2024.04.25

肩から荷を下ろす解放感に驚く

3月まではいわゆるカンリショクをやっていたが、色々なことを鑑みてこのタイミングで後進に道を譲って自分は退くのがほぼ全方位にとってベターだと判断して、任期途中で降りて後輩をその座に押し上げた。

詳細を言うと長くなるけど、色々なタイミングが丁度この1点で都合よく合う、そんな状態だった。厳密には偶然、ではなくそれを発案してからそうなるように調整して合わせた、とも言うけど、それも年単位の準備をしててから出来たことで、思い付きでは出来なかった。

そう、この計画はじつは2年前から発動してた。なのでそれに向けてコツコツと準備をして、下地を作って、やるべきことを大胆に捻じ曲げてスケジュールを変えたりしながらずっと狙っていたのだ。なのでほぼ全方位でデメリット無しの条件をこのタイミングで持ってこれた。誰も気付いてなかったかもしれないけど、それなりに大変だった、でも上手くいった、よかったよかった(^^)

------------------------

で、自分はいくつかの責任者と言う肩書を外していわゆる専門職ってやつに降格。別の部門の若い課長の下に入って普通の課員をやることになった。組織運営は適材適所の人材がやるのが正しく、年齢とか経験数とか、そういうお飾り的なパラメータで決めるのは愚の骨頂。若い上司は大歓迎。

つまり組織を率いて支持を出して全体を見ながら全体を取りまわして結果を出してゆく側から、その仕事を果たすための構成員側に回った、という事なんだけど、ここに驚きがあった。

「こっちの立場って、こんなに気が楽だったのか…」

カンリショク側になった時に、それまで自分の上司が陰ながらやってて自身が関わってこなかった組織運営と組織としての目標達成とか、そういうものを全て自分一人で背負ってコントロールして行くことをに戸惑いながらもここ数年やってきてある程度慣れ切っていたけれど、これってやっぱりこんなに「重たい」仕事だったんだなぁ、と気付いた。そしてその「重たいもの」を降ろした立場って、こんなにも身軽で気楽で苦しくないんだな、と驚いた。

美味く表現できないけど、大リーグボール要請ギブスを外した直後の星飛雄馬というか、サウナから出たあとの外気の涼しさというか、今まで苦しい状態が日常化してて気付かなかったけど、それを取り除いて役を降りるってことは、こんなにも開放感溢れて「重たいものを降ろした」感に満ちてるとは思わなかった。

そして組織長をやってた事で一般社員のままだと知り得なかった色々な知識や経験を失く事なく持ったまま、別の組織長の下になり一般社員として働くという、このチート感。これはちょっと面白いかもしれない。今までは新しいことにチャレンジして習得して身に着ける事がずっと要求されてたけど、今はレベルが上がって強い武器と魔法を使えるような状態で最初の村のあたりに降り立ったロールプレイングゲームの勇者感とでもいうか、仕事にイージー感あるし、組織を運営して成果を出すという頭上に乗ったプレッシャーからも解放されて、あまりに不思議な感覚の中にいる。

これで給料が同じだったらもう何も言う事はないのだけど、残念ながら職位的には降格なので給料は下がる。年収ベースで言うと…60~70万くらいかな?、やっぱりとうか当然というか、背負うものが無くなればその分だけ給料は下がるのは仕方ない、ここは文句言ってはダメだ(苦笑)

また自分のそれまでの働きを部下の立場で見ていた、自分の職位職務職責を変わって背負った後輩は、押し寄せる雑務と責任と管理業務にアタフタしながら毎日「これはどういう事ををやればいいんでしょうか?」と聞いてくる。ああ自分も初めての時はこうだったなな、と思いながらその時の前任者が自分にしてくれたように一つ一つOJTして業務という襷を渡してゆく(事前に引き継ぎ資料を作って引継ぎもしたのだけどやっぱりすべてを一発では伝えきれなかった)

そんな感じで、メンタル的はかなり楽になったので、4月に入ってからしばらくのびのびと暮らしてしまった。あっさり片付けてほぼ毎日定時であがり、私生活時間をたっぷりゆっくり過ごし、休日も痛めた膝や腰を養生すべく丸一日布団でゴロゴロしたりしてた。今までだったらせっかくの休日!、絶対に無駄にしない!、よしバイク4台くらい乗ろう!、という感じだったのに、そういう焦りからも解放されて、かなりダラケさせてもらってた。こんなに無駄な時間を使えるなんて…なんて贅沢なんだろう(/_;)<ばき

まだ定年退職とかで完全リタイヤしたわけじゃないけど。そうなった時はこんな感じのもっと凄まじい版なのかな?、と思ったりもする。だけどそこはまだ未踏の地なのでそこに至らないと判らない。でも背負ってた責任を他者に任せて手放すって事が、喪失感とか屈辱感といったネガティブ感情ではなく、むしろ逆だったことにちょっと驚いた。人生の中には、実際にやってみて経験しないと判らない事ってまだまだあるんだろうな(^^)


| | コメント (1)

2024.03.29

3月業務終わったぁ!(とはいえ明日もこっそり在宅勤務確定)

現場系仕事をしてた時と違う緊張感と仕事の質ではあったけど、久々にその頃に匹敵するような仕事の量と質に押しつぶされそうになってたこの3月、一応今日の今をもって業務終了!、自分が3月末まで持ってる承認決裁権限をつかってやらねばならないことは…多分終わった…はず(汗)

業務用PCをログオフして、今日は一人祝杯上げるか!、と思った矢先に、あっ!アレまだ終わってなかった!、と残仕事に気が付いてしまった_| ̄|〇

まぁこの世の中何が起こるかわからないし、突然のトラブルなんかも事前に見越してたので、明日は休みだけど、元々予備日にして明けておいた。それで対応すればまだ間に合う、3/31までは、自分は今の権限を有しているからね。

自分は不器用だから、なかなか一発でキメてキレイには終われない。大体保険を掛けて、予備を用意して、叩かなくてもいい石橋も叩いて渡る。それでも漏れはあるし、抜けもある。それを潰しながら今日まで走ってきたけど、まだ漏れてた!、でもそうなった場合でも最後に帳尻を合わせて迷惑かけないよう、自分の休みを犠牲にはするけど最後の命綱を仕掛けておいた(あ~良かった!)、それを使って逃げ切って見せるぜぃ(^^;)
 

| | コメント (1)

2024.03.20

やたら忙しい

短文、色々なものが重なってくる月末半期末年度末、ここ一週間くらいは残業&休出ばかりで、今日は祝日らしいけど在宅でフル勤務。

残業代も休出手当も出ないいわゆるカンリショクなので、働きホーダイ(働かせホーダイ)だけど、まぁ仕方ない

社会の中で、
  会社の中で
    部門の中で、

担った職責は果たさなきゃならない、時間給じゃなく、成果給みたいなもんだから、それを請け負ってる以上、果たさねばならない。

これでもまだ親族の中とか、家族の中とかを背負ってない分、まだ負荷は軽い。地域の中、とかは住民としての一定責務を背負てるけどね。

さて、0900から仕事開始!、落ち着いたらいつもの感じに戻します(^^)/

| | コメント (4)

2023.05.25

蚊って無害と思わせるくらい

ちょっと前の話し。

休日にバイクに乗ってそこそこ満喫して帰ってきた夜、何だかのどぼとけのあたりに虫刺されみたいな痕があるのに気が付いた。何となく痒いな、蚊にさされたのかな?、というくらいにしか考えてなかった。その日はそのまま寝た。

翌日、なんだかそこが膨らんできてた。直径2cmくらいのプヨプヨした水膨れ?、そしてモウレツに痒い。いわゆる蚊に刺された時に塗るスーっとする塗り薬をしたくらいじゃ焼け石に水、全くこのかゆみに勝てない(収まる気がしない)。こんなに痒いと多分無意識で皮膚をかきむしってしまいそうだ。なのでやむなく手持ちの最終兵器をごくごく少量使ってその痒みを抑えた(おかげで夜に寝ながらかきむしるといった事態は起きなかった)

Nurikusuri

そしてその次の日、何と喉元のそれはさらに膨らんで、大粒の梅干し一個くらいの水膨れになってた。その痒さもスゴイ。こりゃたまらん。ひたすら耐えるしかないが一度掻くと痒みが爆増する感じなので最終兵器をまた少々だけ使ってどうにか抑え込んだ。

さらにその次の日、水膨れは収まって平になってきたが、蚊に刺されたような小さい膨らみを中心とした直径5cmくらいの赤みは広がって痒みは健在。それが結局約一週間ほど続いた。…ぢつは、2日目くらいで何となく何にやられたのかは判ってた。これ蚋にやられたに違いない…

 蚋(ブユ、ブヨともいう) 詳細はこちらを参照 → wikipedia「蚋」

正直ヤラれた瞬間は全く分からない、でも二日目から始まった強烈な痒みとその後の症状からして、ただ事じゃないと色々調べて、ああこれだ、と自己判断。虫刺されレベルでは使わないくらい強力なステロイド剤をこれまた自己判断で使ったけど、おかげでどうにかしのげた。でも諸刃の剣というくらい強いヤツなので長くは使わなかったけど。

これに比べたら日常生活で「わろきもの」と称される小憎らしい蚊も、ホント全然実害無いといってもいいくらいの可愛さ。そのくらいこの被害ツライ(T_T)

もしやられたら自分みたいに自己診断自己対処せず、すぐ皮膚科に行った方がいいです、というくらい強烈です、いやホントに。
 

| | コメント (2)

2023.04.30

久々にうれしいニュース舞い込む

この話の登場人物、以前ここにネタとして上げたかと思って、過去ログを漁ってみたけど記載が無かったので、何を言ってるか判らないかもしれないですが、個人的備忘録ということでご勘弁下さい。

---------------------------------------

震災前の…ええっと、たしか2009年の後半だったかな?、その頃に、当時自分が関わってた某設備の現場仕事のヘルパーとして、3名の派遣社員が加わった。みんな20代前半のワカモノ。彼らは三者三様の個性があって、ズバ抜けて仕事が出来るやつ、スロースタートだけどコツコツ努力して気が付いたら欠かせなくなってるイプ、そしてオチャラケた感じでいつも何やら落ち着きのないタイプ、だった。

自分のチームには…最初の奴を欲したんだけど、諸事情で最後の奴が加わった(苦笑)。本人がどこにモチベーションを感じてるのかよく判らないけどそれでも持っているらしいやる気と、任せた仕事が全くかみ合わず盛大に空回りしてて、見てて危なっかしい奴だったけど、まぁこの世代のワカモノなんてそんなもんだろ、きっと自分だってそうだったんだろうな、と自分のチーム全員で気長に育てる事にした。突っ走っては失敗したり、くだらないことで落ち込んだり、と色々あったものの、彼はジワジワと成長してる様子が感じられ、本質はあまり変わらないものの、もう少し自覚が出ればそろそろ使い物になるだろ!、…と思ってた矢先に、東日本大震災が起きて、自分やチーム、会社やこの業界、いや日本と言う国全体が、もはやそれどころじゃなくなってしまったようなジェットコースタカタパルト状態になった。

そこから始まった嵐のような仕事の中で、彼は自分のチームから外れていき、だんだんやる気を失ったのか、それまでやってきたことと違う事を新しく覚えることが苦痛なのか、少しささくれた感じが出てきて、派遣期間の3年が過ぎる手前で、突然所属する人材派遣会社を辞める、と言い出した。それを辞めるということはつまり自分のカイシャにくる派遣期間も強制終了だ、あと数か月なのに。このまま乗り切れば一旦外れるけどちょっと間を置けばまたウチのカイシャに来てもらうことだって出来なくもないのに(当時はそういう抜け道があった)。

その時は自分も彼も長期の地方現場仕事の区切りで一旦本社勤務となってたので、いいか職を辞するのは人生の一大事だから、そんな短絡的ではなくもう少し慎重に落ち着いて考えてみろよ、とたまに一緒に飯を食いながら気長に対応してたけど、ある時の部門の飲み会に自分も彼も出るのだけど、その飲み会の場に「さっき会社に寄って辞表だしてきましたよ!、今日の飲み会はオレの送別会です!」と変に強がる彼が表れた。

あちゃー、やっちまったか、オマエ仕事辞めたらその次考えてるのかよ?、と聞いたら、呆れたことに本当に何も考えてなかった(苦笑)。その夜の飲み会では飲んだくれて騒いで泣いて、と大暴れしてくれて、えらい目にあった。まぁワカモノらしい暴れっぷりといえば暴れっぷりだった、イマドキはそういうのはまずないだろうけど、あの頃ワカモノは飲んだくれて暴れるのはそんなに珍しくなかったから自分は同僚と一緒になって彼をどうにか抑え込んで、ふらつく彼が帰って行くのを見送った。

ここまでが前提。

-----------------------------------

その彼とは、どういうわけか、彼が仕事を辞めて再就職せずプラプラしてる状態になったその後も交流があった。

たまに連絡してきたり、以前住んでたボロ屋に遊びに来たりしてた。またせっかく仕事を辞めたのだからオレもバイクで北海道行きたい、とか言い出したので、自分の予備テントや予備キャンプ用品、予備役として捨てずに持ってた古いツーリンググッズなんかを無償で押し付けて、旧宅の庭先で実際にそのテント立ててそこで一晩を過ごし朝になったらテントを畳んで撤収する予行練習をやって、よし!、じゃあ行ってこい!、と送り出したりしてた。その北海道バイクで一人旅ではかなり色々な経験をしたようだ、まぁそれが彼の人生にプラスになったか思い出深いモノになったのであるなら、自分がかかわった甲斐があったというもんだ(^^)

そんな彼も、いつまでもプーしてる訳に行かないので、ついに覚悟を決めて実家に戻ります、と連絡してきた。戻って親の伝手で就職先を探すとのこと。おお!頑張れ!、くじけんじゃないぞ、困ったらまた連絡してこいよ、何ならこっちに転がり込んでもいいぞ、気張れぇ!、と見送り、それ以降は会ってない。とはい年に1~2回は連絡があって、それもだんだん少なくなってきた。最後に連絡があったのは2018年だったかな?、元気にやってることだけ伝えてきた、よしよし、あの頃のオマエと違って、かなり大人になったじゃないか、一安心だな(^^)

そしてそれからずっと連絡が途絶えた。2013年に一度電話があって、メールも2通くらい来たかな?、記憶に残ってる最後は2018年だったっけ。でもそのくらいで無事と近状を伝えてくるだけだった。基本的に「便りが無いのは良い便り」だと思ってたので、連絡は無くてもきっとどこかで頑張ってる、そう思ってた。

----------------------------------

…そして、つい先日、実に5年ぶりくらいに、彼から電話がかかってきた。元気にしてたか?、変りは無いか?、新コロ大丈夫だったか?、といった話をすると、彼はあの頃と変わらぬように照れ笑いするようなしゃべり方の感じでええ、まぁ、大丈夫でした、といった感じで話してきた。

…で、久々に電話してきたってことは何かどうしたのか?、困ってるのか?、と言うと、彼は(姿は見えないけど何となく)モジモジした感じでこうしゃべりだした。

「…実は、オレ、結婚することになりまして」

お?、おお!おお!、そうか!!!、まさかオマエが、嫁さん貰う?、スゲーな!、成長したな!、良かったな!、めでたい!!!

「やめてくださいよ~、オレもう38なんですから」

いくつになったってオマエはオマエじゃんか、いや~もうホントに良かった!、嫁さんと幸せになるんだぞ、オレはオマエにも話した通りそれが出来ずに人生をドロップアウトして挫折したバツイチ男だけど、オレを反面教師として、せめてオマエは俺の薄くなった頭頂部を踏み台にして幸せになれ!、…ん?ナニ?、嫁さんは*歳若い?だぁ?、良いじゃん!、これからの人生はオマエ一人じゃなく、家族という単位で全てを考えて、そのために行動して、そして自分の大切な家族みんなで幸せになれよ!

自分が知る限り、ありとあらゆる賛辞の言葉と、今後の人生のスタート地点でありゴールじゃないぞ、これからが本当の気張り時だからな!、といった励ましを行い、自分のような挫折人生は送るなよ絶対だ!、と自虐ネタも繰り出して、彼を祝福した。

若い頃が余りに危なっかしいから正直、所帯を持つタイプじゃないと思ってた(ごめん)

でも十数年たって、人は成長するものだな。気が付いたらバツイチで人生挫折した自分を軽く追い越していきやがった。それに悔しさや嫉妬なんて全く無くて、ただただ、よかった、嬉しい、という感情しか湧かなかった。

今どこに住んでて、何をやっているのかは、彼が言わなかったから判らない。自分もあえて聞かなかった。でもあの当時の短い付き合いでしかなかった自分の連絡先を今でも持ってて、こうやって連絡してきてくれるのは正直嬉しかった。直接結婚式なりで祝う事は出来ないけど、でも万が一喧嘩したり離婚がチラついたら、以前いきなり会社を辞めたように突っ走らず、オレに連絡してきな、そしたら全身全霊で止めるからな!、と彼と話して、電話を切った。

--------------------------------------

次に彼から連絡がくるのはいつになるやら。間違っても離婚しそうだ、とかじゃなく、子供生まれましたとか、そういう嬉しい知らせであればいいなと思う。

結婚はめでたい、でも結婚はうれしい楽しい幸せ…だけじゃないことも、自分は挫折経験者なのでよ~くよ~~く知ってる。
だから彼には頑張って何もかも乗り越えて幸せになって欲しいと思う。

またいつか何かの機会に直接会う事があれば、その時には彼や、出来れば彼の家族一同にメシでもおごって、彼の若い頃の無鉄砲ぶり、そしてそこからの成長を、自分が知る範囲ででしかないけど、それを彼の奥さんや子供に伝えてみたいなと思う。…でもさすがに嫌がるか(苦笑)

ぢつはあの最後の飲み会で酔って暴れまくってた有様は、実は200万画素くらいのデジカメの動画撮影機能で画素は荒いけど、動画データがまだ自分の手元に残ってるんだよね(^^;;)<ばき
 

| | コメント (3)

2023.01.03

百均で消えてしまって困ったモノ

ショート&また百均ネタで失礼。

以前は普通にダイソーとかセリアとかであって、たまに買って使ってたとあるもの、最近一気にどの百均からも無くなってしまって困ってた。アマゾンで見たらそれらしきものがあったので、中国からだと思うけど約3週間かけて届いたのがコレ。

Earsponge

インナーイヤータイプのヘッドホンのユニットに被せるスポンジ。これを付けてサイズを調整しないとしっかり耳に収まってくれずに簡単にポロポロ落ちてしまって使い物にならないのよね。

最近の主流はカナル型といって耳の穴にシリコンゴムのキノコを差し込むタイプ。これは密閉型と言われるタイプで、耳の穴を塞いでユニットの振動が鼓膜にダイレクトに入るのでいい音が出るんだけど、自分はこの手のヘッドホン(イヤホンといってもいいかな)は耳をふさぐと他の音が聞こえにくいので注意力散漫になるとの、カナル型密閉式は常時強い刺激が鼓膜に入るのでなんだか聞き疲れてしまう(耳が痛くなる)のがあって、出た当時はよく使ってたけど、今は逆にこの画像のタイプを愛用してる。

これで聞くのは昔はステレオの音楽だったけど、今はそれではなくAMラジオや、趣味の無線の受信音。そういう音だと両耳でも片耳でも、鼓膜にやさしいオープンタイプの方が圧倒的にいいのよね。

なのにそれに必須となる被せるスポンジが百均から消えてしまった!!!

これは本気で困った。あらゆる百均の店舗をハシゴして探し回った。でもどこも無かった。カナル型のシリコンゴムは沢山種類あるのに、スポンジ何で無くなっちゃったのよ、イヤホンやスマホ用イヤホンマイクとしては、まだこのタイプが売ってるのに!。

結局アマゾンで買ったこれがちゃんと使えたので事なきを得たけど、アマゾン通販だと中国からの取り寄せになるので時間がシャレにならないのでぜひ店頭で買いたい。

そこで百均各社さん、こういう消耗品(しかも現行商品用でもある)を無くしてしまうとユーザーはすごく困るのでぜひ復活してくださいな。10個5組で以前あったけど、これってそんなに長く持たないものだから使う人は必ずこれを求めて店頭に行ってリピート買いするんだよね。

| | コメント (2)

2022.12.31

行く年(2022)、来る年(2023)

ちょっと早いけど、2022年最終投稿ということでご挨拶。

今年の私的ビッグニュースは…ニューえびぞう君と暮らし始めた事かな(^^;)

2022newebizo
ついさっき撮影。こんなに長生きするとは飼い始めた当時は思ってなかったというのが実は正直なところ(汗)。いつも元気いっぱいで見てて楽しい♪、でもスルメやシラスよりも水草を好んで食うという不思議な食性は今も変わらず。なんで?

--------------

2022年は自宅生活が継続していてここをUPする事が決して難しくないはずなのにかなり活性が下がってしまってすみませんでした。
その理由をi客観視で自己分析すると、

 ・PC不調が続いた(今使ってるPCはVISTAがプレインストールされてたという年代のPCで不調が続いてた)
 ・デジカメ使用が減って白ロムスマホによる画像撮影が多くなったけどそれをPCに取り込む手間やトラブル大変
 ・残業時間は減っているものの中間管理職というストレスフルな職責で平日の夜PCに向かう気力が減る
 ・休日はバイクに乗ったり無線したりで出来るだけオフ生活を楽しんでたためここに注力出来ず

全部が見苦しい言い訳だけど、まぁここは個人のダラダラした独り言コーナーなのでご勘弁ください(^^;)

-----------------

さて、来年ですが2023年というのはちょっとだけ意味のある年になります。

 ・このBlogのURLにもネタにしてるXT600Zテネレが生誕40周年
    (超オーバークオリティの原発ですら40年が寿命呼ばわりされてるのにポンコツバイクが40年走る事の凄さ)
 ・このBlogを始めてなんと20年
   (つまりそれは家計簿の集計が20年分になる事と、離婚してからもう20年と言う事)

我が愛すべきポンコツのXT600Zテネレ、1983年に300台限定で発売されたバイクですが、実は今、そのうち3台持ってます。

Fljjr4xaiaeaigb

…全部自分のです(汗)、縁あってウチに集まってきました。壱号車は赤いホイールのやつで普通に走り回ってます。弐号車は同じような丸目ヘッドライトのやつ、これは登録抹消でナンバー無し。エンジンはかかり走れるけどあちこちからオイル漏れがあるのでそれを直してから車検を通す必要あり。参号車は今年やってきたニューカマー、登録抹消状態で、エンジン不動で自走出来ず、という状態。来年はこれらをどうにかして全部走らせてやりたいと思ってます。

ここが20周年というのは特に何もすることはないのですが、よくまぁココログというblogシステムがこんなに長く持ったなぁというのが率直な気持ち。そして活性低下しつつ我ながら今もここにupしてるというのもある意味驚きなのかも。離婚してなければ、もし子供がいたら来年は成人式か、と思うとこれまた色々考えることはあるけど、それは自分には許されなかった生き方なのでそういう事でいちいちクヨクヨはしないで、自分自身の今の生き方をせめて自分だけは認めてやろうと思います。

と、言う事で、今年ここに立ち寄って頂いた方々、つたない駄文にコメントお寄せ下さった方々、どうもありがとうございました。来年2023年の自分がどうなるかを、また懲りずに細~く温~く、眺めて頂けましたら幸いです(^^)/
 

| | コメント (2)

2022.09.11

失った信用は戻らないぞ

ちょっとネガティブな話をするけど、ごめんなさい。

つい先日、新コロナで在宅勤務優先の自分でも諸事情で連続で某所に出向く事が必要になり連日それを続けてた時期がある。

丁度その時に、朝は晴れてたけど午後から大雨になった日があった。自分は猛暑の夏に『男の日傘』に目覚めて、どんな天候でも常に長傘を持ち歩いてたので大雨が降っても何も問題が無い。でもその時に同じ場所に業務支援でやって来てたとある人(仲はよくはないが顔は知ってるというレベル)は朝が晴れたため折り畳み傘すら持ってない、どうしよう?、とブツブツ言ってた。

自分は基本的に「備える人」だ。消耗品だけでなく生活必需品はバックアップを常に用意する。なのでその場所にも2週間前に来たときにごく普通の安物のビニール傘を備えとして置いていた。そしてその人も自分も、明日も明後日も同じ場所にやってくる予定。なので

「じゃあ置き傘があるから、これを貸しますよ、明日晴れたら返してくださいね」

と言ってそれを渡した。その人はこれで濡れずに駅まで行ける、ありがとう明日持ってきます、と言って帰っていた。

---------------------------------

…で、翌日、天気は晴れた。そしてその人は出社してきた。朝に顔を合わせた時に傘が返ってくるのかと思ったら、挨拶だけしてそのまま素通りしてその後も近寄ってこない。ああ、忘れたのでバツが悪いのね、なのでその日は翌日帰ってくるんだろうと、不問にした。

ここまでくれば、もう判ると思うけど、結局その後その傘が返ってくることはなかった(-_-;)

さすがに数日たっておかしいだろ、と声をかけたら、こういう回答が返ってきた。

「は?、たかだかビニール傘を、返せっていうんですか?、セコイですね、あんなの帰りの駅でタクシー乗る前に捨てたに決まってるじゃないですか」

…あのなぁ、あのビニール傘は安物だよ?、たしか250円(税抜)だった、買ったのは2018年の11月、最果ての地に出張してたときに、買い物行ったときに大雪振って来てそのスーパーで買った安物だよ。だがな、その後もずっとメンテして使ってきたんだよ。使ったら必ず乾かして、フレーム可動部には水置換性グリス差してサビない様にして、強風に吹かれても折れない様に大事に使ってきたんだ。それをオマエが困ってるというから返すことを条件に貸したんだろうが!

「ハイハイ、じゃあ金で返せばいいんですね?、ホントセコイ人だ」

なんかもう、そいつと話す事関わることが人生の無駄使いと感じてそれ以上話すのを止めた。ロスで言えば275円を4年弱で減価償却計算すればごくわずかなものでしかない、だけど「借りたものを返す」という行為に金銭的な大小は関係が無い。1億円だろうが10円だろうが、自分を助けてくれて貸してくれた人には必ず返す。自分はそういう人間。だからこそ自分の中でそいつとの信頼関係は全て切れた。

もうそいつに何も貸すこともないし、困っていても助けることもないし、この出来事をきっかけとして今後公私ともに関わることは基本無いと思う。自分の中でそいつは「何もかも信用出来ない存在」になったから仕方がない。

------------------------------------

一旦壊れた信用は、もう二度と同じ形には戻らない。年月が経っても過去は無くならない。今の怒りを感じなくなることはあっても、もう元の状態に戻らない。だから、今後はるか遠い未来まで、仮にそいつが何かで死にかけていても、多分自分が助けることも声をかけることすらも無いと思う。

今回失った長年使ってきたビニール傘は非業の死を遂げさせてしまったけど、自分のわりかし近い所にこういうトンデモなヤツが居た、と言う事が早めに判って、そして今後の人生から完全に排除することが出来たという投資効果はあったんだと思おう…(-人-)スマン、許せ…
 

| | コメント (6)

2022.01.25

新型コロナ第六の波

年末年始収まっていたと思ってた新型コロナウィルス感染症、気が付いたら今までのとは比較にならないくらいの増加率と感染者数になってた。

幸か不幸か爆発的感染の原因となった感染力が強く潜伏期間も短いオミクロン株は重症化しにくいようで、感染者の増加はあっても重症者や支社の数は若干数増加してはいるものの依然のような勢いはないように思える。

だからといって安心して感染してもいい、というわけじゃないののはもう言うまでもないので、今までの5つの波を乗り切ったように、今回の6発目の波もどうにか知恵と工夫と運で乗り切りたいと思う。最後の運は自力でコントロール可能なパラメータじゃないし、それに左右される事が相当高いけどね(冷汗)

| | コメント (2)

2021.12.31

さらば2021年

ああ、今年も終わりか~、

…というのを、つけっぱなしにしてるAMラジオのNHK第一放送の紅白歌合戦で実感するのが大晦日の恒例行事。若いころはバイクで横浜港まで走って行って、ゼロ時の汽笛の音を聞くのが恒例だったんだけど、さすがに老化が進行すると寒さが厳しいので無理(冷汗)

今年は新コロ2年目ということで、新型コロナ対策に始まり、それで終わるようなイメージ。高校生や大学生がそのせいで思い描いていたような(ステレオタイプともいえる世間一般理想像の)青春が送れていない!、というクレームをつけてるとどこかのニュースで見た気がするけど、それを言えるのは学徒動員で戦火に散った世代だろうな、今はそれでもはるかにマシだよ、と冷たく思う自分どこかにいる。そう、意外に人類や日本は頑張ったと思う。オリンピックで壊滅状態になるんじゃ?、と思ったけどそうならなかった。結果オーライ上手くいった、そんな年だったかな(^^)

---------------

個人的には、人生の変曲点を少し感じてる。色々な意味でピークを越してきている。つまりこれからの人生は下り坂、今まで通りのやり方や生き方ではうまく回らなかったり、失敗したり、という事がこれから増えてゆくような、そういうことをいくつも実感する事になった。そう考えれば今年を要約して要約して、最終的に一言で総括すると「失う年」または「失い始めた年」だったかなと。実際に不注意で物理的にモノを失くすことや、収入が人生のピークを越えた事や、体力や記憶力や食欲や毛髪(泣)といった生物としての活力も減ったな~、と思う。

ただそれでも幸せなのは、今でも新たに得られるものがあること、失ってもそれをリカバー出来る力がまだあること、そして失うベクトルが緩やかであるため、今後来る大喪失時代に向けた準備と覚悟がゆっくりやれる、ということ。そうこれは避けられない、言わば天災みたいなもの、だからそれと同じように、何が起きるかを予想して、それに対する(やりすぎともいえるような)備えをして、それでも避けられない老いという状況を認めて受け入れる覚悟をする時間が自分にはまだたっぷりある。

「今一瞬が、人生で一番若い」

という言葉を、これから噛み締めて生きてゆくよ、やれるうちにやれることをやっておく、そして若いうちに備えと覚悟を持つ。決して悲観的じゃない、前向きな覚悟をもっていくp(^^)q

---------------

…と、言うことで活性が下がって更新頻度が落ちてるたこちらに今年いらしてくださった方々、そしてコメント寄せていただいた方々、今年もお世話になりました。ありがとうございます。来年は私的人間3大本能である「物欲」に切り込んでジワジワ抑え込んでゆく予定です。

これは老後資金である余剰金を生みだす稼力が数年後に確実に大幅低下することが判っているのでその事への対策と、あとまだ体が動く元気なうちにジワジワと「終活」をスタートさせるための段取りです。先日の革ジャンとのお別れも実はその一環。急激にやり始める事は出来ないからジワジワ舵をそちらにむけて行きます。人生の時間や資金といったリソースは有限ですし、一人暮らしなので全てを自分でやるしかないですからねp(^^)q
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧