« 旅2017・3日目 温情 | トップページ

2017.07.19

旅2017・4日目 意力

ライダーハウス・クリオネの快適な夜は近くで
寝入る他者のイビキをシャットアウトする耳栓に
よってもたらされた。

北海道の旅に耳栓は必須なのでこれから行く
人は悪い事いわないからダイソーで耳栓を購入
することをオススメする(^^;)<ばき

------------

結構深く寝れたので、目覚めは早かった。

6時前に目覚めたので便所に起きたら、前夜に
色々話をした女性がもう荷造りして出発しようと
していた。これから小樽まで一気走りして今夜
フェリーで関西に戻る、と昨夜聞いていたので
出発を見送った。道中気をつけて(^◇^)/

よし!今日は天気もいいから自分も早く出よう!
そそくさと荷造りをして、ポンコツに積み込む。
ここで知り合った何人かと別れの挨拶を交わし
早朝のクリオネを出発!、さらば、もう二度と
泊まる事はないのが残念だけど、泊まれて
良かったよ、ありがとう!

------------

斜里町に東から入ったし、反時計回り方向に
これから北上しようとしているんだけど、朝から
すごく天気がいいので、絶景を見たくて、少し
逆行して国道334をまっすぐ東に走った。

昨日の朝か午前の前半に出たXTの不調は
まったくなく、空は雨が降る気配もない晴天!

04sharichokusen

まっすぐの道を10kmくらい走って、辿り着いた
のはこんな景色。さっき走った道が全部見える。
ここは通称、「地平線まで続く道」と紹介される
ライダーにだけ知られた絶景の名所だ。
(画像の解像度を少し高めでUPしてみる)

04chiheisennmichi

この空の下を走りたくて、ライダーは北海道に
来るんだよね、もう最高ゥ!!うぉおおおお!!

そこからすぐ右を見るとこれまたこんな北海道
らしい景色が広がっている。それを見るために
こじんまりとした展望台があるほどいい景色だ。

04yeahhhhh

この絶景の下で朝飯でも食おう、モグモグ。

04meronpan

そんな事をしてたら、さっきクリオネで別れの
挨拶をしたばかりの赤CBR250Rなワカモノが
やってきた。やっぱりここに来たかぁ(^^)♪

04redcbr

ついさっき、こんなシャッターを押してもらった
ばかりなのに、また遭遇するとは(^^;)<ばき

04clionemae

少し話しをしてから、ご安全に!と旅人同士の
挨拶を交わして自分は出発。この道を下って
西へ向かう。

初日といい、二日目といい、天気に散々やられ
バイクの不調なんかもあっていい所が無かった
けれどこの日は違うぜ♪、なんていい天気だ!

04seaskyblue

色々なモノが一気に報われるような、気持ちが
次々と溢れてくるような高揚感を感じながら、
XTは快調に走る。ただXTはやっぱりTWよりも
速すぎて、快調快適ではあるけれども、景色を
楽しむというより、快適な走りを楽しむような
「旅」ではなく「ツーリング」になってしまっている
けれど、まぁそれはそれでいい、それもまた実に
楽しいからさ(^^)。

そういう点でビッグシングルならではの低速の
鼓動を楽しめるXTで良かったよ。同じ空冷600の
ほぼ同じエンジンのSRXやTT-Rはもっともっと
飛ぶように加速して速い速度で巡航してしまう。

でもXTはもっと低い2000rpm以下で使えるから
ズダダダン!、という低周波パルスを心地よく
思う存分に楽しめる。

青い空、青い海、心地よく力強い怒涛のトルク感に
満ち満ちた意のままのクルージング感覚、(TWで
感じる最高の幸福感までは得られないけれどね)

バイクに乗って、こんな気持ちいいワクワク感は
そうそうないよ、なぁXT、北海道に来て良かった
だろ(^◇^)?

04finerun

------------

5年前には海岸線の斜里国道244号を走らずに
少し内陸側の斜網広域農道を走ったけど今回は
海岸線を走って、そして鱒浦の駅の手前で農免
農道、通称「感動の路」で内陸に入ってみた。

でも、正直そんなにいい景色が楽しめる道じゃ
ないような…まぁ美しい事は美しいけど電柱と
電線がすごく邪魔なんだよね。

04kandoumichi

内陸に入ったから、とりあえず女満別に行こう。

------------

とりあえずここまで、残りはまた近日中に
UPします(^^ゞ

この日のネタは長いので、完了するまで
3~4回くらいかかるかもしれませんが、
御勘弁を。
 

|

« 旅2017・3日目 温情 | トップページ

「乗り物道楽」カテゴリの記事

コメント

 お元気そうで何よりです。
 個人的には、関西に帰る彼女とinoさん、相性いいかもよ、と思ってしまいます。連絡とってほしーなー
 関東で育った理論的なinoさんには、お笑いの本場関西の息抜きのできる相手が必要だと思いますよー(^▽^)/
 

投稿: 通りすがりの52才 | 2017.08.07 18:29

通りすがりの52才さん:

そうですね、バイク仲間という立場で気さくに
雑談するだけならば延々話していられたかも。

…まぁでもそれだけですよ、若い美しい女性は
若くてたくましい男性と付き合わないと嘘です。

オッサンはそういうカップルを暖かく優しく
見守るのみ、そういう役割なんですよ(^◇^)

----

クリオネの年齢上限に近づいてるようなオッサンは
若い女性よりも同年代くらいの女性の方が、気楽に
話しが出来ていいです。下心が全く無いのにありと
疑われてお互いに不快な思いをしないでいいし(笑)、
付き合うとかそういう方向に発展しない、男女では
ない、単なるバイク仲間、旅仲間という対等な立場
その場で袖擦りあうだけの関係の方がざっくばらんに
楽しく会話が出来ます。

こうみえて自宅の周りに住まわれているご近所の
おばちゃん軍団とは、自宅生活している間は楽しく
挨拶を交わして、玄関先でバイクや、庭の草を弄り
ながら井戸端会議風に沢山話しをしてたりします。

ぢつはそういうのは、結構得意なんです(^◇^)


投稿: ino | 2017.08.15 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32094/65629411

この記事へのトラックバック一覧です: 旅2017・4日目 意力:

« 旅2017・3日目 温情 | トップページ