« あぁ眠い、ダルい・・・ | トップページ | 使い切るまで使う(その後もまだまだ使う) »

2016.01.31

ちっとも極限とは思わないんだけど(^^;)

ちょっと前に、ネットのニュースでこんな
ネタが流れていた。

  そこまでやる!?「節約女子」が営む
  極限生活の実態

おいおい、おだやかじゃないな、一体何が
あったというんだい(^^;)?

------------

要約すると、昨今の経済事情から日々の
出費を節約する女性が増えている、という
事らしい。

昔の節約生活テレビ番組みたいな生活を
する女性が増えた、という程ではないにしろ
節約生活に良い意味で目覚めるのは男女
問わずいいことだと思うので、最近の若い
人もきっと節約生活をがんばっているのだ
ろうな、と思ってこの記事を読んでみたが・・・

…あれ?、オレのいつもの日常生活と殆ど
同じか、それよりも甘いレベルじゃないの?

------------

以下は元記事の順番にあわせて
書いてみた。

・コンビニでは何も買わない。
 →同じ商品でも値段がどこよりも高いから。
   銀行ATMはよく使うけど消費はしない。

・食材は底値で買って備蓄する
 →底値リストを脳内に常に持ってるので
  安くなってたら買うけど高いと買わない。
  備蓄は非常用の食糧を兼ねるので
  2~3週間分くらいを、それに見合う
  水と燃料とあわせて保持している。

・食費は一円でも安くなるように買う
 → メニューは安く買えるものを見つけ
    それで作れるものを買い物最中に
   決める。基本は半額以下の見切品。
   そうでないものは1g/1円以下かで
   判断する。仮に半額でも1g/1円より
   高ければ買わない。
   
・米は炊飯器で炊くけど混ぜ物をする。
 → 麦、ジャガイモ、パスタといった
   同時に炊ける安い代替炭水化物を
   混ぜ込んで単価を下げる。米を買う
   時も値段が安いかどうかしか見ない。

・庭で主食(や代用食となる)イモを採る
 → ジャガイモ、サツマイモ、ヤマイモ。
   野菜は成りものや葉ものはペイしない
   ので薬味を中心にシソ、ニラ、ネギ、
   ミョウガ、イチゴを自生させ食ってた。

・本社勤務時は食パンや自作弁当
 → 冷凍食品は高いので見切品や
    業務スーパ食材を冷凍しておいて
    それらをチャッチャと調理し弁当を
    自作する。超節約モードのときは
    食パンを一斤買ってそれを一枚
    ずつ一週間かけて食ったりしたし
    会社の裏庭でサツマイモを育てて
    それを収穫して給湯室のレンジで
    焼いて食ってた。

・ガス代を節約するために契約を切った。
 → 調理もシャワーもカセットコンロで
   まかなってた。夏場は太陽熱も
   利用していた。食器洗いにお湯なんて
   使った事ないな(^^;)

   ガス屋と契約してるときも、中くらいの
   バケツ一杯のお湯を受けて、それを
   使って頭洗って体洗って流して終了。
   湯を張ったりシャワーを使うと水も
   ガスも莫大な消費なので最終的に
   そういう形に落ち着いた。

・冷房暖房は最小限で知恵と工夫で凌ぐ
 → 夏は扇風機をフル活用して気化熱を
   使ったり風洞を作ったりして凌いだし
   冬は着込むことを前提として暖房を
   使っても石油ファンヒータを常に最小
   火力で使うので灯油は一冬でポリ
   タンク2~3杯

・家電の待機電流を最小化し、TVも捨てた
 → 電子レンジも持ってない。ラジオは
   良く聞くので4~5台持ってるけど。

子供は居ないからそっちの節約はないけど

・お子様バリカンでセルフ丸刈り
 → 十年以上床屋に行ってないので
   理髪料はゼロ円。

これらを十数年間当たり前のように
ずっとやってきたので、特別な事を
してるつもりはぜんぜんない。でも、

いかがだろうか。思わず微笑んでしまう
ものから、「そこまでして大丈夫?」と心配に
なるものまで、世の女性たちがやっている
節約術は想像以上に細かく、多岐にわたる。
彼女たちの姿からは「極限生活」と呼ぶに
ふさわしいケースも垣間見える。

と元記事にはあるが、それじゃ自分のは
「極限生活」って事なの(^◇^;)?、
いやいや普通レベルの…下限くらいでしょ?

------------

この記事の最後にはこうある。

男女問わず、節約が苦手な人たちは、
この機に「節約女子」たちの生き方から
教訓を得る必要がありそうだ。

うーん、逆に自分がその彼女らよりも
先行してこの道を独りで突っ走って
きたような気がしないでもない(^^;)
好意的に考えるとやっと時代が自分に
追いついてきたって事なのかも(苦笑)

しかし惜しいなぁ、もう少し早くこの
ブームが来ていたら、こんな自分も
「カリスマ貧乏人」として節約女性に
モテたかもしれないのになぁ<ばき!

|

« あぁ眠い、ダルい・・・ | トップページ | 使い切るまで使う(その後もまだまだ使う) »

「節約生活(家計)」カテゴリの記事

コメント

inoさん、ほんと、カリスマ貧乏人だわ(^_^;)
はじめまして。
inoさんのカセットガスの記事を見つけてからずっと沈黙したままお邪魔しておりました。
私もたぶん同年代(^_^;)
私もそこまでいかないながらも節約生活をしておりましたが、あることがありましてからもう節約はほどほどにしています。
コンビニでもよく買い物してます。
私は海が好きなので見るだけでもいいからしょちゅう行くんです。
真冬の海にも何時間も。
これは、根性がないと無理ですよ。
娘からは呆れられています。
ぬはははは

inoさん、体に気をつけてください!!

投稿: みっちゃん | 2016.02.01 17:12

inoさん、楽しい記事をありがとうございます!(^^)!
inoさんは「節約男子のレジェンド」かつ「趣味に生きる粋人」ですね。

私の節約はまだまだ趣味の範疇に過ぎず、甘い生活だなあと思います。
でもいつか10坪平屋を建てて、ミニマムにひっそりと暮らすんだ。。
そのためにも早く家財を減らさねば・・・。
そしていつの日かinoさん直伝の節約の技を継承したいと思っています。
バリカンで丸刈り以外ね・・(^^)

投稿: 前向きピンク | 2016.02.02 00:10

 >「趣味に生きる粋人」・・前向きピンクさんの言葉に同感です。
 まあ、私自身は節約生活はしていませんが・・・
 収入少ないので、使えるお金が少ないという意味では節約生活かもしれませんが・・・

 それぞれの方が、それぞれの生活を楽しんでいれば、それはそれでいいのではないですかねえ・・・

 寒さ厳しき折、お体にはお気をつけくださいね。(インフルの流行、周りに起きてきています。流行には乗りたくないですよねえ。)

投稿: 剣片喰 | 2016.02.02 21:44

inoさん、投稿文を読み直してみたら私はなんて失礼なことを!!(・・;)

inoさんは謙遜しておっしゃっているのにコピーしてあまり考えずに貼り付けまして(>_<)

投稿した直後には親友に『よく読んでるブログに初めてコメントしてみたよ。その人は技術者で楽しみながら節約してる、カリスマ的節約家だよ。』とメールしましたのに(・・;)
本当にごめんなさい!!

inoさんはカリスマ的節約家です!!

本当に失礼なコメント申し訳ありませんでした。

最初の投稿時は、2日に渡る極度の緊張状態からちょっと状況が変わり緊張が緩んだ時でした。
ほっとした私、ちょっとおかしかったんです。

せっかく意を決して投稿したのに、自己嫌悪に陥って昨日はあまり眠れませんでした。


投稿: みっちゃん | 2016.02.03 10:22

おや、たくさんコメントを頂けてますね(^^ゞ

みっちゃんさん:

初めまして、コメントありがとうございます(^^)/

いやいや、失礼も何もありません、問題はまったく
ありません、自分は気分を害するような事は全然
感じておりませんのでご安心を。

これからもくりくりイジッて遊んでやってください、
お気になさらずに、さあ!どうぞ(^◇^)<ばき

----

自分がこの暮らしを始める頃は節約して貧乏な
暮らしをすることがどっちかというと『恥』な
時代だったと思います。かの森永卓郎氏が
「年収300万時代が来る!」という本を書いて
居た頃だったと思いますが、収入がそのくらいに
なるのならば、そのくらいで生きれればそれで
いいんじゃないの?、と思ってましたっけ。

時が進み、気が付けばそんな時代が本当に
やってきてしまい、みみっちい貧乏節約生活が
奇人変人でなはく、庶民の生活防衛手段として
一般市民権を得たのが…ここ最近かな?

気が付けばこの話の元ネタのように普通の人が
堂々とやるようになってしまいましたね(^^;)

----

自分が一番節約魂に燃えていたけど、その手を
緩めたのは、離婚後に初めて付き合う事になった
前の彼女の影響でした。

さすがに普通の人に自分の超が付く貧乏生活を
無理やり体験させる訳にはいかないですから、
そこから冷房を入れたり、ガス屋と契約したり、
正しいコストをかけて生活改善をしました。

今ではまたそういう必要のない生き様となって
いますが、もしもこれからそういった人生の
幸せな変曲点がやってくるのならば、自分が
本来持っているポテンシャルを全力で使って
正しい生き方をする(というかやっと出来る)
ようになるんだと思います。

それが無ければ、ずっとこのままです(自爆)
まぁここで晒してる(生の)自分を面白がって
一緒に楽しんでくれるようなことがあれば
一番ハッピーでしょうけど無理でしょう(^^;)

それでもどっこい底辺でがんばって生きてます♪
荒れた海はダイナミックで好きですね、以前は
台風が近づくと荒波を見に海岸近くに走りに
いったもんです。直撃してるときは危ないので
行きませんけど(笑)

-----------

前向きピンクさん:

いつもコメントありがとうございます(^^)

いやあの…あんまり楽しくないような(^^;)

----

自分はそれほど凄い節約生活をしてるとは
思ってないんですよね。世の中にはもっと
凄い人たちがもっといると思います。

以前に市営格安銭湯でよく一緒になっては
色々話をしていた川原のバラックに住む
ホームレスの人たちは自分の節約レベルを
超越した、言わば仙人級の暮らしをしてたと
思います。同じ事を自分もやれば出来ると
思いますが、サラリーマンとしての最低限の
レベルをそれ以下には下げられませんでした。

もし災害等でそういう暮らしになった時は
苦労も心労もまったく無く涼しい顔をして
その暮らしを楽しくやりながら生きていると
思います。

そうなった時にやっと生活に困ってる女性が
自分を認めてくれてモテるのかもしれま<ばき

----

節約生活をしながら、その生活費と同じくらい
趣味に使ってるのは節約生活とは言えない、と
いわれたことがあります。確かにそうでしょう。
とはいえ、趣味の出費は生活費と違って生きる
ために必須の出費じゃないのでいつでも切れる
「トカゲの尻尾」ですし、ちゃんと家計と同じ
位の精度で緻密にコントロールしてますから、
自分としてはOKとしています(^^ゞ

働くために生きてる訳じゃなくて生きるために
働いていますから、生きていることを実感する
ためのコストは余裕をもってかけられるのなら
かけてもいい、と判断しています。

ちなみに自分自身が『カリスマ貧乏人』だ!、
と思っていた今は無き(亡きじゃないです)
「世捨て人」こと(株に手を出す前の)AZMA氏
です。この人は本当に凄かった。株に手を出し
カリスマ性と仕事と爪に火を灯してためた
生活資金をあっけなく失ってみっともなく
堕ちて行く様も本当に凄かったですが(-_-;)

------------

剣片喰さん:

いつもコメントありがとうございます(^^)

どんな生き方でも、本人が楽しく生きれれば、
そして他人に迷惑をかけたりしなければ、
それで万事OKだと思います。

やりたい事や、やれる事を、やれる範囲だけ、
目一杯やれれば、その人は自分自身を十分
頑張ってる、と言っていいと思うのです。

自分もそうであるよう生きているかを常に
自問自答しながら、日々を頑張っている
つもりです。そこに価値観や気持ちの違う
第三者のものさしを当てて「違う!」と
いう方がよっぽど『違う』と思います(笑)


投稿: ino | 2016.02.03 20:51

inoさん、ありがとうございます。
ホッとして今からマッコリのカルピス割りを飲みますよ~~(^^♪
良かった~~(^o^)
これからもいろいろ御教示ください!!

私も台風の時の荒波を見に行っていましたよ。
海は好きですが、海は怖いです!!

投稿: みっちゃん | 2016.02.03 22:54

あぁ、AZMA氏の世捨て人の庵・・・懐かしいですね。
彼の鋭い文章は結構面白くて好きだったんですけどね。
かなり苦労して貯めた700万をスルッと煮溶かしてしまわれて。
他人事ではない、と肝に銘じた覚えがあります。
お元気だったらいいな・・・。

投稿: 前向きピンク | 2016.02.03 23:18

>まぁここで晒してる(生の)自分を面白がって
一緒に楽しんでくれるようなことがあれば
一番ハッピーでしょうけど無理でしょう(^^;)

そんな、無理なんてこと絶対ありませんよ!!
私はもうすぐ独身に戻りますが事情があり手をあげられませんが、ちゃんとinoさんの生活を面白がっていますよ!!


私もinoさんももう人生残りの時間が少ないです!!
ゆっくりしてられないですよ!!

女性は家族を守ってくれて生活力のある男性が好きですよ。
inoさんなら大丈夫!!

婚活サイトとかもありますし、討って出るってのはどうでしょう??
熟年層の婚活もさかんですよ。

友達がこの前「世の中にはまだいい人がたくさん残っている。」と言っていました。

その時、私はinoさんのことを思い浮かべながらしみじみ「そうだね~~」と相づちを打ちましたよ。

がんばれ、inoさん!!


投稿: みっちゃん | 2016.02.04 15:14

前向きピンクさん:

AZMA氏やあのHPをご存知でしたか。

株にさえ手を出さずに愚痴りながらも優良条件の
バイトを続けていれば、きっと今も続いていたと
思います。残念でしたよね。ネットではなく
現実の世界で今も元気でいてくれたらいいのですが。

------------

みっちゃんさん:

残念ながら、この十数年に渡る実験と実体験でそれは
無理だという事がもう証明されちゃってるんです(^^;)
(だからそう書きました)

自分が有利となるような条件を全て隠した状態で、
どちらかというと不利とも言える、包み隠さない
生身の自分を丸々晒し続けた結果が現状の自分です。
それはつまり、生身の自分や人としての本質には、
世の女性が求めるようなモノが何も無い、という
事です。

逆に、婚活という市場に、今まで人前に晒していない
自分自身の『婚活カタログスペック』を前面に出して
担いで出たとすると、それなりの興味を持たれるかも
しれませんし、その結果若干のオファーもあるかも
しれません。自分で言うのもなんですが、数字に直せば
そこそこのスペックを有していると思われますので。

この二つから何がわかるか、というと、単純な計算式で
こういう事なんです。

女性が自分に求めるモノ
  =カタログスペックを担いだ自分 ー 生身の自分
  =カタログスペックだけ

つまり自分のカタログスペックだけがあれば満足な訳で
自分という人間はこの世に存在すらしなくていい(苦笑)

…残念ですが、これが自分の現実なんです(^^)

家族を持ちたかったし、そのために生きたかったですが
この世で一番大切な存在だった元カミさんに「あなたの
子供なんて生みたくない」、と言われた瞬間にそういう
自分はこの世への存在を許されず死にました。

離婚して部分的に生き残った自分自身が、失った未来を
嘆き悲しむその反動で八つ当たり的に仕事をした結果、
不本意ながら認められ昇進し、望まないのに気が付けば
倍増した収入。それは自分にとって皮肉な副産物ですが、
世の女性が自分に求めるのはそっちだけ…

これもまた最高の皮肉だし、自分らしい結末だな、と
思ってます(^^;)
 
----

みっちゃんもこれからあの戦場をくぐりぬけて
こられるのですね、色々大変だとは思いますが、
お子様もいらっしゃるようですし、前へ前へと
進んでくださいね(^^)

投稿: ino | 2016.02.07 00:15

inoさん、離婚でかなり傷ついてしまったんですね。
だれか、同じ離婚経験者の男性といろいろ話せたらinoさんの心の傷もだいぶ癒せるのではないかな。
そういう人が周りにいませんか?

私の理想はおばあさん、おじいさんになっても夫と二人、夫婦仲良く暮らしていくことでした。
ユーチューブで変わらぬ想いって歌を聴くと(カール爺さんと空飛ぶ家の動画が見れます)私もこうありたかったのにと思い涙が出ます。

私は20年以上節約して溜めたお金を夫に使い込まれましてね。夫が買春旅行に気づいて追及したらいろいろでてきたんです。
幸いだったのは、夫の兄弟が私に同情し支持してくれていることですね。

inoさん、私は誰かに尽くすことにほとほと疲れてしまいましたが、そうじゃない女性は世の中にいっぱいいるはずですよ。
人生、あきらめてほしくないです!!

明るい話題!!私はもうすぐ耕運機を買います!!ホンダのカセットガスが燃料のやつ。
これ、いいみたい(*^^)v


投稿: みっちゃん | 2016.02.10 16:09

みっちゃんさん:

コメントありがとうございます(^^ゞ

自分もチャーミーグリーンのCMみたいな老夫婦を
夢見て考えてました、我ながら無様で滑稽でした。
自分の両親が、中学生の同級生で知り合い、その
交際から結婚に至り、後期高齢者になった今でも
仲良く暮らしています。そういう人生が送れる
人もいます。

信じていた人間の裏切りは本当に苦しいですよね…
自分も諸般の事情でその苦しさがちょっとだけは
判ります。

大変な思いをされましたが、これからは上を向いて
行くのみです、がんばってくださいp(^^)q

--------

自分の場合、「あきらめる」、というよりも、
そもそもしてはいけないこと、夢見てはいけない
ことをやったから当然のようにそれが出来なかった、
という「結果」の人生なんだ、と考えています。

翼がないのにあると信じこんで、飛べると思って
崖から飛び降りれば、そりゃ怪我して当たり前です。
自分は元々それが無い身の上で生まれた、なのに
それを持っていると思い込んで誤った道を進んだ。
だから地に叩き落とされ、今の生活になった。

…何のことはない、ただそれだけの事なんですよ。

--------

カセットコンロ耕運機!、いいですね、ちょうど
そのくらいの性能の機械で耕せる範囲くらいが
個人が楽しく出来る家庭菜園だと想います。

現在難航している家探しは植物が植えられる庭が
あることも条件にしていますが、そういう要望が
満たせる物件があるかどうか・・・

あとは機械に巻き込まれなどされないように
くれぐれも安全第一で(^^)/

投稿: ino | 2016.02.13 00:00

inoさん、家は見つかりそうですか?(*^_^*)

私は今、荒波にもまれて憂鬱です。
でも、現実逃避せず頑張らねば!!

バイクのことは詳しくありませんが、サービスエリア等でつなぎを着た熟年の方々がバイクを囲んで楽しそうに
話しておられるのを見ると、同好の志という感じでうらやましいです。

私は初心者のくせに悪路も進めるバイクが欲しいとちょっと思っています。
昔、通ってていた道がもう車では進めなくなっているのでバイクならいけるのではとね(*^^*)アハハ


 

投稿: みっちゃん | 2016.03.01 10:38

みっちゃんさん:

コメントありがとうございます(^^)

想像するに色々大変な状態だと思いますが、
お子さんや周りに多くの「味方」がいる事を
絶対に忘れないでくださいね(^^)b

引越し先は・・・たまに候補が出てくるのですが
どれも一長一短で、今も捜索&商談中です。
なかなか難しいですが、頑張りますp(^^;)q

最近引越し先探しで自宅に戻った際に古い
バイク仲間が自宅に遊びに来てくれました。
近いうちに短めですがネタとして上げますね。

バイクの悪路走破性は車種によってはかなり
高いのですが、相当の技量が必要になります。
状況が分からないのですが、スズキの軽四駆
ジムニーの方がいいかもしれません(^^;;)

無理せずゆっくりあせらずに、が出来るなら
40、50、60の手習いでバイクに乗り始めても
決して遅くはなくそんなに危なくもないです。

新聞配達や出前に使われているスーパーカブ
というバイクが、実は意外に趣味性が高くて
楽しく経済的で買い物やら何ならで便利で
中高齢からのバイク入門にはすごくいいです。

自分も60過ぎたら一台買いますよ~。

投稿: ino | 2016.03.01 21:18

はじめまして。
SX200の前ブレーキ修理方法を調べていてここを知りました。
SXがビンボ-バイクとは知らなんだけれど、妙に納得できます。

「ちっとも極限とは思わない~」記事面白く拝読しました。
Ino さんの節約生活には違和感なく当然の暮らし方だと、
20年前から父子家庭で幼子抱えて、年収ゼロの年が何度もあり
生活保護世帯がうらやましいほどビンボー家計の私は思います。

バイクや車が置ける家がはやく見つかりますように。

投稿: Balla | 2016.03.02 23:47

Ballaさん:

初めまして、コメントありがとうございます(^^)

SXにお乗りですか、地味ですが楽しい良いバイクです、
可愛がってあげてくださいませ。

日々の節約っていうのは、それを日常としてしまうと
それが当たり前の普通の状態になってしまうもんです。
それからはそのレベルがその人のベースラインとなり、
そこからの節約はそれまでよりもさらに熾烈を極める
ように逐次節約レベルが上がっていきます。

そう考えると先日書いたスポーツの定義に節約生活が
入るのかもしれません。創意工夫の知力と肉体的な
努力を使ってこつこつ成し遂げてゆきますからね(^^)

父子家庭問題は母子家庭のそれよりも圧倒的に不利で
厳しい生活をされていると聞き及んでおり介護施設の
介護士とともに、待遇があまりにも冷遇不遇の扱い
らしいようですね、でも母子父子問わず、「親」と
して「子」と暮らし、その成長が見れる、というのは
人の人生でおそらく一番幸せな時間だと思います。

それはプライスレスです。どんなにお金を積んでも
体験することは出来ません。そのすばらしい時間を
少しでも楽しんで、子供に幸せな記憶を沢山授けて
あげてほしいなぁ、と独り者の中年のオッサンは
思うのです(^◇^)

------------

家は、どうにか最終候補まで絞り込みました。
ただ時間がなく条件が厳しいため、自分自身が
必要とするスペックや値段がすべて当初の予算を
オーバーしてしまいました。しかも乗り物を
置くためには追加工事まで必要な有様です。

でも、一度しかない自分の一生なので、今回の
一度だけ、自分の持つ全力を解き放って今までで
一番の贅沢をしてみようと、思い、やってみる事に
しました。引越したらそのネタでupしますね。

投稿: ino | 2016.03.04 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/63148767

この記事へのトラックバック一覧です: ちっとも極限とは思わないんだけど(^^;):

« あぁ眠い、ダルい・・・ | トップページ | 使い切るまで使う(その後もまだまだ使う) »