« 羽毛テロ(T◇T) | トップページ | さらば2021年 »

2021.12.30

思い出はクローゼットではなく記憶の中に仕舞う

年末年始の片づけをしていた。

自分で言うのもなんだけど、自分はモノにこだわるタイプで、気に入ったものは一生手放すつもりなく色々なものが自宅にはある。まぁ厳選してるのでゴミ屋敷みたいにはなってないけど、減ることはないな、と片付けながら思ってた。

ふと、本当にこれはこうやって残しておかねばならないのかな?、と本当に突然思った。もし残しておいて、それをまた何かに使うのならば、残す意味はあるだろう。でも例えばこれは、もう使うことはない、そういうものを手に取って少し考え込んでいた。

使わないモノを大事に思ってそれでも持ち続けているのはなぜだろう?。

それはそのモノが自分の生きてきた記憶、思い出、それが生きてきた意味というか、証というか、そんなような、うまく言えないけど、そんな気がしていたからだ。人によってはそれは間違いだというかもしれない。でも自分的にはそれは間違いじゃないと思う。そういうモノも確かにある。でもそれはモノがそこに存在していないとダメなんだろうか?

そう考えていたら、…何だろう?、そのモノに対する様々な思いは溢れるものの、これを手放したくない、とう執着が霧が晴れるようにす~~っと晴れてゆくように何か憑き物が落ちるような、気持ちになった。

そうだよね、これが無くなっても、自分がこれと生きてきた過去や思い出は無くならないじゃんか(^^)

------------

なので、これを手放すことにした。無論価値などないから、手放すとは廃棄することを意味する。
Kawajyan202101
Kawajyan202102
リアルな自分と冬に会った事がある人なら、自分がこれを着ている姿を見たことがきっとあるはず。だって、これは30年ほど前から去年まで、冬の外出時、出勤でも遊びでも、ほぼ必ず着ていた羊皮のジャンパー。もうズダボロで、あちこち擦り切れて、ポケットの底も抜けて、でも、不思議とすごく暖かくて、寒い季節に手放せなかった。でも擦り切れが激しくて、壁とかに当たると皮が削れて茶色いスジがまるでチョークで線を引いたように色が移る。自分はそれでもいいけど、人様に迷惑をかけてしまう。なので今年は使ってなかった。まぁ新型コロナの影響で外出機会が減ってたのもあるんだけどね。

これを買ったのは大学生のころ。バイクに乗り始めた頃だったのでブ厚い皮のジャンパーが欲しかった。でも高くて高くて(数万)、こんなの買ってもいいんだろうか?、と悩んでた時に店員のオバちゃんがこういった。

「これはいい物なので、高いですけど10年とか20年とか大事にしていれば使えますよ」

ハタチを過ぎた直後のワカゾーには、自身の人生と同じ長さも持つジャンパーなんてあり得ないよ、まぁ持って数年かな?、と思ってた。
でも本当に10年もったし、そして20年確かにもった。しかもそこからさらに10年使って、30年間くらい着てた。そう考えると本当にいい物だったんだな、あの時のオバちゃん、ありがとう(^^)。

------------

ズダボロだけど、それでもまだ着るとすごく暖かい。重たい服だけどその重さが身体に馴染んで心地いい。なのでまだ着ようと思えば着れる。でも、冬のアウターは他にもあるから、なくても困らない。いや、使い慣れたこれが無いとなんだか不安になるというか、それが考えられないから、手元に置いておきたい、という欲求が自分の中に頑固にこびりついてた。でもその欲求が晴れた。これが無くても自分は生きていける、

とりあえず最後の思い出作りで、これを着て自転車でお出かけ。色々な思い出が脳裏をめぐる。30年間自分の一部だったもんな。でもここでふんぎる。さあ、お別れだね(^^)

新品のゴミ袋にキレイにたたんで収める、そこで自分の一部を失う喪失感がリアルに襲ってきた。一瞬躊躇する。なので、第二ボタンだけハサミで切り取って、それだけを残すことにした。ボタン一個ならいいよね、残しておいてもさ。

Kawajyan202103

布製品ではないのでリサイクルには回せないので可燃のゴミに出す。ゴミ捨て場に置いた。その後やってきたごみ回収車に放り込まれ収納されて走り去るまでの様を最後まで見届けた。…ありがとう、さようなら、でも共に生きた過去はしっかり脳裏にあるし、そしてボタンは宝物箱にしまっておくから(^^)/
 


|

« 羽毛テロ(T◇T) | トップページ | さらば2021年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

inoさん、明けましておめでとうございます(^^♪
inoさんとここに集う皆様が今年もお健やかで平安でありますように。

実は私も30年近く着てるワンピースが数着あります。
もう自分の皮膚の一部的な存在です。
さすがに20年過ぎると傷んでくるので、必死で同じものを探して手に入れ、
それぞれ2代目を着ています。
初代も枕カバーにしたりして、大事にしています。

思い返すと自分にとって去年はエネルギー切れまくりの一年でした。
仕事と日常をこなしたら、もう限界で。
ここも読んではいたけれど、書き込むことはできなくて。
でも最近やっとエネルギーが戻ってきて、今年は元気に過ごせそうな気がします。

12月上旬に、突然ノラのキジトラ猫に抱きつかれて、家に押しかけられ居座られ、
一週間通い詰められ、迷ったけれど結局私の方もメロメロになって家の子にしてしまいました。
15歳トリオの上の子達と仲良くできるように、今徐々に慣らしているところです。

2月に亡くした愛犬の代わりではないけれど、一緒の部屋で寝てくれるので
心が満たされます。(15歳トリオは自分たちの部屋で寝ます)
まだ若い子なので、私もあと20年生きて子育てしなくては。
ネコにナンパされて元気を取り戻すなんて、我ながらびっくりです。

生きていれば思いがけない良いこともそうでないことも起こります。
それらを自然体で受け止めて、ゆっくり生きていけたらいいなあと思います。
今年もよろしくお願いします<(_ _)>


投稿: 前向きピンク | 2022.01.01 01:05

 皮のジャンパー、30年弱物がまだあります。(MA-1タイプ・でいいのかな?確か牛皮)
 肘あたりに穴が開いてしまって2年くらい着ていませんが・・
 暖かくて冬はずっと着ていました。下は薄着で大丈夫だったので楽でした。
 まだ着れるし、着る機会もあるかなと思うと捨てられない(笑)
 くたびれてきたTシャツやポロシャツも、部屋着なら使えるなと思うとなかなか処分できなくて… 物が増えてしまいます。
 さすがに処分しないとなあ・・・

投稿: 剣片喰(けんかたばみ) | 2022.01.01 10:39

前向きピンクさん:

あけましておめでとうございます、いつもありがとうございます(^^ゞ

人生の中でそこまで気に入って使い込むものって本当に空く兄んですよね。そういうモノに出会えず人生を終える人も居ると思いますが自分は(そして前向きピンクさんも)で合えた幸運な部類なんだと思います。感謝ですよね(^^)

お仕事も頑張られていたようでお疲れさまでした、正月は新たなご家族とともにゆっくり過ごせましたでしょうか(^^)?、自分も早くネコと暮らす生活したいです、それまではバイクや植木や野菜たちでガマンガマン(汗)

新型コロナの感染者、一時落ち着いてましたがまた一気に立ち上がってきました。くれぐれも感染せぬよう、万全の体制で今年を乗り切りましょうね p(^◇^)q

-------------------

剣片喰さん:

あけました、おめでとうございます、今年もよろしくお願いします(^^)b

革ジャンは持つ、といいますが、真実でした。自分はボロボロにしてしまいましたが、大事に使えば本当に一生モノなのかもしれません。そこまで使えなかった自分が不甲斐ないです(汗)

でも、皆さんそのくらいの期間着られる服をお持ちなんですね、なんだか親近感あります(^◇^)♪

 

投稿: ino | 2022.01.07 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羽毛テロ(T◇T) | トップページ | さらば2021年 »