2018.05.09

GWで息継ぎする

遠方の職場にトバされてそこで働くようになって9か月、
やっとどうにか仕事のペースが掴めてきた、と思うが、
そうやって少し余裕が出たような所が少しでも見えると
まるでワンコソバを次々に追加するように新しい仕事が
その余裕を叩き潰すように次から次へとやってきて、
いつまでたっても楽にならない…じっと手を見る(;_;)

とはいえ、働くオトコにも連休はやってくる(^◇^)。

今の職場だと、年末年始、GW、盆休み、の年に3回
しか長い休みを取れるチャンスが無い。

1月、5月、8月、そして1月。つまり5か月間、3か月間、
4か月間、のインターバルで休みがくる。

年末年始からGWまでの今回が一番長い間隔!そして
これから来る盆休みまでが一番短い間隔だ♪
それに季節もいいぞ~、一年で一番いい季節だ(^◇^)

連休と連休のインターバル間は頑張って一か月に一度、
土日に家に帰るのがどうやっても関の山。しかも先月は
そうやって帰ったら、途端に電話がかかってきて

 「トラブった、すぐ戻れ」(泣)

自宅に着いて、寝たら、翌朝すぐに戻る、というハメに。
でも連休は違うぞ!、全員が休むから突発事象が発生
しにくい。だから連休は多分呼び出しは無い(はず…)

GW開始とともに、とっとと自宅に舞い戻った。

------------

放置したバイクたちは無事だった。庭のツツジが咲いて
色々な雑草にも花が咲いていた。少し余計な雑草が
成長していたのでそれは毟らないとね。

Dsc_1534
Hana2
Hana3

庭で生きてるネギも坊主(花)をつけているし、
以前植えたジャガイモも12本全部から葉が(^^)

Negi
Imo12

バイク達を引っ張り出して、バッテリを載せて、ガソリン
タンクから古いガソリンを抜いて新しいガソリンを注ぐ。
(古いのは車に入れて消費する)

みんなけなげにエンジンに火が入ったが一台は残念
ながら入らなかった。XTZは車検なのでユーザ車検。

Xtzshaken

DR-Zは休み前に輸出仕様の金リム仕様のホイルを
入手しておいたので差し替えてお化粧♪、ハコも色を
合わせてみた。

Drzgold
Drzgold2

他にもいつも稼働しないバイク達も乗ってあげる。
おー!、元気元気♪、いつまでも元気なままでいろよ、
今の仕事が終わって帰ったら沢山乗るからさ(^^)

Sx2018
Tw2018

ついでにバイクが一台増えたよ(苦笑)。今後、遠方の
出張先でバイクライフを成り立たせるために、バイクを
持ってゆく予定なのだが、そこまで走るために、長距離
走行が楽で、かつ色々な用途に使えるマルチプレイヤー
庶民がやっと手が届く、俗にいう「中古の古いBMW」(^^;)

1100gs

人生初の外車だけど、ドイツ車だから大丈夫だよね?
これがアメ車とかイタ車とか英車だと不安なんだけど
ドイツなら大丈夫そう、という根拠のないイメージで行く。

他のコたちとケンカせず仲良く、これからよろしくね(^◇^)

------------

昼間は布団を干して、洗濯して、庭草を毟って、バイクを
弄って、乗って、日が暮れたら部屋にあるこんなのを肴に
美味い酒を飲む。

Tank5

このGW中は埼玉の花陽浴(はなあび)を堪能させて
頂いた。ホントに美味いよ~おススメ♪

------------

よーし!、放電しかかっていた自分らしさをたっぷりと
充電したぞ!、もう少し頑張ってみるかp(^^)q


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018.03.24

雪解けとともに現れる

雪深い僻地にも温かい風が吹いて雨が降って
根強く残った残雪が解けて無くなってきた。

そんな街中を仕事に疲れた中年がトボトボと
歩くと、そこそこの頻度で、雪解けた砂利や
泥の中に硬貨があるのを見つける。

雪の上で小銭を落として回収できなければ
そりゃ解けるまで出てこない、それがまるで
永久凍土の中から出現するマンモスの冷凍
死体のように、よみがえってくる。マンモスと
同じように、塩カルでやられているので10円
は特に黒く変色してしまっている(ので道端
に落っこちていても中々気づかないのだろう)

この一週間で別々の場所で10円×3枚と
5円×1枚と、1円×2枚を拾った。

さすがにこの小銭じゃ警察に届けても落とし
主なんて現れないだろう。なので落とし主に
申し訳ないけど、拾った小銭は…ことごとく
全部、スーパーやコンビニのレジの近くに
ある募金箱に投入してしまう。

今の自分が小銭を拾って得ても仕方がない。
なので拾った小銭と同額くらいの小銭を足して
募金箱にポイ♪。落とし主と自分の共同募金
ということで、何かの役に立てれば本望だし
落とし主も、自分が私服を肥やすわけでない
からこれなら勘弁してくれる…よね(^^;)?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.20

えっ?、もう一か月たったの??

雪深い某所で迫る年度末の対応で追われていたら
前回更新してから、あれま、もう一か月弱も経ってた。

体感では1~2週間なんだけどな、人は仕事に忙殺
されると、まるでウラシマタロウのように、時を超えて
しまうのかもしれない(-_-;;;)

------------

今は自宅になかなか戻れない。仕事も忙しいのも
あるし、物理的に距離がありすぎるのもあるので
猛烈に時間を必要とするし、帰宅するのは単なる
我儘、とされるため往復*万円もかかる交通費は
自腹を切らねばならず、そのコストメリット考えると
腰が重くなる…

でも、帰らないと自分自身が取り戻せない。

なので働いて働いて、じっと手を見てもっと働いて
自宅に戻れるチャンスが巡ってくれば頑張って帰る。

先日どうにかそういうチャンスを作れたので一念
発起して、自宅に戻ってみた。

------------

ポストはわけのわからないチラシで埋まっていた。

庭木は少しだけ乱暴に育っていた。刈らないと。

自宅は全然大丈夫だけど、ウッドデッキが少しだけ
汚くなっている。デッキブラシでコケっぽい汚れを
こすって落とさないとダメだがそんな時間がない。

バイクは全部無事だった。バッテリーを外しておける
バイクは全部外しておいたけど、簡単には外せない
TDMは案の定干上がって始動出来ない。四輪用
バッテリーをブースタケーブルでつなげばセル一発で
始動するのでバッテリ換えれば即用OKなんだけど。

部屋の中は長く空けていた感じがない。中古で
買った家だけど、築浅で前の人も自分自身も全然
ここで生活らしい生活を連続してしていないので、
未だにまだ新築の香りがするんだよなぁ_| ̄|〇

長期休止していたエコキュートはこの冬の寒さで
凍結防止機能が勝手に働いて起動してタンクに
満タンのお湯を沸かしてた。で、電気代がぁ…
エコキュートは長期出張者の財布に優しくない。
まぁそのおかげで帰宅してすぐ風呂に入れたけど。

冷蔵庫には前回帰宅したときに買った日本酒が
入ってるだけ。いい酒なのでちゃんと温度管理
しないともったいない。だけど酒に弱い人なので
一升瓶なんて一日じゃ飲めないので開けられない。
(生酒なので開けたら劣化が始まるので)

Jikonhanaabi

うーん、充実してたり恵まれていたりしてるような
感じでいながらなのに色々な事が手詰まり<ばき

四合瓶の方はせめて持って行って出先で飲もう。

------------

…まぁ色々あるけど、でも久々の『我が家』だ(^◇^)

今回はわずか一日と半、という滞在期間だったけど
バイクに乗って、庭草を毟って、庭木を剪定して、
そしてこの季節に毎年欠かさずやっていた、自分
らしい生き様の行為として、庭土を耕して、イモを
植えてきた。

2018imoire

12個の使徒たちよ、この硬直した閉塞感をせめて
お前らだけは打ち破って、伸び伸びと育ってくれ!
ニジュウヤホシテントウになんて負けるなよ!!
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.02.21

頑張れ、親友よ

自分には数名だけど、『親友』と呼べる友がいる。

普通の友達や仲が良い人はそれ以上にいるけど、
気心が知れていて、どれだけ間があいても再会
すれば、その瞬間に昔のままの関係でいられる、
それが数ヶ月、数年というレベルではなくて長いと
十年以上消息すらわからないような奴でもあいつ
ならそういう事もあるさ、と思っていて、また相手も
自分に連絡を取らなくても特に問題とは思わない
ので、途中の連絡が全く無くてもある日電話が
かかってきたら、

 ino:「おう、ひさしぶり、元気か?会うか?」

で、普通に再会して、メシ食って、じゃあな!、で
また5年以上会ってない、とか、それでも関係が
全く変わらない、それが自分一人がそう思って
いるのではなく、ほぼ同じ感性で互いが同じ事を
思っていて、時間に関係なくそいう関係を築けて
いる友人、それを自分は「親友」だと思っている(^^)

------------

雪深い現場で働く自分にそんな親友の一人から
久々にメールが届いた。高校生の頃からの仲間で、
一緒にバイクで北海道を何度も回った盟友だ。

いつもならメールで近状や用件を伝えてくるけど
このときだけ、電話で話したいことがある、とだけ
連絡してきた。なんだい、カミさんと喧嘩でもした?
離婚したいという相談なら全力で止めるぞ(^◇^)

子供二人を抱えた家庭だから、いつなら話せる?
と返信したら

 「今なら、いつでも大丈夫だ」

…ん?、どういう事?平日だぜ、仕事はどうした?

-------------

こっちは仕事があるので、じゃあ宿に帰ったら
こっちから掛けるよ、とだけ返信して、数時間後。

ビジネスホテルについてから、電話をかけた。
3回ほどのコールの後に出たのは彼の子供。
小学校低学年と年長の男の子二人の上の子。
お父さんにかわって~、と話したら友人が出た。

 ino:「久しぶり、子供も元気そうだ、どうしたい?」

そしたら、なんと奥さんが急逝した、と告げられた。
…え?、冗談だろ?、奥さんまだ40代前半だろ?
病気なんて聞いてないぞ?交通事故?一体なにが
どうした?頭が猛烈に混乱する。何で何で・・・??
自宅で突然苦しみだして突発的に倒れて救急車を
読んで運ばれたが、助からなかったんだそうだ。

予兆が無かっただけになぜそんなことに、という
気持ちしか湧き上がってこない。なのに一番悲しい
であろう友人は淡々と状況とこれからの葬式の
準備を語る。大丈夫か?そうだ、子供、子供は?

悲しいんだろうけど思うより気丈にしているそうだ。
子供も友人も、泣こうと思えばいつまででも泣ける
でも今はそれどころじゃないし、これからを考えると
今は泣いてられない、という。

それを聞いて自分が電話しながら泣いてしまった。

友人夫婦は結婚する前に紹介されて、結婚後の
新居に遊びに行って、もう乗れないから、とバイクを
引き取って、子供が生まれたと連絡と年賀状が
届いて、自分も出張先から名産を送ったりしてた
ので、奥さんもよく知っている。そのレベルの自分が
これだけ悲しいのに、家族を失った父と子が悲しく
ないはずがないのに、それを圧しているのにね。

自分は何もしてやれないな、すまないな友よ。
とりあえず何のチカラも与えられない言葉だけの
慰めと励ましをして、電話を切った。

------------

数日後、どうにか調整して時間を作って、職場に
どうしても二日休むので!と伝えて、雪の線路を
走るローカルディーゼル車に飛び乗って自宅に
帰った。翌日友人宅に駆けつけると楽しかったで
あろう家に葬儀が終わってお骨になってしまった
奥さんが祭られていた、遺影に手を合わせた。

心身ともに大変だろうに、友人は快く自分を迎えて
くれた。久々に会う子供たちは大きくなっていた。
子供たちに、自分に時間が出来たら作って楽しもう
と思っていた、切り張りして作る紙飛行機の本を
持っていった。元気になったら、これをお父さんと
一緒に作って空に飛ばして遊びな(^◇^)

友人や子供たちは思ったよりも元気そうだった。
カラ元気なのはわかっていたけど、ならば自分も
付き合おう!、まるで悲劇が無かったかのように
子供たちと遊び、友人と語らい、奥さんが居ない
だけで、かつてと変わらぬ時間を過ごしてきた。

中々帰ってこれないけど、また機会を作って遊びに
くるから、それまで大変であろう新米父子家庭を
3人で、…いや4人だね、頑張ってくれよ、困ったり
悩んだら、またいつでもいいから連絡してこいよ、
非力だけどチカラになれる事があれば、また遠方
から吹っ飛んでくるからさ(^^)/
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018.01.21

新年明けて、現場は続く…

とっくに明けてますけど、明けましておめでとうございます(^^)

年末年始はそこそこ休めたので、全身全霊で自分らしい
生活をするべく頑張ってました。時間をかけて、費用をかけて
普通の暮らしをしなくてはならないという矛盾を感じつつも、
そこにささやかなる幸せを見出して頑張る、というのが今の
自分の現状です、…うぅ(T_T)

------------

とりあえず年末年始の出来事を画像で紹介。

去年に今は亡き友人の弔いを追えたSX200R。これによって
友の遺品から、自分の所有する一台のバイクになったので、
ちょっとだけ自分の好みを入れて弄ってみた。

Sxold

これが元の姿。これに入手しておいたUK仕様のDR200用の
外装を着せてみた。それがこれ。

Sxyellow

Sxdr200

スズキの古いoff車は黄色が良く似合うのさ(^◇^)♪
着せ替えの途中でちょっとだけ遊んでみたけど、これは
無理っぽかったので、30Lタンク化は残念ながら断念(^^;)

Sx30l

-------------

バイク道楽という腐海をさまよっていたら、ウチの13号機の
XTZ660テネレの「抜け殻」を発見したので無事回収(^^;)

Xtz660kara

…なんて立派な!、セラミックソードが欠けちゃったわ♪

Xtz660screen

これだけなら、持って飛べるかしら、フフフフ(^◇^)<ばき

以上、ナウシカの冒頭風にアレンジ。これで希少逆車な
XTZの外装もスペアが手に入ったので後々SXと同じように
着替えてみよっと♪

ちなみに、燃料タンクをウチのポンコツXT600Zテネレのと
比較するとこうなる。

Xtzxttank

左のXTZ660の燃料タンクは20L。右のXT600Zのタンクは
30Lと1.5倍。一見すると左の方が大きいんだけどね。

------------

元旦には毎年恒例の、箱根駅伝コース前日走行を実施。
黄色くなってDR200化したSXに乗って高速を飛ばして
湘南へ、そしてコースに沿って走行、国道1号を登って
芦ノ湖湖畔に出てから、久々にライダースポットである
大観山へ。はぁ寒かった~(-◇-;)

Sxgantan

------------

SXを黄色くしたので、ついでにこのコも着替える事に。

Drb

変身っ!!!えいっ!

Dry1

Dry2

ふぅ、脱皮成功♪、これでDR-Z400SMも黄色くなったぜ。
オフロードバイクはこうやって外装一式を持っていれば
簡単に着せ替えしてまるで別のようなバイクに出来るので
中々楽しいよ(^^)♪

ついでにノーマルにしてたマフラーも換えてやろう、爆音の
ヨシムラはもう心底ウンザリなので、そこそこ静かなのに
パワーアップ出来る出来のいいマフラー、レオビンチX3を
装着♪。これスゴイ、そこそこの音量でこんなにパワーが
上がるとは思わなかった。クワイエットバッフルで十分。

Drzx3

…あ、これって、この年末年始の休みに買ったんじゃなく、
ずっと前に買って持っていたけど忙しくて付ける暇が全然
無かったんだよね、時間が取れた今回の休みでそれらを
全部やってる、という事。

-----------

去年北海道を走ったXT600Zは、その後釘を踏んでリヤが
パンクしてたのでそれを修理。ついでにスペアホイールの
タイヤを交換。タイヤ交換はスポーツだ!、体力使うぜ!

Xtyobitaiya

タイヤを交換したスペアホイールに履き替えて、付いてた
赤ホイールをタイヤ屋に持ち込んで、北海道ツーリングで
減ったタイヤを新品に交換してきた。

Xttypechange

------------

こんな感じで、バイク道楽を目一杯頑張っただけで、
あっというまに年末年始の休みは終わってすぐさま
現場に戻って仕事を再開。

…なんか、そういう夢を見ていただけのような気が…
これってホントに現実だったのかな(^^;)?

今の自分の現実はこっち。狭いビジネスホテルで
自炊しながら職場と往復するだけの狭い世界の中で
しか生きてない。

Bijihonabe

…ちっくしょう、まだ負けないぞ、まだ、まだまだ!!
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017.09.10

何本矢を束ねれば気が済むのさ_| ̄|○

北海道ツーリングネタがまだ未完なので先の話を
UPするのは自粛してたけど、ちょっとだけ。

あ、そっちはもう少しかかるけど完結させる予定。

------------

新しい現場に出向いて、前任者から引継ぎを受け
一人でその仕事をし始めた。詳細は語れないけど
組織的には世間一般のイメージで言う、管理職と
いう職位、今までのように現場に出られる担当者
レベルから突然数段階くらい飛び越えてしまった
ので、事務机で回る書類の多さと押すハンコの
多さに目が回るような日々が始まった。

そしたら、全体の仕事が少し減る傾向が出てきた。
これから少しはラクになるな!、と思ったら、仕事が
少ないため、人がガッツリ削られて、9月から何人
もの責任者が現場から去って、その仕事が全部
自分にのしかかってきた。

------------

普通の会社として例えると、営業部と、技術部と
経理部と、総務部と、製造部の部長を一人で全て
兼務してその下にある営業課と、技術課と、経理
課と、製造課の課長も同時に兼ねて、それだけじゃ
足りずに、技術係と、経理係と、製造係の係長も
兼務する、というような兼務する仕事が多すぎる
自分自身からしてわけのわからない状態になった。

仕事が無いのなら、組織を統合してポスト自体を
減らせばすればいい。そうすれば、二つの組織の
部長は一人で済むし、その組織を維持運営する
ための仕事は組織が一つなら一つ分だけでいい。

でも、組織を残したままにしてそれを兼務とすると
仕事や人員が少なくても、二つの組織を維持する
ために必要な雑務がそれぞれ必要になってしまう。
兼務、とすると押さねばならない書類やハンコが
どんどん増えてゆく、流れる書類やまとめる資料や
集計するデータ、それをそれぞれ分析する労力も
仕事が組織が減っていてさえくれれば管理職の
仕事は減るけど、それを残して、一本一本は細く
なってしまっているそれらは大した労力が必要とは
思えないのかもしれない。でもそれを何本も何本も
束ねたら、一人ではとてもじゃないがブチ折れない
くらい、ぶっとい丸太のようになってしまう。

組織表が自分の名前で兼務となって埋まっている
のをみると、こんな状態で本当にやっていけるのか
こんなハードな状態になったのは初めての経験。

果たしてやっていけるのか…?、まぁこういう事は
やってみないと判らない。キツイし不安になるけど
…でもまぁ、やるしかないわなp(^^;)q
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017.07.01

留守番は任せた(^^)

次回現場出張は先月末からの予定だったのが色々あって
少し延期となり、まだ自宅生活中。

バイクたちに乗ったり、しばらく長期保管モードとなるため
あるバイクは一度ナンバーを返納したり、バッテリーを
外したり、キャブのガソリンを抜いて、ガソリンタンクを
満タンにしたり、サビそうな部品は高粘度グリスを手で
塗りたくったりする、保存モードにして対応している。
外したバッテリーは下駄箱の中で保存。

Battry2017

困ったことに、これで全部じゃない(^^;;;)<ばき

------------

植物が生える庭先は、徹底的に雑草を毟って、落ち葉を
集めて、庭木も梅雨前の晴天の太陽を浴びてかなり大きく
繫って枝葉が伸びていたので、申し訳ないと思いつつ
大胆に剪定して、トータルで20kgぐらいの剪定くずを
まとめて可燃ごみとして出した、大変だったよ(^^;)。

そうやって作った、太陽がさんさんと当たる庭の地面を
少し耕して、台所で水耕栽培していたサツマイモの
切れ端から生えた芽を、ど真ん中に植えた。

Imo201701

この子が順調に育って、もしもイモヅルが延びていき
御近所さんの庭や道側に侵蝕して行ってしまったら
すみませんがウチの庭に押し戻してくださいm(_ _)m、
とすっかり仲良くなった御近所のおばちゃんたちに
報酬はこのイモが収穫できたらおすそ分け、という
事でお願いしたら、快く引き受けてもらえた(^◇^)♪

長期保管モードのバイクは成長しないけど(劣化はする)
命ある植物たちは親ならぬ持ち主の自分ががいなくとも
ぐいぐい育つから、なかなか大変だけどそれも楽しい。

イモよ、留守中よそ様に迷惑をかけないようにしろよ、
そして庭と家を見守っていてくれ、頼むぜ(^◇^)/
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.05.28

こんな事でも、幸せなんだよ

4月に現場仕事が終わって、やっと腰を据えて
自宅で生活が出来ると思っていた矢先に降って
湧いた次の現場仕事の話。

もはや何かに呪われているんじゃないのか?、
というくらいの事態に苦悩しつつ、これも自分が
背負ってしまったカルマなのか、前世で犯した
罪なのか、少なくとも自分の能力や人望がある
から是非に!、というようないい話ではないので
不遇を嘆きつつ、火中の栗を拾わねばならない
ならば、きっとその中に美味しい栗だってある!
絶対あるはずだ!、と粛々とその準備を進め中。

------------

自宅には、ご機嫌なお気に入りのバイクたちや
クルマが居て、自分としてはとても嬉しい(^◇^)

ただこの時期は自動車税の納付通知が沢山
やってくるので、その養育費にクラクラしつつ
これも一種の甲斐性だろ!、面倒みちゃる!、
とその支払いを一気に済ませた。郵便局の
おねぇさんが沢山ハンコを突いて手続き完了♪

Zeikin2017

また、自宅購入に伴って毎月の家賃支払いを
しなくてもよくなった代わりに、永久家賃とも
いえる固定資産税を背負わされてしまった。
その支払いもちょうどこの季節。4枚の通知で
季節毎に4回に分けてその罰金を納付する
必要があるようだ。面倒なのでそれも全額
一気に納めた…今月大赤字やんけ_| ̄|○

Kotei2017

------------

5月の好天で、庭の草木も元気いっぱい♪

前のオーナーが植え込みの中に残してた
枯れたように見えた鉢植を去年庭土に
植え替えていたんだけど、そしたらそれが
こんなに元気に花を咲かせた♪

Niwaflower

旧宅から持ってきて新宅に植えたイチゴも
しっかり根付いて、ほんのちょっとだけど
甘い美味しい実を付けてくれた(^◇^)

Ichigo2017

旧宅で長く生きていた長ネギは新宅でも
元気モリモリ、もう5年以上生きてるよ。
左のネギボウズを付けてる2本ね。右のは
御近所さんからおすそ分け頂いたものを
植えたもの。

Negi2017

旧宅から持ってきたミョウガは去年は残念
ながら生らなかったけど、今年は元気だ、
きっと取れるよね(^^)

Myoga2017

旧宅でやっていたように、新宅でも雨水を
上手く回収する方法を編み出したので、
庭木たちへの水分補給もバッチリさ♪

Amamizu2017

------------

天気のいい休日はバイクに乗ってGo!
富士山もキレイだ~♪

Fuji201705

別のところに行ったらとてもキレイな甲虫が。
虫好きとしてはこういう出会いはタマランなぁ♪

Musi201705

------------

こういう自分のごくありふれた小さい喜びに
満ちた日常は、もう少しすると非日常となり、
望んでも手に入らない、願っても叶わない
そういうモノになる。

日常と言うとごく当たり前のようにそこに
あるかに思えるけれど、実は全部貴重な
奇跡の一瞬なんだよね。

残り少ないあらゆる奇跡の瞬間を少しでも
多く感じて忘れないよう記憶しておこう(^◇^)
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017.04.09

うーん、うーん、うーん…

長い長い出張生活があけて、その間に引っ越した
新たな(とはいいつつそろそろ引っ越して一年が
経つけど)自宅で、やっと普通に暮らし始められた
この一週間。これで自分の生活ペースを掴めるな
と思っていた。

なので、今週末はここに新居で再開した新生活をup
する気満々だったけど、でも、自分の運命というか、
使命というか、この世の中における役割というのか、
そういうものはどうしてもそれを許してくれないらしい。

------------

こっちの事務所に通い始めたのが先週月曜日。

なのに、水曜日にカチョーに手招きされて別室に
連れて行かれて、「某所で**に欠員がでそうだ。
オマエに行って欲しいが、行ってくれるか?」、と
一応打診(とはいえ事実上の業務命令)をされた。

今度は遥か彼方の遠方、なかなか帰れない。
しかも職責的には今までに経験した事のない
重責と長期にわたる出張が必要になる。

…あの~、昨日半年間の通勤定期を買ってね、と
言うから買っちゃったじゃないですか、なのにその
翌日にこの仕打ちですか…(-_-;)?

一応抗議してみた。長い出張をやっと終えて帰って
きたばかりなのに、本社の業務分担も発表されて
今後オマエはこういう仕事をやれ、と昨日言った
ばかりじゃないか、とね。

でも、カチョーだって自分が憎くて仕方がない、
訳じゃない(と信じたい)。一応その理由は聞いた。
諸事情が発生してどうしようもなく、この状態下で
その現場に出向けて、それが出来る人間が会社の
中で自分か、あともう一人くらいしか居ないらしい。

ならその人に行ってもらいたい、と言いたい所を
ぐっと抑えた。なぜならその人だと多分この仕事は
出来ないだろう、と自分も判ったから。だからこそ
この話が自分に回ってきたのだ。

「今すぐとは言わない、でも遅くとも7月には現場に
 乗り込んで欲しい、inoばかり出張となってしまって
 申し訳ないけど、今回の話は長期的に見て決して
 悪い話じゃない、考えてみてくれないか?」

------------

さすがに即答は出来なかった。一旦保留にさせて
もらい、この土日、雨の中バイクで走り回ったり、
久々に年老いた両親にあったり、庭土を弄ったり
まだ引越しの荷物が残る部屋を少し片付けたり、
帰ってきたらやろう、と思っていた事をほんの少し
やってみながら、ずっと考えていた。

ぶっちゃけると、社命に背いて現状にしがみつく
事は出来る。会社人としては失格だろうけれど
自分の生活を最大限に優先する選択支を取っても
会社の中の立場やら査定やらは下がりに下がる
だろうけど、それでも別に困らない。石に噛り付く
ようにして稼いで養う必要のある家族が自分には
いないからね。

自宅の方も、今すぐ無職無収入になっても、
適当なバイト+αで維持出来るような仕組みを
すでに作ってある。乗り物道楽こそ今と同じような
事は継続出来なくなるけど、それでもそこそこの
レベルで継続しても大丈夫だ。

つまり、会社内でつまはじきにされて閑職に
おいやられたり、クビになったとしてもどうにか
なる。そうなると自分の生き方を大きく棄損する
こういう社命に従わなくても一応大丈夫。

最終最後の手段として、自らの判断で会社を
辞めてしまってもそれでもなお、ある程度だが
生活が成り立つよう段取りがもう出来ている。

でも、それは単なる逃げというか、安直過ぎて
違うと思うんだよね。

------------

元カミさんからこの世から不要だ、と言われて
一切の存在価値が無い、とされた後の自分を
認めて必要としてくれたのは残念なんだけれど
この仕事だけだった。

元カミさんを幸せにするために生まれてきたと
思った自分だったが、それは間違っていた。

となると自分がこの世に生まれてきた理由や、
今の世の中でこの命ある限りやるべき使命とは、
やっぱりこれ(仕事)なんだろうな、と思う。

今回の仕事は…正直自分の手に余る。

自分の能力がそこまであると言える自信は無い。
でもやってみなければ判らない。必要なのは
やってみる事、そしてやれるように努力する事。
ずっとそうしてきたから、今回もそれを繰り返し
やる…しかないのだ。

悪い事の方に考えずに、良い方向に考えて
みると、ぶっちゃければ実に判りやすい出世
であり、普通だったらなかなか望んでも得られ
ないキャリアアップのチャンスでもある。
(とはいえ自分はそれを一つも望んでいない)

御託や理屈はいいんだ、この仕事はやれる
人間がやるしかない。自分にオファーが来た
ということは、その時点でもうやるしかない、
と言う事なんだよね。

------------

先述の通り、自分は自分自身のキングス弁を
いつでも抜ける。会社は家を買ったばかりの
自分にはそれが出来ない、と思ってる可能性
があるけれど、実はそれが(躊躇無く)出来る
立場に居る。だから、もしも心身共に限界だ、と
なったらいつでもそれを引っこ抜いて「会社人」
という立場から脱する事が出来る。

だからこそ、そういう状態になる寸前までは
頑張る。我ながら損な性格だが、しゃーない、
これもひっくるめたのが自分自身なんだから。
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017.04.01

I shall return.

長きに渡る某所の出張が終わった。

ビジネスホテルにかれこれ600泊近く連泊して
ここ一年間は毎日3時に起きてライトバンを
片道50km超ほど運転して通勤してた。

自分のタスクはちょっと微妙な結果に終わった
けれども、一応やれることは全部やれたと思う。

------------

現場を去るにあたり、自分がかかわった場所を
全て出向いて歩いて見てみた(一部特殊な所は
無理なので行かなかったけれど)

震災後にやって来た時と比べて、作業環境は
劇的に改善していて、装備の有無を除けば
ほとんど野丁場と変わらない(ごく一部を除く)
このまま改善が進めば、ここはきっともっともっと
良くなる。そしていつか必ず!、必ずカタがつく。

今回は諸事情でここまでしか関われなかった。
でも、ここにはまだまだやる事はたくさんあるし、
自分がもっと関わってやれる事もたくさんある。
そうさ、自分がやるべき事はまだ終わってない。

------------

ここで関わった各所に出向き、離任の挨拶を
してまわる。色々な人たちと出会って、一緒に
仕事をしてきた。上下関係も利害関係もあるけど
みんな同じ目的に向かって頑張っている仲間。

装備の監視人さん、現場の職人さん、構内
バスの運転手さん、他社の監督さん、身内の
スタッフのみなさん、みんなみんな、お世話に
なりました(^^)/

きっとまたいつか、この場に戻ってきます。

------------

長々と宿泊していたビジネスホテルを引き払い
チェックアウト。ここにも本当にお世話になった。

ぶっちゃけると、新居よりも、よっぽどこっちの
方が、自分にとってのマイホームだったもんな。
仕事を終えて帰ってくるとすっかり顔なじみに
なったホテルマンの皆さんが出迎えてくれた。
長く一人暮らしをしているから、自分を知ってる
誰かが居る所に毎日帰って「おかえりなさい」と
言ってもらえるのが何となく嬉しかった…のは
一応秘密だ(^^;)<ばき

Hotelfront

皆様、色々ありがとうございましたm(_ _)m
機会があったら、またよろしく!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧