« 私的超高コスパ飲料 | トップページ | 緊急事態宣言解除前日に思う目の疲れ。 »

2021.09.02

有料なのね、じゃあこっち使うわ

もう一年以上も前になる話だ。俗にいうレジ袋と言われる買い物をした際に無料で貰える手提げのポリ袋が去年の7/1から有料化された。

再生プラ使用率がある程度あれば無料配布可とか、やたらややこしく面倒な制度にしたため、この店では無料だけどこっちでは有料といった混乱も見られたが、でもある程度時間が人々を慣れさせて、多くの庶民はマイバッグと言う名の過去に貰ったレジ袋を何度も何度も畳んでは持ち歩き再利用するムーブメントが定着した…ように思う。

…え?、毎回有料で買ってる?、いやそれは個人の自由だから。自分は買わない、去年の有料化以降一度も有料で袋を買ったことなんてないよ。上記の通り以前無料だったころにコツコツと貰ってはキレイに畳んで保管してたものを、通勤カバンやバイク用のウェストバッグやらの片隅や車のダッシュボードとか、生活のあちこちに広く薄くバラまいて、どこにでもレジ袋があるようにした。そしてそこから使った袋は何度もキレイに畳みなおしてリユースして、最後はそれが破けるまで使けている。

何でせいぜい数円でしかなのにこんなことするのかって?、こんなの明らかに使わなくてもいい無駄金なんだもの。

------------------

と、いう事で、日々の買物対応ではレジ袋有料化の影響は徹底的な再利用のおかげで殆ど無い。

でも困ったことが一つある。それは日常のゴミを捨てる袋としても利用していたこと。自分が住む自治体は指定有料ゴミ袋ではなく、こういった代替袋でゴミを出すことが認められているので、買い物の都度無料で貰うレジ袋は貴重な生活用品として、ゴミ出しにも便利に使っていた。

そのため市販のゴミ袋をこれまた有料で買うことは…無いとは言わない、庭木の剪定や、庭先農業のイモヅル整理などの植物系廃棄物を捨てるときにどうしても大きいゴミ袋が必要だから、そのためには買う。でもそれだけだな、日常のゴミは可燃だろうが不燃だろうがプラだろうが缶だろうが、みんな貰ったレジ袋で捨てていた。

これが有料になったことで新たなレジ袋が供給がされなくなり、そのために過去の備蓄を消費し始めた。いや、まだ沢山あるよ、大き目の段ボール一杯くらいはまだレジ袋の在庫はある。かれこれ十数年分の備蓄だからそう簡単にはなくなったりしない。でもインが無いのだから、アウトばかりだとやっぱり減ってゆくのが判る。新しく積んだ上から使ってゆくから、だんだん懐かしいレジ袋が出てきてマインドタイムスリップ。今は「マエダ」と、「さとちょう」と、「ホーマック」の袋が出てきてる。これだけで判る人はどこで生活してたかが判るはず。

こうやって、生活に必要な資源が消費され、枯渇してゆくベクトルに乗ってしまった。どうすればいいんだろう?どうすれば…

---------------

ジタバタしても始まらない。明確に判っているのは

・買い物袋としてはリユースが徹底してるので消費量は最小に抑えられる。
・消費するのはゴミ袋としての使用が原因。
・有料のレジ袋を買わない限り在庫は追加されないので減ったら減ったまま。

ということ。となると、単純に減耗するだけのゴミ袋用途をどうにかすれば有料袋を買わなくてももうしばらく耐えられるという事になる。
なので代替可能なものは大体全部試した。

・紙袋(古紙回収で紙束を捨てるのに使えるので通常のごみ出しはモッタイナイ)
・食パンの袋(ちょっと小さすぎる、一度のゴミ出しで2袋位ならどうにか…)
・トイレットペーパーの袋(そこそこ大きくて結構便利だけどたまにしか出ない)
・10KG米袋(分厚く丈夫で重量物の不燃ごみ出しにいいがこれも滅多に出ない)

コンスタントに入手可能で、そこそこのサイズで、ゴミ自重で破けない強度、そう考えて辿り着いたのはこれ。あまり美しくないので縮小画像でどうぞ。

Gomohukuro2021

これはサッカー台にあるロール状の薄いポリ袋…ではないよ(苦笑)、さすがにそれは使わない。

じゃあ何?、というと、生鮮食料品のパック類を買った時にレジでくれる、薄いポリ袋の二回りくらい大きいやつ。生肉とか生魚とか漬物とかの汁が垂れるようなものを買ったときにレジのおばちゃんがサービスで無料でくれる。サッカー台の袋だと小さくて入らない、という判断をしたときにだけくれる。容量?、6~8Lくらい入るんじゃないかな?

それでも普通のレジ袋に比べたら半分くらいしかない。これをゴミ袋に使うとするとゴミを減容減量する創意工夫が必要になる。野菜の切りくずのような植物性生ごみは庭先の簡易コンポスト容器で土に還らせたり。プラゴミは徹底的に排除し別出し、紙ごみも極力回収して古紙ゴミとして出すようにしたり、湿ったゴミは天日で乾かしたり、チリ紙系は一度使ってもそのまま捨てずヨーグルトの空き容器に貯めておいてさらにフライパンの脂のふき取りに使ったり、と、徹底的な対応を行った結果、ゴミは激減し、こうやって週に二回の可燃物をこの薄ポリ袋で収まるくらいになってきた。

この袋は平均すると週に2~3枚しか入手できない。乾きモノや加工食品だけを買っても貰えない、あくまで汁が垂れるような生鮮食料品を買ったときだけ貰えるから。備蓄するほど貯まらない。でも大体毎月トントンの収支で回せている。おかげでゴミ袋を(となりうるレジ袋も)買わない記録を着々と伸ばし続けてる。

人の生活や行動が抑制されると、そこで必要に迫られて試行錯誤のPDCAサイクルがブンブン回り出す。その過程を経ることでその時点でのどうにか有効な対策が出来上がって、しばらくそうやって暮らせるようになる。自分のゴミ袋事情では今のところこういう対応策でやれているけど、でもきっとこれはベストじゃない。もっと便利で使いやすい安い方法がきっとあるはず。諦めずゴリゴリとサイクルを回し手ブラッシュアップし続ける者にはきっと望む未来がやってくる。

たかがゴミ袋の運用で、レジ袋を買わないことで僅か数円の支出が抑えられるだけでしかないけど、チリも積もればナントヤラ。まだまだPDCAサイクルは沢山回せる、しかももっと早く回せるはずなんだ、なのでこれからも日々の生活で色々頑張るp(^^;)q
 

|

« 私的超高コスパ飲料 | トップページ | 緊急事態宣言解除前日に思う目の疲れ。 »

節約生活(家計)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、もしかして青森方面行かれてましたか?
実家が青森なので、久しく戻っていないですが聞き覚えのある懐かしい店名です…

投稿: yuki | 2021.09.04 07:05

 繰り返し使っていたレジ袋が破れてしまったので、初めて5円出して買いました。
 お店側も繰り返し利用を想定しているのか、ちょっと(あくまでちょっと)いい袋でした。(100円ショップで売られているレジ(ゴミ)袋比。)
 
 日常のごみ袋としてのレジ袋は優秀ですよね。
 まだストックはありますが、じき無くなるなあ。
 集合住宅で、コンテナ式のごみ箱が集積所にあるので、ゴミ箱のまま持っていって入れるという手が使えなくは無いのですが(生ごみ以外)、ゴミ箱抱えてエレベーターに乗るのも気恥ずかしいです(笑)
 

投稿: 剣片喰(けんかたばみ) | 2021.09.04 08:47

すみません、レス対応遅れました(汗
いつもコメント頂ける皆さま、ありがとうございます(^^)

yukiさん:

正解です(^^)/、青森(の北の方)でしばらく生活していました。夏は涼しかったですが冬はやっぱり大変でした(笑)。でもいい所でした、自分の中ではそこで普通に生活が出来る「マイホームタウン」の一つです。

------------------------

剣片喰さん:

繰返し使用するために大事に使ってはいてもやっぱり劣化はしますよね、自分の場合10回くらい繰返し使ったら、ゴミ袋用途に回して、持ち歩き用にストックしてある程度の良い物を回します。さすがに買い物をブチ撒けるわけにはいかないですし(冷汗)

有料になってから「レジ袋収支」は明らかに赤字で、このままであれば枯渇は間違いないです。どこまで延命できるかというレベルでもう生涯でプラスに転じる事は無いと思います。今までの恩恵に感謝しながら最後まで使い切りたいと思います(^^)
 

投稿: ino | 2021.09.09 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私的超高コスパ飲料 | トップページ | 緊急事態宣言解除前日に思う目の疲れ。 »