕事から完全に切り離された自分の願望だけを
叶えた非日常を楽しみながら過ごす自分だけの場が
欲しい、という事。

日常の場には車1台と、バイク2台が置ければいい。
残りは非日常の場に置いておいて、休日にそこにいって
車両を交換したり、弄ったり、そこでランタンを焚いて
夜を明かしたり、なんかそういう「魂を開放する場」が、
今まで仕事が忙しすぎて失ってしまったそういう時間を
取り戻す世界が、欲しいよな。

その場を得るために頑張る、というのは不純な動機かも
しれないけど、どうせ残る余生は一人で生きるんだから
そういう無駄使いしても、誰も困らないからいいっしょ(^^;)

今は具体的なプランはまったく無いけど、これから得られる
休日の間に、そういうことを具体化するために必要なものが
何かを、バイクを弄りながら少し考えてみよう。
 
とりあえず以前UPしたような、ああいう建物でいいから
自宅から車でヒョイ!、と行ける近さにそれを建てられる
土地を確保しないとダメなんだろうな<ばき

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »