« 13年かかったね | トップページ | 滑り込みセーフ(^^;) »

2015.10.07

セイタカアワダチソウに思うこと

気がつけば朝の気温は肌寒いくらいだ。
山の木々も少しずつ黄色から赤に変わり
つつある。ちょっと前までは熱中症注意!、
という環境だったのに、もうすっかり秋だ。

秋、といえば野原にススキの穂がなびく
ようなイメージがあるのだが、今は違う。

在来種のススキはどんどん追いやられて
その代わりに外来種であるセイタカアワ
ダチソウが、デカイ顔してのさばっている。

セイタカアワダチソウ?、なにそれ?と
言う人は、この季節、まっすぐ伸びた茎の
上に真っ黄色の鶏冠のような花が付いた
雑草を見た事がないだろうか?(LINK参照)

今ではススキよりこっちの方が多いような
そんな気がするくらい、すっかり日本の
秋の風物詩のような景色になりつつある。

Ncm_0047

特定外来種とはいえ、アワダチソウだって
命を持って頑張って生きてる。どんな命も
尊重したい自分としては、それも認めて…
やりたいのだが、諸般の事情でセイタカ
アワダチソウは見かけたら可能な限り
抜くことにしている。

------------

それは、自分が今いる場所に関係している。

諸般の事情により人が入れなくなった農地、
本来なら農家がこまめに手入れして、雑草
など生えるはずもないそこに、爆発的な
繁殖力を持つセイタカアワダチソウが根付き
今の季節は一見すると美しさを感じるくらい
真っ黄色の絨毯のような景色になっている。

でも、本当ならそこはたわわに実る稲穂が、
黄金色に波打つ水面のように揺れている
はずなんだ。でも今は真っ黄色な外来種が
我が物顔で咲き誇っている。

それを毎朝通勤バスに揺られて車窓越しに
見ていると、この場が以前のような景色に
戻ることがあるんだろうか?、という不安を
漠然と感じる。

少なくとも、農地を手入れする人がここに
戻ってこないと、大繁殖しているセイタカ
アワダチソウは駆除が出来ないし、手入れ
した農地に新たに稲を植える人がそこで
暮らしていないと元の田んぼには戻らない。

そのためにはここで働く人が出来る事を
出来るだけ頑張って状況を改善しなくては
ならない。当然だが、自分もその一人だ。
だからやれる事を目一杯、精一杯頑張る。

------------

そんな事を思いながら毎日を過ごしていると
それは自分の役割でないかもしれないけど、
自分の身近にあるセイタカアワダチソウを
一本でも抜いてこの闘いに参加したくなる。

この場で黄色く自慢げに咲き誇るお前らには
絶対負けないぞ、という気持ちが無意味な
殺生かもしれない草むしりを自分にさせる。

負けるもんか、絶対負けるもんかよ!
 

|

« 13年かかったね | トップページ | 滑り込みセーフ(^^;) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 負けてなんか、やらねえよ! 絶ってーだ!!

投稿: 剣片喰 | 2015.10.08 22:47

パイオニア植物なのでなにかで荒れたところに繁殖し、土地を安定化させ、他の植物に地面を譲り渡します。
なので実際はそんなに悪いヤツでも無いw。
伊豆のこちらでも多くの外来植物が農地含め、はびこりまくっております。
その多くは、きれいな花として改良されたものの先祖返りだったりします。
逆にススキ野(かや原)は、春前の山焼きで他の植物を規制することに寄って成り立ちます。

私の仕事(通信事業)本家も、被災地には常に関係するのですが、結局、下請け会社さんへ派遣人員の依存をする情けない怪社。
お仕事、大変だと思いますが、よろしくお願いいたしますorz。

衝動でKLX250(2002)、飼い始めましたが、こりゃ仲良くなれないわ・・・と(泣)。

投稿: らいおん | 2015.10.11 07:42

剣片喰さん:

時間は掛かると思いますが、手を入れられず荒れた
農地はきっと復活すると思います。そうなるように
自分は自分の役割を果たすべくやれる事をやれる
場所で頑張りますp(^^)q

----

らいおんさん:

外来種、本当に多くなりましたよね。

オオキンケイギクなんて、高速の中央分離帯
とかに爆発的に繁殖して人為的に植えたみたいに
なっていますし。

現場は上から下から、みんな頑張っています。
諸般の事情でそこでは就業するとメーターが
上がり、その数値のリミットによっては撤退も
ありますが、その枠内でみんな頑張ってます。

------------

KLXはその昔95年式のKLX250SRに乗っていました。
結構アグレッシブな奴でしたよ。でもブン回し
過ぎてガシャガシャ言うようになりハグったら
シリンダーがギタギタで(泣)、300Rのパーツで
292化したら超ゴキゲン♪なマシンになりました。

当時同時所有してたDT200WRはこれならもう
要らないや、と手放しちゃったくらいです。
SRはキック仕様バッテリーレスでDT-WR並みに
軽く、一回りコンパクなのにモリモリトルクがあり
扱いやすかったです。

99年くらいからマフラー開口部が小指一本程度の
細い仕様になってCDIが相当遅角化したみたいで
力感が別物のスッカスカなバイクになりました。
250SRや250ESの頃のCDIがあれば(新品は欠品です)
ぜひ差し替えてマフラーも前期型の親指がスッポリ
入るサイズの物に変えてキャブセッティングも前期
と同等にしてみてください。

「闘う4スト」は決して誇張じゃないですよ~
(土の上を走るなら出来れば292化がおススメ)

投稿: ino | 2015.10.11 12:37

いかんいかん、みんなKLXのことをそんな風に言うwww。
これ、ツーリング用ですから。
たった7Lしかガソリン入らないと知り、ショックで> ビッグタンク衝動買いしましたし。
やかましいマフラーもノーマルに戻しましたし。
任意保険も「改造なし・5000km」ですから~。

投稿: らいおん | 2015.10.12 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/62430210

この記事へのトラックバック一覧です: セイタカアワダチソウに思うこと:

« 13年かかったね | トップページ | 滑り込みセーフ(^^;) »