« 雑誌というメディアに思うこと | トップページ | ちょっとしたトラブルに巻き込まれ中 »

2016.09.06

ご本尊様Ⅳ、復活して復帰す

先日ヤフオクで落札した最初期テネレ用の30Lタンク、
輸送中トラブルで凹んで届いたのは以前紹介した通り

それは宅配業者に一度引き取られ、宅配業者が責任を
もって修理する、というのでまかせていたら、その修理が
終わった、と言う連絡があり、この週末に戻ってきた。

宅配業者純正の超厳重な梱包を解いて中身を見たら
凹みと塗装割れは殆ど分からないくらいになっていた。

30ltank401

おお!、キレイじゃん!、と思って照明を明暗してみたり
LEDライトで至近距離から強光をあてたりして現状確認
していたら、凹み修理にはどうやらパテ盛りしたらしく、
パテを盛ったところが他の鉄地肌に塗装した白よりも
見た目ではっきり白すぎるのが判ってしまった。

30ltank402

上の画像の明るさとコントラストを少し弄った同じ画像。
赤丸囲みの中に白い逆三角形的なものが見えるかな?
おそらくこれがパテ。

損傷を元どおりにしろ!、というクレームならば、これは
アウトだと思う。パテ盛り修理した履歴が判るから、
商品価値としては元の無傷タンクから確実にランクが
下がる。

でもね、自分がこのタンクに求めているのはあくまでも
実用品としてのそれ。プレミア価格での転売目的や
工芸品や美術品ならばダメだと思うけど、自分としては
外観が戻り、最大の懸案だった寿命を縮める塗装の
割れがきっちり直ればそれで十分なのさ(^◇^)

なので、これにより輸送時の破損というトラブルに対して
宅配業者が見せた誠意を受け入れてこれでOKとした。
これで自宅にご本尊様シリーズがⅠ~Ⅳまで揃った!

30lquartetto

…こうやって見ると、4つあっても多いとは思えないな。
あと何個かご本尊様が住み着いてもいいのかも。

輸出仕様にしかない水色タンク(直角ストロボは34L、
斜めストロボは55Wという型式)が欲しいなぁ<ばき

海外にはこんな凄い人も居るらしいしね(^^;;)
 


|

« 雑誌というメディアに思うこと | トップページ | ちょっとしたトラブルに巻き込まれ中 »

「乗り物道楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/64167073

この記事へのトラックバック一覧です: ご本尊様Ⅳ、復活して復帰す:

« 雑誌というメディアに思うこと | トップページ | ちょっとしたトラブルに巻き込まれ中 »