2017.09.10

何本矢を束ねれば気が済むのさ_| ̄|○

北海道ツーリングネタがまだ未完なので先の話を
UPするのは自粛してたけど、ちょっとだけ。

あ、そっちはもう少しかかるけど完結させる予定。

------------

新しい現場に出向いて、前任者から引継ぎを受け
一人でその仕事をし始めた。詳細は語れないけど
組織的には世間一般のイメージで言う、管理職と
いう職位、今までのように現場に出られる担当者
レベルから突然数段階くらい飛び越えてしまった
ので、事務机で回る書類の多さと押すハンコの
多さに目が回るような日々が始まった。

そしたら、全体の仕事が少し減る傾向が出てきた。
これから少しはラクになるな!、と思ったら、仕事が
少ないため、人がガッツリ削られて、9月から何人
もの責任者が現場から去って、その仕事が全部
自分にのしかかってきた。

------------

普通の会社として例えると、営業部と、技術部と
経理部と、総務部と、製造部の部長を一人で全て
兼務してその下にある営業課と、技術課と、経理
課と、製造課の課長も同時に兼ねて、それだけじゃ
足りずに、技術係と、経理係と、製造係の係長も
兼務する、というような兼務する仕事が多すぎる
自分自身からしてわけのわからない状態になった。

仕事が無いのなら、組織を統合してポスト自体を
減らせばすればいい。そうすれば、二つの組織の
部長は一人で済むし、その組織を維持運営する
ための仕事は組織が一つなら一つ分だけでいい。

でも、組織を残したままにしてそれを兼務とすると
仕事や人員が少なくても、二つの組織を維持する
ために必要な雑務がそれぞれ必要になってしまう。
兼務、とすると押さねばならない書類やハンコが
どんどん増えてゆく、流れる書類やまとめる資料や
集計するデータ、それをそれぞれ分析する労力も
仕事が組織が減っていてさえくれれば管理職の
仕事は減るけど、それを残して、一本一本は細く
なってしまっているそれらは大した労力が必要とは
思えないのかもしれない。でもそれを何本も何本も
束ねたら、一人ではとてもじゃないがブチ折れない
くらい、ぶっとい丸太のようになってしまう。

組織表が自分の名前で兼務となって埋まっている
のをみると、こんな状態で本当にやっていけるのか
こんなハードな状態になったのは初めての経験。

果たしてやっていけるのか…?、まぁこういう事は
やってみないと判らない。キツイし不安になるけど
…でもまぁ、やるしかないわなp(^^;)q
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017.07.01

留守番は任せた(^^)

次回現場出張は先月末からの予定だったのが色々あって
少し延期となり、まだ自宅生活中。

バイクたちに乗ったり、しばらく長期保管モードとなるため
あるバイクは一度ナンバーを返納したり、バッテリーを
外したり、キャブのガソリンを抜いて、ガソリンタンクを
満タンにしたり、サビそうな部品は高粘度グリスを手で
塗りたくったりする、保存モードにして対応している。
外したバッテリーは下駄箱の中で保存。

Battry2017

困ったことに、これで全部じゃない(^^;;;)<ばき

------------

植物が生える庭先は、徹底的に雑草を毟って、落ち葉を
集めて、庭木も梅雨前の晴天の太陽を浴びてかなり大きく
繫って枝葉が伸びていたので、申し訳ないと思いつつ
大胆に剪定して、トータルで20kgぐらいの剪定くずを
まとめて可燃ごみとして出した、大変だったよ(^^;)。

そうやって作った、太陽がさんさんと当たる庭の地面を
少し耕して、台所で水耕栽培していたサツマイモの
切れ端から生えた芽を、ど真ん中に植えた。

Imo201701

この子が順調に育って、もしもイモヅルが延びていき
御近所さんの庭や道側に侵蝕して行ってしまったら
すみませんがウチの庭に押し戻してくださいm(_ _)m、
とすっかり仲良くなった御近所のおばちゃんたちに
報酬はこのイモが収穫できたらおすそ分け、という
事でお願いしたら、快く引き受けてもらえた(^◇^)♪

長期保管モードのバイクは成長しないけど(劣化はする)
命ある植物たちは親ならぬ持ち主の自分ががいなくとも
ぐいぐい育つから、なかなか大変だけどそれも楽しい。

イモよ、留守中よそ様に迷惑をかけないようにしろよ、
そして庭と家を見守っていてくれ、頼むぜ(^◇^)/
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.05.28

こんな事でも、幸せなんだよ

4月に現場仕事が終わって、やっと腰を据えて
自宅で生活が出来ると思っていた矢先に降って
湧いた次の現場仕事の話。

もはや何かに呪われているんじゃないのか?、
というくらいの事態に苦悩しつつ、これも自分が
背負ってしまったカルマなのか、前世で犯した
罪なのか、少なくとも自分の能力や人望がある
から是非に!、というようないい話ではないので
不遇を嘆きつつ、火中の栗を拾わねばならない
ならば、きっとその中に美味しい栗だってある!
絶対あるはずだ!、と粛々とその準備を進め中。

------------

自宅には、ご機嫌なお気に入りのバイクたちや
クルマが居て、自分としてはとても嬉しい(^◇^)

ただこの時期は自動車税の納付通知が沢山
やってくるので、その養育費にクラクラしつつ
これも一種の甲斐性だろ!、面倒みちゃる!、
とその支払いを一気に済ませた。郵便局の
おねぇさんが沢山ハンコを突いて手続き完了♪

Zeikin2017

また、自宅購入に伴って毎月の家賃支払いを
しなくてもよくなった代わりに、永久家賃とも
いえる固定資産税を背負わされてしまった。
その支払いもちょうどこの季節。4枚の通知で
季節毎に4回に分けてその罰金を納付する
必要があるようだ。面倒なのでそれも全額
一気に納めた…今月大赤字やんけ_| ̄|○

Kotei2017

------------

5月の好天で、庭の草木も元気いっぱい♪

前のオーナーが植え込みの中に残してた
枯れたように見えた鉢植を去年庭土に
植え替えていたんだけど、そしたらそれが
こんなに元気に花を咲かせた♪

Niwaflower

旧宅から持ってきて新宅に植えたイチゴも
しっかり根付いて、ほんのちょっとだけど
甘い美味しい実を付けてくれた(^◇^)

Ichigo2017

旧宅で長く生きていた長ネギは新宅でも
元気モリモリ、もう5年以上生きてるよ。
左のネギボウズを付けてる2本ね。右のは
御近所さんからおすそ分け頂いたものを
植えたもの。

Negi2017

旧宅から持ってきたミョウガは去年は残念
ながら生らなかったけど、今年は元気だ、
きっと取れるよね(^^)

Myoga2017

旧宅でやっていたように、新宅でも雨水を
上手く回収する方法を編み出したので、
庭木たちへの水分補給もバッチリさ♪

Amamizu2017

------------

天気のいい休日はバイクに乗ってGo!
富士山もキレイだ~♪

Fuji201705

別のところに行ったらとてもキレイな甲虫が。
虫好きとしてはこういう出会いはタマランなぁ♪

Musi201705

------------

こういう自分のごくありふれた小さい喜びに
満ちた日常は、もう少しすると非日常となり、
望んでも手に入らない、願っても叶わない
そういうモノになる。

日常と言うとごく当たり前のようにそこに
あるかに思えるけれど、実は全部貴重な
奇跡の一瞬なんだよね。

残り少ないあらゆる奇跡の瞬間を少しでも
多く感じて忘れないよう記憶しておこう(^◇^)
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017.04.09

うーん、うーん、うーん…

長い長い出張生活があけて、その間に引っ越した
新たな(とはいいつつそろそろ引っ越して一年が
経つけど)自宅で、やっと普通に暮らし始められた
この一週間。これで自分の生活ペースを掴めるな
と思っていた。

なので、今週末はここに新居で再開した新生活をup
する気満々だったけど、でも、自分の運命というか、
使命というか、この世の中における役割というのか、
そういうものはどうしてもそれを許してくれないらしい。

------------

こっちの事務所に通い始めたのが先週月曜日。

なのに、水曜日にカチョーに手招きされて別室に
連れて行かれて、「某所で**に欠員がでそうだ。
オマエに行って欲しいが、行ってくれるか?」、と
一応打診(とはいえ事実上の業務命令)をされた。

今度は遥か彼方の遠方、なかなか帰れない。
しかも職責的には今までに経験した事のない
重責と長期にわたる出張が必要になる。

…あの~、昨日半年間の通勤定期を買ってね、と
言うから買っちゃったじゃないですか、なのにその
翌日にこの仕打ちですか…(-_-;)?

一応抗議してみた。長い出張をやっと終えて帰って
きたばかりなのに、本社の業務分担も発表されて
今後オマエはこういう仕事をやれ、と昨日言った
ばかりじゃないか、とね。

でも、カチョーだって自分が憎くて仕方がない、
訳じゃない(と信じたい)。一応その理由は聞いた。
諸事情が発生してどうしようもなく、この状態下で
その現場に出向けて、それが出来る人間が会社の
中で自分か、あともう一人くらいしか居ないらしい。

ならその人に行ってもらいたい、と言いたい所を
ぐっと抑えた。なぜならその人だと多分この仕事は
出来ないだろう、と自分も判ったから。だからこそ
この話が自分に回ってきたのだ。

「今すぐとは言わない、でも遅くとも7月には現場に
 乗り込んで欲しい、inoばかり出張となってしまって
 申し訳ないけど、今回の話は長期的に見て決して
 悪い話じゃない、考えてみてくれないか?」

------------

さすがに即答は出来なかった。一旦保留にさせて
もらい、この土日、雨の中バイクで走り回ったり、
久々に年老いた両親にあったり、庭土を弄ったり
まだ引越しの荷物が残る部屋を少し片付けたり、
帰ってきたらやろう、と思っていた事をほんの少し
やってみながら、ずっと考えていた。

ぶっちゃけると、社命に背いて現状にしがみつく
事は出来る。会社人としては失格だろうけれど
自分の生活を最大限に優先する選択支を取っても
会社の中の立場やら査定やらは下がりに下がる
だろうけど、それでも別に困らない。石に噛り付く
ようにして稼いで養う必要のある家族が自分には
いないからね。

自宅の方も、今すぐ無職無収入になっても、
適当なバイト+αで維持出来るような仕組みを
すでに作ってある。乗り物道楽こそ今と同じような
事は継続出来なくなるけど、それでもそこそこの
レベルで継続しても大丈夫だ。

つまり、会社内でつまはじきにされて閑職に
おいやられたり、クビになったとしてもどうにか
なる。そうなると自分の生き方を大きく棄損する
こういう社命に従わなくても一応大丈夫。

最終最後の手段として、自らの判断で会社を
辞めてしまってもそれでもなお、ある程度だが
生活が成り立つよう段取りがもう出来ている。

でも、それは単なる逃げというか、安直過ぎて
違うと思うんだよね。

------------

元カミさんからこの世から不要だ、と言われて
一切の存在価値が無い、とされた後の自分を
認めて必要としてくれたのは残念なんだけれど
この仕事だけだった。

元カミさんを幸せにするために生まれてきたと
思った自分だったが、それは間違っていた。

となると自分がこの世に生まれてきた理由や、
今の世の中でこの命ある限りやるべき使命とは、
やっぱりこれ(仕事)なんだろうな、と思う。

今回の仕事は…正直自分の手に余る。

自分の能力がそこまであると言える自信は無い。
でもやってみなければ判らない。必要なのは
やってみる事、そしてやれるように努力する事。
ずっとそうしてきたから、今回もそれを繰り返し
やる…しかないのだ。

悪い事の方に考えずに、良い方向に考えて
みると、ぶっちゃければ実に判りやすい出世
であり、普通だったらなかなか望んでも得られ
ないキャリアアップのチャンスでもある。
(とはいえ自分はそれを一つも望んでいない)

御託や理屈はいいんだ、この仕事はやれる
人間がやるしかない。自分にオファーが来た
ということは、その時点でもうやるしかない、
と言う事なんだよね。

------------

先述の通り、自分は自分自身のキングス弁を
いつでも抜ける。会社は家を買ったばかりの
自分にはそれが出来ない、と思ってる可能性
があるけれど、実はそれが(躊躇無く)出来る
立場に居る。だから、もしも心身共に限界だ、と
なったらいつでもそれを引っこ抜いて「会社人」
という立場から脱する事が出来る。

だからこそ、そういう状態になる寸前までは
頑張る。我ながら損な性格だが、しゃーない、
これもひっくるめたのが自分自身なんだから。
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017.04.01

I shall return.

長きに渡る某所の出張が終わった。

ビジネスホテルにかれこれ600泊近く連泊して
ここ一年間は毎日3時に起きてライトバンを
片道50km超ほど運転して通勤してた。

自分のタスクはちょっと微妙な結果に終わった
けれども、一応やれることは全部やれたと思う。

------------

現場を去るにあたり、自分がかかわった場所を
全て出向いて歩いて見てみた(一部特殊な所は
無理なので行かなかったけれど)

震災後にやって来た時と比べて、作業環境は
劇的に改善していて、装備の有無を除けば
ほとんど野丁場と変わらない(ごく一部を除く)
このまま改善が進めば、ここはきっともっともっと
良くなる。そしていつか必ず!、必ずカタがつく。

今回は諸事情でここまでしか関われなかった。
でも、ここにはまだまだやる事はたくさんあるし、
自分がもっと関わってやれる事もたくさんある。
そうさ、自分がやるべき事はまだ終わってない。

------------

ここで関わった各所に出向き、離任の挨拶を
してまわる。色々な人たちと出会って、一緒に
仕事をしてきた。上下関係も利害関係もあるけど
みんな同じ目的に向かって頑張っている仲間。

装備の監視人さん、現場の職人さん、構内
バスの運転手さん、他社の監督さん、身内の
スタッフのみなさん、みんなみんな、お世話に
なりました(^^)/

きっとまたいつか、この場に戻ってきます。

------------

長々と宿泊していたビジネスホテルを引き払い
チェックアウト。ここにも本当にお世話になった。

ぶっちゃけると、新居よりも、よっぽどこっちの
方が、自分にとってのマイホームだったもんな。
仕事を終えて帰ってくるとすっかり顔なじみに
なったホテルマンの皆さんが出迎えてくれた。
長く一人暮らしをしているから、自分を知ってる
誰かが居る所に毎日帰って「おかえりなさい」と
言ってもらえるのが何となく嬉しかった…のは
一応秘密だ(^^;)<ばき

Hotelfront

皆様、色々ありがとうございましたm(_ _)m
機会があったら、またよろしく!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.26

もうそういう世代のヒト

某所への出勤は朝早い。

3:00に起きて3:30には宿を出発するのが定例だ。
出勤はライトバンを一人で運転するナイトドライブ。
一人きりで数十kmの夜道の運転なので、眠気を
防止するのと、毎日の数少ない楽しみとして、
NHK第一のAMラジオをガンガンにかけている。

なので聞いているのは常に「NHKラジオ深夜便」

大体だが前半は音楽、後半は「明日への言葉」。

この「明日への言葉」がなかなかいい。
どうでもいい内容のも多いけど、聞いていると
「おお!」とか、「へ~」とか、関心する事もあるし
風見慎吾の娘の事故の話なんて、涙なくては
聞けないくらい感情を揺さぶられた。

長く聞いているとしょっちゅう再放送があるが、
それを再放送と言わずに「アンコール」というのが
いつも違和感を感じる。だってラジオ傾聴者からの
リクエストが集まっての再放送ならそうだろうけど
NHKの勝手な都合で勝手にやってるだけの
再放送だからね。

また決まった時間に流れる「深夜便のうた」が
何ヶ月もの間、同じ曲を延々かけ続けるのが
本当に飽きてしまうのでそこは勘弁してほしい。

おっと前置きが長くなった、本題に行こう。

------------

少し前に、通勤の前半時間である音楽の放送
時間に、80年代のヒット曲が流れていた。
自分はちょうどその世代に音楽を沢山聴いてた
世代なので、懐かしくそれを聞いた。

終わって「深夜便のうた」コーナーに行く前に
アナウンサーがこう言った(うろおぼえ)

「この時代の楽曲もそろそろ深夜便世代の
 対象になってきました」

「深夜便世代」というと早起きする老人世代、と
いう意味だと思っていたけど、そっか自分はもう
そういう世代に片足を突っ込んでいる、という
事なのか(-_-;)

年齢はだれもが平等に重ねて行くものだ。

どんな金持ちだろうと、最貧民と同じ速度で流れる
同じ長さの時間しか生きられない。時間は限りなく
平等なリソースなのだ。(高度医療等による延命は
除くよ、あくまで平均的な考え方でね)

だから望まなくても人は老いてゆく。自分も(誰もが)
確実に、NHKの言うところの「深夜便世代」になる。
その代わりにワカモノが新しい時代を担って生きる。
昔は自分もそうだった、今はかつて遠くに見ていた
老人世代に自分がなりかけている。…ワカモノよ、
意外と早く、ここに到達しちゃうから要注意な(^^;)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.05

仕事が順調に進行中

今のところ、ちゃんと公に出来る成果が出てる。

今週に小さい峠を越えて、来週に今回の仕事の
目標がきっちり達成出来たら、今の状況を脱して
少しラクになるかな(^^;)?
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.01.01

あけました!、おめでとうございます(^◇^)

人生の中できっと語り継ぐことになるだろう激動の
2016年を過酷なラリーレイドのようだった、と思い
昔のパリダカが題材の日清カップヌードルのCM
ように年越ソバならぬ年越しのカップヌードルを
遠くの除夜の鐘の音を聞きながら食って終えた。

Byebye2016

さらば!2016年!、さあ寝よう (-o-)zzZZZZ

------------

…あた~らし~い、朝が来た~希望の朝だ~~

目が覚めたら、まばゆいばかりの日差しと季節に
見合わぬ暖かさ!、無風!これは幸先いいぜ!
ようこそ2017年、これから一年間よろしくな(^^)/

そして去年ここに来て頂いた皆様、今年になって
来られた皆様、さぁ2017年が始まりました♪
あ け ま し て お め で と う ご ざ い ま す ♪

めでたい正月に飾る国旗が無いので紅白カラーの
縁起がよさそうなXT600Zテネレを新居前に立てて
記念撮影(笑)

2017newyear

よーし!、毎年恒例の箱根駅伝コースを辿って
箱根に登るか!、今年は去年ウチのコになった
XTZ660の出番だ、安全第一で行ってきます(^^ゞ
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.12.24

現場のメリークリスマス

今日はクリスマスイブ、早朝に今まで携わってきた、ある
仕事がやっと無事に終わった。ここに来るまで大変だった。
それでも実は来月からの大プロジェクトの露払いに過ぎない
ので、これからもっともっと大変なステージに突入して行く。

でも今日で大きな峠を越したよ、…やったぜ(^◇^)y

------------

どうにか現場を終り仕舞いして一人でライトバンを運転して
連泊数が約500泊となるビジネスホテルに作業服で戻る。

駐車場にライトバンを収めて、日々の有酸素運動として
習慣にしている早歩き運動をするために片道30分程の
距離にある遠くにあるスーパーに向け夕飯食材を求めて
歩く。携帯電話の万歩計で毎日一万歩超を歩かないと
中年はすぐブヨブヨ太ってしまう。悲しいけどね。

町並みは電飾が煌き、明るい商店から流れるBGMはほぼ
クリスマスソング。辿りつたスーパーの食材売り場はもう
クリスマス商戦一色。

いつも買っている安いブラジル産鶏胸肉(100g48円)が
売り場から消え一本280円のタイ産鶏腿焼や国産鶏の
一本598円の鶏腿焼が広範囲に並んでる。いくらそういう
シーズンとはいってもそんな高いもおいそれと買えない…
庶民の味方も並べておいてくれよ(;_;)

商売人にはこういう商機は儲けるチャンスだから仕方ない。
でも季節感ある商機にわざわざ乗る必要がない自分は
その波には乗らない。だってあと二日もすればこういった
季節感のある食材は激安で叩き売られるんだもの。
そしたらそれを買う側に回るから勘弁な(^^;;)<ばき

人の行く道の逆を行く。それが自分の生き方でもある。

なのでクリスマス用食材売り場から離れて、目指すは
餃子や焼売のあるあたり。経験上この季節はこういう
食材が安い。

…あったあった(笑)焼売や餃子が半額で、山積みだ♪

野菜とヨーグルトと、見切りされた焼売と餃子だけ買って
ホテルに戻る。IH調理器と対応片手鍋に百均製品の
蒸し用具を入れて買ってきた焼売を並べて蒸して食す。

Kurisumasushuumai

これでたった100円(しかも税込)、クリスマス季節感は
皆無だけど、お買い得~♪、餃子は明日食おう。

主よ、今夜も食える事に感謝…あぁ南無阿弥陀仏(-人-)

------------

寝る前に、窓際にちょっとだけ季節感を出すべく靴下を
吊ってみた。現場労働者なので軍足だけどね<ばき

Kutusita2016

…サンタさん、ここは素通りでいいから(笑)世の中の
良い子たちに、幸せな朝をもたらしてあげてくれぃ(^◇^)

----------------

12/25追記:

今日の夕方には早速鶏腿焼が大特価見切品で
叩き売られていたので廃棄される前にお買い上げ。

Torimomo

でもこれが一本598円だったら…買えないよなぁ。
見切られて200円だったから買えたけどさ<ばき
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.12.18

休日じゃない、休憩なんだ

今日は現場仕事が無いので一日丸々の休日。

狭いビジネスホテルのベッドサイトの目覚ましで
目を覚まして、AMラジオをonにするとちょうど
ラジオ体操をやっていたので、一人でせっせと
ラジオ体操をして身体を起こす。

今日の天気はいいらしい。そして暖かいようだ。
…よし、じゃあ久々にバイクに乗ろうか。

今はこちらの宿に、SRX600を持ってきている。

Srxtochuu

華奢なこのコでもこうやって荷物を積めば結構な
量の荷物を載せて走れる。実用性あるよ~(^◇^)

さあ出発だ!

バイク装束を固めて装備を持ってホテルを出て
駐車場に一ヶ月以上置きっぱなしにしていた
SRXを目覚めさせる。

寒いのと長く寝ていたのでバッテリーが弱い。

 「キュル…キュル…キュル…キュ…」

おいおい、ほったらかしにしてたのは悪かった
けれど、これじゃ乗ってやれないぞ、頑張れ!

 「キュル…キュル…キュ!ズドン!ズドド!!」

おお、やっと目覚めたか、よしよし!よくやった!
じゃあ久々に走ろうか、初めはチョロチョロで
中は気持ちよくパッパ!、と行こうぜ!相棒!

------------

街中を走っていても楽しくはないので、すぐに
田舎道に入って、山っぽい所を選んで走る。
日陰の路面が凍っていると怖いのでそういう
所はゆっくりと走る。

空冷エンジンのSRXは気温が低い方が元気、
でも久々に走るタイヤは空気圧が低めの感じで
グリップも少々不安なのであくまでチョロチョロ
走る。冷たい風だけど、すごく心地いいや♪

出先ではこんな風景も。ここならではと言えば
そうかもしれない。ちなみに全然無害なので
あしからず(^^)

Srxjyosendo

------------

気持ちよく山道を走ったあと日常生活モードで
買物に出向く。いくつかの店を回っていたら、
会社支給携帯電話が鳴った。当然だけどそれは
仕事の電話。

そのせいでせっかくのワクワクしていたバイク
モードが一気に仕事モードになってしまった。

そこからホテルに戻るまでの帰路は、なんだか
心底バイクを楽しめていない状態で走ってきた。

そそくさとバイクカバーを仕掛けてSRXを仕舞い
部屋に戻って手持ちの資料を元に再びテレホン。
仕事の話をしばらくしていた。

出勤こそしなかったけど、結局仕事が休日に
大きく侵食してきた日になってしまった。

------------

現場出張中の、現地での休日っていうのは
厳密に言うと「休日」じゃなくて仕事と仕事の
間に挟まってる「休憩」みたいなもんだ。

昼休みがそうであるように、仕事をすることが
前提の、一時的な休憩時間にすぎない。

本当の意味での「休日」というのは仕事成分が
殆ど入らない「完全なるoff」であって欲しい。
そういう時間が「onのための充電」をしてくれる。

でも現場の宿で過ごす休日はそれが無い、
…とは言わないが、きわめて希薄だ。
どうにかして「有効成分濃厚なoffモード」を
作りたいけど、今に至るまでそれを作れない。

解決策は簡単で、出張が終わって24時間の
仕事モードから離れて、自宅に戻って自分の
リズムと場所とやり方の生活をすればいい。

確かにそうなんだけど、今の身の上では
それも到底叶わない_| ̄|○

え?、あきらめればいい?、それは嫌だね、
どうにかしてまだまだ足掻いてやるよ(^◇^)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧