« 友あり、遠方より来る、また楽しからずや (その2) | トップページ | 節約に燃える、夏来る(ちょっと日和りぎみ) »

2014.07.15

友あり、遠方より来る、また楽しからずや (その3)

繰り返しになるが、自分も友人も、もういい歳をした
立派な中年男だ。だけど、この瞬間は、我々は
年齢を忘れて、大昔と当時と代わらない一人の
少年としてこの場にいた。

昔と違うのは、必要と思う金をケチらなくなった
ことと、無謀さの影が薄くなり、安全サイドにより
立ったスタンスでバイクと関わっている事だ。

気持ちは若くても、我々の老い先はワカモノより
短いのだ。だからカネで時間が買えるのならば
それはコストを支払う価値がある。

また長く生きてきた結果、たくさん痛い目にあい
いろいろなものを背負って生きるようになった。
だから、刹那的なスピードやスリル、無謀すぎる
挑戦は極めてリスクが高くリターンが少ない事を
人生経験として知っているし、そのリスクが発動
した際に失うものが大きくて、それを得るために
賭けるにはもったいなさ過ぎてやりたくない、と
いう状態になっている。

若い頃はそれが守りに入った、という事であり
カッコ悪いことかと勘違いしていた。でもそれは
若い頃とは比較にならない強い意志を持てる
ようになったからこそたどり着いた境地なんだ。
そのリスクを知り、避けるならばもうバイクに
乗るなんてことはしない、というのが大方の
降りてしまったかつてのライダー達だ。

でも我々はそのリスクを十分に知り、それを
避ける努力をしながら、乗ることをやめようとは
しない。ただ逃げるんじゃない、それを知りつつ
闘って、そして日々勝って帰宅するのだから。

------------

そんな取り止めの無いヨタ話をしているうちに
空が暗く曇ってきて、小雨がパラついてきた。

ほとんどスリックのようなパターンの、しかも
ほぼ新品のα13を履いたTZRと、同じような
溝が少ないミニバイクレース御用達のハイ
グリップタイヤTT93Fを前後に履いたKSRは
雨天の走行を考慮してない、事は無いけれど
苦手ではあるので、この時点で帰る事にした。

------------

稀に小雨がパラつく山道の下り坂をさっきより
慎重に、タイヤのご機嫌を伺いながらも結構
元気な勢いを保って下ってゆく。このあたりは
全然違う車格の2台が、結果としてほぼ同じ
ペースで走る。

面白いもんだ、インカムでしゃべったりして
ペースをあわせているわけじゃないのだが、
お互いがお互いの判断で車体やタイヤの
セフティーマージンを加味して走るペースは
きっともう少し速いはずなんだけど、二人で
走る事で、お互いがお互いを気遣う事になり
一人で走るよりもさらに慎重になって、結果と
して二人して一人で走っている時よりもずっと
安全な状況になっているって事だもんな。

こういう事が成り立つ相方というのは貴重な
存在だ。言い換えると信頼出来るパートナー
って事だとおもう。彼がこの速度でコーナーに
突っ込むという判断をしているのなら自分も
それに合わせてこのラインで入っていっても
大丈夫。

という信頼関係が、互いに言葉を交わさなく
ても出来上がってる。自分が先導する時も
友人は自分と同じ用に後ろから走ってくる
からきっと感じていることは同じなんだろう。

------------

…最終的にはメッシュのジャケットが結構
ビショ濡れになるくらい雨にやられて自宅に
戻ってきた(^^;)

雨の予報を見ると、これからずっと強く夜まで
降り続けるようだ。ここまで遠路はるばる
原付二種でやってきてくれた友人が、この
ままここをスタートして帰るとこの雨の中を
延々と走って帰る事になる。

それじゃあんまりでしょ。それにまだまだ
語り合いたい、積もる話はたくさんあるのだ。
だから中年のオッサンは時間をカネで買う。

…と、いう事で、友人のスクーターをうちの
サンバーに積み込んで自宅まで送り届ける
事にした(^^;;)

Bikeincar

これで道中ずっと話が出来るし、途中でメシも
食えるし、数年前に引っ越していた友人の
新居がどこにあるかもわかるから一石三鳥。

え?、ガス代?、高速代?、そんな野暮な
事はオレらの間じゃ言いっこ無しだぜ(^◇^)/

------------

結局、バイクに乗っている時間の何倍もの
時間を、久々に会うまでの何年もの時間を
埋めるかのような長く途切れない語りあいに
費やしてしまった(笑)

友人と自分は単にバイクだけの関係じゃ
ないのでこういうのも楽しいのでアリだ。

そっか、以前自分が遊びに行った時にまだ
テケテケ歩いてた子供がもう小学*年かぁ。
子供たちが中学生くらいになって手が今より
かからなくなったら、またバイクに堂々と
乗ってくれよ、なんて話なんだけどね。

さて、次に会うのはいつになるやら。

出来れば今年の秋までのシーズンにでも
遊べたらいいよね。次に来たら、今度は
SRXとDRに乗ってまた山道にいこうぜ!

それまで元気で!、じゃあな、親友!
 

|

« 友あり、遠方より来る、また楽しからずや (その2) | トップページ | 節約に燃える、夏来る(ちょっと日和りぎみ) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

tw200には現在も乗っておられんですか?

投稿: TW200 | 2014.07.27 20:40

TW200さん:

コメントありがとうございます、URLが張ってあると
スパムコメントフィルターにひっかかってしまうようで
公開が遅れました、すみません。

我が最良の愛機TW200(白/青)は今も元気ですよ~(^^)/

先日、KEYSTERのキャブレター燃調キットを使って
キャブレター内部を全部新調したので絶好調です。
現在外装のレストアを敢行中でして、あとはタンクを
程度良好のスペアのものに、タッチアップ塗装をして
乗せればほぼキレイになる予定です。

KEYSTERの燃調キットは2JL/4CS用を買うと、最初期型の
キャブではドレンの形状が違うので適合しませんので
要注意です。それ以外のインナーパーツは全部OKです。

ご参考までに(^^ゞ

投稿: ino | 2014.07.29 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/60010439

この記事へのトラックバック一覧です: 友あり、遠方より来る、また楽しからずや (その3):

« 友あり、遠方より来る、また楽しからずや (その2) | トップページ | 節約に燃える、夏来る(ちょっと日和りぎみ) »