« 世代は繋ぐもの | トップページ | 参った、お前は「モタード」だ »

2012.07.03

それは高度で知的なゲーム

自分の中で、理想的な食費は一食110円。

これは一日330円で、一ヶ月で約1万円という事。

偶然だけど、自分の生活ではこのくらいがちょうど
適切な食費だ。この額は別に苦しいとか貧しい、を
感じさせること無く中年サラリーマンが働きながら
健康的に日常生活を送れる額だ。頑張れば太るくらい
食えてしまう。

無論、何も考えないで食っていたらこういう数字には
ならないよ。ちゃんと狙ったコストとなるように見合う
食材を脳内に作った底値リストを元にバランスよく
仕入れて、それに必要十分に手を加えて自炊して
初めて達成出来るので、もしやるならそのくらいの
覚悟と技量が必要なので、それらが無いのならば
ご用心あれ(^~^)

------------

一ヶ月で一万円、というのは一瞬だけ達成したという
チャンピョンデータじゃなくて、過去に何度も何ヶ月も
何年も、離婚後の試行錯誤生活でそれをやってた。

そして、それ以下で暮らすこともチャレンジしてみたら
今の暮らしをしながらの下限は一ヶ月で約6000円。

つまり一日あたりの食費は200円。これを切るレベルは
サラリーマンの日常の生活に支障が出る。具体的には
休日になると山に栗を拾いに行ったり、河原で食える
野草を探すレベル。なのでそこまで切り詰めた生活を
するのは止め、下限と感じた6000円/月クラスの食生活を
3ヶ月ほど淡々と繰り返して実証検証して、何かあれば
オレはいつでもそこに生活レベルを落とせるという経験と
自信を得てから食費を元に戻した。

------------

でも、過労で体調不良で倒れたのをきっかけに、この
2年ほどは、食費の財布の紐を少し緩めて意図的に
食費を自分のリファレンス状態(=1万/月)の1.5倍、
一ヶ月で約1.5万円まで上げて、それをコントロール
しながら淡々と食い続けている。単純に一日あたりの
食費を500円として、それを毎日食うようにしただけ。

朝は食パンをベースに10分以内で作れて食えるもの、
昼は朝に朝飯ついでにそそくさと作った弁当を食って、
夕は帰宅後から調理をしてあっさり食えるものを
休日等の時間がある場合は少し凝ったものを作る。
バツイチ中年一人暮らしの食生活は、こんなモンだ。

食費を1.5倍にしたけど、これは別にそれまでの1.5倍の
量の食材を食ってるわけじゃなく、1グラムあたりの
食材の単価が(つまり質が)、それだけ上がった、と
いう事だ。また調理の時間を削るための利便性にも
コストがかけられるようになった。

貧乏節約生活は、一円でも削る、という一方的で単純な
ベクトルを有していればいいのだけど、自分が適正だと
思う額に、贅沢する方向である1.5という増加係数をかけ、
その状態を維持コントロールする、というのは一円でも
削る節約生活をするよりはるかに難しい。

なぜなら、コストを削減するだけでなく、自分が適正だと
思うコストよりも余計に支出する(しかも緻密で正確な
コントロールが)必要だからだ。

------------

日常の生活に遊び心が無い、飽き飽きしてるような
人がいたら、こんな感じでぜひ、食費をコントロール
してみて欲しい。

まずは現状把握、そして目標を定めてそれを達成、
そして維持し続けて、そこから自分の下限を追及し、
そして自分が自信を持って達成出来る額を定めて
それを維持し続けてみてほしい。

これは自分の経験では時間が必要だし、あるレベル
まで到達するのも、慣れないと相当難しいと思う。

でも無茶苦茶に面白いのだ。バイクで言えばトライアル、
スポーツで言えばゴルフみたいな、自分自身をどこまで
律して、制御しきれるか、というような英国スポーツの
ような面白さがある。そして家計も助かる、という実利も
ちゃんとある。

------------

さあ、老若男女問わず、まずは家計簿をつけてみよう!
そこからがこのゲームの始まり。ワクワクドキドキの
ワンダーランドが始まるよ~♪<ばき
 

|

« 世代は繋ぐもの | トップページ | 参った、お前は「モタード」だ »

「節約生活(家計)」カテゴリの記事

コメント

お酒は、飲まれないんですか?

投稿: CLO爺 | 2012.07.05 11:44

CLO爺さん:

コメントありがとうございます(^^)

酒に関してはスーパーカブくらいの超低燃費で、コップ
一杯のビールで酔っ払えてしまい、ジョッキ2杯のビールで
飲んでる最中に頭痛が始まるくらい酒に弱いので、仕事の
付き合いでそのくらい飲む事はありますが、独りで
買って飲むのは…

大きな仕事が終わって、自宅に久々に帰ってきた時に、
「おつかれさん!」と、発泡酒を一本飲むくらいなので、
年に数回、数百円で終了です(^^;)

よってこの枠内に入っちゃいます(汗)

投稿: ino | 2012.07.05 22:50

 私はざっくり一日1000円、一ヶ月3万円くらいに考えています。
 inoさんに、比べるべくもない金額ですね。

 ただ、1人分作るのって結構面倒で、メニューがワンパターンになりがちです。安売りの弁当を買ってしまうこともしばしばです。(サラダくらいは作りますが。)
 楽しみながら・・・と言うレベルにはまだまだですね。

投稿: 剣片喰 | 2012.07.08 12:41

剣片喰さん:

コメントありがとうございます(^^)

自分の場合、日割りにするとそういう額なんですが、食材を一週間単位で
考えて、休日に買物に行って、そこで7割ほど使って、中間にその消耗と
今までの献立のバランスを見ながら3割違うものを買う、というような
イメージで組み立てています。

そう考えると

一日500円
  → 一週間で3500円 
    → 日曜に2000円の主食材
         +
      水曜に1000円の副食材
         +
      小物菓子や飲料等で500円

こんな感じです。結構な種類と量を買い込めますし、これだけ予算が
あれば色々なレパートリーが考えられますよ~♪、週単位ではどうしても
同じような食材が多くなるのは否めませんが(^^;)

あとは昼飯を弁当として、この枠内に収めるのが大きいかもしれません。
仕出弁当や食堂とかで食うと一食で350~500円くらい飛んでいきます(^^;)
 

投稿: ino | 2012.07.08 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/55113221

この記事へのトラックバック一覧です: それは高度で知的なゲーム:

« 世代は繋ぐもの | トップページ | 参った、お前は「モタード」だ »