« さよなら2018年 | トップページ | 出張先でも人生(という旅)を楽しむために »

2019.01.01

きたぜ!2019年!

人生における暗黒時期ともいえる2018年も終わり、平成最後の年、とあちこちで言われる2019年がスタート。

正月といえばモチだよね!、ということで、去年の春頃に職場で賞味期限切れだから捨てるという個別包装の切り餅を貰い受けていたのを持ち帰ってきたので、それを焼いて頂く。

2018mochi

普通に美味いじゃん♪。モチなんてそもそも保存食だし、暗所に置かれた、脱酸素剤が入って個包装された切り餅なんて劣化なんて殆どしないよ(^▽^)♪

------------

正月らしい事といえばそのくらいで、あとは部屋を片付けて窓をあけて風を通して、未だに使い続けている半自動洗濯機を回して、掃除機をかけて、と普通の家事をする。家族がいれば(特に子供がいれば)季節行事をするんだろうけど、オッサンの一人暮らしは何か一つ季節感を感じられればそれで十分。例えば来月の節分なんて、終わった後にスーパーで見切り格安販売されてる煎り豆を買ってポリポリ食うくらいだしなぁ(-_-;)

でも、毎年恒例行事には行くよ、それはバイクの走り初め。毎年元旦に箱根駅伝のコースを辿って芦ノ湖湖畔まで走って、その後大観山に登る。今年は去年ウチのコになった、独逸生まれのこのコで行くよ。

201911gs

押して歩くとそりゃもう嫌になるほど重たいし、左右に張り出したシリンダヘッドが邪魔で取り回しはホントに苦労する。でも跨ってクラッチミートすると、そこからはストロング&ジェントル、ちんたら走ることも出来るし、ズバズバっ!っと切り替えしてビックリするようなバンク角で峠を突っ走ることも出来る。一応オフ車という扱いらしいけど、サスがオフ車のじゃなく(上等に)固められたオン車のそれ。20年前のロートルマシンだけど、何も不満が無い。コレより新しいR-GSって本当に必要なんだろうか?、見た目がモッサリしてる以外、日本の公道を走るならば、これで何も不足を感じないし、何でも出来るんだけどな?

40km/H以下でチンタラ走ってもストレスを感じないリッターバイクと言うだけでも凄いと思う。なのにその速度域でも、ものすごい高級感のあるしっとり感というかそんな雰囲気、静かな排気音、ゆっくり走ると聞こえる左右のシリンダヘッドからチキチキと言うステレオのメカノイズ、そこからアクセルを開ければ水冷ボクサーでは希薄になってしまった「フラットツインの味」がこの1100エンジンにはまだたっぷり残ってる。OHV2バルブモデルのような特濃すぎる濃厚さは無いと思うけど(^^;)<ばき

------------

駅伝の準備は着々と進んでいた。ここはR134からR1に入る、西湘バイパス手前のカメラ塔。またバイトの子なのか、あちこちの歩道で有線電話を引いて何かをチェックしてるワカモノなども見かけた。明日は選手だけでなく、中継の人たちにとっても闘いだろう、みんな頑張れ!!

2019ekidencamera

小田原のカマボコ屋の中継ポイントを横目で見ながら箱根に入り、湯本の駅前の賑わいに突っ込むように狭い国道1号の登りの渋滞に入る。渋滞とはいえ流れているので20km/H弱で走るんだけど、これがまた絶妙にいい。1100ccフラットツインの絶大なトルクで半クラを当てることが殆どなくそのままスルスルと登る。登りきってから湖畔に下る道は毎年渋滞してるけど、そこも苦もなく走り抜けられた。ゴール地点を眺めたら、そこから大観山に登る道を走る。電光掲示の気温は2℃。寒いことは寒いけど、太陽も出ているのでそれほどでもない。さあ着いた!

2019daikannsaniwata

今年もバイクで元旦にここまでこれた!、バイク乗りとしての一年をまた始めるぞ!、その思いで富士山を眺めると、テッペンがいまいちクリアじゃない。こういういときは綺麗さっぱりで居て欲しいもんなんだけどな(^^;)

2019hujisankakure

毎年元旦にここで会うRZ-R”片キャリパー”さんや、CB-1さんにも会えたし、39Fテネレ乗りな人にも会えた。幸先のいい一年のスタートだ、今年も(仕事に負けてしまって心が腐らないように)頑張って生きようp(^◇^)q
 

|

« さよなら2018年 | トップページ | 出張先でも人生(という旅)を楽しむために »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本年もお変わりなく、はじめられたようでなによりです。

わたしも母がホテル住まいとなったため、久々に元旦の初日の出(軽)登山をしてきました。
下田から伊東市方面へR135を上がっていくと、日の出もうでの南下するバイクの多いこと。
ローディー(チャリ)もいたりして、感心するよりは、おまえら、アホかよ、と呆れるばかり。
それほど冷え込まない元旦だったので、少しは良かったのかも。
今回は、天城高原・万二郎岳1299mで日の出予定でしたが、ここはピークからは日の出は見られない位置条件。
なおかつ霧が下から吹き上がってきて、ダメでした。
でも、霧氷の稜線はきれいで楽しかったです。
新規導入のカメラ機材は期待外れで投げ捨てたい(高額すぎてそれもできない)、泣いてる状況。

R1100GS、意外と重心が低く乗りやすいかと。
同期入社のなかがわ君が長く飼ったけど数年前に、白内障悪化のため手放しちゃった。
わたしは昨年暮れに、KLX250を仲間に引き取ってもらい、XT200怪を2匹と、KDX220SRの3匹のみとなり。
今年も、大型案件その他が想定されるが、なんとか乗り越えて卒業式を迎えたいと思っております。

各位、よい2019を楽しまれますよう。

投稿: らいおん@ | 2019.01.03 07:54

 あけましたねおめでとうございます(*^-^*) 本年もよろしくお願いしますね!

 年末は、職場で発掘された期限切れの非常食を消費していました。〇タケの〇ジックライス、半年過ぎていても普通に食べられました(笑)
 
 昨日、バイク買いました。小さいスクーター(125cc)です。私にとってはこれも立派なバイク、まだ納車されていませんが、ちょっと楽しみです(笑)
 お互いに、2019年がよい年でありますように(*^-^*)
 

投稿: 剣片喰(けんかたばみ) | 2019.01.07 22:34

あけましておめでとうございます(^^)/
すみませんレスがおくれました。

らいおんさん:
雪国でホテル暮らし、管理職の事務仕事と打ち合わせばかりだと身体を動かす機会が殆どなくて、どんどん太ってゆきます、どうにかして運動したいですね、食う量を減らすのはしていますが、最近は美味しい日本酒がついつい進んで…(意志薄弱)

11GSは乗ってみて思ったのですが、これで不満や不足を言う人がいるのかなぁ、と。1200ccや水冷エンジン要らないんじゃないのかな?、と思ううんですが、新しいBMWはやっぱりそんなに良いモノなんですかね、自分は空冷1100ccの80馬力でも、何一つ不満が無いんですけど(^^;)

------------

剣片喰さん:

おお、買われましたか(^^)♪、スクーターでも十分立派なバイクです、沢山楽しんでくださいませ~♪、くれぐれも身体に気を付けつつ交通安全第一で~~!

賞味期限は超過してても食えるモノってかなりあるなと実感してます。最近はヨーグルトが切れても2週間くらいまで全然問題なく喰える事を確認しています(未開封に限りますが)。一か月くらい寝かせて挑戦したいですが、もし食えないとその分の食費がモッタイナイ事になるので出来ずにいます(苦笑)

投稿: ino | 2019.01.15 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きたぜ!2019年!:

« さよなら2018年 | トップページ | 出張先でも人生(という旅)を楽しむために »