2017.05.07

バイクで行くキャンプの移り変わり

自分が愛機TWにキャンプ用品と旅支度を括りつけて
北海道やその他を旅していたのは過去に何度かUP
した通りだ。

旅を何度も繰り返すたびに、持って行く道具が厳選
されて、シェイプアップされて、必要最小限にして
必要で十分な装備一式をほぼ完成するに至った。

より小さく、より軽く、より複数用途に使えるものを
選んできた。その結果、キャンプスタイルは質素な
ものになった。これはこれで、自分のスタイルだから
別になんとも思わなかった。

------------

このGWに、とあるキャンプイベントに参加してきた。

近郊にある整ったキャンプ場に一泊するだけなので
野宿というよりもキャンプミーティング的なものだ。
自分はいつものスタイルと、いつもの道具を第二の
愛機XT600Zに積んで参加してきた。

Xtcamp

…実はXT600ZはTWよりも荷物が積めない(^^;)。
タンクが大きすぎるためシートの全長が短くなって
しまい、キャリアやクラウザーK2ソフトトップがあっても
運転するための空間を取ると、荷物をつめる場所に
限りがあるのだ。

キャリアを大きなものに改造するか、アルミケース等の
大型のサイドパニアを装着すれば改善するけど、それは
もう世界一周ツーリング状態になってしまうので、自分は
そこまでの積載性をXTに求めていない。そういう使い方
なら、TWを使えばいいだけだから。

そのため、さらにキャンプ用品を厳選して、一泊しか
しない、という事を前提に連泊なら便利な道具などを
減らして積んだ。ちょっと寒いかもしれないから、と
サマーシュラフを2個持ってゆくのでトントンかな?
これでもご飯を炊いて、肉や野菜を炒めて、といった
ガスとガソリンのダブルバーナーとランタンなどは
そのままなので、一応快適なキャンプになるはず。

------------

キャンプ場に行くと、さまざまな年齢層の参加者が
いて、それぞれ拘りのキャンプ道具をしつらえていた。
明るいうちはミーティングに花が咲き、わいわい過ごし
その後、テントを張って各自夕飯を調理し始めた。

このあたりでふと気が付いた。多くがオートキャンプで
使うような立派なアウトドア用の椅子を使い、アルミ
テーブルを広げ、ステンレス製の焚き火台を展開して
凄い人は、ダッジオーブンや、それをつるす三脚を
組み立てて使っていた。

一見したら、バイクツーリングではなく、立派なオート
キャンプの装備そのもの。バイクでこれだけの装備を
持ってくるのは純粋に凄いな、と思う。フルパニアで
さらにデカイシートバッグを積んでいたのはこういう
事なんだね。

でも彼らにとってみれば、バイクで行くキャンプという
スタイルとはこれがそれ、と言う事。自分のような
20年以上前のヨレヨレのテントや、煤けたガソリン
ストーブ、最小限の食器や調理器具では理想とする
キャンプライフは満たされない、ということだ。

------------

一つ勘違いしないで欲しいのは、どっちが正しくて
どっちかが間違っている、という事ではない、という
事。別に自分の目指して体現化したシンプル最小
パッキングでは貧乏くさいかもしれないがそれはそれ、
豪華装備の大量物資による快適なキャンプもまた
その人にとってのより良い選択の結果辿りつた
ライフスタイルそのものなのだ。

お互いにそれを認め合い、尊敬しあえればそれでいい。
自分は純粋にそういう装備を持ってくることと、それを
使いこなす姿に感動したよ(^^)

------------

これからの人生で、以前のように最小パッキングを
背負って長旅をする、というシチュエーションを迎える
事は残念ながら、まず無いだろう。

そうなると、どちらかと言うと彼らがやっているような
快適で楽しい一瞬のために装備を整えてその瞬間を
逃さず捕らえるためには、自分もそっちにベクトルを
向けてみるのもまたアリだろう。

アウトドア屋に行ってみたら、ステンレス製のダッジ
オーブンの値段を見ただけで頭がクラクラしてしまった
けれど、アルミのテーブルも自分が百均で買って
使っている足付きの焼き網で十分用を成すけれど
でも、そういう価値観にとらわれていると新しい世界
には行けない。

いきなり全部を揃えても多分バイクに積みきれない
だろうから、とりあえず少しずつちょっとずつ、試して
行こうと思う。

このGWのうちに、焚き火やストーブの上に鍋や
飯ごうを吊るすための、トライポッドと呼ばれる
三脚を買ってみた。組み立て式なのでコンパクト。

Sankyaku

…でも、これで、厳選したキャンプ用品の重量が
0.5kg増えるのか…(-_-;)。

いやいや、そうやって失う物の代わりに、それ以上に
得るものも沢山あるはず。変化を恐れず、新しい事に
果敢にチャレンジしていこう(^^)

よし、次は焚き火台だな、ユニフレームのネイチャー
ストーブは持っているけど、もう少し大きい焚き火が
出来るものを用意しよう。バイクで行く旅やキャンプ
だけでなく、これからはクルマ行くキャンプになる
かもしれないし災害時にも、または庭でBBQなりを
することがあるなら、そういうモノがあれば役に立つ
からね。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.02.07

旅に出たい…

今やってる仕事は、詳細は明かせないけど進行中。
関わるみんなが頑張ってますのでご安心をp(^^)q

でも仕事ばかりの日常で、だんだん色々な事が
ギクシャクしてきてる。それを癒す術がなかなか無い。

仕方が無いのでビジネスホテルで生活しながら
仕事をしながら、少しずつ日常生活にバイク旅の
要素を差し込んで混ぜ込んで、ちょっとでもいいから
非日常である旅の匂いを感じたい。

でも、ちょっとやりすぎたかなぁ、実は今日もついつい
ヤフオクで落札したGiviのケースが追加(^^;;)<ばき

Tabibag

上の左から、

TTPLのTouring25、GiviのT450、GiviのE33(new!)

下の左から、

KappaのK48、MOTOFIZZのミニフィールドバッグ、
ラフ&ロードのデーバッグ、TUMIのDucatiコラボ品

これらに囲まれたビジネスホテルの一室で東北
地域ツーリングマップルを眺めて妄想ツーリング。
最近は美味しい日本酒をチビチビする楽しみを
覚えてきたので、それを踏まえて脳内ツーリング
プランを立てて地図をなぞって今までの記憶と
合成すると、そこそこ旅してる気分になれる。

Sakechizu

バイクを持ってきてるのに忙しくて乗るに乗れない。

でもこういう脳内ツーリングで旅気分というのも
虚無感一杯なようで、意外に楽しいよ(^^)♪<ばき

妄想だけじゃなく、本当にたまにはだけど、こう
やって本当に走って「わくわく冒険気分」も少しは
味わっているしね。

Suboritonneru_2

これは某所にあった放棄された素掘り無照明の
トンネル。頭を擦りそうなくらい低いトンネルで
排気音が共鳴しまくってそれで崩れるんじゃないか
とヒヤヒヤしながらバイクで通りぬけたよ。
 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.02.26

古いデジカメの中から・その1

津波で木っ端微塵にされた、宮城県女川町と、雄勝町の
画像が出てきたので、備忘録&回顧録としてUPしておく。

------------

Ogatu

これは雄勝町にあった、「あさや」、という食堂。
2006年のツーリングマップル2東北のP42に
「磯料理と大漁ラーメン」、としてバルーンコメントが
付いていたので、その大漁ラーメンを食いに行った
時に撮ったもの。もっと色々食っておけばよかった。

Ogatutairyo
  ↑
これがその、大漁ラーメン。

------------

Onagawachili

女川駅にあった、チリ津波がここまで来た!、という看板。
当然だけど、この看板は現存してない。この看板の頭上
10m以上まで津波が押し寄せたはず。今となってはこの
文言が、大した事ではないように思えてしまう。

------------

Onagawamanholejpg_2

女川町のマンホール。ダイヤモンドヘッドのあたりだったっけ?
カツオが妙に活き活きとしてたので足元にあったこれを撮影。

------------

Onagawapost

ホテル・ポートンのある通りの辺りにあった、古い郵便ポスト。
ちょうどこれを撮影したのは郵政の民営化がなった頃なので、
味のある旧ポストにステッカーをべったり貼っていたのが
実にシュールだな、と撮影。

------------

Onagawaichiba

女川漁港にあった、市場食堂。秋刀魚が美味かったなぁ。

------------

Onagawasl_3

JR石巻線にSLが走るぞ!、というので、見に行った時。
ワクワクしながら待ってたらバックで走ってきやんの(T◇T)!
C11-325だったな。これは折立のファミリーマートの前。

------------

とりあえず、第一弾はこんな所で。
第二段は気が向けば&データが出てきたら。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)