« 判っていても、やっぱりショック | トップページ | ご本尊様Ⅳ、凹んで届く(T◇T) »

2016.08.20

ビジネスホテル暮らし一周年

今の現場仕事はニュースで流れる事もある某所。
そこで働くためにこの地に出向いたのは去年の
盆休み明けだった。

その時に入ったビジネスホテルの一室、気づけば
そこの部屋に入って昨日で一年が経過していた(^^;)

自宅立ち退き騒動が起きる前は今までの出張生活と
同じように一ヶ月に1~2回気が向けば自宅に帰って
バイクに乗ったり庭草を毟ったりイモを育てたりして
いたけど、去年の11月末から始まったその騒動以後は
毎週のように帰っていたけど、ホテルの部屋はずっと
料金を払い続けて維持し続けてる。

------------

富裕層がやることもあるというホテル住まいだけど
ちゃんとしたホテルならともかく、自分が居るのは
4m×2.5mくらいの狭い狭いビジネスホテルだ。

ベッドメイキングと部屋の掃除はやってくれてるけど
洗濯物も自分でやるコインランドリーだし、食事も
ホテル備え付けのレストランは高くて食えないので、
毎日換気扇のあるユニットバスの中で自炊しながら
暮らしているので、ホテル暮らしならではのメリットは
ほとんど無い。

元々自分はあちこちの地方を泊まり歩いて現場を
回っていた人間なので、その場その場に応じて
臨機応変である設備や手持ちの道具を使って
生活の場を構築するのが得意なので、どんな部屋
でもどんな場所でも日常を大きく変えず生きてゆける。
それが野宿のテントでも、ホテルでも、買ってしまった
一戸建ての新居でも、だ(^◇^)

どんな場所に居ようと、どこで暮らそうとも、生活の
場である以上、自分らしい生き方は譲れない。
(ちなみにココ、今後の新居ネタの伏線っす)

一泊や二泊の仮の宿ならともかくもう一年間もここに
暮らしていて自宅との二重生活となっているから、
生活を充実させるために車を一台とバイクを一台
持ってきてあるし、

Bikehotel

この通りホテルの部屋にもご本尊様をお迎えして
拝んでいた事もあるのだ (-人-)ナムナム<ばき

Gohonzonhotel

-----------

でもホテルに丸々一年間連続で部屋を確保して
いると一番びっくりするのはその宿泊料。

今居る部屋は長期割引がかかっているけど
それでも一泊5100円(税込)。それが366泊、
つまり

 5100円 × 366泊 = 1866600円 (!)

うわ~、こんなに費用が掛かってるじゃん(^^;)
会社の経費だから自分の自己負担は殆ど無い
けど、チリも積もれば山になるとはいうけど、
とんでもない莫大な大金じゃんか(汗)
 

|

« 判っていても、やっぱりショック | トップページ | ご本尊様Ⅳ、凹んで届く(T◇T) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一周年ですか・・・。長い間お仕事お疲れ様です。
5000円少々という、ホテル代としては決して高くない
宿泊料でも、一年間となるとすごい額になるもんですねえ。
毎日の生活の積み重ねでできた金額ですよね。

環境に順応しながら、自分なりの暮らし方を貫いていくって、
すごいことですね。
新しい職場で仕事に順応しきれず、ため息ついてる私にとって、
大きな励みになりました。ありがとうございます。

inoさんがこれからも知恵と工夫でinoさんらしい暮らしを
されますように。応援&尊敬してます(^^)/

投稿: 前向きピンク | 2016.08.23 01:20

前向きピンクさん:

お仕事おつかれさまです(^^)

生きてゆくことも、仕事も、順風満帆に事が
進めばいいですけど、そういかないのが人生
ですよね、そういう時は一度足をとめたり
ゆっくり休んでから腰をすえて考えて行き
ましょう、きっといい方法がありますよ(^^)/

自分も今の仕事では色々なものを抱えていて
決して毎日順風満帆と言う訳ではないです。
ヒト、モノ、カネ…みんな問題が色々とあって
諸般の事情で詳細を明かせませんが、そんな
状態で毎日をどうにか乗り切っている感じです。
昨日は台風も来て現場を引っ掻き回して
くれちゃいましたので後片付けやら遅れた
仕事を日曜出勤で帳尻合せるための調整や
手配をしたりで少し弱ってます(^^;)<ばき

こういうときに癒される小動物が手元に居て
欲しいな、と思います、今は現場の照明に
よってくる昆虫たちくらいしか癒しの対象が
居ません(T_T)

無機質なホテル住まいはほんの短期間ならば
それほど問題がないのですが、長期となると
やっぱり自分らしい暮らしを展開するには
色々工夫が必要になってきます。

そのため常に決めた場所に決めた形に置きます。
毎日部屋に戻るとそれをそう展開して使って、
今度は毎朝部屋を出る前にそうやって使った
さまざまな生活用品を全てキレイに片付けて
部屋に持ち込んだ荷物の荷姿に戻しています。

これ、実は自分が大好きなバイクに一式を括って
キャンプしながら旅するのと同じ生活スタイル
なんですよ。旅してキャンプ場で荷を解いて
テントと道具を取り出して展開して生活して
朝起きたら全てを撤収して片付けて荷造りして
出発する、という生活リズムが良く似てます。

だから使う食器もあえて愛用のキャンプ用品を
持参して、ホテルの中でキャンプ生活をして
いる感覚です。そこにはテントも寝袋もない
ですけど自分の中ではやってる事は同じです。

しかし宿泊費のお金が勿体ないな、と思います。
自分のコントロールが可能な費用ではないので
仕方ないのですが、もっともっとやりように
よって節約できるのに…と。

我ながら重度のビンボー症ですね(^^;;)
 

投稿: ino | 2016.08.23 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/64084625

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスホテル暮らし一周年:

« 判っていても、やっぱりショック | トップページ | ご本尊様Ⅳ、凹んで届く(T◇T) »