« きたぜ!2019年! | トップページ | ストレス一定の法則 »

2019.01.15

出張先でも人生(という旅)を楽しむために

最初におことわり:

このBlogはアフィリエイトを一切やってないので(自分はアンチ・アフィリエイト派)、以下の中に通販サイトのアマゾンに飛ぶリンクを貼ってあるけど、それはただのリンクで、ただ飛ぶだけなので、自分には一円の利益もありませんので、あしからず:-p

------------

自分が地方にトバされて(まあ事実上の左遷人事だろうけど)、かれこれもう1年と4か月程が経過した。

そこでは場末感漂うビジネスホテルに居を構え、3坪ほどの空間に普通車のトランクに収まるくらいの生活用品を持ち込んで、自分なりの生活がぎゅっ!っと凝縮された暮らしをしている。

平日は仕事して食って寝るだけの生活。休日は春夏秋は持ってきたバイクや車で出かけて田舎の風景を満喫したり、美味しい海産物や温泉を巡ったりすることができるけど、冬になると雪に閉ざされてそういう事も出来なくなる。なので今はストーブリーグだ、これから来る春、夏、秋にどれだけここでの暮らしの楽しみを増幅させて生きている事を充実させるかを考える。

------------

ここ最近は出来ていないけど、自分の趣味の一つはアウトドアだ。テントを張ってやるキャンプもそうだし、お遊び程度に釣りをしたり、屋外で調理して、飯を食ったり、焚火で夜を明かしたり、も大好き。でもここでの暮らしではなかなかそういう事も出来ない。なので今年の目標として、そういう事を少しでもここの暮らしに盛り込んでいこうと思う。ただ何でも考えずに買うと面白くないので、今の生活と同じように最小限で最大限楽しめる事を目標とする。

…色々考えて、まずネット通販で、これを買ってみた。

 キャプテンスタッグ M-5512
 ステンレス ラーメンクッカー570ml

 (リンクはメーカーの商品紹介サイト)

金属の町、新潟の燕三条で作られた高品質な国産品。定価が2600円もするけど、俗にいうアマゾンで買うと半額以下なのでそこで購入。まぁ田舎にはアウトドアショップは無いからそれしか入手する術が無いんだけどね。

これ、何の事はない、直径105mmの単なる蓋付のコッヘル状の容器。湯を注ぎやすい形状をしているので分類としてはコッヘルというよりケトル(やかん)に分類される。これはリフィル式のカップヌードルを食べるための専用の器なんだけど、そんな高コストな使い方はしない。これは出先で湯を沸かしてコーヒーを入れたり、ご飯を炊いたり、大カップとして水やらを飲んだり、と何にでも使う。

Yakan3

こんな感じでエスビットのポケットストーブとかと組み合わせれば、一通りの事が出来そう。ちなみに左のより浅いコッヘルは百均のセリアで売ってる108円で買える蓋無しコッヘルとコーヒ用バネット。こういう感じで出先で香しいコーヒーなんて入れてみたり、1合くらいのご飯なら炊けるよ、面白そうじゃん(^◇^)

なお購入時にアマゾンの商品レビューを見たら、セリアのコッペルと直径が同じなので蓋が兼用できる、という話があったので、それも買ってみた理由の一つ。試したら、これまたピッタリ!、安いけど色々便利に使えそうだ♪

Yakan2

そして、これを買った最大の理由が、実はこれ、ビジホにビルトインで備わってる小型の湯沸かし用のIHにピッタリサイズでごく普通に使える、という事。つまりアウトドアだけでなく、ビジホの日常生活でも湯を沸かしてコーヒー入れたり、カップラーメンに湯を供給することが出来るんだよね。今まではビジホ備付の専用金属カップで湯を沸かしていたけど、小さいので不満だった。でもこれを使えばそれが改善出来る♪(どっちかと言うとこっちが主目的だったり(^^;))

Yakan1

これなら日常生活で使いながら、外での遊びでも使える。ビジホ生活は狭い部屋で限られた道具をフルに生かしての生活。きっと人は不便な暮らしと言うだろうけど、自分は(せめて)そこに創意工夫の楽しさを求めたい(苦笑)

来る次のハイシーズンに向けて、やりたいと思っている事が一通りは出来るように、あと少しだけ必要な道具をそろえてみる。あくまで最少セットなのであと少しだけ。そのくらい少なくて小さければ、例えばバイクでフラっと渓谷や山に出向いてそこでお茶して帰ってくるとか、クルマでキャンプ場に行って、小さい焚き火台で焚き火を楽しんで車中泊して翌朝温泉に浸かって帰ってくるとか、ミニミニ釣りセットも実は用意したので、のんびり港で釣りでもしながらラーメン食ってみたりとか、去年ここでやりたくても出来なかったそういう事を今年こそはやってみたい、というか、やるよ(^~^)
 

|

« きたぜ!2019年! | トップページ | ストレス一定の法則 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 北海道ツーリング準備の時に、岩谷のジュニアバーナーとエバニュー(だったと覆う)の四角いアルミクッカーセットを買いました。
 アウトドア調理器具というと、それくらいしかないです。せめてナイフかキッチン鋏(ナイフだったらまな板も必要だな)くらいは用意したいと思いつつ、結局そのままになっています。 
 練習でご飯を炊いたことはありますが、外ではカップ麺用のお湯沸かすくらいですねー(笑)

投稿: 剣片喰(けんかたばみ) | 2019.01.16 22:55

剣片喰さん:

イワタニのジュニアバーナーは名作ですよね、実は自宅の台所で主火力のカセットコンロの横にサブ火力として置いて使っています(笑)。キャンプ道具は最小セットでも揃えて、一度炊飯とかをしておけば、いざというときに便利使えるので持っていて損はないです(^◇^)

ナイフはキャンプで便利ですが、行くまでに職質に合うと下手すると逮捕されますから(キャンプで使う!、と言っても認められないことあるらしいので)

出先で食うカップ麺、キャンプで食うレトルトカレーも立派なアウトドア食材です。でもなんであんなに(普通に家で食うよりも)美味しいんでしょうね、不思議です。今いる地方にはキャンプ場も点々とあるので、車中泊外泊だけでなく、サマー用テントとシュラフも持ってきてバイクで土日の一泊二日でキャンプでもしてみますかね(^^)

投稿: ino | 2019.01.18 01:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張先でも人生(という旅)を楽しむために:

« きたぜ!2019年! | トップページ | ストレス一定の法則 »