« 今の新車よりも、こっちに乗りたい | トップページ | 継続は力なり(家計簿暦10年突破) »

2013.09.18

オスはメスに食われる宿命

現場労働であちこちを飛び回っていると、そういう
働き方をずっとしている職人さんや監督が集まる。

休憩時にそういった様々な年齢層で色々な人生を
歩んできた人たちと色々話しをしていると、どうも
長期現場労働をしている男は離婚暦を持つ人間が
かなり多くいるらしい。無作為に100人集めたら
その中に30人以上いる、といっても過言じゃない
ようだ。

自分のように結婚してから短い時間で別れるような
パターンも多々聞くのだが、一番多いのは、長く
一人で出稼ぎして、家に帰れなくてもせっせと稼ぎ
家族に送金を続け、子供が自立し、自分が年老い
現場仕事がキツくなってきた頃に自宅に戻ろうと
すると、その時点で妻に全てを奪われてバッサリ
切り捨てられる、一番救われないパターンだった。

家族のために過酷な現場を飛び回り、帰りたくても
帰れず、せっせと送金を続けても、自宅に居場所が
無くなり、子供が自立したり、稼げなくなったらば
もう用無し、帰ってくるな!とばかりの扱いを受けて
離婚し、独りとなった初老級の人が今の現場でも
ざっと両手で数え切れないくらいいるらしい(T_T)

そう考えると、最初はそうとは思いもしなかったが
今となって考えればいつかは必ず別れる運命に
あった自分は、心の傷がまだ浅いうちに(それでも
死ぬほど苦しかったが)離婚して独りに出戻って
…実は相当に幸せだったのかもな、と思わされた。

人生をささげ尽くした家族から不要物呼ばわりされ
あげく無一文で追い出されるよりは、まだ幸せな
暮らしを自分はしているから。当然だけど、大切な
家族と共に生きて共に成長する暮らしが一番の
幸せではある事は理解しているけどね。

------------

そんな事を思いつつ、現場での仕事を終えて
事務所に歩いて戻る道すがら、ふと自分の視界に、
繋がったまま空を滑空する、緑色が目立つギン
ヤンマのカップルが見えた。

おお、お前らは仲がいいな、せめてお前らはオレより
幸せになりな~、と思ったら、その二匹が交尾体制
から分離して、空中で絡み、もつれ合って地面に
落っこちてきた。自分のほんの1mほど先に、だ。

おいおい、お前らいくらなんでもそりゃ激し過ぎだろ
そんなに熱くマグワらなくてもいいんじゃないの?
…と、思ったら、どうも様子がおかしいのだ。

Tonbo01

脚を畳んで無抵抗な状態のオス(緑と水色の
ツートンカラーの方)の上にメス(緑一色の方)が
しがみついていて、路面にひっくり返ったまま
二匹でモゾモゾしてる。そのうち、オスが数秒
おきの周期的に羽を震わせて、路面に当たり、
バババッ!…バババッ!…バババッ!っと
不思議な羽音を立て始めた。

…何だか、様子がおかしい。

その状態で絡む二匹を手にとってみても、その
状態のままだ。オスは周期的に羽を震わせ、
背後に抱きついたメスが、オスのうなじにどうも
噛み付いているように見える。何だこれ?

Tonbo02

そのまま二匹を路面に置いて様子を見ていたら
オスのうなじに噛み付いているように見えていた
メスが、なんとそのままオスの頭を噛み切った!

そして、そのままオスの胴体をムシャムシャと
食い始めたではないか!

Tonbo03


ちょっと前まで、仲睦まじく一緒に空を飛んでた
連れ合いを、メスよ、お前は食っちまうのかよ!

------------

交尾後にオスを食ってしまうのはカマキリとか
クモくらいなのかと思っていたけど、そっか
トンボもそうなのか…、でもギンヤンマをwikiで
調べても、そんな生態は書いてないんだけどな。

 ギンヤンマ

でも交尾後の産卵はオスメスが連結してか、
または単独で(つまり産卵出来るメスだけで)
という記載があるから、つまり単独のメスは
交尾したオスをがっつり食って、その後で
産卵してる、って事なんだろうな(-_-;)

感情論を抑えて考えれば、交尾して自分の
遺伝子をメスに託したオスは生物的にもう
この世に生まれてきた役割を終えているから、
これ以上生きるのも他の命を食すのも無駄だ。

ならば、他の生き物に食われるくらいならば
自分の子のために交尾後のメスに食われて
子のための栄養源になるのは時間や手間が
節約出来て、確かに極めて合理的ではある。

一番上の画像でオスが脚を小さく畳んで
背後から獰猛に襲い掛かるメスに完全に
無抵抗な状態になって覚悟を決めている
ように見えるのはそういう事だったのかな、
と思う。

------------

そんなメスや卵のために自分の命を捧げる
オスのギンヤンマの姿が、そのちょっと前に
雑談して聞いた、危険な職場で命をかけ働き
せっせと家族に仕送りして、その金で家を
建てて、教育費を負担して、やっと家族と
一緒に暮らせるようになったとたんにあっさり
捨てられる、現場の労働者とちょっとだけど
ダブって見えた(涙)

まぁ現場労働者に限らず、基本的にトンボや
カマキリと同じように、人間もオスはメスに
食われる宿命にある、という事なんだろうな…
その際に自ら喜んで食われているか、辛い
思いをしながら苦しんで食われるかの違いで
結局は食われるサダメから逃れられない。

それは肉体そのものを食われるのではなく
稼いだ金だったり、人生のリソースだったり、
時間だったり。そういったモノをメスや子に
託して自身の命を次に襷渡しして終えるのは
生物のオスとして正しい姿なのかもしれない。

自分は残念ながらその清く正しい生き方から
ドロップアウトしてしまった。だから自分自身を
誰かに与えるような尊い事をする事もなく、
自分が発生する(=独りで生きるには過剰な)
全てのリソースを自身にのみ費やし生きてる。

これが幸せなのか、不幸せなのかは、まだ
判らない。離婚直後はそれがこの上ない
不幸だと思って嘆いたが、十年もたった今は
…もしかして不幸になっていたかもしれないが
そうはならずに済んだ、つまりもしかすると
今は幸せなんじゃないか?、という良くない
疑念を抱きはじめた(苦笑)

でももう少し生きたら、もう少し違った考えに
なるかもしれない。人生はまだまだ続くのだ。
 
 

|

« 今の新車よりも、こっちに乗りたい | トップページ | 継続は力なり(家計簿暦10年突破) »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

生まれ変われるなら今度は絶対に女で産まれたい!
そして専業主婦になりたい!
女性や専業主婦を軽視する訳ではないが男は絶対に損な生き物であると思う!

投稿: taniyan | 2013.09.18 23:21

 私は自分の人生だけで精一杯です。
 それが良いか悪いかはさておき、まあぼちぼちやって行きます。

投稿: 剣片喰(けんかたばみ) | 2013.09.19 22:03

taniyanさん:

コメントありがとうございます(^^)

女には女の立場からの言い分がたくさんあると思います。

男女っていうのは互いが何か欠けた存在で、その欠けてる
分を独りで望んでも手に入れられず、なのに相対する相手が
それを生まれながらに持っているから、こういう感情が
生まれるのかな、と思います。

自分に欠けてるものと持っているものを自覚して
それを埋めあえる相手と巡り合い共生関係を築いて、
お互いを思いやりつつ、欠けあった二つを合わせて

 「出 て 来 い シ ャ ザ ー ン!」

と声高く叫べば、きっと幸せになれるんだと思いま<ばき

------------

…と、まぁ冗談はさておき、自分は自身の妻が望み、
その価値があるのなら専業主婦でも全然OK派です。
相手が兼業を望むのならば、それでもいいでしょう。

仮に再婚してたら、相手がどっちを望んでも叶えて
あげられたんですが、残念ながら至りませんでした。

どんな形にせよ選んだ(そして自分を選んでくれた)
相方が幸せに暮らせる場を作り、維持し続けるのが
最後に食われてしまうオスがオスとして世に生まれた
役割であり、それこそが「オスにとっては」幸せだと
思うのです。上記の例だと、家族に捨てられて絶望し
首を括った人も居たみたいなのですが…

ただし!、自分の命を捧げるに値する相手であれば、
ですけどね。そういう女には生まれて今まででほんの
数人しか(無論元カミさんを含む)会えませんでした。

自分の場合、一度であってもそういう相手に出会えて
結婚出来たのはこの上ない幸せだったんだと思います。

------------

じゃあ今が不幸か?、というと実はそんな事はなくて
「オス」としては食ってくれる相手が居ないわけで
無駄に生まれて無駄に死ぬわけですから限りなく
不幸ですが、性別を超越した個としての生命体として
考えればそれなりに生きていられるので幸せなんだと
思います。

つまり幸せとは立場によってガラリと変わる相対的な
指標です。男でも女でも、不幸であるネタを探せば
いくらでも不幸になれますが、幸せであるネタを
探せば、いくらでも幸せになれます。

極論としてはメスに食われてしまうのも悲劇ではなく
食われて本望、という幸せに満ちた最期なのでしょう。
そういう生き方を出来る事ならしたかったなぁ(^◇^)
 

投稿: ino | 2013.09.19 22:17

剣片喰(けんかたばみ)さん:

いつもコメントありがとうございます(^^)

自分も今出来る、今の自身に許された枠内で
精一杯の生き方をして最期まで「活き」ます♪

世の「メス」にとっては煮ても焼いても食えない
存在でしたが、こうやってみっともなく生きて
いる自分を、この世の誰一人認めてくれなくても
せめて自分自身だけは認めて、いつの日にか
(きっと今際の際に)褒めてやろうと思ってます。
 

投稿: ino | 2013.09.19 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/58221142

この記事へのトラックバック一覧です: オスはメスに食われる宿命:

« 今の新車よりも、こっちに乗りたい | トップページ | 継続は力なり(家計簿暦10年突破) »