« ゴルフは一生やらない | トップページ | 命あるものと暮らしたい »

2020.07.19

責任は取らないとね

時期的に少し遅れたけど、庭土にサツマイモを植える作業をしないと秋の食糧が確保できないので庭土を掘り返していた。

自宅の庭土では日差しが当たるところと深くイモが育つ環境がそれほど広くないため、少し前までジャガイモを育てていた場所を掘り返してそこにイモを半身浴させて芽吹かせてそこから根の付いた芋ヅルを育ててからそれを植えるのが自分のサツマイモ栽培のスタイル(^^)b

ジャガイモは葉や茎はとっくに枯れていたがついつい掘り出すのがおっくうだったのでそのままにしてた。なので梅雨の合間の晴れ間を使って、まずはジャガイモを掘り出さないと…よいしょっと。

------------

少し大きめのシャベルを土に突き立てて掘り返してジャガイモを回収してゆく。それを数回繰り返していたら、掘り返した土の中から比較的大きいニホントカゲ(ツヤツヤしていて若い頃はシッポが青黒くて引っ張るとシッポを切って逃げるやつ)が出てきて驚いた。うわ、なんだいこんなところで寝てたのか?、いや~悪い悪い(^^;)

そのトカゲはなにやら名残惜しそうにそこに少しいたけど、捕まえる気もないのでそのままジャガイモ掘りを続けてた。

そしたら、土の中からヤマイモの零余子(ムカゴ)みたいなものがポロポロ出てきた。ムカゴ??、なんで土中にあるの?、とつまんでみたらそれはムカゴの手ごたえじゃなくプニプニと柔らかいモノだった。…なんだこれ?、そのあたりを探るとこれだけ出てきた。

Punipuni2020

ここで気が付いた、あっ!さっきのトカゲはお母さんトカゲで、これはそのトカゲさんが生んで守ってたタマゴだ!

Tamago2020

触るとプニプニとした弾力があって柔らかい。タマゴってもっと固いイメージがあったんだけど、そっかトカゲのタマゴは柔らかいのね(^^)

------------

…で、困り果てた。なにせお母さんトカゲはもう逃げていなくなってしまったし、このタマゴたちをそのまま土に埋めたら間違いなく育たず死ぬだろう(あと1Hもすれば大雨が降る予報だし)。ちょっと調べてみたら、ニホントカゲはお母さんトカゲがタマゴが孵るまで飲まず食わずで世話するらしい。その世話無しで、はたしてこのコらは孵化出来るのだろうか(-_-;)?

Dousiyou220

ウズラやニワトリといった鳥類ならタマゴを温めればいいんだろうけど、トカゲは爬虫類だし、温めたらよくなさそうだけど、冷え切ってしまっても危なさそうだし、あぁ!どうしたらいいんだ!(T◇T)

見なかった事にして土中に埋めてしまえばいいのかもしれないけど、トカゲ母子の幸せをイモ掘りでぶち壊してしまった責任は重い。なのでこのタマゴを責任もって孵してやりたい。なので少し調べた。

 ・土の上に置く
 ・上下さかさまにしない
 ・乾燥させない

くらいしかノウハウが得られなかった。でもやれるだけのことはやろう、さっそくタマゴがあったあたりの湿った土を取ってきてそこにタマゴを正立状態でそっと置いた(まるで種まきのようだな、とふと思ったり)。そこに水を散らして蓋をして乾燥を防いだ。

Hukajyunb2020

本来土中にあるべきタマゴだから、明るいとまぶしいだろう、とその状態で暗所に置いた。そしてたまにこの土入りパックを手の上に置いて上からも手のひらを10分くらいだけ当ててほんの少しだけ熱を感じられるくらいに温めたりもした。このコらが無事に育って孵りますように(-人-)オネガイカミサマ!

------------

そんなことを2週間くらいずっと繰り返してたけど、何の変化もなかった。ああやっぱりダメか、トカゲさんのタマゴを人間が孵すなんて無理だったのかなぁ、とあきらめかけていた、今日(7/19)のついさっき(18:45頃)、毎日何度もタマゴたちを見ているんだけど同じように覗いてみたら、一つから頭が生えてた!

Huka12020

おおっ!突然だが、ついに孵ったか!、よかった!、生きてたか、ずっと会いたかったよ~(^^)/
しばらく様子を見ていたら少しずつ這い出して、無事に小さな小さなトカゲさんが誕生♩

Huka22020

Huka32020

湿度と土とタマゴの生命力のタマモノだね、よかったよかった、あの時のトカゲのお母さん!、無事に生まれたよ!

------------

まだ一匹目が孵ってから少ししかたってないので、残りのタマゴはまだ反応がないけど、同じタイミングで生まれたタマゴだろうから近いうちに孵るかな~♪、ちょっと楽しみ。

なお、孵ったこの子らはこのまま自分が飼うようなことはせずに、ちゃんと野に放つよ、そこからどう生きのびるのか(死んでしまうかもしれない)は彼らの宿命だから、そこは自分が感情を入れて左右してはダメだ。野に生きる生命は、野のルールの中で生きなければならないからね(^^ゞ
 
------------

7/20 19時追記:

今朝になったら2匹になってたけど、一匹は絶命してた、自然の摂理とはいえ悲しい(T_T)。
残った一匹は元気モリモリだったので、そのまま庭に放った。達者でな~、また会おう(^^)/

そのまま日中在宅勤務の傍らに置いてずっと観察していたけど動きが無くて、夕方になったらタマゴからまた頭がヒョッコリ出ていた!、よしよし、また孵りそうだ、ゆっくり出ておいで♩

そう思って少し夕方に運動不足解消で自転車に1時間くらい乗ってさっき戻ったら、二匹孵って元気にチョロチョロ走り回ってた(^▽^)

カワイイ~♪、楽しい~♪、もう最高ゥ♪、さあ、また庭にリリースしないと。いや、このコらが何を食って生きてるか判らないのよ、生餌しか食わないらしいけど、簡単に捕まえられる小アリは食べないので食糧調達は自分には無理。なのでここでは飼い続けられない、だから後はお前ら自身の力で生きるんだぜ、じゃあな!また会おうぜ!

Chorochoro2020

|

« ゴルフは一生やらない | トップページ | 命あるものと暮らしたい »

ペット」カテゴリの記事

コメント

我が家の裏山、数年がかりで自分で石垣を積みました。
自然石の石垣なので隙間が多く、そのせいか最近、トカゲがい~~~っぱい、出てくるんです。
もう10月なので少しは減りましたが、物置の中とかにも隠れているようです。
来年もいっぱい出てくるのかなぁ。

あ、蛇もいるんだなぁ、これは嫌ですわ。

投稿: らいおん@伊豆 | 2020.10.01 14:51

らいおんさん:

命あるモノが沢山いるのは素晴らしく楽しい事ですよ~、うらやましいトカゲランド。カワイイです大好きです(^^)♪

蚊は自分自身が命ある野生生物個体として正当防衛で殺ります。偽善者と言われてもそこは譲れない一線です。命あるものを頂き食して命を長らえるのと本質的に同じ行為と思ってます。

そういえば無線を再開してそろそろ1か月、この間ずっと思ってたのですが、バイクと無線って、明らかの異質なモノなんですが、趣味として本質が似てませんか?、両方嗜まれているらいおんさんならこの感覚判ってもらえるかなぁ…近日中にこれをネタに一本UPする予定です(^^;)
 


投稿: ino | 2020.10.12 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴルフは一生やらない | トップページ | 命あるものと暮らしたい »