« よし、行こうか! | トップページ | 備忘録:長期優良住宅地位の承継の承認申請 »

2016.04.01

さらば、エアコン

我が最愛のボロい借家との別れも徐々に迫る。

仕事がどんどん忙しく加速してゆく状態の中で
どうにかして時間を作って休みを得て自宅に戻り
役所の手続きや私的契約解除やらの手続きを
して、戻って休むひまもなく部屋の整理と荷造り。

未来に持ってゆけるものは持ってゆくけど、持って
いけないものは断腸の思いで過去に置いて捨てる。
そうやってさまざまなものを捨ててきたが、今回は
ちょっと大物、このボロい借家、デジタルテレビも
電子レンジも持ってない貧相な暮らしの中で、唯一
贅沢の極みを感じさせてくれた、エアコンを撤去、
廃棄するのだ。

------------

貧乏節約暮らしをしていた自分にとってエアコンは
一種の敵だった。文明の象徴のようなそれに対抗
して自力でどうにかしてやろう、と散々がんばったが
不可抗力で入れたエアコンの快適さは最高だった。

その役目を果たし終えて、自分ひとりの暮らしに
再び戻ってもエアコンの潜在能力と毎年徐々に
パワーを増していった真夏のヒートパワーに、
この時に入れたエアコンは健気に頑張ってくれた。

自分が家計管理で投じた費用対効果としては
最高だったと思う。真夏の本当に暑い夜とかに
しか使わなかったけど、そこで得られる快適性は
金を出してでも得たいと思える素晴らしさだった。

購入したのは2007年の8月だから、まだ使い
始めてから10年もたってない、しかもその間に
稼動したのは年間30日弱だから、まだ270日間
くらいしか使ってないことになる。エアコンとして
まだまだ能力がある。だから本当は捨てたくは
なかった。ちゃんと取り外して、次の家でも使う
つもりだった。

…でも引っ越す家にはほぼ最新鋭の200V仕様の
1*畳対応の高効率インバーターエアコンが3台も
あらかじめ備わっていた。建屋はフル断熱で高
機密、サッシや窓もすべて二重仕様の断熱防音、
空調に関してはほぼパーフェクトで自分が手を
入れる余地がほとんどない。そんな完成された
住処に、もう9年前の最小最廉価のエアコンが
入り込む余地はまったくなかった。

もしもこのボロ家に続けて誰かが入るのならば、
そのまま譲って使ってもらってもいいのだけれど、
この家はこれからユンボに潰されて破壊される。

そうなると冷媒を仕込んだエアコンをそのままに
するわけにはいかない。残念だけれど、廃棄する。

------------

手順に則って、屋外機側に冷媒ガスを送り込み、
そこに封じ込めてから銅チューブを解体して
電源ラインも切った。屋内機から延びる銅管と
凝縮水ドレンホースと電源ケーブルを家の壁の
貫通口から出たところで乱暴に切断し銅管類を
撤去する。そして屋内機は下面にあるプッシュ
表示の部位を押しながら壁から引き剥がすよう
動かして、パックプレートと本体を分離して撤去、
バックプレートもタッピングで土壁に直接固定を
されていたのでそれも撤去した。所要時間は
大体30分くらい。なんだ、あっけないもんだな。

Airconpissing

なんか懐かしい原風景のような感じがする<ばき
そうそう、この家に引っ越してきた時はまさに
こんな感じだったよね。

撤去した本体や屋外機、ホース類はすべて
自分でこれを購入した大型家電店に持ち込み、
廃家電リサイクル法に基づいて適正に処理を
有償で依頼した。

Airconoff

引越しに向けて物事が進行してゆくのが
すごく重たいものがゆっくりと動き、しかも
少しずつ加速してゆく、そんな感じがする。

つまり、もう誰にもとめられないし、後にも
戻れない。そんな気がする。いやいや、もし
エアコンがあったって、元通りになんて絶対
戻れないんだけどね。

ただ、ちょっと寂しい。

安いエアコンとはいえ、いろいろな思い出も
篭っているし、暑くて死にそうな時には本当に
助けてもらった。深い感謝の気持ちで笑って
見送り、そして弔おう。

…今まで本当に本当にありがとう (-人-)

まだまだ使えるのに、もう使ってやれなくて
…ごめんな。 
 

|

« よし、行こうか! | トップページ | 備忘録:長期優良住宅地位の承継の承認申請 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

 昔6畳のアパートに住んでいた時、窓付け式のクーラーを購入しました。
 涼しかったですねえ。さすが文明の利器!
 引越しの際に持って行きましたが、部屋が広くなった分効きが悪くなりあまり使わなくなり、再転居の時に処分しました。
 今でも窓付け式のってあるのかなあ・・・

 

投稿: 剣片喰 | 2016.04.03 22:36

剣片喰さん:

いつもコメントありがとうございます(^^)

ちょっとどたばたしていて反応が遅れました。
自分の子供時代に団地住まいで子供部屋に
親が窓式エアコンを入れてくれました。

6畳部屋に子供が5人ですからそりゃ暑いの
なんの(笑)、扇風機からエアコンになった
時の文明開化の風はすばらしかったです。

窓式は今でもあるみたいですね、物理的に
屋外機の設置が難しい場合にだけ使われる
ような気がします。

でも、空調完備な密閉空間よりも夏草の匂いと
虫の音を聞きながら網戸で風を通す方が自分は
好きなんですけどね。それに蚊取り線香の
香りと風鈴の音が加わればエアコンなくても
いいや(笑)

いや、今がビジホに長く住んでいて、そういう
空調完備の密閉空間という状態なのでより
いっそうそう思うのですが、新居はどちらかと
いうとそういう環境かもしれません。それだけ
最新鋭、とも言えますが、最新だから最良、
とは限らないんですよね。
 


投稿: ino | 2016.04.10 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/63425759

この記事へのトラックバック一覧です: さらば、エアコン:

« よし、行こうか! | トップページ | 備忘録:長期優良住宅地位の承継の承認申請 »